「動物」カテゴリーの記事

【競馬】センス爆発! ネーミングが秀逸すぎる競走馬5選

親が子に様々な思いを込めて名前を付けるように、競走馬の名前にも馬主さんや関係者の「こんな馬に育ってほしい」「こんな活躍をしてほしい」という熱い思いが込められている。

名前だけでも強そうな馬名や、ロマンチックで美しい語感の馬名など、数々のセンスあふれる馬名が日本競馬の歴史を彩ってきた。そして本日9月16日は、JRAが設立された日であることにちなんで「競馬の日」。記念すべき日に、筆者が選ぶ「ネーミングが秀逸すぎる競走馬5選」を紹介しよう。

続きを全部読む

大阪アメ村で「猫×タピオカ」が流行中? 本物の猫に会える店に行ってみたら…芋タピオカ『芋圓(ユーユェン)』が想定外のウマさ! しかも低カロリーで無敵

「他人と同じであることを何より嫌う」……ようなイメージがしなくもない大阪。しかし、そんな大阪もタピオカブームの波には抗えなかったとみえる。若者の聖地たる「アメリカ村」では東京と同様、もしくはそれ以上に多くのタピオカドリンク店がしのぎを削っているようだ。

「全体的にとにかく派手」……な雰囲気が漂っていなくもないアメ村のタピオカ屋は、外見からしてパッと目を引くものが多い。中でも行列のできている店『ノナラパール』はネコのキャラクターが目印だ。こんなカワイイの買っちゃうに決まってるよ。目立つって大事ね!

……と、歩いているうち、またもネコマークのタピオカ屋を発見した。以前はなかったはずだから、アメ村ではネコが流行っているのだろうか? どことなく西洋を思わせる店内は所狭しとネコの絵がデザインされており、店先にはリアルなネコの置物まで……ヒッ! 動いた!

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】「最後の1冠」への切符をつかむのは? 難解を極める前哨戦・ローズステークス&セントライト記念を解き明かす

春の実績馬か、夏の上り馬か。そして有力馬の本気度合いは──。色々考えなければいけない前哨戦は、いつになっても難しい。

今週末の3連休は阪神競馬場で秋華賞トライアルのローズステークス、中山競馬場で菊花賞トライアルのセントライト記念が行われる。場合によっては本番より難しいかもしれない前哨戦、じっくり頭を悩ませていきましょう……。

続きを全部読む

【独占インタビュー】桂浜水族館 Twitter の “おとどちゃん” が自由奔放すぎ! その正体に迫ってみた / 3万RT超の「人類滅亡ツイート」はどうやって生まれたのか?

水族館は好きですか? 海と共に生きる国・日本にはいま水族館が150以上も存在すると言われている。そのなかで今、もっとも注目の「水族館」と言えば……『桂浜水族館』を挙げた人、Twitter お好きですね!

そう、いま高知県の『桂浜水族館』の公式 Twitter が大注目、連日のようにバズっているのだ。中の人は何を考えているのか……突撃してみた!

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】開幕週はセオリー通り内枠の先行馬から! スプリント重賞・セントウルステークスは好走条件の揃うイベリスに要注目

今週末の阪神競馬場では、スプリンターズステークスの前哨戦であるセントウルステークスが開催される。春の短距離王者・ミスターメロディが始動するほか、夏のターフを沸かせたダイメイプリンセスなども参戦して中身の濃いメンバーになった。

秋の主役候補が激突するレースだけに気合いが入るというもの。今月は3連休も2回あることだし、ここでキッチリ秋G1への資金を稼いでおこう!

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】目覚めろ12冠ベイビー! 新潟記念は超良血馬・ジナンボーの覚醒に期待 / 札幌&小倉2歳Sも予想

競馬はブラッドスポーツなり。親から子へ、子から孫へ、強さと物語が受け継がれていくスポーツである。今週の新潟メイン・新潟記念では待望の重賞デビューを果たす超良血馬・ジナンボーに要注目だ。

また、札幌と小倉では2歳重賞が行われ、2歳戦線も熱を帯びてくる。今週末は各場でスター誕生の予感!

続きを全部読む

【朗報】キタシロサイ、絶滅回避に向け大きな前進 / 地球上で最後の2頭のメスの卵から受精卵の作成に成功

2018年3月の終わりに、あるニュースが世界中に衝撃を与えた。そのニュースとは、最後のオスのキタシロサイ「スーダン」の死。その結果、地球上のキタシロサイはスーダンの娘と孫娘の2頭のみとなってしまう。

どちらもメスということで自然繁殖は不可能。体外受精は過去に例がなく、もはや絶滅は時間の問題か……そう思われていた。しかし、ここにきて彼らの絶滅を回避できるかもしれない朗報がもたらされた。スーダンの死から今日までの1年半で研究が進み、人工授精に成功したってよ!

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】世界の名手が札幌にやって来る! 人馬とも豪華メンバーのキーンランドカップを占う / 新潟2歳Sの予想もあるよ

夏競馬も佳境を迎えつつある。札幌メイン・キーンランドカップには1カ月後に迫ったスプリンターズステークスを見据えて、短距離界の有力馬がズラリ集結。

海外のトップジョッキーも参戦して盛り上がること間違いなしの1戦を、新潟2歳ステークスと合わせて予想していきます!

続きを全部読む

【難易度高い】「1人動物園」はアリ? ぼっちで東京・上野動物園に行ってみた!

ワイワイしていて、にぎやかなイメージの動物園。ほとんどの人が1度は行ったことがあると思う。子供の頃は家族で行ったりするが、大人になればデートで行ったりするだろう。老若男女問わず楽しめる、定番の人気スポットだ。

しかし、そんな動物園に1人で行ってみるのはどうだろうか?  複数人で行けば楽しいというのはもう承知のこと。ならば1人で行ってみるのも、案外楽しいのではないかと思うのだ。というわけで実際に行ってみたので、楽しめたのか居心地の良さはどうだったのかについて詳しく話していく!

続きを全部読む

【奈良】一面鹿だらけ!! 夏の風物詩『鹿だまり』って知ってる? 何頭いるの? 何で集まってるの? →調査してみた結果…

奈良には鹿しかいないと思っているそこのアナタ! 「そんなことないよ~」と声を大にして訴えたいところではあるが、そう捉えられても仕方がない現実がココにはある。夏の夕方には決まって、数百ものに鹿がうじゃうじゃと一堂に会するのだから。

一度でも目にすればわかるが「コラ画像かな……?」と思うほどに、不自然な情景。『鹿だまり』と呼ばれ、一説には “涼を求めるために集まっている” という。しかしこれだけ密集していれば、むしろ暑かろう。何頭集まっているのか、何故集まるのか。気になって仕方がないので、調べてみたぞ。

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】北の大地に豪華メンバー揃い踏み! 「4歳3強」から抜け出し真夏の頂上決戦・札幌記念を制するのは?

今週末の札幌競馬場では、夏の一大決戦・札幌記念が行われる。4頭のG1馬が出走するなどスーパーG2の様相を呈しており、今年も大いに盛り上がりそうだ。

なかでも注目はブラストワンピース、フィエールマン、ワグネリアンの4歳勢。同世代のライバルを蹴散らし、夏の王者に輝くのは?

続きを全部読む

【競馬予想】関屋記念は暑さに強いディープ牝馬・ディメンシオンの一発に託す / エルムSはレッドアトゥの爆発力に期待

暑い暑い暑い~!! ちょっと暑すぎませんかね。あまりの酷暑にダウン気味の方も多いかと思うが、こんな暑さのなかを全力疾走する競走馬たちはもっと大変である。そこで今週の新潟メイン・関屋記念は、暑さに強そうな馬から攻めてみます。

いっぽう涼しげな札幌のメインはダート重賞・エルムステークス。芝の強豪も参戦して個性豊かなメンバーとなり、こちらも目が離せない!

続きを全部読む

【ぶらり秘境下車】駅の中にミニ水族館!? イルカもペンギンもいないが「手作りの温もり」がそこにはあった / 京都丹後鉄道「栗田駅」

まだ見ぬ景色や出会いを求め、秘境駅を旅する「ぶらり秘境下車」。今回は日本海沿いを走る京都丹後鉄道の「栗田駅」をご紹介しよう。ちなみに駅名は「くりた」ではなく「くんだ」と読む。

駅の構内にミニ水族館が設置されているという同駅。水族館を企画したのは、なんと地元の海洋高校に通う生徒たち。実際に訪れてみると、手作りならではの微笑ましい光景が広がっていた!

続きを全部読む

【競馬予想】盆休みの小遣いを早めにゲット! 小倉記念&レパードステークスを有力馬から馬単攻め!!

早いもので、もうすぐ盆休み。休みの日程は人によって異なるかもしれないが、今から旅行やお出かけのプランを練られている方も多いのではないだろうか。

しかし、どこへ遊びに行くにもお金は必要。今週は小倉記念&レパードステークスを予想して、盆休みの小遣いゲットを目論みます。サクッと当てて、ゆとりのある夏休みを迎えよー!

続きを全部読む

知人から「あなたの犬の名前をウチの子供につけたいから、犬の名前を変えてくれ」と言われた人の体験談が話題に

「親からの最初の贈り物」とも言われるのが、名前だ。だからこそ、多くの人が子供に素敵な名前をつけてあげたいと願っては、頭を悩ませる。でもその気持ちが強すぎて、ときに行きすぎた主張がなされることもあるようだ。

この度もある人が、妊娠中の知人から「あなたの犬の名前をウチの子供につけたいから、犬の名前を変えてくれ」と言われたのだとか。その体験談が SNS に投稿されては話題を集めている。

続きを全部読む

「もしも野良ダチョウに遭遇したらどうすればいい?」とマサイ族の戦士に質問したら平和な答えが返ってきた / マサイ通信:第279回

スパ! どうもみんな「○○に遭遇したら?」というネタが好きみたいだな。おそらく心のどこかで “いつか遭遇するかも?” と思っているからこそ、興味があるのだとオレは見ている。良いことだ。備えあれば憂いなしだ。

ということで今回は、野良ライオン野良ゾウ、そして前回の「野良クマ」に続く第4弾。何の動物かというと……ダチョウだ。くるりんぱ。くるりんぱ。もしも野良ダチョウに遭遇したとき、どうすればいいのか? その答えは……

続きを全部読む

【流行りそう】「食べられるアート」が貼るだけで簡単に食べ物をかわいく出来て超便利!

心惹かれる食べ物は人によって違うと思う。味に惹かれる人もいれば、見た目に惹かれる人もいる。私は圧倒的に後者で、とにかく食べ物にときめきが欲しいと日々目を光らせている。

食べ物にときめき……そう言われてもあまり想像ができないかもしれないが、これから紹介する商品『食べられるアート』を見たら共感してくれる人もいるのではないだろうか。なんと言ってもこちら、かわいすぎて誰でも癒されてしまうような食べ物を簡単に作ることができるのだ!

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】今週末は夏の新潟名物・アイビスサマーダッシュ! 外枠を生かしてレジーナフォルテが押し切るか / クイーンSは3歳馬・メイショウショウブが古馬を負かす

各地で梅雨が明けはじめ、ようやく夏らしい天気になってきた今日この頃。中央競馬は今週から札幌・新潟・小倉へと舞台を移し、夏競馬も後半戦に突入する。

新潟の開幕週を飾るのは、国内唯一の直線重賞・アイビスサマーダッシュ。究極のスプリント戦を制して、夏の新潟に勝ちどきを上げる馬は果たして? 混戦模様のクイーンステークスの予想と合わせてお届けします!

続きを全部読む

「もしも野生のクマに遭遇したらどうする?」とマサイ族の戦士に聞いてみたら、かなり真剣に答えてくれた / マサイ通信:第278回

スパ! 絶好調。マサイ通信ゼッコーチョー。ここんとこ続けているサバイバルシリーズが絶好調な今日このごろだが、わりともうネタがない。しかし、運良くリクエストボックスに質問が来た。マサさんからの質問だ。

「ここ数年、日本では熊が山菜やキノコ狩りをしている老人を襲うニュースが報道されています。(中略)野良熊から身を守る術をアドバイスして頂けたら幸いです。

思いきり「中略」しちゃったけど、マサさん質問ありがとう。答えよう。まず最初に言っておきたいのは、オレの住むケニア・アンボセリに……

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】夏は牝馬を狙え! 函館2歳ステークスは地方から参戦のバブルガムダンサーが自在の脚で制す / 中京記念はクリノガウディーに注目

今週末の函館では世代最初の重賞、函館2歳ステークスが行われる。暮れの2歳G1、そして来春のクラシックへと同世代での戦いがここから本格化していく。次世代のスター候補へと名乗りを上げるのは一体どの馬か。初年度産駒も続々参戦で見どころたっぷりだ。

中京のメインは、サマーマイルシリーズの開幕戦・中京記念。勢いに乗る3歳馬か、歴戦の古馬か。こちらも選択が難しいレースとなりそうだ。今週もじっくり予想していきます!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 92