「長崎県」にまつわる記事

【長崎グルメ】島原市長もオススメする絶品! 200年前からある老舗・姫松屋の「具雑煮」

雲仙普賢岳や島原の乱で有名な長崎県の島原半島。皆さんはこの地域で正月などに食べる郷土料理をご存知だろうか。その名も「具雑煮」。読んでそのまま具だくさんのお雑煮だ。

1637年の島原の乱で総大将・天草四郎が城に籠城した際、栄養を補給し、約3カ月も戦ったのが始まりとされている具雑煮。そしてそんな古くから伝わる料理を1813年から約200年も提供しているのが、この度訪れた「姫松屋」である。

続きを全部読む

【ふるさと納税】島原市に10万円寄付して島原市長と個室ディナーしてきたついでに勝負パンツをプレゼントしたらこうなった

2008年、地方間の格差や過疎などによる税収の減少に悩む自治体に対し、格差是正を推進するための新構想として「ふるさと納税」が創設された。一言でいえば自治体への寄付金。寄付をすると御礼品がもらえたり税金が控除されたりと、実をいうと人気の制度だ。

その御礼品は地域の特産品であることがほとんどだが、長崎県島原市に「島原市長と語らう特別な晩餐会」なるものが存在! 大人数で行われるかと思いきや、なんと1対1(もしくは2)で直接食事ができるというのだから実際に行ってみた!

続きを全部読む

【絶景】全長105メートル! 日本一長い足湯「ほっとふっと105」に行ってみた

富士山が日本で一番高い山であるように、日本にはさまざまな「日本一」が存在する。一番と聞くと実際に足を運びたくなるのが人の性(さが)だが、皆さんは「日本一長い足湯」はどこにあるのかご存知だろうか。

温泉地ということを思い浮かべるため、熱海や草津、別府などの名前を挙げる人も多いハズ。だが、違う違うそうじゃない。正解は長崎県。平成22年2月2日、雲仙市にある小浜温泉にオープンした「ほっとふっと105」がそうだ。

続きを全部読む

【最終回】流行りの「埼玉ポーズ」に続く『都道府県ポーズ』を考えてみた 九州・沖縄地方編

ここ最近、流行中という『埼玉ポーズ』であるが、ロケットニュース24では「それなら全都道府県のポーズを考えよう!」ということで、これまで各都道府県のご当地ポーズを提案してきた。最終回である今回は『九州・沖縄地方編』である。

埼玉ポーズをおさらいすると、OKサインにした手を胸の前でクロスさせ、左足を少し前に出すポーズのこと。簡単でハイセンスな埼玉ポーズであるが、今回ご紹介する九州・沖縄地方編もそれに負けない仕上がりになっているぞ。最終回も要チェケラや!

続きを全部読む

【検証】見たことも食べたこともない料理は想像だけで作れるのか? 『ちゃポリタン』編

食……。それは人間が生きていく上で欠かせないものであると同時に、この上ない幸せを与えてくれるもの。「もっと美味しいものを」「まだまだ美味しい食べ方があるハズ」と、今日も地球上のどこかで新しい料理が誕生しているに違いない。

当然、世の中には “まだ見ぬ料理” が数多く存在する。そんな「見たことも食べたこともない料理は想像だけで作れるのか?」を検証するのがこの新企画。記念すべき第1回は長崎県のB級グルメ『ちゃポリタン』だ! ちゃポリタン……? 正直これは作れちゃうかも!

続きを全部読む

【福岡グルメ】博多の皿うどんは揚げ麺じゃなか! いわゆる「汁なしチャンポン」ばい!! 博多『元祖ぴかいち』

皿うどん」と聞いて、どんな料理を思い浮かべるだろう? 私(筆者)は揚げた細いパリパリ麺に、とろみがある中華あんがかかったものを皿うどんだと思ってこれまで生きてきた。それはそれで正しいらしいのだが……。福岡県の博多では全く違う皿うどんが存在したのだ。

博多在住の知人いわく「小さい頃から汁がないチャンポンが皿うどんだと思ってた」と……。汁なしのチャンポンだと……! 超ウマそうじゃん!! というわけで地元の人でにぎわう激ウマ店、『元祖ぴかいち』で博多式皿うどんを食べてきたぞー!

続きを全部読む

大人気漫画『進撃の巨人』が実写化決定! 今夏長崎県の「軍艦島」で撮影が行われるぞ~ッ!!

大人気漫画の『進撃の巨人』が、実写化されることが明らかになった。しかも撮影は長崎県の歴史的廃墟、軍艦島(長崎市端島)で行われるという。作品の世界観を映像で表現するのに、この島はふさわしいのではないだろうか。一体どのような作品になるのか、今から楽しみだ。

続きを全部読む