「カプセルトイ」にまつわる記事

アメ横で見つけた「罠 or 財宝」500円ガチャを回したら、乾いた笑いが出た。ハハハ……、舐めてんのか?

怪しいガチャ(カプセルトイ自販機)を見ると、私(佐藤)は素通りすることができない。「どうせ大したものは入ってないよ」と思いながらも、中身が気になってその場で立ち止まってしまうのだ。

やめておけばいいのに、最近も上野・アメ横に行った際にまたやってしまった。「罠 or 財宝」って書かれた500円ガチャを。

こんなの罠に決まってる! そうはわかっていながらも、500円を投入してハンドルを回してみたところ、「ハハハ……」と乾いた笑いが出た。マジで舐めてんのか?

続きを全部読む

これ何!? 全130種の鉱物&化石コレクターズトイで出てきた「石ころっぽい物体」の正体がさっぱり分からない…

「ガチャ」ことカプセルトイの魅力は、開封するまで中身がわからず、かつコレクション性が高いこと。ハンドルを回すときの緊張、狙ったものが出た瞬間の歓喜、戦利品を並べる幸福感……。

とはいえ市販のカプセルトイは、ひとつの企画でせいぜい10アイテムくらいだ。

ところがここに、カプセルトイと変わらない手頃な価格で、かつ約130種類もあるコレクターズトイを発見! しかも中身は鉱物・化石・隕石という、少年少女の心を忘れない世のトレジャーハンターたちを絶妙にくすぐるラインナップ。なんというロマン……!!

続きを全部読む

【カプセルトイ】書類仕事がはかどる…わけが絶対にないアホなハンコたち

脱ハンコが盛んに叫ばれるが、筆者がピカピカの社会人一年生だった時代の “できる” 総務担当者は、魔法の箱をもっていた。中身は各種の名字を取りそろえた印鑑。急ぎの書類があるのに担当者が不在のときもあら不思議、その人に頼むと処理が終わるのだ。コンプライアンス滅茶苦茶だったな。

いまもそんな習慣があるか知らないが、「ハンコ置いていって」と頼んでも忘れて出かけてしまう営業職などに苦労している総務担当者もいるかもしれない。

でももう大丈夫だ。汎用性バツグン、最強のハンコがカプセルトイで出たからな!

続きを全部読む

【カプセルトイ】本当に読める『地球の歩き方』のミニチュア! もう旅行ガイドはこれでいい…と思ったら盲点がー!!

世界を旅する個人旅行者のバイブル『地球の歩き方』シリーズ。

新型コロナウイルスによる旅行控えで冷え込むガイドブック業界だが、『月刊ムー』『ジョジョの奇妙な冒険』など異例かつ大胆なコラボレーションで逆に大注目を集めているのはご存じのとおり。

ただし同シリーズは、その情報密度と網羅性ゆえにレンガのように分厚いの難点。「重いんだよな」「行かない場所も載ってる」などとぼやき、カッターで分解して持ち歩いていた人に朗報だ。手のひらに収まる、嘘みたいに小さな豆本が登場した。

続きを全部読む

カプセルトイ「欧米人が考えた寿司」の作り込みが無駄に細かくてビビった!

カプセルトイの世界は新しい時代に突入した。「お母さんの秘伝カレーレシピ」や「赤の他人の証明写真」などはそれを象徴する商品ではないだろうか。キャラやフィギュアなどの玩具ではなく、一見無価値に思えるものをカプセルに詰め込んでいる。すごい時代になったもんだ……。

さて、今回紹介する「欧米人が考えた寿司BC(ボールチェーン)」もそんな商品のひとつだ。海外で提供されているであろう寿司をチェーン付きマスコットにして販売している。

商品を購入してみたところ、作り込みが細かすぎてビビった! ここまで作り込む必要があったのか!?

続きを全部読む

心をえぐるトラウマアイテム! ピーターラビットのカプセルトイから出てきた目を疑うフィギュアとは…

イギリスを代表する児童文学「ピーターラビットのおはなし」。

青いジャケットを着た愛らしい うさぎ を知らない人はいないだろうが、全編を把握している読者は少数派かもしれない。

ときに小さな事件は起こるけれども、平和な村では小動物たちが仲良く助け合いながらのんびり暮らしており……

という話ではない。

続きを全部読む

「クセがすごいんじゃ! ガチャ!」をやって激しく後悔した……

気が付けば、カプセルトイ業界は戦国時代に突入していた。駅や商業施設には大量に本体を設置した専門コーナーが設けられており、カプセルトイだけの専門店も続々と誕生している。数年前、まさかこんな時代が来るとは想像もしていなかった。

しかしながら! いまだアンダーグラウンドな側面も残している。だからカプセルトイは面白い! つい最近も中身のわからない「クセがすごいんじゃ! ガチャ!」という謎のカプセルトイを発見した。実際に回してみたところ……、激しく後悔することとなった

続きを全部読む

【嘘やろ】サイゼリヤの新しい「ガチャガチャ」をやってみたら地獄を見た / これを作ったヤツは完全に頭がおかしい

昨年5月に登場し話題になったサイゼの「ガチャガチャ」。バンダイが手掛ける『サイゼリヤ ミニチュアコレクション』という名のカプセルトイだ。その第2弾が先月発売になったと聞いて、さっそくガチャガチャしてきたのだが……。

結論から言うと、私(あひるねこ)はこの『サイゼリヤ ミニチュアコレクション2』で本当の地獄を見ることになる。前半は奇跡のような偶然による地獄、そして後半は人間の底知れぬ悪意すら感じる地獄。そう、まさかの二部構成タイプの地獄である。斬新すぎるだろ!

続きを全部読む

【前衛的】ガチャ「ギャルが折った折り鶴」が凄まじすぎて絶句した……

絶句! 文字通りに私(佐藤)は言葉を失った。2022年3月下旬に発売されたガチャ「ギャルの折った折り鶴」(1個300円)の中身を見て、これらを何と表現して良いのかわからなかったのである。

1羽だけでも十分すぎるほどのインパクトなのに、私は全種のコンプリートに挑んでしまったのだ……。

続きを全部読む

ガチャ「赤の他人の証明写真」の筐体にすげえことが書いてあってビビった! まだやるつもりなのか!?

カプセルトイはすごい時代に入った。最新のガチャには祖父母からの手紙よその家のカレーレシピのカプセルが入っていたりする。もはや「トイ」ですらなくなっているのだ。

そんななかでさらに進化(?)したモノが出現したとの噂を聞きつけた。カプセルに入っているのは……、他人の証明写真である! そんなモノを買うやついるのか!? いや、でもちょっと欲しい……。

ってことで実際に買いに行ったら、筐体(きょうたい)にすごいことが書いてあった!!

続きを全部読む

【カプセルトイ】NHK「仕事の流儀」に出てきそうな水産業にゃんこ! 仁王立ちの背中に宿る日本の魂!!

ひとめ見ただけで、理屈抜きに惚れてしまうカプセルトイがある。海洋国ニッポンの発展を支えてきた底力、「水産業の従事者」をテーマにしたフィギュアである。猫だけど。

「はたらく猫」と題したバンダイの新商品。荒ぶる海を背負って漁港にいそうな、渋すぎる男と女をご覧いただきたい。

続きを全部読む

手紙系ガチャ「じぃじ & ばぁばの便り」を買ったら、つづられた言葉に涙が出た

最近のカプセルトイはさらに進化した気がする。少し前までリアルなミニチュア玩具が主流だったが、最新のものには「見知らぬ家のカレーレシピ」が入っていた。

思わず「その手があったか!」と唸らずにはいられない。カプセルトイに新時代、キター!!

さらにもう1歩踏み込んだ逸品を発見した! それは見知らぬ高齢者からの手紙が入った「じぃじ & ばぁばの便り」である。ためしに1つ引いて中身を読むと……、マジで涙が出た

続きを全部読む

【改めて書くけど】ガチャで売ってた「お母さんの秘伝カレーレシピ」に従ってカレーライスを作ってみた結果…

※不定期連載【改めて書くけど】は、過去に他の記者が書いたネタを、まっさらな気持ちで “改めて感じ” て、“改めて書く” シリーズです。読者の皆様も、過去は忘れて、まっさらな気持ちでお楽しみください。

つい先日、ライターの冨樫さやが「見ず知らずの村上母さんのカレーを作ってみたら、大事なことを思い出した…手書きの異色カプセルトイ「お母さんの秘伝カレーレシピ」」なる記事を書いていたけど、まったく同じネタをまったく同じタイミングで書いてしまった原稿があるので、そのまま掲載することにする。

さて。

この世でもっとも美味いカレーはおかんのカレーである。この主張に同意してくれる人は多いはず。では、人ん家のおかんのカレーはどうか? もしかしたら2番目に美味いかもしれない。順位はどうあれ、美味いに違いない。

ってことで、人ん家のおかんのカレーを作ってみよう!

ありがたいことに、最近はガチャ(カプセルトイ)で「お母さんの秘伝カレーレシピ」を売っている。それで引き当てたレシピを実際に作ってみたいと思う。

続きを全部読む

見ず知らずの村上母さんのカレーを作ってみたら、大事なことを思い出した…手書きの異色カプセルトイ「お母さんの秘伝カレーレシピ」

それぞれの家庭の個性が色濃く表れるメニューの代表格、カレーと味噌汁。秘訣というほど大げさでなくとも「うちの場合はこう」という独自の具材や手順があるもの。

とはいえ普通は人に話すものでもないし、その家庭の子どもたちにだけ、ひっそりと受け継がれていく秘伝のレシピ……。

そんな “門外不出” の家庭のカレーレシピを、カプセルトイにしてしまった商品がSNSで話題沸騰! しかも1枚1枚が印刷ではなく、ガチで手書きだという。

続きを全部読む

【何だよこれ…】意味不明すぎるガチャガチャ『昔のチャリ鍵の感触』が謎の懐かしさ / 自転車の前輪錠をただ開けるだけ

基本的に私(あひるねこ)はカプセルトイ、いわゆる「ガチャガチャ」にそこまで詳しくはないのだが、こんなものを発見してしまったからにはガチャらずにはいられないだろう。その名も『昔のチャリ鍵の感触』。繰り返す、『昔のチャリ鍵の感触』である。いや何なんだよそれ。

こちらはターリン・インターナショナルが昨年11月に発売したカプセルトイで、当時かなり話題になったそうだ。先日、偶然見つけて購入してみたところ、思った通り徹底的に意味不明なコンセプトながらも、同時に謎の懐かしさも感じられてエモエモのエモだった。

続きを全部読む

【カプセルトイ】 日本の謎文化「謝罪会見」!! まじめな顔で動物たちが謝っている罪状とは…

謝罪会見……それは土下座と並んで日本の謝罪文化の極み。

だれに謝っているのか、顧客でもファンでも当事者でもない「世間」に対して、「お騒がせした」という理由で深々と頭を下げる謎の風習。

そんな謝罪会見を盛大にパロディにしたカプセルトイが登場。謝っているのはペットの動物たちである。その罪状は……

続きを全部読む

【ガチャガチャ】意味不明すぎて思わず回してしまった「指ズボン」の使い道とは一体…

ここ最近、かなりの盛り上がりをみせているカプセルトイ。新しい商品が作られてはいつのまにか消えていく様を見ていると、一種の儚さのようなものさえ感じられる。

その膨大な商品の中でも、意外と実用的だった物や、笑える商品などは当サイトでも度々取り上げている。こんな面白いガチャがあるのね~と、私も普段楽しく読んでいるのだが……

先日ふいに発見してしまったのだ。使い道が謎すぎて笑いさえ起きなさそうなしょうもないガチャを。その商品とは「指ズボン(200円)」。意味不明すぎて、思わず数年ぶりにガチャ回してしまったんだが。

続きを全部読む

【激エモ】中・四国限定『タナカのふりかけ』カプセルトイが完成度高すぎ! ファンなら黙ってコンプするしかなかろうがッ!!!

田中食品株式会社は広島に本社を置くふりかけメーカー。看板商品『旅行の友』は発売から100年を超える大ヒット作である。私が「ふりかけはタナカしか認めない」を公言するタナカ・フリークであることは以前の記事でお伝えしたところ。熱い想いは中国地方民を中心に広く共感を呼んだ。

さて、そんな『タナカのふりかけ』から中・四国限定で “カプセルトイ” が発売中との噂を耳にした私。新年早々、実家のある鳥取県内を探し歩き……ついにイオンで問題のカプセルトイを発見したのである! 中身はよく分かんないけど、こんなものコンプするしかなかろうがッ!!

続きを全部読む

【カプセルトイ】ざわ…ざわ…カイジとコラボした「事務的なはんこ」はこう使う! 職場での圧倒的狂気の示し方

人命や身体、一生分の労働を賭けたギャンブルという現実離れした設定の一方、緻密な心理戦で読者をクギづけにする『カイジ』シリーズ。

主人公の伊藤開司といえば、ギャンブル中の活躍はともかくとして、普段は仕事も続かず不規則な生活を送る無気力で自堕落な青年だ。

片やオフィスに欠かせない「ゴム印」のパロディでヒットしたカプセルトイ「事務的なはんこ」。

一見すると接点がなさそうで、本当に接点のない両者がコラボ。カイジの名セリフを事務用品にしてしまった!

続きを全部読む

【カプセルトイ】東京都下水道局のトイレのツイートを再現! と思ったら逆流どころの話じゃなかった

東京都下水道局の1件のツイートがバズっている。トイレ故障時の消費者トラブルに注意喚起する内容なのだが、人が便座から宙に浮くほど逆流しているイラストがシュール、と話題に。

折しも昨年末にはhirazi記者が同様の体験談を公開している。検索上位を信じて依頼したものの高額請求されるというトラブルが増えているようだ。

「その検索、ちょっとまって!」のコピーとともに、水流に噴き上げられながらもスマホで検索しようとしている青年のイラストにジワジワくるが、筆者は既視感を覚えた。つい最近、似たものを見たぞ……!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7