「競馬」にまつわる記事

【競馬予想】マイルのG1ホースが続々参戦! 異例の好メンバーとなった高松宮記念、波乱を起こす穴馬&超穴馬はコレだ!!

今週末の中央競馬では春のスプリント王決定戦・高松宮記念が開催される。昨年は400万馬券も飛び出した当レースだが、今年も波乱含みの様相だ。

マイルG1馬が大挙して出走する異例のメンバー構成に加えて、週末は雨予報&乗り替わりも大量発生。何から予想すればいいか分からないハードモードの中京決戦を徹底分析します!

続きを全部読む

【競馬予想】鬼の居ぬ間にタイトル奪取! 春のダート王決定戦・フェブラリーSは新たなスタイルで挑むサンライズノヴァに注目

鬼の居ぬ間にタイトル奪取──。今週末の東京競馬場では、2020年のG1開幕戦・フェブラリーステークスが開催される。春のダート王を決めるレースながら、ダート界の2強ともいえるクリソベリルとゴールドドリームは海外遠征で不在。

しかし抜けた馬がいない分、どの馬にもチャンスが広がる一戦といえそうだ。特に注目すべきは新たなスタイルで3度目の正直を狙う、あの馬です!

続きを全部読む

【競馬】外部からの情報を一切シャットアウトすれば万馬券は取れるのか? 世紀の新発明「パドック専用メガネ」と挑む

やっぱ、ええわぁ──。筆者の友人が競馬場のパドックで頻繁に口にする言葉である。彼は目星の馬を見つけた際、必ずこうつぶやく。そして同セリフと共に推奨される馬は、1番人気の馬であることが非常に多い。

そんな友人の姿を見て、いつも筆者は思うのだ。「こいつは単にオッズに惑わされているだけじゃないのか?」と。

続きを全部読む

【競馬予想】今年最後の大勝負! ホープフルステークスは超良血の優等生・ラインベックの一発に期待せよ

みなさん、有馬記念の馬券は当たりましたか。私はアーモンドアイに夢を託し、テレビの前に呆然と立ち尽くしました……。だが燃え尽きるのはまだ早い!

2歳G1・ホープフルステークスが残っているではありませんか。一年の負けを取り戻すべく、今週も必死で穴馬を探しました。最後に的中馬券をゲットしたい貴方に、こっそりオススメの馬を教えちゃいます!

続きを全部読む

【競馬予想】この舞台、このキャストでも最強の座は譲らない! 有馬記念は女王アーモンドアイを絶対信頼 / 激走サインが出ているのはあの馬?

やはり、こうでなくてはいけない。今年の有馬記念はグランプリに相応しい空前絶後の好メンバーとなった。G1ホース11頭を含む優駿たちの競演。これを観ずに年は越せないといってもいいだろう。

そんななか、筆者は大本命のアーモンドアイを迷わず信頼。さらにラストランを迎えるあの馬に激走注意報も。豪華メンバーすぎて何から買えばいいか分からないという貴方の背中を、どどんと押します──!

続きを全部読む

【競馬】2019年の世相から有馬記念のサイン馬券を大予想

平成から令和に元号が変わった2019年も大詰め。週末12月22日には今年で64回目を迎える有馬記念が開催予定で、いよいよ年末の雰囲気を感じ取る時期になってきた。

今年の有馬記念はアーモンドアイの参戦で空気が一変。まだ出走馬が確定していない状況ではあるが、G1馬11頭と「グランプリ」の名にふさわしい空前絶後の豪華メンバーが揃った。絶対女王が出走するなら1着固定一択……という人は多いだろうが、有馬記念は意外と荒れるレースなので “サイン” を見落とさないようにしておきたい。

続きを全部読む

【競馬予想】距離延長でも大丈夫! 朝日杯フューチュリティステークスは伸びしろ秘めるラウダシオンの一発を信じるべし

あっと驚くレシステンシアの逃げ切りで幕を閉じた阪神ジュベナイルフィリーズ。今週は同じコースで2歳馬の王者決定戦・朝日杯フューチュリティステークスが行われる。

並み居る強豪のなかで筆者が目を付けたのは、マイル初挑戦の伏兵ラウダシオン。その理由は未知の距離でも走ってくれそうな伸びしろ。伸びしろですね!

続きを全部読む

【競馬予想】ヒモ荒れ戦法で阪神ジュベナイルフィリーズを攻略! リアアメリアの相手に押さえておきたい穴馬はこちらです

令和の怪物、誕生か──。毎年のように新星が誕生するのがスポーツ界の常だが、今週末は競馬界のスター候補生に要注目だ。

2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルフィリーズの大本命は、なんといっても無敗のディープ産駒・リアアメリア。本命党だけど配当にも期待したいという貴方のために、ヒモに押さえておきたい穴馬も厳選して紹介します!

続きを全部読む

【競馬予想】逃げて春秋制覇! 春のダート王・インティがエンジンの違いを見せます / チャンピオンズカップ

芝も熱いが、砂も熱い──。今週末は秋のダート王決定戦・チャンピオンズカップが開催される。

無敗の3歳馬・クリソベリルの快進撃は続くのか。それとも歴戦の古馬が待ったをかけるのか。砂の王者の称号を懸けて、G1ホース8頭を含む豪華メンバーが中京に集結。熱くなること間違いなしの一戦を占います!

続きを全部読む

【競馬予想】逃げ馬不在で今年もスロー! 大混戦のジャパンカップ、最も「旨味」のある馬はコイツだっ!!

神仏を頼まず。かの宮本武蔵の至言である。そう、人生は自分の力で切り拓いていかなければならない。

先週の競馬予想ではランダム予想マシン・マンバくんに運命を託した筆者だが、馬券は不発。ここは初心に立ち返り、自力で予想していくことにしましょう。

今週狙うのは、G1・ジャパンカップ。絶対的な馬不在で混戦ムードのJCを斬ります──。

続きを全部読む

【競馬】シンクロ予想マシン・マンバくんが久々の復活! 人とマシンが力を合わせて当たり馬券ゲットを目指します / G1・マイルチャンピオンシップ

競馬ファンの皆さん、馬券、当たってますか? 私は恐るべきペースで外れ馬券を積み上げております。今年も残りわずか、そろそろ巻き返さないとマズイと思い始めている今日この頃でございます。

そこで今週の競馬予想は強力な助っ人を用意。ランダムに好走馬を導き出すシンクロ予想マシン・マンバくんが久々に復活! 理論無視のシンクロ予想とガチ予想を組み合わせて、当たり馬券ゲットを目指します!!

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】秋の女王はクロノジェネシスで決まり! 今年のエリザベス女王杯で買うべきは「3歳馬」&「先行馬」

女心と秋の空。牝馬のレースって難しいんですよね……。

今週末の注目レースは秋の最強牝馬決定戦・エリザベス女王杯。フルゲート18頭立てと今年も予想が難しそうだが、筆者の狙いは「3歳馬」&「先行馬」。2つのポイントから買い目を絞っていきます!

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】早熟? 晩成? 今週は「ブラッド予想」で京王杯2歳ステークス&アルゼンチン共和国杯のダブル的中を目指します

いやぁ強かったですねえ、アーモンドアイ……。天皇賞(秋)の興奮も冷めやらぬ競馬界だが、今週も京王杯2歳ステークス、アルゼンチン共和国杯など注目の重賞が続々と開催されます。

今さらながら、アーモンドアイは両親ともにG1馬(ロードカナロア&フサイチパンドラ)の超エリート血統。やっぱり強さって受け継がれるんです。というわけで今週のテーマは、ずばり血統。ブラッド予想でダブル的中を目指します!

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】豪華キャスト集結の天皇賞(秋)はアーモンドアイ or サートゥルナーリアどちらに乗るべき?「騎手」と「枠順」に注目すれば答えは見えてくる!

今年の天皇賞(秋)は超豪華版! 10頭のG1ホースが顔を揃えているだけでなく、最強牝馬・アーモンドアイと3歳世代のエース・サートゥルナーリアの初対決にも注目が集まりそうだ。

ともに甲乙つけがたいスーパーホースだが、勝つのはよほどのことがない限り1頭。はたして秋の盾を手にするのはどちらか、それとも伏兵が割って入るのか。本記事では2大巨頭を中心に予想をお届けするが、「騎手」と「枠順」に注目したら答えが見えてきた!

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】クラシック最終戦・菊花賞は伸び盛りのサトノルークスに逆転の余地あり! 個性派メロディーレーンの応援馬券もお忘れなく

熱い戦いが繰り広げられた3歳クラシックロードも、いよいよフィナーレ。今週末の京都競馬場では「最後の1冠」菊花賞が行われる。

皐月賞馬&ダービー馬が不在のなか、主役候補に躍り出たヴェロックスに隙はあるのか。それを負かす伏兵の台頭は。今週もじっくり予想していきましょう。菊花賞といえば……最も強い馬が勝つ!

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】得意の条件で一人旅! 好メンバー集結の毎日王冠はアエロリットが逃げ切る / 混戦模様の京都大賞典はグローリーヴェイズから

凱旋門賞の話題で持ちきりの競馬界だが、国内では東西で秋のG1を占う重要なレースが繰り広げられる。

東京競馬場で行われる毎日王冠は、少頭数ながら5頭のG1馬が顔を揃える好メンバー。一方の京都大賞典はG1馬こそ不在ながら、実力拮抗で馬券的には魅力いっぱい。昼のレースでしっかり稼いで、夜のロンシャンを迎えましょう……。

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】秋G1開幕戦・スプリンターズステークスは大本命ダノンスマッシュに死角なし! 3連単を狙えるデータも発見

いよいよ待ちに待ったG1シリーズが開幕! 今週末の中山競馬場では、秋の短距離王決定戦・スプリンターズステークスが行われる。

昨年の春秋スプリントG1を制覇したファインニードルが引退し、今年の高松宮記念は3連単で449万馬券が飛び出す大波乱の決着。いまだ混沌(こんとん)とする短距離路線を制し、新時代のスプリント王となる馬は果たして?

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】少頭数でも悩ましい…有力馬の適性、買うべき穴馬を探ります / オールカマー&神戸新聞杯

今週末のメインレースはオールカマーが10頭立て、神戸新聞杯が8頭立てと少頭数。これだけ少なければ当たりそうなものだが、油断は禁物。自慢ではないが筆者は「5頭立てのワイド」を外したことがある。

というわけで、今週も気を引き締めて予想していきましょう。有力馬の適性、さらには浮上しそうな穴馬をじっくり見極めていきます……。

続きを全部読む

【競馬】センス爆発! ネーミングが秀逸すぎる競走馬5選

親が子に様々な思いを込めて名前を付けるように、競走馬の名前にも馬主さんや関係者の「こんな馬に育ってほしい」「こんな活躍をしてほしい」という熱い思いが込められている。

名前だけでも強そうな馬名や、ロマンチックで美しい語感の馬名など、数々のセンスあふれる馬名が日本競馬の歴史を彩ってきた。そして本日9月16日は、JRAが設立された日であることにちなんで「競馬の日」。記念すべき日に、筆者が選ぶ「ネーミングが秀逸すぎる競走馬5選」を紹介しよう。

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】「最後の1冠」への切符をつかむのは? 難解を極める前哨戦・ローズステークス&セントライト記念を解き明かす

春の実績馬か、夏の上り馬か。そして有力馬の本気度合いは──。色々考えなければいけない前哨戦は、いつになっても難しい。

今週末の3連休は阪神競馬場で秋華賞トライアルのローズステークス、中山競馬場で菊花賞トライアルのセントライト記念が行われる。場合によっては本番より難しいかもしれない前哨戦、じっくり頭を悩ませていきましょう……。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6