「電気自動車」にまつわる記事

速すぎて思わず三度見! 電気自動車「テスラ・ロードスター」新型モデルの加速がヤバすぎると話題

2017年11月16日、米国の電気自動車メーカー「テスラ・モーターズ」が、スポーツカー『テスラ・ロードスター』の新型モデルを発表した。同マシンは恐るべきスタミナとスピードを誇り、最長で約998km(620マイル)の航続距離を実現。最高時速は約402km(250mph)にも及ぶという。

そしてつい先日、海外のツイッターユーザーが『ロードスター』の走行シーンを公開。たった7秒間と短い動画なのだが、驚異的なスタートダッシュの様子が収録されており、世界中から注目を浴びている。

続きを全部読む

スゴいぞ電気自動車!「有名スポーツカー12車種」で最速マシンを決めるレース、まさかの結末に!!

高級スポーツカーを欲しいとは思っても、購入費や維持費にお金がかかってしまう。それだけに、数ある車種の中でどれが速いのかを確かめるのは、至難の技といえるだろう。

そこでご覧に入れたいのが、米国で権威のある車専門誌『モーター・トレンド誌』が毎年開催している人気のレースだ。12台もの有名スポーツカーが一斉に走る様子を、ぜひ動画「World’s Greatest Drag Race7!」でご確認あれ。

続きを全部読む

最高に使い勝手のいい電気自動車が爆誕! 軍用車両のように超ワイルドな「BOLLINGER B1」がこちらです

ガソリン車と比べ、走行音が静かで維持費が安いといわれる電気自動車。しかしガソリン車やハイブリッド車などに比べ、ラインナップが少ないのが惜しいところだ。そんななか、電気自動車らしからぬ超ワイルドなマシンが発表された。

まるで軍用車両のようにゴツいマシンの名前は「BOLLINGER B1」だ。タフな電気自動車を求めている方に最適なマシンの内容を、動画とともにご紹介したい。

続きを全部読む

【爆速対決】ガソリン車「日産GT−R」と電気自動車「テスラ モデルS」でドラッグレースをやったらこうなった

日本車の中でも、世界トップクラスの知名度を誇る『日産 GT−R』。新車価格が1000万円前後でありながら(NISMOエディションを除く)、数千万円以上のスーパーカーに勝るとも劣らない性能を誇る人気のマシンだ。

そんな『日産GT−R』と同価格帯でありながら驚異のパワーを持つ電気自動車『テスラ モデルS』では、どちらが速いのだろうか? 今回はそんな疑問を解決してくれる動画をご紹介したい。果たして、日本屈指のガソリン車と高級電気自動車の勝負の結果やいかに!

続きを全部読む

【爆速映像】中国メーカーの電気自動車がランボルギーニ超え! 市販車の最速記録を更新する

「世界の工場」と呼ばれる中国。食品から精密機器まで、ありとあらゆるものを製造しているのはご存知の通りだ。「メイドインチャイナ」はありふれすぎているだけに信用できないと思われがちだが、そんな時代はもう終わったのかもしれない。

なぜなら、中国の電気自動車メーカーが開発した電動スポーツカー「Nio EP9」が、ドイツの名門サーキットで市販車の最速記録を更新。電気自動車だけでなく、ガソリン車も含むすべての市販車の頂点に立ったからだ。

続きを全部読む

【ついに出た】ソーラーパネルで充電できる「トヨタ・新型プリウスPHV」が発売開始! これで燃費がタダになるかも!?

電動モーターとエンジンで動く、ハイブリッドカー。その代名詞とも言える自動車がトヨタ「プリウス」である。燃費が良く “エコ” であることからハリウッド俳優など、世界中のセレブから愛される車としても有名だ。

そして本日2017年2月15日、家庭用電源などからも充電可能な「プリウスPHV」の新型モデルが発売となった。新型プリウスPHVの特徴は何と言っても『ソーラーパネル』である。なんと、日光でバッテリーを充電出来るように進化したというのだ。

続きを全部読む

【衝撃動画】中国メーカーが作ったモンスター級の電気自動車「NIO EP9」が速すぎてビビった

ガソリン車と比べて燃費(電気代)や維持費が安くなる一方、走行距離が短かったり、車両本体価格が割高だという声も少なくない電気自動車(EV)。まだまだ発展途上の分野ということもあり、これからどんな製品が出てくるのか楽しみである。

今回はドイツ「ニュルブルクリンクサーキット・北コース」で、EV世界最速ラップ(2016年10月12日時点)を記録したというEVスーパースポーツ『NIO EP9』を、動画と共にご紹介したい。

続きを全部読む

【未来キタ】フォルクスワーゲンの「市販化するかもしれないコンセプトカー」が最高にカッコいいのに使えそうな件

欧州最大手の自動車メーカー「フォルクスワーゲン(Volkswagen)」は日本時間の2016年9月29日朝、フランスで開催されたパリモーターショーで市販化を視野に入れたコンセプトカー『I.D.』を初披露した。

フォルクスワーゲンは2020年に新型EV(電気自動車)の発売を、そして2025年に完全自動運転の実用化を目標に掲げており、今回発表されたI.D.はそれらの機能をふんだんに盛り込んだ、 “使えそうなコンセプトカー” となっている。

続きを全部読む

【動画】ボディー上部が “ガバッ” と開く「ルノーの新型コンセプトカー」が独特すぎて予想外

絵画・ファッション・料理など、様々な分野で世界をリードし続けている国、フランス。そんなフランスの大手自動車メーカー「ルノー」が衝撃的なコンセプトカーを発表した

今回は、世界中で話題を呼んでいるそのコンセプトカーをプロモーション動画と共にご紹介したい。美しいボディーデザインや配色、そして大胆な設計は、車ファンならずとも一見の価値ありだ。

続きを全部読む

【動画】安心しすぎだろ!  車の自動運転中に「眠ってしまった男」が目撃される

まるで家電のように、続々と新たな機能が盛り込まれていく自動車。排ガスや燃費の偽装が問題になってはいるものの、より高性能へ進化していることに変わりは無い。

そして今、本格的に実用化されつつあるのが自動運転機能だ。各自動車メーカーが開発を進めるなか、その先端を行く「テスラモーターズ」の自動運転機能がスゴイと話題となっている。なんと、ドライバーが眠ってしまうレベルだというのだ。

続きを全部読む

【検証】電気自動車でお湯を沸かして露天風呂をやってみたらこうなった

クルマの中でコンセントプラグを使う電化製品を使いたい時は、シガーソケットにインバータを接続すればOKだ。しかし、ドライヤーなど、あまりにも消費電力が大きい電化製品は使わないほうが良いだろう。バッテリーが上がってしまうからだ。

しかし! この世の中には、ドライヤーなんて余裕のヨッチャン、大型冷蔵庫に電子レンジ、果ては洗濯機まで使えてしまう “走る蓄電池” とも言えるクルマが存在する。それこそが日産の100%電気商用車『e-NV200』だ。そんなに電気が使えるならば、おそらく風呂の湯も沸かせるだろう……ということで、露天風呂を試してきた!!

続きを全部読む

「電気自動車を今買ってはダメな理由」を徹底解説 / ガソリン車とほぼ同じように使えるという考えは絶対に捨てよう

先日「電気自動車は今は買い時ではない / ガソリン車のほうが圧倒的にいい理由とは」という記事でお伝えした内容に対しての興味深い反論を、充電スポット検索アプリ『EVsmart』チームのブログが掲載されていた。

執筆者の方は記者(私)を「電気自動車に一定期間乗ったことがない」と想定されていたが、ここ半年でアウトランダーPHEVには2万4000km、リーフもレンタカーで10数回ほど乗り、西は愛知から北は青森までを走行した結果を踏まえてのコラムだということをお伝えしておきたい。

また、ブログ内で筆者の方は「電気自動車で4000km以上走行した」ともおっしゃっていたが、私から言わせてもらえば「そんなナッパの戦闘力みたいな走行距離でファンを名乗るんではない! 私はナメック星に到着したときのベジータ並の走行距離だぞ! ムハハハ!」といった感じである(すいません)。

続きを全部読む

モータージャーナリストが勧める「電気自動車の航続距離を延ばす方法」が日本だと無理な件 / トラックの後ろに張り付いて空気抵抗を減らす

徐々に充電の設備も増え、航続距離はまだまだガソリン車には遠く及ばないものの、かなり一般にも普及してきたエコカーといえば『電気自動車』である。日産自動車の『リーフ』や、三菱自動車の『アイミーブ』などはよく見かけるが、最近は外国車のBMW『i3』や、フォルクスワーゲンの『e-up!』なども発売が開始された。

特に『e-up!』は日本に登場した初の輸入4人乗り5ナンバーの輸入電気自動車で、価格もそこまで高級ではないため注目度がかなり高いが、それに試乗されたモータージャーナリスト中村孝仁さんの評論がかなりためになったのだが、気になる点もあった。

続きを全部読む

【コラム】電気自動車は今は買い時ではない / ガソリン車のほうが圧倒的にいい理由とは

ガソリンを使わず、二酸化炭素を排出しない「電気自動車」。補助金も出ることから徐々にオーナーも増えてきているので、実際どれだけ使えるのか興味を持っている人も多いだろう。

購入を検討している人も多いと思うが、現状ではガソリン車を購入することを、私(筆者)は強くオススメしたい。各自動車メーカーのサイトだと、良い部分しか分からないことも多いと思うので、今回は “なぜガソリン車の方が良いのか?” その理由をお伝えしよう。

続きを全部読む

「日産で三菱のアウトランダーPHEVを充電するのは犯罪!」という人がいるので日産グローバル本社で充電したら捕まるのか確かめてみた

最近、「電気自動車(EV)」や、電気でもガソリンでも走れる「プラグインハイブリッドカー(PHV、PHEV)」の普及が進んでいる。それに伴い、ユーザーたちのあいだで少しトラブルが起きているようだ。それは30分から1時間程度で約80% まで自動車へ給電できる『急速充電器』の使用について。

日産自動車のディーラーには24時間無償で利用可能な急速充電器が置いてある店が多い。そこを「他メーカーの電気自動車が使用していることは泥棒である」という声が日産の電気自動車『リーフ』のオーナーのブログや、インターネット掲示板に書き込まれているのだ。

続きを全部読む

自動車界に革命が起きる!? エレベーターにも乗れる世界最小の電気自動車が2013年に登場!

自動車界に革命が起きようとしている。イタリアの会社「Zagato」とRomano Artioliさんというデザイナーが共同で開発している「Volpe」という電気自動車が、2013年に登場するかもしれないのだが、この車が実にスゴイ! なんと大きさが幅1メートル、高さ1.5メートル、重さ350キログラムという驚異の小ささなのだ。

続きを全部読む

来年発売予定! 折りたたみ式電気自動車の価格が決定したらしいぞ!

昨年から話題になっている、折りたたみ式小型電気自動車『Hiriko Citycar』。とっても魅力的なプランだけに具体的な発表が永らく待ち望まれておりましたが、このたび、とうとう発売時期や価格が公表され、話題になっているようです。

『Hiriko Citycar』はそもそも、マサチューセッツ工科大学が開発した折りたたみ式の電気自動車で、開発プランが発表されるや否や、その優れたデザイン性と狭いスペースでも問題なく駐車ができる省エネぶりに大きな注目が集まりました。

続きを全部読む

ドライブはいい。3人くらいで行くのがいい。

ドライブはいい。あらためて……イイッ!と思った。先日お伝えした「100%電気自動車 日産『LEAF』がマジでスゴい」なる記事でもチラっと触れたが、日産からお借りしたLEAFでのドライブ取材が実に楽しかったのである。

取材したのは当編集部の記者3人。当然ながら、全員、運転免許は持っている。出発地は横浜の日産本社で、目的地は湘南・江ノ島。まず運転席に座ったのは、この記事を書いている記者(私)である。

ハイブリッド車でさえレンタカーで1度乗っただけの私にとって、100%電気自動車のLEAFは、まさに、まさに未知なる世界。しかし、操作はメチャ簡単だった。まるでパソコンを「起動」するがごとく電源を入れると、LEAFもブワーンと起動して、もうスタンバイはOKだ。
 
アクセルを踏むと、とても静かに、それはそれは静かに……スムーズに動く! シュイーン……と動く。例えて言うなら、リニアモーターカーである。

続きを全部読む

見た目だけじゃない! フォードのニュー・コンセプトカーがスゴイ

アメリカに本社を置く大手自動車自動車メーカーのフォードが、最近新しい自動車のコンセプトモデルを発表した。車体はフロント・リアドアともに跳ね上げ式の「ガルウィング」で、とても格好いいルックスをしている。しかし、この車両の素晴らしい点は見た目だけではない。クラウドコンピューティングの概念に基づき、車の操作パネルを通じて、仕事や生活のさまざまな分野にアクセスできるのである。

続きを全部読む

車の未来のために! 電気自動車について話し合うベンツの「EVサミット」が今週開催

長らく次世代の車として期待されてきた電気自動車。しかしながら、なかなか導入には至らず、各自動車メーカーもその開発に四苦八苦してきた。そして今回、日本のメルセデス・ベンツがその電気自動車普及を現実のものにするべく、あるイベントを今週8月27日に開催する。

そのイベントとは、電気自動車の未来について話し合う「スマートEVサミット2011」。ここでは、現在多くのメディアに出演しているジャーナリスト津田大介さんの司会のもと、同社のスマート電気自動車『smart fortwo electric drive』を試乗した体験リポーター7人が集い、その乗り心地や走り具合について話し合うことになっている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2