あひるねこ (Ahiruneko)

ライター

北海道出身。しかし寒さに弱い。グルメ記事多めでコスパ重視。マンガ、洋楽インディー、安い飲み屋が好き。名前に特に理由はない。

「あひるねこ」担当の記事

【注意喚起】やよい軒の新メニュー「筋肉定食」に致命的な欠陥が発覚! なぜこんな謎仕様にしてしまったのか!?

「やよい軒」と言えば定食のご飯おかわり自由。だからお腹いっぱい食べたい時は「やよい軒」に行く。白米万歳! 炭水化物万歳!! 日本人なら米を食え米を! ところが先日、「やよい軒」に異色すぎる新メニューが爆誕してしまった。

2021年9月17日より新たに仲間に加わった、その名も『筋肉定食』。ネーミングからも分かるように、どんな内容なのかサッパリ分からない謎の定食である。なので普通にスルーしようと思っていたら、当編集部のサンジュンからいきなり呼び出しを食らってしまった。一体どうしたというのか?

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第36号:想像の斜め上を行く新たな拷問ワークの登場に悶絶編

ピーナッツ! 祝日が続く9月第4週。それでも止まらない&止められないのがこの連載「週刊デアゴスヌーピー」だ。もし止めたらデアゴスティーニ軍曹に裏で “アレ” をされてしまう……。お願いします、“アレ” だけは……どうか “アレ” だけはやめてください……ッ!

というワケで、今週もニコニコ楽しく組み立てていくぞ。前号と同様「リラックスタイム -みんなでお食事」のボックスを用意して戦いに備えよう。気を抜いたら、デアゴスティーニ軍曹の “アレ” だぞ “アレ”! 気を付けろ!!

続きを全部読む

【コラム】「東京リベンジャーズ」がここまでの人気作になっているのが信じられない

現在、日本でもっとも人気があるアニメ・漫画コンテンツは何か? と聞かれたら、それはもう問答無用で『東京リベンジャーズ』だろう。実写映画も絶好調。『鬼滅の刃』『呪術廻戦』に次ぐ一大センセーションを巻き起こしている。

特に女性ファンからの熱い支持が目立つ同作だが、実は私(あひるねこ)のような雑誌主体の古い漫画読みからすると、『東京リベンジャーズ』がここまで女性の心を掴む大ヒット作になっているのが、いまだにちょっと信じられなかったりする。その理由は──。

続きを全部読む

【想定外】ケンタッキーの期間限定「いいトコどりパック」に納得がいかずブチギレ! と思いきや…天才すぎて土下座しかけた

ケンタッキーよ、私(あひるねこ)は去年も言ったはずだ。『いいトコどりパック』ならば、もっと鶏であれと……! 「いいトコどり」の「どり」が “鶏” ではないことは百も承知だが、それでももっと鶏の雰囲気で来いと……! 鶏のみの提供でお送りしろと……!!

だがしかし、残念ながら私の声はケンタッキーには届かなかったようだ。2021年9月15日より期間限定で販売が始まった『いいトコどりパック』。その内容は、基本的に例年のラインナップをそのまま踏襲する形となった。以下で詳しくご説明しよう。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第35号:なんで一人だけ真顔やねん編

ピーナッツ! さあ、前号の経年劣化カーテンの衝撃も冷めやらぬまま、今週も始まりました。ガチ連載「週刊デアゴスヌーピー」であります! そろそろデアゴスティーニ軍曹の鬼のムチが鬼の如く炸裂してもおかしくない頃合いだが……そういえば最近見かけないな。

そう、いつも突然現れては地獄のミッションを課してくるデアゴスティーニ軍曹が、ここ数号はまるで牙を抜かれたように大人しくなってしまったのだ。それはさながら猛虎からニャンコへのメタモルフォーゼ。できることなら、このままゴロニャ~ゴと寝転んでいてほしいものである。

続きを全部読む

【禁断】松屋の『お肉どっさりグルメセット』が復活したので『創業ビーフカレギュウギュウギュウ』を作ってみたらヤバイことになった

伝説再び──。松屋が約20年以上前に販売していた幻のメニュー『お肉どっさりグルメセット(税込930円)』が2021年9月9日、期間限定で復活した。牛めし(並)の3倍もの肉量を誇るという、正真正銘のメガ肉モンスターだ。

とは言え、このセットは過去に何度か再販されており、私(あひるねこ)も実際に食べたことがある。そのままご紹介するのでは幾ばくか新鮮味に欠けるだろう。

そこで今回は、「肉3倍」というワードに着目し、『お肉どっさりグルメセット』を使って『創業ビーフカレギュウ』を『創業ビーフカレギュウギュウギュウ』にしてみたい。

続きを全部読む

【朗報?】ガストが「持ち帰りマルゲリータピザ」をまさかの399円で発売! 激安すぎィィィイイと思ったら…ヤバイ事実に気付いてしまった

ガストの『マルゲリータピザ』だけはガチ──。これは何度でも言っておきたい。ファミレスってのは大きなハズレがない分、飛び抜けたアタリにも出会いにくい場所であるが、ことガストの『マルゲリータピザ』に関しては、我々の想像を少しだけ超えてくるのだ。

そんなガストの『マルゲリータピザ』が現在、テイクアウト限定で税抜399円だというのだからちょっと意味が分からない。ガストは味だけでなく、値段においても我々の想像を超えようというのか? そんなに超えてどこへ行こうというのだ、ガストよ……!

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第34号:緊急事態発生! まだ完成してないのに経年劣化が始まったでござる編

ピーナッツ! 100号コンプリートを目指して突き進むこの連載「週刊デアゴスヌーピー」。今週は第34号ということで、ようやく全体の3分の1を過ぎたところであります。完成までの道のりはまだまだ長い……と思っていたら、早くもパーツの経年劣化が始まってしまいました。何でやねん!

まだ完成すらしていないのに、劣化だけ先行発売するとかお前ナメとんか。あと66号分も残ってんだぞ。1年以上だぞ、1年以上! これはもしかしたら連載始まって以来の緊急事態かもしれぬ……。

続きを全部読む

【衝撃】エナジードリンク「ZONe」の新作『Infinity Gate』があり得ない白さで笑った! 製造途中の段階で出荷されたのかよ!!

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! そしていきなりだが……下手こいたーーーーーー! 「ZONe」の新作出てたの忘れてたァァァァァアアア!!

そうだそうだ、そうだった。人気エナドリシリーズ「ZONe」の最新フレーバー『Infinity Gate(インフィニティゲート)』が2021年8月31日、とっくに発売されていたんだった! 何たるバッドエナジーだ。出遅れすぎたため、こうなったら近くのコンビニまでエナジーワープするしかあるまい!!

続きを全部読む

【神】ケンタッキーが「オリジナルチキン1ピース」を無料配布するぞォォォォオオ! 公式アプリがあれば誰でもゲット可能!! 9月9日まで!

朗報ォォォォオオオオ! 超・朗・報だッッ!! いいかよく聞いてくれ。本日2021年9月6日から9日までの4日間、あのケンタッキーフライドチキンがなななななんと……

オリジナルチキン1ピースを無料配布!

するというのだーーーーー!! それも抽選や先着限定なんていうケチな話ではない。ケンタの公式アプリさえあれば誰でもゲットが可能だぞ! これは行くしかねェェェェェエエエ!! 詳細は以下をチェックされたし。

続きを全部読む

【衝撃】丸亀製麺の新メニュー『トマたまカレーうどん』が歴代屈指のウマさで震えた! 今すぐTOKIO松岡さんに土下座した方がいいレベル

いきなりこんなことを言うのもなんだが、私(あひるねこ)は丸亀製麺でカレーうどんを頼みたいと思ったことが一度もない。いや、カレーうどん自体は好きなのだ。が……ここは丸亀製麺だぜ? もっと他にあるだろう、食べるべきうどんがよ!

てなワケで、基本的に丸亀のカレーうどんはスルーしてたんだけど、本日2021年9月3日に発売された新メニュー『トマたまカレーうどん』があまりにもウマすぎたんで、今回ばかりは私も熱い手のひら返しを繰り出さざるを得ない。あそ~れクルクルクル~。

続きを全部読む

【朗報】川の中で「ビッグストリームそうめんスライダーメガラスベガス」してみたら最高すぎた

先日、当編集部の中澤星児が職場で『ビッグストリームそうめんスライダーメガラスベガス』したところ、まあまあヤバイことになった。そもそもなぜ職場で『ビッグストリームそうめんスライダーメガラスベガス』しようと思ったのか。ダメだろ、職場で『ビッグストリームそうめんスライダーメガラスベガス』しちゃ。

とは言え、自宅で『ビッグストリームそうめんスライダーメガラスベガス』するのではあまりに普通すぎる。そこで私(あひるねこ)は、川の中で『ビッグストリームそうめんスライダーメガラスベガス』することにしたのである。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第33号:この地球上でもっとも小さいスプーン現る編

ピーナッツ! 本連載「週刊デアゴスヌーピー」も今週で100号中の第33号目。いよいよ全体のほぼ3分の1というところまでやって来た。始まったのが今年1月だから……まああと16カ月くらいかかる計算だ。マジかよ、永遠(とわ)くらい長ェな!

そんなワケで、未来のことは考えずに今をギリギリで生きていきたい。それでは第33号スタート……なんだけども、ハッキリ言って今号は超地味回である。大した事件は起きないので、あまり期待せずに読んでいただければ幸いだ。

続きを全部読む

提供:KDDI

【真相直撃】「UQモバイル」の新CMが今までと全然違うらしいので担当者に理由を聞いてみた結果…

一度見たら脳から離れない印象的なCMを世に放ちまくってきたUQモバイル。その待望の新作が本日2021年8月31日、いよいよ発表された……んだけども。聞くところによると今回の新CMは、これまでと全然違うどころかまったくの別物らしい。

果たしてどんな内容に仕上がっているのか? そもそも、なぜそんな大胆に変えてしまったのか? 気になりすぎて夜しか眠れないので、詳しい話を聞くべくUQモバイルを提供するKDDIの本社に乗り込むことにした。よっしゃ行くぞオラッッッッ!

続きを全部読む

【ガチ】松屋の「ごろチキ」がいない世界に耐えられないので、自分で「ごろチキ」を作ったみたら衝撃の事実に気付いてしまった / 松屋公式レシピ

先日、当サイトの問い合わせフォームに、読者から私(あひるねこ)宛てに1通のメッセージが届いた。一部抜粋してご紹介しよう。

「あひるねこさんは最近、デアゴスティーニやかつやにご執心のご様子ですが、あの熱き『ごろチキ愛』はもう失われてしまわれたのでしょうか。

かつて盛り上がった、K.Masami記者の『ごろビー神との闘い』など、もう歴史の1ページになってしまったようで、とても寂しく思います。

結婚して子どももできてしまうと、ごろチキみたいな、所詮はチェーン店のカレーに関わってる余裕なんてないですよね……」(原文ママ)

まずはメッセージありがとう。その上で言わせてもらうが……寝ぼけてんのかお前は。私がいつ『ごろチキ』への熱意を失ったというのだ。そんなことがあると思うか? あるワケねぇだろ! 久々にトサカに来たため(鶏だけに)、こうなったら自力で『ごろチキ』を作ってみるしかない。

続きを全部読む

【悲報】かつや、だいこん屋になる / 野菜マシマシのさっぱり塩だれチョモランマ『塩カツ丼』の衝撃!

「かつや」とは何の店か? と問われたら、あなたなら一体どう答えるだろう。幸せ? まごころ? それとも生きる希望? いや……普通にとんかつ屋だろ。頭沸いてんのか。そう、とんかつ&カツ丼を中心とした揚げ物のワンダーランド、それが俺たちの「かつや」だ。ところが……。

昨日2021年8月27日、そうとも言い切れないんじゃないかと思わせる衝撃の新メニューが期間限定で発売されてしまった。『塩カツ丼』というシンプルな名前の商品なのだが、もしかしたら……もしかしたらだが「かつや」とは、もしかしたら……大根屋なのかもしれない。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第32号:牛乳パックを作ったヤツは天才すぎる編

ピーナッツ! 「週刊デアゴスヌーピー」史上、過去最強クラスの特大ピンチ回となってしまった前号。やることが多すぎたら多すぎたで絶望するしかないが、少ないとそれはそれで困るよねという気付きを得た私(あひるねこ)である。今週もよろしく。

さて、それでは第32号を作っていこう。あらかじめ言ってしまうと今日は超技術回。LEDやらソネットやら基板やら、「デアゴスヌーピー」らしからぬワードが飛び交う激ハイレベルなサイエンス・フィクション号(?)となっているぞ。注意されたし……!

続きを全部読む

【飛ばしすぎ】伊藤園のエナジードリンク「ビタミンパワーGO!」、慣れないせいか自らハードルをガンガンに上げまくってしまう…!

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! 先日、複数のエナジーフレンド、略してエナフレたちから俺宛てにエナジータレコミ、略してエナコミが届いたんだぜ。

なんでもお茶でおなじみの「伊藤園」が2021年8月9日、エナジードリンクみたいな新たな炭酸飲料を発売したらしいんだな。気になる名前は『ビタミンパワーGO!』。伊藤園よ、これだけ言っておくぞ。今が2021年って知ってっか?

続きを全部読む

【保存推奨】忙しい人のための「週刊デアゴスヌーピー」まとめパート5:第26号~第30号編 / 完成まであと70冊!

ピーナッツ! デアゴスティーニ『週刊つくってあつめるスヌーピー&フレンズ』全100号を約2年掛かりで完成させようというガチ連載「週刊デアゴスヌーピー」ですが、もう少しで全体の3分の1というところまでやって来ました! 残るはあと70号!! いや、まだそんなにあんのかよッッ!

進捗状況は気になるけど、毎週チェックすんのはダルいなという人は、この「デアゴスヌーピーまとめ」を読んでもらえれば各号の大まかな流れがつかめるはずだぞ。ぜひ活用していただきたい!

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第31号:さすがに記事にできないので、31号目にして初めて〇〇した話編

ピーナッツ! ついに第31号目に突入した本連載「週刊デアゴスヌーピー」であるが、ここに辿り着くまでの間、私(あひるねこ)もそれなりに修羅場は経験してきたつもりだ。「あ、これは詰んだな」という鬼のような作業なら掃いて捨てるほどあった。が、しかし……。

その上であえて書かせてもらうと、今週は過去最強クラスの特大ピンチ回である。ピンチと言っても、難しすぎるとか時間がかかりすぎるとかそういう類ではなく、何と言うか……記事にならねぇ。通常とは逆の意味で超ピンチ回なのだ。いや、マジでどうすんだよコレ……!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 99