「英語」にまつわる記事

【100均検証】100円グッズによく書いてある「謎の英語」を英語圏の外国人はどう思っているのか? アメリカ人に聞いてみた

100円ショップで100円グッズを選んでいるとき、たびたび「なんで無地じゃないんだよぅ!」と地団駄を踏むことがある。無駄にファンシーなイラストや、なんだかよくわからない「英語」がデザイン的にプリントされていたりするのである。

いったいなぜ、入れてしまうのか。無地じゃダメなのか。無地にしたら間違いなくもっと売れる気がする……のだが、とにかく「謎の英語」が入っている。たとえば先日、仕事で使うためにセリアで購入したA4サイズのバインダーのように……。

続きを全部読む

【聞き間違い】外国人に「このへんにマドンナいる?」と英語で質問されたと思って答えたら… “全然違うこと” 言っててビビった話

英語にしろフランス語にしろスペイン語にしろ、外国語を習得しようと思ったら「恥をかくこと」は避けて通れない。例を挙げると、相手が何を言っているのか聞き取れない、意味を誤解していた、ワンパターンの返答しかできない……などなど。正確にはそれらを “恥” とは言わないのだろうが、どうしても「恥ずかしい」と感じてしまう日本人は多いはず。

そこで、自分の “恥エピソード” を自ら晒(さら)すことにより、みんなの「恥をかきたくない」という意識を和らげよう……なんて大げさな意図は特にないが、率先して公表していくのがこの企画「外国語の聞き間違い大公開」のコーナーだ。その第1回目は、私が数年前に体験したことを紹介したい。

続きを全部読む

お金をかけずに『ながら』で上手く英語を学ぶ方法5つ / 誰でもすぐに始められる!

日本もグローバル化が進み、ひと昔前よりも海外に留学する人が増えた。それに伴い、英語を話せる人が格段に増えたように思うが、ヨーロッパなどに比べたらまだまだ “発展途上国” だと言わざるを得ない。どのようにしたらさらに上達するのかと悩んでいる人もいるだろう。

そこで海外在住期間が長く、翻訳ライターとして働く筆者が英語を学ぶにあたって実践したこと、周囲の英語を学ぶ友人やすでにペラペラの人が何を実行したのか紹介したい。お金をかけずに “ながら” がポイントになるので、誰でもすぐに始められる。「もっと英語を上手くなりたい!」という人は、ぜひチェックしてみてほしいと思う。

続きを全部読む

【頭の体操クイズ】中学生レベルの英語力があれば分かるはず! でもネイティブも手こずる「英語なぞなぞ」がこれだ!! あなたは解ける?

今回お伝えする「頭の体操クイズ」は英語にまつわる問題。そう聞いただけで、「ハイ、無理無理〜」と問題文すら読む気を失くしてしまう人もいるかもしれない。

でも、ちょっと待って! この問題は、中学生レベルの英語力&頭の柔軟さがある人なら、誰でも解けるはずだから!! 50頭の牛が登場したりするのだが、さて、あなたは正解が分かるかな?

続きを全部読む

【衝撃事実】リポビタンDの “D” は英語じゃなかった

大正製薬のリポビタンD。「ファイトォォォオオオオオオオ!」「いっぱぁぁぁあああああああああつ!!」でお馴染みのあのリポビタンDのことである。最近では「ファイト一発」の掛け声がないバージョンのCMも放映されているが「リポビタンDにはアレがないと締まらない」と感じている人も多いハズだ。

それはさておき、リポビタンDの正式な商品名は「リポビタンデー」である。Dと書いて「デー」と発言するのはスタイリッシュさには欠ける気がするが、実はこのD……英語ではなく “ある言語” だとTwitterの公式アカウントが明かしたのだ。

続きを全部読む

【天才】マサイ族の学校の「テスト答案用紙」を大公開! こっちの6歳児(小1)はこんな勉強をしているよ / マサイ通信:第111回

スパ! マー語(マサイ語)はもちろん、ケニアの公用語であるスワヒリ語、そして英語、さらに最近は……なんと日本語まで覚え始めたマサイ族のインテリ戦士・ルカだ。「arigato」って、アッシェオレン(ありがとう)って意味なんだろ? アリガト!!

さてさて、そんなオレたちマサイ族が、どんな教育を受けているのか気になる人も1人や2人はいるだろう。つーことで今回は特別に……マサイの未来を担う天才児、オレっちの娘ちゃん(6歳)のテスト答案用紙をご披露しようかと思う。ビビるぞ。

続きを全部読む

【マサイの学校】よく学んでよく遊ぶ、マサイのチビッコ写真集 / マサイ通信:第105回

スパ! 学校に通ってるみんな、まじめに勉強してるかな? グレていたりはしないかな? 不良になるのは結構だが、勉強だけはちゃんとやれよ。集中して勉強できるのは今しかないし、勉強できる環境があるってことにも感謝しなきゃいけねえよ。

つーことで、今回紹介したいのは、学校に通うマサイの子たちの写真集だ。勉強できるチャンスをおろそかにする子なんて、ここにはいない。みんな、よく遊んで、よく食って、まじめに勉強しているぞ。なぜなら勉強したほうが絶対に得するからな。

続きを全部読む

英語ネイティブを混乱させる『和製英語』10選 「マンションやスキンシップ」 など

ひと昔前に比べると英語を話せる人が増えたとはいえ、まだまだ日本は世界レベルで見たら、英会話能力に関しては発展途上国だと言える。

そんななか、海外メディアが「英語を母国語とする人が混乱してしまう和製英語」を特集しているので、10個紹介してみたいと思う。

続きを全部読む

安倍昭恵夫人、英語が話せないフリをしてトランプ大統領との会話を避けたのではと海外で話題に

今、安倍昭恵夫人がトランプ大統領との会話を避けるために、英語を話せないふりをしたのではないか……と海外で話題になっている。

『The New York Times』によるインタビューで、トランプ大統領が「昭恵夫人の隣の席に座ったんだけど、彼女は一言も英語を話さなかった」と明かしたのだ。するとネット上では「え? 昭恵夫人って英語話せたはずじゃ……?」と疑問が噴出している。

続きを全部読む

【執筆:ジミー大西】英語記事を翻訳して「京都の魅力」について説明してみたで / 仕事風景の動画もあるで

【編集部より】ジミー大西さんが執筆した記事を、以下に掲載しております。「……どういうこと?」となった読者の方もいるかもしれませんが、以前の記事でお伝えしたように、ジミー大西さんがロケットニュース24のライターとなり、記事を書いたのです。

つまるところ、ジミー大西さん、ロケットニュース24のライターデビュー! しかも!! ただのライターではりません。ジミー大西さんが挑戦したのは、英語を使う翻訳ライター……。

続きを全部読む

ジミー大西さん、ネットニュースの翻訳ライターになる / 英語の朗読動画あり

規格外。その言葉が最も似合う日本のお笑いタレントと言えば、ジミー大西さんではないだろうか。どのへんが規格外なのかを説明するのは難しいのだが、強いて言うならば「存在そのものが規格外」ということになるかと思う。

そんなジミー大西さんが、あろうことかネットニュースのライター……というか、ロケットニュース24で英語の翻訳記事を書いてくれることになったので報告したい。翻訳記事ということはもちろん、英語を使うということである!

続きを全部読む

英語を学んだ人たちが挙げる『英語をマスターする時に難しかった点』色々 「聞き取りながら言いたいことを考える」など

ひと昔前に比べたら日本人も英語を話せる人が増えたとはいえ、北欧や他ヨーロッパ諸国に比べたら、‟英語先進国” だとは豪語出来ないだろう。

そんななか、海外掲示板サイトRedditのユーザーが「英語をマスターする時に難しかった点」について語っているので、筆者や周囲の体験談も交えながら紹介することにしたい。

続きを全部読む

【感動】総額50万の「ファッショ◯ヘルス」は別格だった / 違いが一発で分かる動画あり

口に出すって大事。それも1度や2度だけでなく、何度も繰り返し口に出すことで、自分の中の何かが変わってきます。もちろん……「ファッショ◯ヘルス」も、口に出すことはとても重要ですよ。

続きを全部読む

【海外旅行まんが】英会話よりも大切なこと



続きを全部読む

英語を話せない日本人ビリヤード選手のインタビューがおもしろすぎると海外で話題

2017年2月17日から19日に渡ってイベリア半島のジブラルタルで行われたビリヤードの大会「ワールドプールマスターズ」。現在、同大会に出場した日本人選手がおもしろすぎると海外で話題だ。

なんでも勝利インタビューが爆笑モノ。英語を話せないにもかかわらず、陽気なパフォーマンスで乗り切ったのだという。はたしてどんなインタビューだったのか。その詳細は次の通りだ!

続きを全部読む

【英語レッスン】デリバリーヘル●(delivery healt●)を超絶カッコよく発音してみた / 発音動画あり

さあ、今回から始まりましたロケットニュース24プレゼンツ・英語レッスン企画。みなさん、耳にタコが出来るほど言われているでしょうが、語学の勉強は、地道な努力がとても大事。特に、発音がとっっっても大事です。というわけで、1つずつ単語やフレーズの発音を身につけましょうね。

それでは、さっそく行きましょう。記念すべき第一回目で取り上げる言葉は……「delivery healt●(デリバリーヘル●)」です!

続きを全部読む

世界『英語が得意な国ランキング』が発表! 日本は「低レベル」で72カ国中35位 / 関東&関西以外の地方が “より苦手” との結果も

「日本人は英語が苦手」という言葉をしばしば耳にする。いや、しばしばどころか頻繁に耳にするので、すり込みで「ワタシタチハ、エイゴガニガテ」だと思い込んでしまっているのでは……なんて勘ぐりたくなることもある。

しかしこの度発表された世界各国の「英語能力ランキング」の結果を見ると……うん。たしかに、日本人は英語があまり得意じゃないみたいだ。ということで、結果を見ていきたい。

続きを全部読む

英会話力ゼロなのに、日本語を喋れない初対面のアメリカ人を『お好み焼き』に連れていったらこうなった

私(佐藤)の英語力・英会話力は非常に乏しい。中学生レベルの英単語を知っている程度で、語学学習をこれまでして来なかった。そのおかげで、2011年発売の「iPhone4s」の音声アシスタントSiriに英語がまったく通じなかった。いまでこそSiriは日本語対応しているものの、5年前は英語でなければ反応しなかったのだ。

そんな私に会いたいという人が、海の向こうからやってきた。ハワイ在住のアメリカ人男性が、Twitterで連絡を取ってきたのである。彼は2016年10月末から11月頭まで日本に滞在するとのことだった。さて、どうしたものか……。私も会いたいのだが、英語で会話できない。どうしよう……。

続きを全部読む

【素敵やん】スペイン語しか話せない孤独な転校生に「Google翻訳した手紙」を渡したアメリカ人少女 / 仲良しになった二人の友情に超感動!!

転校生は、新しい環境になれるだけでも必死なのに、ましてや、その国の言葉が話せなかったら、想像を絶するような大変さを味わうのではないだろうか。

まさに、そんな経験をしたスペイン語しか話せない少年に、「ネット翻訳した手紙」を渡したアメリカ人少女が素敵だとネットで話題になっている。すっかり仲良しになった二人の友情が、なんとも美しいのである!!

続きを全部読む

提供:株式会社AXN ジャパン

【やってみて】今年度No.1海外ドラマ「MR. ROBOT / ミスター・ロボット」の特設サイトがアツい! 単純なタイピングゲームなのに激ムズすぎィィイイ!!

24やプリズンブレイクが大ヒットを記録してからというもの、海外ドラマもすっかり生活の一部として定着した。日本とは桁違いの制作費をかけ、映画さながらの豪華キャストで展開する海外ドラマは、一度ハマってしまうと気になって仕方ない魔性のパワーを秘めている。

そんな海外ドラマで2016年度No.1との呼び声が高いのが『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』である。流行に敏感な人はすでにご存じかと思うが、今年度ゴールデングローブ賞作品賞を受賞し、既にシーズン3の制作も決定したという超話題作だ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3