「コラム」カテゴリーの記事

【夜の4コマ劇場】ハイパーメディアパトロール自宅警備くん / 第4回 / 菅原県先生

毎夜お届けする『夜の4コマ劇場』のコーナー。どうぞ4コマ漫画『ハイパーメディアパトロール 自宅警備くん』をお楽しみください。このページにすべての4コマ漫画が表示されない人は( http://wp.me/p25BsW-14MI )にアクセスしてください。

続きを全部読む

【朝の4コマ劇場】おたすけ害獣ねずみくん / 第4回 / conix先生

毎朝お届けする『朝の4コマ劇場』のコーナー。どうぞ4コマ漫画『おたすけ害獣 ねずみくん』をお楽しみください。このページにすべての4コマ漫画が表示されない人は( http://wp.me/p25BsW-14sM )にアクセスしてください。

続きを全部読む

アップルの「EarPods」をAndroid端末で使うと、iPodでは味わえない極上サウンドを楽しむことができるッ!

【音楽コラム】アップルは2012年10月中の販売を予定していた、第五世代となるiPod touchの販売を、アップルストア(実店舗)で開始した。オンラインのアップルストアでは、いまだ販売開始とはなっていないのだが、おそらく間もなく取り扱いが行われるものと思われる。

運良く購入できた記者(私)は、音質が向上したといわれる本体の機能と、今までにない形をしたEarPods(イヤフォン)に期待していた。ところが、ちょっと困った発見をしてしまったのである。それは、Android端末でEarPodsを使うと、iPod touchで利用するよりも良い音になることに気付いてしまった。

「まさか!?」と思い、何度も同じ曲を聞き比べてみたのだが、記者の感想としてはiPod touchで聞くよりもAndroidの方が良い。どうしてこうなってしまったのか……。

続きを全部読む

【朝の4コマ劇場】おたすけ害獣ねずみくん / 第3回 / conix先生

毎朝お届けする『朝の4コマ劇場』のコーナー。どうぞ4コマ漫画『おたすけ害獣 ねずみくん』をお楽しみください。このページにすべての4コマ漫画が表示されない人は( http://wp.me/p25BsW-14sD )にアクセスしてください。

続きを全部読む

【夜の4コマ劇場】ハイパーメディアパトロール自宅警備くん / 第2回 / 菅原県先生

毎夜お届けする『夜の4コマ劇場』のコーナー。どうぞ4コマ漫画『ハイパーメディアパトロール 自宅警備くん』をお楽しみください。このページにすべての4コマ漫画が表示されない人は( http://wp.me/p25BsW-14tG )にアクセスしてください。

続きを全部読む

【朝の4コマ劇場】おたすけ害獣ねずみくん / 第2回 / conix先生

毎朝お届けする『朝の4コマ劇場』のコーナー。どうぞ4コマ漫画『おたすけ害獣 ねずみくん』をお楽しみください。このページにすべての4コマ漫画が表示されない人は( http://wp.me/p25BsW-14sm )にアクセスしてください。

続きを全部読む

【夜の4コマ劇場】ハイパーメディアパトロール自宅警備くん / 第1回 / 菅原県先生

毎夜お届けする『夜の4コマ劇場』のコーナー。どうぞ4コマ漫画『ハイパーメディアパトロール 自宅警備くん』をお楽しみください。このページにすべての4コマ漫画が表示されない人は( http://wp.me/p25BsW-14tx )にアクセスしてください。

続きを全部読む

【朝の4コマ劇場】おたすけ害獣ねずみくん / 第1回 / conix先生

毎朝お届けする『朝の4コマ劇場』のコーナー。どうぞ4コマ漫画『おたすけ害獣 ねずみくん』をお楽しみください。このページにすべての4コマ漫画が表示されない人は( http://wp.me/p25BsW-14s3 )にアクセスしてください。

続きを全部読む

「好きこそものの上手なれ」ということわざがあります。それに対して、「下手の横好き」ということわざもあります。後者のほうは「チョメチョメがヘタクソな男性に限って、横から挿入など、あえて難しい体位に挑もうとする」という解釈もあるようですね。

という余談はさておき、まったく正反対の意味を持つふたつのことわざ、どちらも「確かに!」と納得させられてしまうシーンが日常でいくつも見受けられます。ところで、ポジティブかネガティブかという観点で見ると、前者のほうが圧倒的にポジティブです。そこで今回は、「好きこそものの上手なれ」ということわざに注目してみましょう。

続きを全部読む

先日、美容院でふと手にした女性誌に、アラサー男性3名による座談会が掲載されていました。テーマは「女性の私服」について。仕事中は制服の人も、始業前や終業後は私服姿を見せることがありますよね。「男性は、どうせ女性のファッションに無頓着」かと思いきや、意外と細かくチェックしているようです。

続きを全部読む

先日、美容院でふと手にした女性誌に、アラサー男性3名による座談会が掲載されていました。雑誌に載るのは芸能人ばかりとは限りません。一般人の本音をクローズアップする目的で、こういった座談会が催されるのは珍しいことではありませんが、たいていは女性座談会が多いですよね。そういう意味でも、男性の座談会は貴重だと思い読み進めてみたのですが、テーマは「女性宅に遊びに行った際に気になる部分」とのこと。

続きを全部読む

恋愛において、「好き」とか「嫌い」という感情以上に厄介なのが「飽きる」ことです。恋愛以外でも、人間ですから飽きてしまうことってありますよね。大好物の食べ物でも、毎日食べ続けるとさすがに受けつけなくなりますし、ゲームやフィギュア収集など趣味に飽きることもあります。

付き合いの長いカップルが、愛情が冷めたわけではないけれど、なんとなく飽きた場合は「マンネリ」といいます。マンネリ打破に関しては、既にあちこちで語られているので、ここではあえてスルーさせて頂きますね。付き合いの長いカップルのマンネリよりも身近なのが、正式な交際に至るまで前に飽きるケースです。

続きを全部読む

「黄金比」という言葉がありますね。人間が、もっとも均整がとれていると感じる比率のことで、古代ギリシャ時代には「神の比」とまで言われました。デザインや建築、さらには美容整形の現場でも使われる「黄金比」ですが、この言葉が転じて、たとえば調味料を配合する際に、「魚の煮付けの黄金比は醤油とみりんが……」などと使われることもあります。

料理をしない人には興味が湧かない話かもしれませんが、合コンにも黄金比があると聞けば、関心を持たずにはいられないでしょう。

続きを全部読む

日本人には、他民族と比べて「恥」を重んじる文化がありますよね。大人になると特に、悪口を言われることよりも、恥をかかされることのほうが嫌だと感じる人が多いのではないでしょうか? 

何をもって「恥」と見なすかは、人それぞれ価値観が異なるでしょう。たとえば、シーンとしたオフィス内で爆音級のオナラをしてしまった場合。「恥ずかしくてもう会社に行けない」と思う人もいれば、「生理現象なのだから恥ずかしくもなんともない」と開き直れる人もいます。

続きを全部読む

自分にとって実質的損害がなくても、なんとなくイライラさせられることってありますよね。たとえばテレビのコマーシャル。イラつくポイントには個人差があるでしょうけど、すべてのコマーシャルを聖人のような穏やかな気持ちで観ていられる人はほとんどいないはずです。

テレビのコマーシャル以外にも、イライラさせられる物事は日常に多数潜んでいますね。最近は、「女子」という言葉に、どうにもこうにもイライラさせられるという男性、多いようですね。「女子力」や「女子会」などの言葉を耳にするたび怒りに震え、ネット掲示板やツイッター等でその怒りを爆発させている男性のなんと多いことでしょう。

続きを全部読む

強烈な緑色! なかなか売っていない日本産エナジードリンク『ビーストアイ』に軽い衝撃を受けたッ!!

エンナァジイイイィィィッッ!! みんな、元気か? エナジフルか? 久しぶりだな! 俺の名前は「エナジーマン」。エナジードリンク(栄養ドリンク)をこよなく愛する、1日1エナのスーパーヒーローだ。

さて。つい昨日のことだ。仕事帰りに近所のデイリーヤマザキに行ってみたら、冷蔵庫に何やら見慣れないヤツがいる。レッドブルとモンスターエナジーの隣に、白い缶の変わったエナジードリンクが置いてある。

その名も『ビーストアイ(BEAST EYE)』。もちろん俺はゲットした。そして、家に帰って飲んでみた。軽い衝撃を受けたのだッ!

続きを全部読む

【伝説のラーメンを求めて】もはや説明するまでもない秋葉原ラーメン界の名店中の名店『青島食堂』のショウガ風味ラーメンにホロリと感動

先日、かつて秋葉原駅前にあった伝説のラーメン屋『ラーメンいすず』についてのコラムを書いた。一度食べたら忘れられないショウガ風味。ファンも多かったが、十数年前に惜しくも閉店。熱烈な支持者は今でもいすずの味を思い出し、「いすずみたいなラーメン」を追い求めている。

ネット上にはチラホラと「あのお店のラーメンがいすずっぽかった」という勇者からの情報が書き込まれているが、実際に食べてみないと分からない。果たして本当にいすず風なのかは、自分の舌で確かめるしかないのである。

そんななか、よく「いすずっぽい」と話題になるお店がある。しかも場所も秋葉原。お店の名前は『青島食堂』。あまりにも美味く、あまりにも名店。様々なラーメンランキングでも上位の常連だ。今回はそんな『青島食堂』に行ってみた。

続きを全部読む

日本にも海外にも、「お騒がせ女優」とあだ名される女優さんがいますね。個人名は挙げませんが、彼女たちの共通点は、普通に仕事だけをこなしていれば、高評価を得られる卓越した演技力を持っていながらも、なぜかプライベートで様々な「お騒がせ」を巻き起こしてしまうという点です。

彼女たちのような「お騒がせタイプ」は、私たち一般人のなかにも存在します。といっても女優さんではないので、周囲が騒ぐわけではありません。一人で騒いでしまうケースです。

続きを全部読む

元々はテレビ業界用語だったものが、私たち一般人にも浸透するケースも珍しくないですよね。「ギロッポン」(六本木)、「ザギン」(銀座)、「シースー」(寿司)など。今回はそういった業界用語の中から、「カキタレ」という言葉に注目してみたいと思います。

カキタレは元来ひとつの言葉ではなく、「カキ」と「タレ」が合わさった言葉です。「カキ」は性行為、「タレ」は女性。つまり、カキタレとは「性行為要員の女性」を意味します。下品な言葉ですね。下品な言葉ではありますが、業界人と一般人の距離感が近付いたことで、このカキタレという言葉もずいぶん浸透した感があります。要するに、一般人のなかにもカキタレであるという人が増えつつあるということです。

続きを全部読む

【伝説のラーメンを求めて】超絶ストロングな “しょうが風味” に衝撃! 幡ヶ谷『我武者羅』の生姜醤油らぁ麺を食べたら新潟に行きたくなった

先日、かつて秋葉原駅前にあった伝説のラーメン屋『ラーメンいすず』についてのコラムを書いた。一度食べたら忘れられないショウガ風味。ファンも多かったが、十数年前に惜しくも閉店。熱烈な支持者は今でもいすずの味を思い出し、「いすずみたいなラーメン」を追い求めている。

ネット上にはチラホラと「あのお店のラーメンが、いすずっぽかった」という勇者からの情報が書き込まれているが、実際に食べてみないと分からない。果たして本当にいすず風なのかは、自分の舌で確かめるしかないのである。

ということで今回行ってみたのは京王線・幡ヶ谷駅からスグの場所にある新潟風ラーメン店『長岡 生姜醤油 我武者羅(がむしゃら)』だ。「我武者羅の生姜ラーメンが近い」という情報があったからである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 143
  4. 144
  5. 145
  6. 146
  7. 147
  8. 148
  9. 149
  10. ...
  11. 157