「コメダ珈琲店」にまつわる記事

【コメダ新作】シロノワール「アップルカスタード」を食べてみた → キュートなビジュアルとりんごたっぷりな味わいで荒んだ心を癒された

2019年6月7日から、コメダ珈琲店の季節のシロノワールに「アップルカスタード」が新登場。なんだかHPの写真の時点でいつもよりもビジュアル面のクオリティが高い気がする本商品。

りんごをイメージしたのであろう赤いソースに、緑のフィアンティーヌなる極薄なクレープ生地の欠片的なものがふりかけられている。なんだろう? いつもよりオサレというか、女子力高いというか、キュート感が高い。さっそく気になる味を確かめてきたぞ!

続きを全部読む

【コメダ新作】いちごの酸味がナイスな『シロノワール いちごチョコ』を食べてみた

定期的に新作が出るコメダ珈琲店の看板メニュー「シロノワール」。名古屋で生まれた、いわゆる名古屋めしの一種ではあるが、いまや日本全国に熱心なファンを持つスイーツ。

そんなシロノワールに、期間限定の新作が登場。今回のテーマはいちごとピンクだ! 全国のコメダ珈琲店で2019年1月30日から提供が開始されているということで、早速食べてきたぞ!

続きを全部読む

【2019年福袋特集】『コメダ珈琲店』の福袋にはやっぱり色々入ってた! 「ミニシロノワール引換券」から「ポエムつきカレンダー」までコメダらしさ爆発

名古屋民の誇り『コメダ珈琲店』。名古屋出身・東京在住の筆者も、コメダの看板を見かけるたびにホッとする。誇りだけでなく、心の故郷でもあるのだ。

そんなコメダが福袋を出したのなら、買わなくちゃあならん! 2019年分として用意されたのは、5000円と7000円の2択。カフェ系福袋としては、ややお高めな印象だ。迷った末に、5000円タイプを購入してみた。

続きを全部読む

サンマルクが運営する「倉式珈琲店」のモーニングのコスパが良すぎる! コーヒー1杯(370円)でモーニングが食えるぞ~!

お~い! コスパは好きか~! 私(佐藤)はもちろん大好きだ~!! コスパのことを考えながら目覚め、コスパのことを振り返りながら眠りにつく。それはちょっと言いすぎだけど(笑)、お店の経営努力があればこそ、コストパフォーマンスの高いサービスが実現していると考えている。

さて、そんなコスパの高いモーニングサービスを紹介したい。そのお店「倉式珈琲店」は朝の時間、ドリンクを頼むとトーストとゆで卵が無料だ! どこかで聞いたことがあるって? そう、どこかに同様のサービスがあるけど、こっちの方が安い!

続きを全部読む

【2018年福袋特集】コメダ珈琲の福袋(3000円)は無駄ナシお得で内容充実!  コメダらしさいっぱいの一袋だった!!

コメダファンに朗報! 2018年はコメダ珈琲にとって特別な年というのをご存知だろうか? なんと50周年というのである!!

この記念すべき年のために、いつもは限られた店舗で実施されていた福袋が大々的に発売されているぞ! より多くのお店でゲットできるようになってるじゃないか! やったぁぁぁぁ!! ということで、お手軽な3000円袋をゲットしてみた!

続きを全部読む

【豆知識】コメダの甘味喫茶「おかげ庵」では自分で団子や餅を焼くことができる! これが結構楽しい

名古屋の喫茶店文化を全国に知らしめたのは、まぎれもなくコメダ珈琲店である。時間内であれば、ドリンク代のみでついてくるモーニングや、デニッシュパンにたっぷりのソフトクリームが乗ったシロノワール。具だくさんのサンドイッチや、名古屋定番の小倉トーストなどなど。お店を通して、名古屋そのものを伝えているような存在である。

そのコメダに、甘味処があることをご存じだろうか? 愛知に7店舗、神奈川に1店舗しか存在しておらず、全国的にはほとんど知られていない。そのお店「おかげ庵」では、自分でお団子や五平餅を焼くことができるのだ。これが結構楽しい!

続きを全部読む

【2017年福袋特集】『コメダ珈琲店』福袋(5000円)の中身をネタバレ大公開! そこはかとない「名古屋っぽさ」を感じて!!

みんな、知ってるか!? あの「コメダ珈琲店」に福袋(税込5000円)があるってことを! 発祥地の名古屋のみならず、今や日本中で知られているコメダ珈琲店。今回買ってみたら……そこはかとない「名古屋」っぽさを感じたよ!

続きを全部読む

【検証】激似と話題の『コメダ珈琲店』と『ミヤマ珈琲』はどの程度似ているのか? 実際に両方行ってみた結果 / ミヤマが勝った

ドリンクに無料でトーストとゆでたまごが付く。このモーニングスタイルは、名古屋発の『コメダ珈琲店』によってすっかり定番と化した。そして、そんな “コメダ式モーニング” を踏襲したと言わざるを得ない、コメダインスパイア系カフェ……いや、 “珈琲” が増えつつある。

先日ご紹介したルノアール系列の『ミヤマ珈琲』もまさにそれに当たるといえるが、それらのカフェは実際どのくらいコメダに似ているのだろうか? ことミヤマ珈琲に関しては、コメダ未体験の私(DEBUNEKO)でさえ「似ている」と感じたのだから、おそらく本当に似ている……いや、参考にしたのかもしれない。ちょっくらコメダにいって、コメダとミヤマを比べてみたぞ。

続きを全部読む