「Makuake」にまつわる記事

【AIすごい】モノクロ映画『ローマの休日』がフルカラーでよみがえる! クラウドファウンディングが反響!!

1つに絞り込むのは難しいが、オードリー・ヘプバーンの代表作といえば、やはり『ローマの休日』は外せないだろう。実在の名所が次々と登場し、もしローマを訪ねたことがあるなら、映画そのままに広がる風景に感動するはず。

イタリアの明るい陽光や、茶色い街並みが思い出されるような気がするが、実際にはスペイン広場で彼女が食べたジェラートが何色だったかはわからない。モノクロ映画だからだ。

この往年の名作を、AIの技術でカラー化する夢のようなプロジェクトが進行中。開始1日にして目標金額の80%を達成してしまうという注目度だ。

続きを全部読む

これがサングラスだと!? 「超薄型サングラス」の薄さにビックリして思わず衝動買いしちまったよッ!!

我が人生において縁の薄い存在……そう思っていたのに距離が急激に縮まったものが2つある。1つは、以前の記事で紹介したホストクラブ。男である以上、ホストに縁はなかったのだが、1度行ったらオッサンこそ行くべき愉快な場所であることを発見した。

そしてもう1つはサングラスだ。高校生からメガネ人生を歩んでいる私(佐藤)は、プライベートでサングラスを所持したことがない。しかし先日、最高にイカす逸品と出会ったことで思わず衝動買いしてしまった。その商品は驚くほど薄く「財布に入るサングラス」が売り文句。実物は本当に薄い! 極薄!! 横から見たらペッタンコ!

続きを全部読む

提供:キャンディハウス

【ダマされるな】スマホが鍵になる「スマートロック」を購入してはいけない5つの理由

スマホさえあれば何でもできる時代──。大げさではなく、まさにそんな時代が到来している。スマホで買い物はもちろんのこと、電車に乗ることも、音楽を聴くことも、カメラ顔負けの写真を撮ることだって可能だ。なんならスマホがあれば「家の鍵を開ける」ことだってできてしまう。

スマホで家の鍵を開けるガジェットは「スマートロック」と呼ばれ、いくつかのメーカーが盛大に売り出しているが、中でも『セサミ』のスマートロックだけは絶対に買わない方がイイ。それには大きく5つの理由があるからだ。

続きを全部読む

iPhoneで写真・動画を撮りすぎる人必見! 充電しながらバックアップできる「Qubii」が超便利ッ!!

日々の写真や動画をスマホに撮りためていると、気が付けば容量がいっぱいになりがち。面倒な問題である。だが面倒だからと放っておくと容量がパンパンになり、肝心なときに撮影できず……「チキショーッ!! 大事な瞬間を撮り逃した~!」ってことにもなりかねない。

とくにiPhoneの場合は、microSDカードを直接挿入できないから、「データを管理するには不便」と思っている人もいるかもしれない……が! そんな問題を解消するのが「Qubii」だ。端末を充電するついでに、データをバックアップできる優れモノである。

続きを全部読む

有能すぎる「未来の黒板」が爆誕! ボタンひとつでパッと消せてチョークも不要!!

学校に欠かせない備品のひとつである「黒板」。チョークの粉が飛び散ったり、手や服が汚れたりと欠点はありつつも、文字の見やすさや費用の安さから、今も変わらず使われ続けているのが現状だ。

しかし今後、黒板の常識が変わるかもしれない。なぜなら……有能すぎる黒板が発表されたからである! その名は『Picasso(ピカソ)』。2017年10月5日現在、クラウドファンディングで出資者募集中の製品だ。

続きを全部読む

ステーキけん井戸社長が掲載を断られたサイバーエージェントのクラウドファンディングで116万円出資を受けたレストラン「セララバアド」が最高な件

斬新なプロジェクトなどを企画し、多くの人々から少額の寄付を通して出資を集める手法が話題となっている「クラウドファンディング」。その企画が優れていれば百万や一千万単位の金額が集まることもあり、まさに夢が広がりんぐな資金調達方法である。

だが、企画がイケていなければ掲載すら断られてしまうという悲しい一面も。あの外食業界の風雲児と言われる、『ステーキハンバーグ&サラダバー けん』の井戸実社長ですらサイバーエージェントのクラウドファンディングサイト『Makuake』に掲載を断られ「新規事業でmakuake申し込んだら断られた。駄目だねぇ。伸びねえよ。」と苦言を呈していたこともある。

一代で日本のファミレス界に確固たるポジションを築き上げた、井戸社長ほどの実力者が掲載を断られるとは、サイバーエージェントもセンスねぇな! と思っていたが、ちょうど良いタイミングで『Makuake』で116万円もの出資を受けることに成功したレストランに呼んでいただくことができたため、どんなものか行ってみることにした。

続きを全部読む