「痴漢」にまつわる記事

【体験談】小学校4年生の時、小6の男子に “痴漢” された話

私(中澤)は男である。面と向かい合えば、おそらく現在の私を女性だと思う人はいないくらいには男っぽい。そんな私が痴漢された話をしよう。大事なことなので繰り返すが、痴女ではなく痴漢だ。相手はバッチリ男。振り返れば奴がいた

続きを全部読む

女性リポーターが中継中にお尻を触ってきた男にブチギレ! 動画が拡散され、女性は「自分がやったことは後悔していない」と宣言 → 称賛が寄せられる

朝の満員電車で痴漢にあった、あるいは痴漢を目撃したら、あなたならどうするだろうか? きっと「電車を遅らせるのは気が引ける」「よくあることだし」と黙ってやりすごしてしまう人もいるかもしれない……が、痴漢は犯罪。

そんな考えはぶっ飛ばして、堂々と「痴漢です!」と言えばいいのだ。これからご紹介するメキシコの女性リポーターもスゴかった。生中継のテレビカメラの前で、痴漢に対してブチギレ!! マイク片手に殴りかかった。今、その動画が称賛とともに世界中で話題になっている。

続きを全部読む

【漫画】「昔、痴漢にあった時の話」がツイッターで話題 / 作者が作品に込めた思いとは?

ここ最近、有罪・冤罪問わず連日のように「痴漢を疑われホームに飛び降りた」系のニュースが飛び込んでくる。中には「おそらく冤罪だったのに、電車にはねられ死亡した」……などという救いのないケースもあり、痴漢と痴漢の冤罪が再び社会問題化している気配だ。

そんな中、ツイッター上で公開された漫画「昔、痴漢にあった時の話」が話題になっている。今回は漫画をご紹介するとともに、作者がこの作品を描いた動機、またこの時期に発表した理由などについても触れていきたい。

続きを全部読む

セクハラされた女性が男をブッ飛ばすシーンが激写される!! ブルース・リー並みなパンチ力が超圧巻!

ひと昔前に比べると、いろんな意味で女性は随分と強くなったように思う。しっかりと自分の意見を述べ、「ダメなものはダメ」と言うことを恐れることなく、時として、必要とあらば男性に制裁を加える人もいる。

そして、まさにそんな代表格のような女性が激写され、ネット上で大きな話題を呼んでいるので紹介したい。セクハラされてしまったある女性が相手を思いっきりブッ飛ばすのだが、そのパンチ力たるや、ブルース・リーも真っ青になりそうなほどの威力なのだ!! その様子は動画「Good job, Lady」で確認できるぞ!

続きを全部読む

お笑い芸人『キングオブコメディ』高橋健一容疑者が女子高生の制服を盗んだとして逮捕 / ネットの声「何してんだ」「相方がかわいそう」

年の瀬にショッキングなニュースが飛び込んできた。2010年のキングオブコントチャンピオン、お笑いコンビ「キングオブコメディ」の高橋健一容疑者が、東京都内の高校に侵入し、女子高校生の制服などを盗んだとして26日午後、窃盗容疑で警視庁に逮捕されたのだ。衝撃的なニュースに、ネット上でも騒然となっている。

続きを全部読む

【コラム】夜道で女性と2人きりになると違う意味でドキドキする

女性が強くなった」と言われて久しい現代社会。実際の意味はともかく、「草食男子」や「肉食女子」なんて言葉も日常的に使われるようになった。とはいえ腕っぷしに関しては、基本的に男性の方が強いこともまた事実である。

そういった理由で、か弱い女性が一人夜道を歩くときの心細さといったらないだろう。気持ちはよくわかる……。だがこれだけは覚えておいて欲しい。夜道で女性と2人になったとき、全くその気はない男性側も “違う意味” でドキドキしているのだ……! その理由を説明したい。

続きを全部読む

【相手が悪い】身長193センチの大男がジョギング中に「小柄な女性」に痴漢 → 実は女性保安官だった → フルボッコで逮捕

もし、あなたが身長193センチもあったら、“自分を倒せる相手はナカナカいない” と自負してしまっても仕方ないかもしれない。しかし、まさに “相手が悪かった” としか言いようがないトホホ……な事件が報じられて話題になっている。

ある青年が痴漢を働いた小柄な女性が、実は護身術を身につけた保安官で、男は “下半身のボール” を蹴り上げられて返り討ちに遭ってしまったというのだ。自分より体の小さい女性に、ド真ん中にシュートを食らわされてしまっては、ボールだけでなく男のプライドもズダズダである。

続きを全部読む

たしかに近寄りたくない! 車内でパーソナルスペースを確保できる 「トゲトゲ べスト」の作り方/ 痴漢撃退にも

満員電車って、本当にストレス。できることなら乗りたくないけれど、乗らなければ会社に行けない……ああこのジレンマ、どうやって解消したらいいのかしら!

そんなあなたにおススメなのが、シンガポールのインダストリアルデザイナーSiew Ming Chengさんが制作した、スパイクが山のように付いた “トゲトゲ” べスト

続きを全部読む

インターネット上である動画が話題になっている。動画では、中国の地下鉄に乗車中の少女と男が映し出されている。男は右手に本を持ち、読書に夢中になっているよう。だが、その左手でなんと少女の太ももを触っていた……痴漢だ。

嫌がる少女。彼女は男から離れたり肘で押しのけようとするも、男はしつこく少女の太ももを触りつづけている。そのあまりの態度に、少女がある行動に出た!

続きを全部読む

これは神発想! 痴漢防止用の「スネ毛タイツ」が話題に / スネ毛ボーボーに見せかけ痴漢を萎えさせる

もうすぐ暑い夏がやってくる! 気温が上がるにつれ薄着になり、心も服装も解放的になるが、この季節に気をつけたいのは痴漢である。一般的に夏場は痴漢が多いと言われているが、中国でもそれは同じだ。

そんな中国で開発された、画期的な痴漢防止グッズが大きな話題になっている。どんなグッズなのかというと……ずばり、「スネ毛タイツ」だ! 毛むくじゃらのタイツを履いて男性顔負けのスネ毛を演出。痴漢を萎えさせようという試みなのである。

続きを全部読む

電車内で痴漢行為をしたとして、強制わいせつ罪に問われていた防衛医科大学の名倉正博教授に対し、4月14日最高裁判所は一、二審の実刑判決を破棄し“無罪”を言い渡した。ブログでもこの判決を支持する声が湧きあがっている。 続きを全部読む