「戦争」にまつわる記事

【ガザ地区】戦火の中「常に死と隣り合わせの生活を送る16歳の少女」の Twitter に世界が注目 / 平和ボケと言われがちな現代人の琴線に触れる

日本が最後の戦争を終結したのは1945年8月15日。もうすぐ終戦69周年を迎えるが、戦争を経験した人はどんどん少なくなってきている。

しかし世界では、今でも戦火の中で普通の暮らしを営めない人々が多く存在する。イスラエルとの長期にわたる戦争で、激しい戦闘が繰り広げられてるパレスチナのガザ地区。激戦地で死と隣り合わせの生活を送る16歳の少女が、Twitter に投稿するメッセージに世界中から注目が集まっているので紹介したい。“平和ボケ” と言われがちな現代人の琴線に触れることは間違いないだろう。

続きを全部読む

【緊急速報】世界的に有名な超能力者ロンバード氏が日本の危機を予言 「軍の崩壊と共に日本は24時間以内に恐ろしい局面を迎える」

世界有数の経済誌『フォーブス』に掲載された唯一の超能力者とされるロン・バード(Ron Bard)氏が、24時間以内に世界、また、日本が危うい状態になることを Twitter上で予言。インターネット上で大きな注目を集めている。

日本について最初に発言があった時刻は、2013年10月1日の午前5時14分(日本時間)だ。すでに7時間以上も経過している。24時間以内というと、明日10月2日の午前5時14分までということになる。以下は、予言メッセージを訳したものである。 続きを全部読む

【ぜいたくは敵】戦時中を体験できる「軍国酒場」に入隊してみた / ビールを注文すると魚雷発射!

1945年8月15日、第二次世界大戦が終結した。だが、鹿児島には60年以上経った今でも戦時中の雰囲気を味わえる『軍国酒場』という名の酒場があるそうだ。昭和初期から時間が止まったままというのは一体どういうことなのか? さっそく行ってみたぞ!

続きを全部読む

これが本当の戦場だ! アフガンでタリバンと戦闘中のアメリカ軍兵士が撮影した「兵士視線」の映像が恐ろしいと世界で戦慄

今も世界のどこかで戦争や紛争が起きている。だが、平和に暮らす我々にとって、いまいち “その場の戦闘状況” は伝わってこない。映画やゲームではよく見るシーンだが、本当の戦場はどのような雰囲気なのだろうか。

その答えとなる映像が、いま大きな話題になっている。YouTubeにアップされた動画は「U.S. Soldier Survives Taliban Machine Gun Fire During Firefight」、直訳すれば「タリバンとの銃撃戦で生き残った米兵」である。

続きを全部読む

まんべくん「どう見ても日本の侵略戦争が全てのはじまりです。ありがとうございました」

北海道山越郡長万部町のイメージキャラクター「まんべくん」が昨日、第二次世界大戦に関するコメントをインターネット上に書き込みし、物議をかもしている。

8月14日、まんべくんはインターネットコミュニケーションサービスTwitterで終戦記念日(8月15日)について言及し、「どう見ても日本の侵略戦争が全てのはじまりです」と断言。これに対してインターネットユーザーからは「調子に乗るなよ」や「ゆるキャラってあたまがゆるいってことなの?」など、厳しい声がでている。

続きを全部読む

昨年東シナ海では、日本が中国漁船の船長を拿捕する事件が起きた。即時釈放を求める中国は日本に対し経済制裁を発動、大きな外交問題となった。

そして現在、今度は南シナ海で緊張が高まっている。中国の実力行使に対し、ベトナム・フィリピンは実弾演習や不買運動で対抗。中国人の8割以上が武力による解決を支持する一方、ベトナムも中越戦争以来32年ぶりの徴兵令を出すなど、第2次中越戦争開戦前夜と言っても過言ではない状況にある。

どちらのケースも背景にあるのは、海洋資源をめぐる領有権争いだ。そんななか、オーストラリアのシンクタンクが、中国が関与する領有権争いが今後アジアでの戦争につながる可能性があることを論文にまとめ、話題となっている。

続きを全部読む

心当たりのない無機質なモーター音が聞こえたら、今すぐ逃げろ!

Chris Rogers氏がデザインした4輪駆動ロボット「Mega Hurtz Tactical Robot」は、どんな荒地でも走破でき、転んでも自力で起き上がる不死身のマシンだ。曲がるときはステアリングを切るのではなく、14インチのタイヤがそれぞれ前後に動く。このギミックにより、その場ターンも、曲がりくねった細い道も難なく走破可能となる。

まるで鳥の口ばしのように尖った先端は、コンクリートの壁を粉砕する強度を誇り、超大型SUVのハマーをけん引する馬力を持つ。ちなみに重量は約127キログラム。さらにさらに……

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2