「子供」にまつわる記事

母親が「子供の名前のタトゥー」を入れる → 間違った名前で彫られる → タトゥーにあわせて子供を改名

見る前に跳べ! という素敵な言葉があるが、跳ぶ前にジックリ確認しておいた方がいいことも世の中にはたくさんある。その一つがタトゥーだろう。変な意味の漢字を施されてしまったり、マリリン・モンローをお願いしたら化け物が彫られたりと肌から完全に消し去ることが難しいタトゥーにはトラブルも多い。

ある女性も子供の名前のタトゥーを入れたところ、彫り間違いが発生。誤った名前で出来上がってしまったのだとか……。

続きを全部読む

【10万年に1人】桐谷美玲と三浦翔平の結婚報道 → ネット上は「子供の遺伝子ヤバすぎる説」でザワつく

2018年5月16日、スポーツ報知が「女優の桐谷美玲さん(28)と俳優の三浦翔平(29)が6月にも結婚か?」と報じた。一部報道では、桐谷さんの所属事務所はこの件を否定しているものの、本当であれば文句なしの美男美女カップルの誕生となる。

三浦さんは女性ファンから、桐谷さんは男性ファンから熱烈な人気があるため「悔しい」「悲しい」などの声も挙がっているが、それよりネット上がザワついているのは「2人の子供の遺伝子がヤバすぎる」という話題だ。確かに……完璧としか言いようがない。

続きを全部読む

霊感が強くて何か見えてる…? ご機嫌だった幼児が突然「気味が悪い」と怖がる動画が不気味…

子供は前世を覚えているとか、霊感が強いといったことを耳にすることがある。信じる信じないは人それぞれだろうが、本当にあることなのかもしれない。なぜなら、思わず信じてしまうような動画が海外で激撮されたからだ。

ご機嫌だった女児が宙を眺めたかと思いきや、突然「気味が悪い~」と言って何かを指差し、じっと凝視……。もしかしたら、他の人には見えない霊が見えていたのかもしれない……と話題になっているのだ。

続きを全部読む

真似する人続出!「ある母親が車のチャイルドシートに貼り付けた物」が話題に / 事故が起きた場合に備えたライフハック! 2分で出来る

車を運転する時は、事故を起こさないよう細心の注意を払うもの。特に、赤ちゃんや幼児を乗せていたら尚更ではないだろうか。日本では6歳未満の子供を乗せる歳にはチャイルドシートの使用が義務づけられているが……

「それだけでは足りない!」とばかりに、海外のある母親が事故が起きた場合に備えて “ある物” をチャイルドシートに貼り付けて話題になっているので紹介してみたいと思う。

続きを全部読む

【スゴすぎる1歳児】路上ライブに1歳の子供が飛び入り参加! プロ顔負けのパフォーマンスを披露する姿が超楽しそう

オラ、ワクワクすっぞ! そう叫びたくなるようなスッゲー奴が、世界中にい〜っぱいいる。102カ国の歌をその国の言葉で歌いまくるインド人少女にネイマールに実力を認められたサッカー少年、演奏開始10秒で観客を虜(とりこ)にしちゃう指揮者……そしてこれから紹介する子供もね!

ある子供が路上ライブに飛び入り参加しプロ顔負けの腕前を披露したのだが、なんとこの子……まだ1歳!! 出たぞ出たぞ、天才が出たゾーーーーーー!! 動画とともにお伝えしたい。

続きを全部読む

大暴れする子供にくたびれ果てた母親が突然泣き崩れる……その直後に起こった出来事が素晴らしいとネット上で拍手喝采

「あれ買って〜!」「お外が見たい〜!!」スーパーや電車のなかで大暴れする子供たち。今日も今日とて世界中の大人が、そんな子供たちを必死になだめようとしている。説得を試みたり、声を荒げて怒ったり、担ぎ上げて連れて行ったり……でも大人だって人間。落ち着く気配のない子供を前に、大泣きしたいときだってあるはずだ。

今回もアメリカの空港で、大暴れする子供にくたびれ果てた母親が、突然泣き崩れてしまったのだとか。だがその直後、素晴らしい出来事が起こったのだ……。Facebookで話題となっている、ある女性の体験談をご紹介したい。

続きを全部読む

【悲報】スギちゃん、ついにワイルドですらなくなる

打ち上げ花火のようにブレイクし、そして線香花火のように散っていった一発屋芸人たち。パッと思い浮かべただけでもかなりの人数がいるが、一発屋芸人の中でも「一発屋として前線で活躍し続ける芸人」と、「ガチで存在感が無くなった芸人」の2タイプに分かれると思うのだ。

私(あひるねこ)にとってスギちゃんとは、まさに後者の芸人だった。ノースリーブのデニム生地を身に着け「~だぜぇ」と話すあのワイルドキャラ、けっこう好きだったんだけどな……。そういえば今何してるんだろ? と思い調べてみたところ、ついにワイルドですらなくなっていて驚愕したでござる。

続きを全部読む

【コラム】なぜ幼い子供は気付くと真横になって寝ているのか?

わたくしP.K.サンジュン40歳、現在1歳半の娘がいる一児の父でございます。子育てをしているとシンプルに「なんで?」と思うことがしばしばありますが、今回は「寝相(ねぞう)の謎」について触れていきたいと思います。

同じ年頃のお子様を持つ全国のお父さんお母さんにお尋ねします、お子さんの寝相はいかがですか? うちの子は寝かしつけた後しばらく放っておくと、なぜか90度真横に体が傾いているのです……毎日毎日。これってうちだけなのでしょうか?

続きを全部読む

米映画『ピーターラビット』の「食物アレルギーを描いたシーン」に批判殺到 / 日本公開時に削除される可能性も!?

うさぎを主人公にしたビアトリクス・ポター原作の絵本『ピーターラビット』は、世界中で愛されている名作である。そんな作品がハリウッドで実写映画化され、2018年2月9日の全米公開以来大ヒットを記録している。

ところが、劇中の「食物アレルギーを描いたシーン」に批判が殺到。保護者や食物アレルギーの子供を支援する団体から抗議の声が挙がっている。

続きを全部読む

「人生の楽しみはなに?」難病と闘う子供たちの答えに涙する人続出 / ある小児科医のツイートが話題に

あなたの人生の楽しみはなに? その答えは人によって違うはず。なら難病を患っている子供たち、幼い頃からつらい治療に耐え、人よりも命について思いをめぐらせる機会が多いであろう子供たちは、どんなことを楽しみにしているのだろう?

この度、1人の小児科医が難病と闘う子供たちにこの質問を投げかけた。そして今、その回答がTwitter上で話題になっているのだ。

続きを全部読む

ダイエットのモチベーションは「子供」! 半年で37キロ減量したパパのビフォー&アフターがハンパない!!

新年の抱負に、「今年こそダイエットをする!」と誓った人は少なくないのではないかと思う。しかし、食べたい誘惑に負けることなく意思を貫くことの難しさといったら……。ダイエットを続けることは簡単ではない。

そんなダイエットを子供のために頑張り通し、「半年で37キロ痩せたパパのビフォー&アフターがハンパない!」と話題になっているので紹介したい。単に痩せるだけでなく超ムキムキバディになったお父さんが、久しぶりに会ったら誰か分からないレベルなのである!

続きを全部読む

【ムリ】ある小学校の『入学までに身につけさせて欲しいこと』が無茶すぎると話題「悪口を言わない」「素直に謝る」など

赤ん坊は1人でご飯を食べられないしお風呂にだって入れない、あたり前である。成長するにつれ徐々に学び徐々に覚えていけばいいのだ。そういう意味で子供より大人の方が “できること” は多い。これもあたり前の話である。だがしかし……。

いまTwitterで、ある小学校で配布された『お子さんの入学までに身につけさせて欲しいこと』が大人でも無理すぎると話題になっているのだ。果たしてその内容とは? そして大人のあなたはいくつの項目をクリアしているだろうか?

続きを全部読む

子供がスマホ依存症になってしまった…そんな時に試したい「ライフハック」がコレだ!

最近の子供たちはスマホやタブレットに囲まれて育ち、幼い頃からゲームなどに夢中になる。他のことが後回しになってしまいがちとなり、なかなかスマホを手放さない子供に困っているという親御さんも多いだろう。

そこで今回は、「子供にスマホの使用をやめさせるライフハック」動画を紹介することにしたい。超簡単な方法だが、かなり効き目がありそうなだけに試してみるといいかも!

続きを全部読む

「5歳の子供に家賃の一部を負担させてる」と母親がSNSに投稿して波紋 / その理由に納得? 異議あり?

実家暮らしをしている社会人にとって、「家賃及び生活費を家にどれくらい入れるか?」というのは大きな問題ではないだろうか。中には1円も入れない人だっているかもしれないが、多くの社会人はいくらか納めているかと思う。

そんな中、ある母親が「ウチは5歳の子供に家賃を支払わせています」とSNSに投稿し、賛否両論を巻き起こしている。読者の皆様はどうお思いになるだろうか!?

続きを全部読む

【嘘だろ】白米が嫌いな子供が増えているらしい! が、もしかしたら白米ってそこまで美味しくないのかも? と思わせられた話

日本人でよかったーーーッ! と実感する瞬間は人それぞれだと思うが、私(あひるねこ)の場合は何と言っても炊飯器を開けて、フワ~っと立ち上る炊き立てご飯の匂いをかいだ時である。かぁぁぁあああああ! 日本人でよかったッ、マジで!!

話は変わり、先日NEWSポストセブンに掲載された、白米についてのある衝撃的な内容の記事が一部で話題になっている。なんでも、白米が嫌いな子供が最近増えているというのだ。え、嘘だろ? にわかには信じられない話である。だが待てよ。もしかしたら白米って、そこまで美味しいものじゃないのかも……!?

続きを全部読む

ある父親が息子と「ちょっとした占い」をやってみる → 結果が予想外すぎて思わず涙

あなたは、自分の父親が泣いているところを見たことがあるだろうか? ある男性は、見たことがなかった。そこでふと思い立ち、父親に “僕の前で泣いたことがあるか” と質問してみたという。

すると父親は「1度だけある」と、そのときの体験を話し始めた……。最近、この体験談がネット上で話題を集めているのだが、さて、彼はどんな場面で涙を流したのか?

続きを全部読む

ネット民が挙げた『今までに出会った過保護すぎる最悪な親』色々 「タンポンの挿入まで手伝う母親」など

愛にも様々な形があるが、やはり親の子供に対する愛に勝るものはないと思う。親は子供の誕生したその日から変わらぬ愛を注ぎ、成人しても無事に暮らしているかどうか心配し続けてしまうのである。

そんな親の愛は、時として “過保護” という形で現れることもある。先日、海外掲示板サイトRedditのユーザーが「今までに出会った過保護すぎる最悪な親」について語っているので、いくつか紹介することにしたい。

続きを全部読む

ある子供が書いた『サンタ宛ての手紙』が悲しすぎると話題 / 読んでショックを受けた教師がSNSで公開

もうすぐクリスマスがやって来るが、親御さん達は子供が欲しがるプレゼントの買い物や準備に大忙しではないだろうか。やはり、キッズがサンタクロースにお願いする物はオモチャが定番だと思うが、なかには全く違う物を望む子供もいるようだ。

というのも、ある児童がサンタ宛てに書いた手紙の内容にショックを受けた教師が、その件をSNSに投稿して話題になっている。手紙に書かれている内容を知ったら、どれだけ自分が恵まれているか痛感してしまうに違いない……。

続きを全部読む

実を言うとサンタは怖い存在? 膝の上に乗った男児がSOSを送っていたエピソード

子供たちにとって、サンタクロースは欲しいオモチャをプレゼントしてくれるヒーローである。アイドルと言ってもいい存在だけに、海外ではサンタと記念撮影をするコーナーがショッピングモールなどに設置されていることも多い。

ただ、中にはサンタを「怖い存在」と認識する子供もいるようだ。というのも、記念撮影サービスでサンタと写真を撮った男児が、こっそりSOSを送っていたらしい。実を言うと怖かった?

続きを全部読む

「サンタさんの人生は空っぽ…」 サンタを信じていない6歳児が書いた『サンタ宛ての手紙』がこちらです

もうすぐクリスマスがやって来る。子供達にしてみたら、自分が欲しいプレゼントをサンタクロースに伝えるために、手紙をしたためる時期である。

ところが、世の中にはサンタの存在を丸っ切り信じていない子供もいて、そんな6歳児が書いた「サンタクロース宛の手紙がシニカルすぎる……」と話題になっているので紹介したい。この手紙を読んだら、そのシニカル具合に笑えない人と爆笑する人の二手に分かれるのではないだろうか。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8