「練馬」にまつわる記事

最後にもう1回だけ「としまえん」に行ってみた結果 → 練馬区民「本気で閉園したって思ってるの?(笑)」

この男は人よりだいぶ愛が深いのか? それとも単に執念深いだけなのか? それともそれとも、真性のアホなのだろうか? この男とは練馬区生まれの練馬区育ち、練馬を愛し練馬に愛された男こと、当サイトのYoshioである。

2020年8月31日、Yoshioを始めとする多くの練馬区民に愛された「としまえん」が閉園した。あの日以来、明らかにYoshioの様子がおかしいのだが、ついに「最後にもう1回だけとしまえんに行ってくるわ」と言い出したからさあ大変。Yoshioはこう言う「本気でとしまえんが閉園したと思ってるの?(笑)」と──。

続きを全部読む

【悲報】練馬区民、ぶっ壊れてしまう →「としまえんが終わるハズがない!」→ 行ってみた結果…

2020年8月31日、94年の歴史に幕を閉じた日本有数のテーマパーク、としまえん。ラストとしまえんに花を添えようと、我々ロケットニュース24は公式キャラのカルーセルちゃんに成り切って同園に足を運んだ。詳細はこちらの記事をご覧いただきたいが、最終日のとしまえんは実に感動的であった。

ありがとう、としまえん。さよなら、としまえん。多くの来場者がとしまえんの閉園を惜しむ中、現実を受け入れられない1人の男がいた。練馬生まれの練馬育ち「ミスター練馬」こと当編集部のYoshioである。Yoshioは澄んだ瞳でこう言う……「としまえんが終わっているハズがない。実はまだやっている」と──。

続きを全部読む

【本日閉園】生粋の練馬区民に聞いた「としまえん」の思い出あるある30連発!

本日2020年8月31日、東京都練馬区にある老舗遊園地「としまえん」が94年の歴史に幕を閉じる。閉園の発表以来、多くのメディアで特集が組まれてきたが、泣いても笑っても今日が最後だ。

そこで今回は、「としまえん」への感謝と労いの意味を込め、生粋の練馬っ子である当編集部のYoshio(38)に「としまえん」との思い出をあるある形式で語ってもらった。練馬区民ならずとも共感必至の「としまえん」あるある、それでは一気にどうぞ!

続きを全部読む

【コスパ検証】すかいらーく系のイタリアン『グラッチェガーデンズ』の999円ピザ食べ放題はお得なのか?

ファミレス激戦区の東京・練馬区に、スゲエお店が誕生した! すかいらーくグループのイタリアンレストラン「グラッチェガーデンズ」の練馬土支田(どしだ)店が、2020年8月上旬にリニューアルオープンし、焼き立てピザの専門店に生まれ変わった。

このお店、なんと税別999円で75分間ピザ食べ放題だ。はたしてお得なのか? 元は取れるのか? 実際に利用してみたぞ!

続きを全部読む

【肉】ロイヤルホスト系列のステーキレストラン「カウボーイ家族」で1ポンドステーキを食ってみた!

「練馬区」というと、東京23区のなかでも田舎っぽい扱いを受けることが多い。しかし私(佐藤)は最近見直している。なぜなら郊外型の飲食店が多く、家族層は住みやすいのではないかと見ているからだ。

有名チェーンが数多く練馬区に出店しており、「カウボーイ家族」もそんなお店の1つ。実際に利用して1ポンドステーキを食べてみたところ、ステーキに欠くことのできないアレがとてもよかったぞ!

続きを全部読む

【現場】どこのイオンもトイレットペーパーの在庫は豊富なのか? 「イオン練馬」に確かめに行ったら、店舗によって事情が異なると判明

新型コロナウイルスの影響により、マスクが不足している。これに無関係なはずのトイレットペーパーがデマの拡散によって、店舗から姿を消す事態となった。そこで静岡県富士市の製紙メーカー「丸富製紙」はTwitterで、在庫が潤沢にあることをアナウンス。大手スーパーの「イオン」では店頭に大量の商品在庫を陳列し、顧客の不安を払拭することに乗り出している。

私(佐藤)も気持ちを落ち着かせるために、大量に在庫があると言われる東京・東雲のイオンに行ってみたのだが、あいにくその日はお休みだった。そこで他のイオンの様子をたしかめようと、練馬の店舗を訪ねたところ、どうやら店舗によって事情が異なることがわかった

続きを全部読む

35.75995139.628155

【嫉妬】また練馬区だけ! セブンの『テリーヌショコラ』が激ウマすぎて悔しい

かの有名な練馬大根の生産地としてはもちろんのこと、Mr.Childrenの桜井和寿さんの出身地として知られる東京都練馬区。23区の中ではやや立場は弱く、これまでは他区民とのディスり合いになると「練馬? ほぼ埼玉は黙ってろ」なんて言われてしまうことも少なくなかった。

だがしかし、近年の発達は目覚ましいものがあり、特に「大泉学園駅」周辺などは今や都内でも指折りの人気住宅エリアである。そんな練馬区に新しい付加価値が追加されようとしているのかもしれない。ズバリ、セブンイレブン大好きっ子たちは必見だ。

続きを全部読む

地元の謎のつけ麺屋「ラスト・ボス」に潜入した結果、想像の何倍も深い “店名の由来” が判明した

つい最近、地元にラスボスがいるのを発見した。いきなりよくわからないことを言い出したので「RPGのやりすぎでは?」と思われたかもしれないが、確かに筆者はRPGをやりすぎている。しかし妄想などではない。正真正銘のラスボスである。

正確に言えば、筆者が生来住んでいる東京都・練馬区に「ラスト・ボス」という名前のつけ麺屋があるのだ。極めて独特な店名だ。そのようなお店は見たことがない。興味が湧きすぎたので店内に入ってみたところ、想像の何倍も深い由来が判明した

続きを全部読む

35.734537139.656237

【なぜか練馬区限定】セブンの「イタリアンプリン」が激ウマすぎた! 今すぐ練馬区に住民票を移したいレベル!!

つい先日のこと──。我々ロケットニュース24編集部あてに1通の問い合わせがあった。それによると東京都練馬区のセブンイレブン限定で『イタリアンプリン』という商品が登場しているらしく、しかもそれが激ウマだというのだ。

練る馬と書いて練馬。誓ってバカにするつもりはないが『イタリアンプリン』なんぞというシャレオツなスイーツを、練馬限定で販売するメリットはあるのだろうか? 練る馬と書いて練馬……。事の真相を確かめるべく、我々は練馬区に直行した。

続きを全部読む

【渾身の一作】練馬区の魅力を熱く語ったバラエティ動画『ネリトーク』がロケニューLINEアカウントで先行公開! LINE登録して観てくれ!!

突然だがみんな、ロケニューのLINEアカウントを友達登録してくれーー!

多くの人に記事を読んでもらうため、LINEを通して毎日夜7時におすすめ記事を配信している。だがここ最近、ロケニューのLINEアカウントを友達登録してくれる人がなかなかいない……。

「このままではダメだ」ということで、LINE登録者数を増やすため、LINE先行公開の動画を作ってみたぞ。その動画はズバリ、練馬区の魅力について熱く語り合う『ネリトーク』

続きを全部読む

【衝撃】松屋のラーメン業態「松軒中華食堂」に入ってみた結果 → 生まれて初めての体験をした

先日、東京・三鷹に出店した松屋のステーキ業態「ステーキ屋松」。その実力は間違いなく本物で、今も店前には行列ができているそうだ。松屋もいろいろやるよなぁ……と感心していたところ、今度は松屋のラーメン業態を発見したので入ってみた。

「松軒中華食堂」という若干サンバ感のある名前で、現在都内に4店舗あるらしい。松屋のラーメン屋って一体どんな感じなんだろうか? 今回初めて行ってきたのだが、そこで私(あひるねこ)は生まれて初めての体験をすることに。

続きを全部読む

35.737126139.654285

【最強B級グルメ】誰も麺を食べていないラーメン屋の名物『麻丼』がスゴイ! 500円とは思えない神クオリティー!! 東京・練馬「ラーメン太郎」

店名に “ラーメン” というワードが入っていたら、普通は「あ、ラーメン屋なんだな」と思うだろう。自分でも何を当たり前のことを書いているんだって感じだが、この当たり前がイマイチ通用しないお店があったので、ぜひ紹介したい。

東京・練馬にある「ラーメン太郎」。二郎じゃねえのかよ的なネーミングがたまらないこちらのお店には、『麻丼』という名物メニューがある。お値段はなんと500円。そう、これこそ都内最高峰のB級グルメと呼んでも過言ではない、リピート必至の激ウマ丼なのだ。

続きを全部読む

『コメダ珈琲店』に激似! 練馬のローカル喫茶『ミヤマ珈琲』が天国のような店だった

都内の練馬春日町駅(大江戸線)から徒歩数分の場所に、いつの間にか見慣れないカフェができていた。オレンジ色の看板に茶色い文字。「おお! ついにこの辺にも『コメダ』ができた──!?」と、心躍らせたのもつかの間。看板のカタカナ部分をよく読むと、コメダではなくミヤマ。『ミヤマ珈琲』と書いてある。

どうもルノアール系列のお店のようだが……なんだろう、このメガネがズリ落ちるような感覚は。『コメダ珈琲店』を連想せずにはいられない佇(たたず)まいに、私の胸は少々ザワついた。そんな気持ち故か、気になりつつも素通りし続け早1年──。ついに先日、私(DEBUNEKO)はミヤマ珈琲の扉を開けた

続きを全部読む

ラテンの雰囲気ゼロな「ブラジル食堂」に行ってみた / 東京・東武練馬

飲食店の名前には、ある種の法則があると私(佐藤)は考えている。たとえばラーメン屋の場合、「武」とか「郎」などの漢字が使われるケースが多い。焼肉屋なら「苑」とか「亭」あたりだろうか。同様に喫茶店・コーヒーショップにありがちな名前が「ブラジル」である。

一体どれだけの数の喫茶店が「ブラジル」を名乗っているのだろうか? そこで調べてみようと思ったところ、別の疑問にぶち当たった。東京・東武練馬に、ブラジルテイストがゼロのブラジル食堂があることを発見。気になる、大いに気になる! ということで行ってみたらやっぱりブラジル感ゼロだった。

続きを全部読む

【マジかよ】リアルかき氷「牡蠣氷」が東京にもあったから食べてきた!

先日の記事で、台湾発の「牡蠣のかき氷」についてお知らせした。牡蠣の産地である、台湾は彰化県のカキ氷店が提供しているものだったが、たっぷりの牡蠣がトッピングされたそのビジュアルに、牡蠣好きな人でさえ戦慄を覚えたに違いない。だがしかし……。

なんと日本にもリアルかき氷、つまり『牡蠣氷』が食べられる店があるというではないか! しかも東京に……!! これは行くっきゃねーだろッ!! というわけで、おそらく日本で唯一『牡蠣氷』が食べられる、練馬区の「ネリマオイスターバー」に足を運んでみたのでご報告するぞ!

続きを全部読む

【ミニカ物語】購入後初洗車! 980円で買った軽自動車を練馬の「東京AUTO洗車」でピカピカにしてきた

昨年2014年5月に980円で購入した、三菱の軽自動車「ミニカ・グッピー」。その後、ドレスアップされることもなく地味に “足” として使われ続け、11月には車検も合格。タイヤの溝が基準ギリギリだったとのことで、新品タイヤに付け替えた。

ヘッドライトも明るいモノに変更しつつ、ドラレコ&レーダーも導入。となると「そろそろ外観もドレスアップするかぁ!」という気持ちになったのだが、あまりにもホコリだらけ&内部もバッチィとの指摘を受けたため、洗車をすることと相成った

続きを全部読む

【練馬トリビア】あなたはいくつ知ってる? 玄人こそ知る23区の秘境 “練馬区” の秘境たる所以あるある50

住んでいなければ、 “とくに用はない区” 。それが『練馬区』だ。先日、「住んでいるだけでモテない区ランキング」でも堂々の4位入賞を果たしてしまった、住んでいるとステータスにならないどころか、むしろ足を引っ張ることでおなじみの区である……!

けれど実は、住んでみた人にしかわからない魅力にあふれた区なのだ。そんな練馬について、あなたは一体どのくらい知っているだろうか? 今回は、練馬区の “秘境” たる所以を、前回同様のあるある形式に加え、文末の画像でも併せてご紹介している。 練馬に住まう人もそうでない人も、必見だ!

続きを全部読む

【カフェ】こだわりのコーヒー豆でおなじみ KALDI(カルディ)直営! 『CAFE KALDINO(カフェカルディーノ)』って知ってる?

『KALDI(カルディ)』といえば、こだわりのコーヒー豆や輸入食品の取り扱いで有名なお店。店頭では、自慢のコーヒー豆を使用した淹れたてコーヒーを振舞ってくれ、それを試飲しながら店内を巡ることができるなど楽しいお店だ!

当編集部のGO羽鳥も大好きなこの『KALDI(カルディ)』だが、直営カフェを展開しているのをご存知だろうか? その名も『CAFE KALDINO(カフェカルディーノ)』! 私(筆者)は練馬駅に隣接する複合施設、「ココネリ」にて発見。まだ数店しか展開されていない、このカフェカルディーノって、一体どんなお店なのだろう? 早速チェックしてみた!

続きを全部読む

【食と洗車のワンダーランド】早い・丁寧・年中無休 / 食事している間に愛車ピカピカの『東京AUTO洗車 練馬店』がアツい‼︎

車を所有していれば、「洗車」は欠かせない。自ら丹念に磨く人もいるが、洗車はとにかく大変だ。ゆえに手軽に洗車機で……とか思いつつも、洗車機での洗車は汚れがちゃんと落ちているのか気になったり、待ち時間が手持ち無沙汰でなかなか億劫(おっくう)だったりする……。

そんな人にもってこいな洗車場が、練馬区は谷原にある『東京AUTO洗車』! ここは地元でも人気の名店である焼肉屋・寿司屋・鰻(うなぎ)屋が併設されていて、美味しい食事を楽しむ間に愛車をピッカピカにしてくれるのだ! 

続きを全部読む

【練馬のグルメ】光が丘の台所「大盛軒」で一番人気の広東麺は寒い冬にピッタリ!

以前の記事、練馬あるあるにも登場した、光が丘(ライトヒル)の台所「大盛軒(たいせいけん)」。実は読み方を知らない人が意外といるかもしれないが……「おおもりけん」じゃない、「たいせいけん」だ!

地味な練馬の魅力をちょっとずつご紹介し、23区としての認知度を少しでも上げられたら……そんな思いから、今回は練馬あるあるのスピンオフとして、「大盛軒」より、私(筆者)も大好きな一番人気メニュー『広東麺』をご紹介!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2