「研究」にまつわる記事

分析データをもとに作曲された「最も幸せなクリスマスソング」がコレだ! 超ウキウキ気分になれるかな!?

この時期になると、嫌でも耳に入って来るクリスマスソング。なかには、「子供の頃から何度も聞きすぎて飽きてしまった……」という人も少なくないかもしれない。

そんななか、人気クリスマスソングを分析して作曲された「最も幸せなクリスマスソング」が誕生! 読者の皆様は、この曲を聞いてハッピーな気持ちになれるだろうか!?

続きを全部読む

あなたはどのタイプ? Facebookユーザーは4つのタイプに分けられるらしい

1日平均12億8000万人が利用すると言われている Facebook。こんなに多くの人が使っているのだから、その目的や頻度、利用スタイルは人によって千差万別のはず。

しかしこの度、ある大学がFacebookユーザーは4つのタイプに分けることができると発表した。たったの4つ!? とビックリしてしまうが、一体どんなタイプがあるのか?

続きを全部読む

【天才現る】早稲田大学研究所が開発した「画像加工技術」が凄すぎる! 超複雑な編集作業も一瞬で完了

携帯電話やスマホに搭載されてから世界中で一気に普及した、デジタルカメラ。最近では、簡単に画像加工ができる専用アプリなども登場し、より写真が親しみやすいものとなっていることはご存知の通りである。

そんな中、早稲田大学の研究チームが、驚くべき画像処理技術を公開した。その技術を使えば、画像中の不要な物体を消したり、人の顔を変形させたりといった複雑な編集がなんと、簡単に出来てしまうという。

続きを全部読む

オランウータンも出会い系サイトで「つがい候補」を探す時代に! 写真を見たメスがタブレットを投げつけて破壊する事態も発生

最近は、婚活・出会い系サイトで出会った男女が交際を始めるパターンも珍しくなく、すっかり恋愛もデジタル化している感がある。

そんななか、人間だけでなく動物も出会い系サイトでつがいを探す時代になったとのニュースが飛び込んで来た! なんと、ある動物園ではオラウータンやボノボなどの霊長類にタブレットで写真を見せ、つがい候補を選ばせているというのである!!

続きを全部読む

【研究】男のチクビはどこら辺まで上げると、カッコよく見えるのだろうか?

当編集部では、毎年ウホカレを制作している。これは、編集部男性メンバーがふんどし一丁になって撮影するというものだ。2017年カレンダーもすでに完成している。これをやっていると、自分の身体のだらしなさがわかってとってもいい。筋トレにも励む気になる。

メンバーのなかでも、GO羽鳥の身体付きには定評があり、特にチクビの位置が上目で良いというのだ。では一体、どこまで上げると、羽鳥のようにカッコ良く見えるのだろうか? とりわけ下目な、私(佐藤)と中澤星児が検証してみた。

続きを全部読む

小型無人機ドローンが超レアなクジラの姿を激撮! 自然の雄大さに胸が締め付けられる思いに

世界で一番大きな哺乳類と言えばクジラだが、ホエールウォッチングなどのツアーが組まれて多くの人が利用しているだけに、一度は間近で見たい生物ではないだろうか。

そんな、クジラの生態を詳しく観察しようと、小型無人機ドローンを使った調査も行われている。そして、ある研究チームが、上空から超レアなクジラの姿を収めることに成功したというので、その動画「Rare whale footage shot by drone thanks to AUT scientists 」を紹介したいと思う。

続きを全部読む

提供:KDDI

『au未来研究所』の考える “スマホの次” がロマン溢れてる件 / 未来的すぎるコミュニケーション・ツールにワクワクするッ!!!

以前、大手通信会社KDDIの『au未来研究所』というサイトをご紹介した。未来の携帯電話のあり方をユーザーと一緒に考えていくというもので、ありそうでなさそうな架空の未来ニュースにワクワクしちゃった人も多いのではないだろうか。

そんな『au未来研究所』が、またまたワクワクしちゃう取り組みをしているぞ! “スマホの次” のきっかけを作るべく、さまざまな未来的すぎる制作物を発表しているのだ。これはもう、まさに未来! あんな夢やこんな夢がどんどん広がっていきそうなのだ!

続きを全部読む

自分勝手な人は幸せになれる!? 米心理学者が驚くべき研究結果を発表

他をかえりみず、自分のことばかり優先して行動する人は、大抵どこでも好ましく思われない。状況によっては生きづらささえ感じるのでは、と思われるのだが、アメリカの心理学者の研究によると、どうやらそうではないらしい。自分勝手に振舞っていても、幸せを感じている可能性があるそうだ。「憎まれっ子世にはばかる」ということわざがあるが、もしかしたらこれは科学的に見ても、本当のことかもしれない。

続きを全部読む