佐藤英典 (Hidenori Satou)

ライター

自称コストパフォーマー。時々さとっしー。元ブラスバンド(トランペット)でバンドマン(ベース)だったのに、自分でも呆れるほどのリズムオンチ。尊敬する人、ザキヤマさん。

「佐藤英典」担当の記事

約35年ぶりに少年誌「月刊コロコロコミック」を買ってみた! 今の主流は○○を題材にした作品であると判明

私(佐藤)が小学生の頃、男子は2つの漫画雑誌に派閥が分かれていた。月刊コロコロコミック(小学館)派と月刊コミックボンボン(講談社)派である。ボンボンは2007年に休刊になって以降、いまだに復活していないのだが、コロコロは健在である。

現在のコロコロはどうなっているのだろうか? つい懐かしくなって、約35年ぶりに購入してみたところ、現在の少年漫画の主流は○○であることがわかった。今はこうなっているのか!

続きを全部読む

新年早々『西武・そごう』のメッセージ広告が物議 / 「女の時代」に関する内容に賛否の声

2019年はまだ始まったばかり。しかし年明け早々、西武・そごうのメッセージ広告が物議をかもしている。2018年12月末に公開された動画、「【西武・そごう】わたしは、私。オリジナルムービー」は約75万回再生され、コメント欄にはさまざまな意見が飛び交っている。

続きを全部読む

最大30分無料で使えるシェアオフィス「STATION WORK」を使ってみた! 東京駅・新宿駅・品川駅で実証実験中

やべえええええええ! 急ぎのメールを送信するの忘れてたーーッ! スマホもパソコンも充電が切れそおおおお!! 動画を添付して送信しなきゃいけないけど、今月ギガを削りすぎて、通信制限かかってるぅううう! 会社に戻るまであと1時間はかかるぅうううううッ!! どないしたらええねんんんんんッ!

って人に朗報! JR東日本は駅ナカシェアオフィスの実証実験を2018年11月末からスタートしてるぞッ。利用時間30分以内でなんとタダ! ゼロ円で利用可能だ。使うしかねえだろ!

続きを全部読む

【保存版】スマホのパノラマ撮影モードで「分身写真」を撮る方法

年末年始は何かと記念撮影をする機会が多いはず。友達や家族と写真を撮る時に、ぜひ試して欲しい撮影方法がある。それは、パノラマモードで分身写真を撮る方法だ。やり方はとても簡単だが、コツがいるのでそのコツについてお伝えしよう。

続きを全部読む

【こんなのアリ!?】おにぎりなのに「カレーパン」が挟んである商品を発見してしまったんだが……

おにぎりの具材で好きなものは? と問われたら、大抵の人が1つや2つ出てくるだろう。コンビニの商品も豊富で、購入時にどれにしようか迷ってしまうほどだ。個人的には、どんな食材でもおにぎりとして美味しく食べることができる、のだが……。

「さすがにこれは!?」と思うものを発見してしまった。関東を中心にデパートなどで店舗展開する「株式会社グゥー」の新作おにぎり(おにぎらず)が、ちょっと想像を超える具材を挟んでいた。それは……カレーパンである

続きを全部読む

【2019年福袋特集】YOSHIKI・GACKTを夢中にさせたクッキーは入っているのか? 「TODAY’S SPECIAL」の5000円福袋を買ってみた!

元旦はお菓子専門店にとって、警戒すべき日ではないだろうか。というのも昨年元旦、世界的アーティストのYOSHIKIさんが「芸能人格付けチェック」(テレビ朝日)において「銀座あけぼの」のチーズおかきを食いまくった影響で、お店のサーバーがダウン。商品は売り切れとなったうえ、しばらくの間、品切れ状態が続いた。

さらに今年はYOSHIKIさんだけでなく、パートナーのGACKTさんまでもがお菓子に夢中になる事態に……。

そんなGACKTさんが自身のSNSで、同番組でクッキーを食べている映像を投稿したところ、早々とファンに特定されてしまった。「TODAY’S SPECIAL」のクッキーではないかとの噂がネット上に広がり、すでに売切れになったもよう。はたして、そのクッキーは5000円の福袋に入っているのか? そして、実際に購入した結果は……!?

続きを全部読む

【2019年福袋特集】今年も良心的すぎる「元祖仲屋むげん堂」の福袋(2000円)がオトクすぎてヤバい!

毎年年明けは、このお店の福袋のことをお伝えしなければ始まらない。良心的すぎるオリエンタル雑貨のお店、「元祖仲屋むげん堂」だ。創業記念の12月24日にはプレゼントてんこ盛り、福袋もお値打ち価格で、しかも豪華と来ている。

今年も福袋を買いに行ってみたところ、やっぱり内容が充実してた。さらに、ある条件を満たすと50パーセントの金券バック! マジかよ、お年玉にもほどがあるだろ!!

続きを全部読む

【2019年福袋特集】これは超お得だ!! 東急ハンズ1万円の「カバン福袋」は完全に買い!

福袋というと、大抵スターバックスやタリーズなどの大手コーヒーチェーンの商品に注目が集まるが、意外とお得な掘り出し物が見つかるのが「東急ハンズ」である。価格も手ごろで内容が充実していることを、知らない人は多い。

今回購入したカバン福袋は1万800円でなんとカバンが3点も! それにおまけでペンケースまでついてくる、総額3万3100円の超お得な内容となっている!

続きを全部読む

【2019年福袋特集】もっとも無難に渋谷系ファッションを着こなすならコレ! 旧109メンズ「WILD PARTY」の9800円福袋

東京・渋谷は今も昔も若者の情報発信地である。遊びに行ってみたいけど、渋谷に見合う服をもってねえ! という悩める若者は旧109メンズ(マグネット バイ シブヤ109)の「WILD PARTY」に行くことをオススメしたい。ここの9800円(税別)福袋は、5点の無難なアイテムが揃っているぞ。とりあえず、コレを手に入れておけば、もう渋谷も怖くない!

続きを全部読む

【2019年福袋特集】旧109メンズ「マグネット バイ シブヤ109」で最もコスパ良さそうな『REALIZE』の福袋を買ってみた!

私(佐藤)は年に1度、必ず訪れる場所がある。普段一切行くことがないその場所は、東京・渋谷の109メンズである。今年も福袋を求めて行ってみると、知らない間に名前が変わっていた! 『マグネット バイ シブヤ109』という、めちゃくちゃとっつきにくい名称に変わっていたのである。テナントはほとんどメンズアパレルだから、109メンズで良いじゃないか……。

それはさておき、そのマグネットなんちゃらで、もっともお得そうな福袋を買ってきたぞ! 購入したのは、「REALIZE」というお店。1万5000円(税別)で7万円相当の商品が入っているという。実際どうなのか! 中身を見てみよう。

続きを全部読む

【2019年福袋特集】お菓子系福袋最強コスパはコレ! 1080円「二木の菓子」の福袋はめっちゃお得だよッ!!

飲食系の福袋の相場は大体1000円だろうか。売り値1000円で、1500~1600円の中身なら、十分得した気分になるはず。ところが、東京・アメ横の菓子の小売り販売を行っている「二木の菓子」は一味違う!

1000円の福袋に、2300円相当の商品を詰め込んでいるのである。さすが、ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、二木の菓子!

続きを全部読む

【2019年福袋特集】雑貨屋「ラムタラ」で売っている『DO袋』の名前の理由がヤバい! そんな言い方ある?

福袋とは、買う人にとっては 1年の買い物初めの楽しみのひとつ……のはず。売る人にとってはどうだろうか? もしかして、在庫処分なんて考えているお店があったりしないだろうか? 残念だが、そう考えるお店があっても不思議はない。

たとえば、関東で店舗展開する雑貨店「ラムタラ」に行ってみると、福袋にすごい名前がついている。「DO袋」だと? そう名付けられている理由を読むと、「在庫処分」なんて生易しい言い方と思わざるを得ない。こんな名付け方があるのか……。

続きを全部読む

【2019年福袋特集】秋葉原で3000円のジャンク福袋を購入したら、心底失望した / もう昔のアキバじゃない……

また今年も福袋のシーズンが来た。毎年ネタ系福袋に注目している私(佐藤)は、元日10時前に東京・秋葉原へと向かった。さて、今年はどんなジャンク福袋に出会えるのか? 楽しみにしていたのだが、衝撃的な事実を知ることとなった。

手ぶらでは帰れないと、別の場所でジャンク福袋を発見したものの……これがある意味でトンでもない代物だったのである! マジで失望したぞ。

続きを全部読む

【2018年】ライター別「絶望的に伸びなかった記事」まとめ

ウェブメディアで記事を執筆するライターなら、誰だって記事が広く多くの人に読まれることを望んでいるはずである。しかしその願いはほとんど叶うことはなく、むしろ期待値の半分、いや3割程度でも到達すればヨシ! とすべきである。だが、現実はもっともっと厳しい。期待値の1割以下という結果になることも全然珍しくない。

2018年を振り返り、ライター別に絶望的に伸びなかった記事。猛烈に滑った記事を本人たちの言葉と共に紹介したいと思う。せめてもの弔いだ……。

続きを全部読む

【2018年】ライター別「奇跡のヒット記事」まとめ

日々記事を執筆していると、奇跡的に爆伸びする記事を創出してしまうことがある。もちろんそれを望んでパソコンに向かっている訳だが、図らずもヒットしてうろたえることも少なくない。そんな奇跡のヒット記事をライター別にお伝えしたいと思う。たまにはいいこともあるんや!

続きを全部読む

俺は何を血迷ったのか、木箱に入った5400円もするかまぼこを買っちまった…

もうクリスマスは終わった。12月25日を過ぎたら翌日には、あの華やかな雰囲気は街から払拭されている。クリスマスソングはもうどこからも聞こえて来ない。ショーウィンドウにサンタクロースはもういない。親し気に手をつないでいたカップルの姿は影をひそめた……。恋人気分はもう終わりじゃーいッ! 今年も終わりだ、年明けの準備をサッサとせんかい、コラーーーッ!!

……と、聞こえて来そうな街の雰囲気に一変している。実際百貨店の食品売り場に行くと、鮮魚コーナーが俄然、おせち料理を売る気満々! それまで精肉コーナーでチキンをバンバン売ってたのに、精肉コーナーのテンションは低めだ。という訳で、今年最後の血迷いは高級かまぼこだぞっと。

続きを全部読む

2018年SNSで話題になった記事ベスト10! 時勢を反映した記事がランクイン

この場を借りてサラリとお伝えするけど、昨日(2018年12月28日)は今年最後の「プレミアムフライデー」だったんだよ。知ってた? もはやSNSでは、ほとんどプレミアムフライデーが話題にのぼることはない(すでに仕事納めで休みに入った人も多いからね)。

さて、そんなSNSで今年話題になった当サイトの記事ベスト10をお伝えしたいと思う。ベスト10入りした記事は、今年の時勢を反映した内容となっている。

続きを全部読む

「樹木さんのいないお正月」富士フイルムが12月29日に1度だけ放映するスペシャルムービーに目頭が熱くなる……

今年は多くの著名人の訃報が報じられた。闘将と言われた星野仙一さん、俳優大杉蓮さん。歌手の西城秀樹さん、落語家の5代目桂歌丸さん、格闘家の山本KID徳郁さん。まだまだ活躍を見ていたかった人たちが相次いでこの世を去り、多くの人が悲しい気持ちを抱いたに違いない。

もうすぐ正月。そうなると、毎年のようにCMで見ていた、あの人の顔を見ることができなくなるのは悲しい。樹木希林さんだ。正月を伝える富士フイルムのCMで見ていたあの優しい笑顔が見られないのは本当に寂しい。同社は、2018年12月29日に1度だけテレビ放映する予定のスペシャルムービーを制作していた。

続きを全部読む

ラーメン屋みたいな名前の食パン専門店『うん間違いないっ!』の食パンを食べてみた!

店舗の名前は覚えやすい方がいい。とはいえ、飲食店となるとライバルは星の数。そんななかでありきたりな名前を付けても覚えてもらえない。とくにライバルの多い業態では、他店と差別化するためにインパクト絶大な名前を付けるお店が多いのは事実。ラーメン屋なら「世界一暇なラーメン屋」とか、とんかつ屋なら「とんかつは飲み物。」とか。

その傾向は、なんとパン屋にも波及しているらしい。2018年12月19日に東京・中野坂上にオープンした食パン専門店は、「うん間違いないっ!」という。ラーメン屋みたいな名前じゃないか! とにかく行ってみたところ、すでに行列が出来る人気店となっていた!!

続きを全部読む

『ホーム・アローン』のマコーレー・カルキンさん、投票で改名「マコーレー・マコーレー・カルキン・カルキンさん」になる!

1990年公開の映画『ホーム・アローン』。この作品への出演時には10歳だったマコーレー・カルキンさんは、現在38歳。最近Googleアシスタントの動画に出演し話題になったのだが、そんな彼がクリスマスに驚きの発表を行っている。

自身のミドルネームを改名するために、彼のウェブサイトで投票を行ったという。その結果、新しいミドルネームが決定し、2019年に法的な手続きを行って、その名前に変えるというのだ。彼の新しい名前は……

マコーレー・マコーレー・カルキン・カルキン!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 223