「お絵かき」にまつわる記事

窓に描ける画材「キットパス」で家の外を海にしてみた

幼い頃、窓いっぱいに絵を描いてみたいと思ったことがあった。

窓から見える景色に自分の絵を溶け込ませたら、絵が現実世界に飛び出してきたみたいで面白そうじゃん? 当然実行したらめちゃくちゃ怒られるのは分かっていたので、実行することはなかったが。

──まさかその夢が、大人になった現在で実現することになろうとは。

2022年には、ガラスに描ける上に簡単に消すことができる夢のアイテムがあるんだって! かがくの ちからって すげー!

続きを全部読む

【ウマ娘】都市伝説「描けば来る」は本当なのか!?  実際に目当てのキャラのイラストを描いてガチャで当たるか検証してみた結果…

ウオオオオオフジ先輩が来ねぇぇぇえええ!!!!!!!!

ゲームアプリ「ウマ娘 プリティーダービー」で現在開催されている「ピックアッププリティーダービーガチャ」。

筆者はピックアップされているうちの1人・フジキセキを推しており、是非とも手に入れたいとガチャに挑んでいるのだが……全っ然引ける気配がない。

通常衣装もいいけど、今回の衣装も最高すぎるんだよ~! 何とかして手に入れたいけど、マジでもうジュエルがない!!! 何でもいい、フジキセキを引ける確立を少しでも上げる方法は……あ、そうだ。

Twitterでよく聞くあの方法、試してみるか……

続きを全部読む

世界中の海の色が集まった「海のクレヨン」を使ってみたら、色のバリエーションが豊かすぎた / 海=青じゃない…だとっ…!?

海って、本当に様々な色がある。

修学旅行で沖縄に行った時に見たエメラルドグリーンの海は、多分一生忘れない。「本当にこんなに綺麗な色なんだ!」と、当時高校生だった筆者は驚愕することしかできなかった。

こんなふうに海は日本国内だけでも全く違う色を見せてくれるわけだが、どうやら世界に飛び出してみるともっといろんな色の海を見られるらしい。

そんな海の色を自宅で気軽に体験できるのが……この「海のクレヨン」だ!

続きを全部読む

【大ボリューム】120色のアイシャドウパレットを使ってお絵描きしてみた→ いい感じだけど〇〇が言うこと聞かない

「絵の具じゃん……」

アイシャドウパレットを見る度に、こう思わずにはいられない。アイシャドウも絵の具も色をつけるために使うものだし、あとはもっと色が豊富なら画材として使えてしまうのでは、と。

そんなある日、120色という大ボリュームのアイシャドウパレットが販売されているとの情報を手に入れた。そこまで色が揃っているのなら、絵を描けてしまうのでは……? 善は急げだ! レッツお絵描き!!

続きを全部読む

【実験】自宅で簡単にお皿へ絵付け出来ちゃう「らくやきマーカー」を使ってみた → 描いた絵の上でナイフを容赦無く使った結果

100均などで安くお皿が買えるようになったが、なかなか自分の気に入るデザインに出会えない! という方もいるかもしれない。そんな方に自宅で簡単にお皿へ「絵付け」が出来るペン「らくやきマーカー」がオススメらしい。

2013年の発売以来お絵かき好きの子どもなどにも愛されているようだが、飾る用ではなく普段使い出来る仕上がりになるのだろうか。実際に「絵付け」してみたあと、「絵付け」部分の上で容赦なくナイフを使ってみた!

続きを全部読む

AIすごすぎ! プロの漫画家が「人を描くと人工知能でリアルにしてくれるサイト」を使ったらこうなった

なにやら今、とあるオランダのサイトが話題になっている。URLは「http://fotogenerator.npocloud.nl/」で、サイトの名前は「kunstmatige intelligentie-systeem」。直訳すると「人工知能システム」となる。

一体何を人工知能で考えてくれるのかというと、ずばり「人の絵」だ。どんなヘニャヘニャな絵でも、このサイトは人工知能をフル回転させ、なんとリアルにしてくれるのだという。ということで……さっそくプロの漫画家に試してもらったぞ!

続きを全部読む

【お絵かきっ子必見】逆転の発想!! フリーハンドで “円” を描くワザが目からウロコだと話題に

どんなに絵が上手な人でも「真円」だけは描けないと言われている。コンパスや円定規を使わないと難しいだろう。では、道具がないときに円を描きたくなったらどうすればいいのか? 絶望しかないのか?

という人類の悩みをサクっと解決してくれる動画を消化したい。「How to Draw a Perfect Circle Freehand」では、ペン1本で見事な円が描かれているぞ!

続きを全部読む

江口寿史さんがTwitterで公開した「5分スケッチ」に感動したプロの漫画家がアイドルのグラビア写真をガチで5分スケッチしたらこうなった

漫画家・イラストレーターの江口寿史(えぐちひさし)氏が Twitter上で公開した「5分スケッチ」が、今まさに大きな話題を呼んでいる。5分スケッチとは……「お、これは」と思う写真あったら5分以内でスケッチするというものだ。

江口寿史さんが公開した5分スケッチは、どれもこれも「さすが江口先生!」と言うしかない、ハンパない完成度。そんな江口さんの「5分スケッチ」に感動したプロの漫画家が、いきなり5分スケッチを描き始め、出来上がった作品を堂々と Twitter に公開しているので報告したい。

続きを全部読む

【まんが】プロ漫画家が連載漫画の中で「絵が描けなくても漫画を作ることができるソフト」を使ったらこうなる

「漫画を描いてみたいけど絵がヘタなので諦めている」という人はいないだろうか。別に絵が下手でも漫画は描けるのだが、そもそも絵を描くのがメンドクサイという人も多いだろう。たとえプロの漫画家でも、「描くのがメンドクサイ」と思ったりもする。

そんな人にオススメなのが、漫画作成ソフト『コミPo!』である。ということで今回は、プロの漫画家が月刊誌の連載漫画の中で、実際に『コミPo!』を使っている実例マンガをご紹介したい。

続きを全部読む