「学校」にまつわる記事

いじめに遭っていた9歳の少女が「海軍隊員向けの64キロものレースを24時間」で完走! いじめ反対を訴える姿が感動を呼ぶ

どこの国でも、子供のいじめは大きな問題となっている。特に現代ではテクノロジーの発達により、ネットやSNSに中傷やネガティブなコメント書き込こむなど、いじめの質が変わってきている。

常に子供達はいじめの危険にさらされていると言えるわけだが、そんななか、いじめに遭っていた9歳の少女が立ち上がった!! 彼女は、海軍隊員向けの64キロものレースを完走することで体を張っていじめ反対を訴え、その力強い姿が大きな感動を呼んでいるのだ!

続きを全部読む

【ここまで来たか】スマホで通う学校「サイバー学習国」って知ってる? もちろん卒業単位も取れるんだヨ

目覚ましい勢いで進化を続けるインターネット社会。今やインターネットと無縁なものを探す方が難しいが、今回は「ここまで来たか……!」と驚きを隠せない、ある意味で究極のインターネット文化をご紹介したい。

それは高校。スマホで通える高校『サイバー学習国』という。「スマホで高校に通うってどういうこと?」とピンと来ないかもしれないが、授業やテストはもちろんのこと、卒業単位まで取れる、れっきとした学校法人なのだ。

続きを全部読む

歌だけでなくダンスのレッスンも!? 声優の卵が受けているレッスンを見せてもらったぞ!!

声で表現する仕事、声優。今やアイドル並みの人気を博す声優は、自分の声を様々に使い分け、アニメのキャラクターたちに命を吹き込んでいく。いわば声のマジシャンとも言える仕事である。

それでは声優の卵たちはどのようなトレーニングを積み、プロとしてデビューするのだろうか? その実態を知るべく、東京・恵比寿にある声優学校へ足を運んだ。

続きを全部読む

【ガチ恐怖画像】ぎゃーーー! 夜の学校で写真を撮ったら…… “生首” が写っていたと話題!!

怪談と言えば、夏。けれども、寒い冬にだって怖いことは起こる。今回も1人の女子大生が、2015年11月にある恐怖を体験したようだ。

彼女が、夜の学校で写真を撮ったところ……恐ろしいモノが写りこんでしまったというのだ。その「ガチ画像」を見ると……キャアアアア! 本当だ。クッキリと “生首”っぽいモノが浮かんでいるぞ!!

続きを全部読む

【ドッジボール】これができたらモテモテ間違いなし! 一撃必殺の超絶カッコイイ投法がコレだ!!

学校の昼休みで、誰しもがやったことのある遊びといえば、ドッジボール。内野と外野に分かれ、相手がいなくなるまでボールを投げ合うというシンプルなルールもあって、人気の高い球技だ。

男女混合でプレーすることもあるため、モテるには絶好の場なのだが、かつてないカッコイイ投法で周囲を魅了した男子がいたので、動画「Insane Dodge Ball Kill! [Original]」と共にご紹介したい。モテたい願望のあるドッジメンは必見! これができれば無敵だぞ!!

続きを全部読む

【海外生活】短期留学女子あるある20「顔の表情で無駄にリアクションをとる」「SNSに英語で投稿する」など

あなたのまわりに「ルー大柴ばりに英語」を日常の会話に混ぜて話す日本人はいないだろうか? 「海外ではこうだったのに」や「あの国ではこうだった」などと言い、外国に住んでいたことを無駄にアピールしてくる人はいないだろうか?

・海外かぶれ短期留学生女子

こういった人たちは、実際に長期間海外で生活していた人はあまりおらず、だいたいが短期留学生。そしてその多くが女子なのだ。そんな海外かぶれの「短期留学女子あるある」をまとめてみた。

続きを全部読む

熊本県の高校に新手の窃盗が出没した! 侵入した容疑者は、気づかれないように驚くべき姿に変装していたそうだ。何に変装していたのかというと、生徒である。つまり、学生服を着て、学校に侵入したのだ! なんという斬新で大胆な手口。でも、バレるでしょ……。

続きを全部読む

00

【衝撃動画】プーチン大統領が学校の視察で意味深な絵を描く 「ネコの後ろ姿だ。覚えておくように」

ロシアにおける真の大ボスといえばウラジーミル・プーチン大統領だ。元KGBのスパイという経歴もさることながら、柔道家としても有名で、大の犬好きとしても知られているが、実は芸術家としての一面もスゴイという。

つい先日の2013年9月2日、ロシアのクルガンにある学校を視察したプーチン大統領は、生徒の前で絵画を披露。そのようすは動画「Putin Draws Cat’s Backside on School Visit」で確認できるのだが、なかなか衝撃的だと話題になっている。

続きを全部読む

学校の先生の目前で挑発的にダンスを踊ったらアイリッシュダンスで応戦してきた動画が話題に

もしも突然、誰かが目の前に立ち、挑発的な表情と動きでダンスを踊ってきたらどう対応すればよいだろうか。「ちょ、ちょっと……やめてください」と冷静に対応するのが正解だろうか。それとも苦笑いをして「私には無理です」と拒めば良いのだろうか。

その答えとなる動画が現在話題になっている。先に答えを書いておこう。対抗して踊れば良いのである。YouTubeにアップされている動画のタイトルは「Turn Up ’13 Style.」だ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3