ついにこの時が来た。さらば、佐藤の車!!

我が愛車、980円で購入した三菱ミニカは約2年前、“吐き気がするほどキモいおっさんの痛車” こと「佐藤の車」へと改造されたが、昨年冬に敢行した「油性マジックで全塗装」が大成功し、佐藤の呪いは消えたかと思われた……が!

その後、オーナーである私のいぬ間に「洗車機」に通されたり、ボンネットで「もんじゃ焼き」を作られたりしているうちに、うっすらと、まるで亡霊のごとく……

「佐藤」が復活……! これはイカン!!


ということで、佐藤を完全に消滅させるべく、佐藤の顔がプリントされまくっているラッピングシートを完全に剥がすことにしたのである。いや……


そもそも、いつかは剥がすつもりだった。


でも、どうせいつか剥がすなら、遊び倒しておきたい……という思いから、油性マジック全塗装や、布テープカスタムウッドパネル改造などを試していたのだ。

もう遊んだ。さんざん遊んだ。フルラッピングでないと躊躇するような遊びは、すべてやり倒したと自負している。ありがとう佐藤。ありがとう佐藤〜!!



花の〜色〜〜♪ 雲の〜影〜〜♪



なつか〜しい〜〜♪ あの思い〜出〜〜♪



過ぎし〜日の〜〜♪ 窓に〜のこし〜〜て〜〜♪



巣立ち〜ゆく〜〜♪ 今日の〜別れ〜〜♪



いざさ〜ら〜ば〜〜♪



さ〜ら〜ば〜佐〜藤ぉ〜〜♪



いざさ〜ら〜ば〜〜♪



さ〜ら〜ば〜パイ〜セン〜〜♪



美しい〜明日の日〜のため〜〜♪


と、涙ながらにベリベリと剥がしていったのだが、そう簡単に佐藤は消えようとしなかった。「佐藤、最後の抵抗」といった感じで、かなりの力を込めないと剥がれないのだ。

しかし私も負けたらアカン。佐藤を剥がさないと「次のステージ」へ行けないのだ。そんなこんなで真夏の炎天下、しつこい佐藤とタイマン勝負した結果……


手に豆ができまくって皮がむけた!!


だが、私は……



勝った……!



佐藤はベタベタの塊に成り果てたが……



\(^O^)/ミニカちゃんはピッカピカ!\(^O^)/


「こうなった」というか……

「元に戻った」だけなのだが……

購入当時は、こんな初々しい姿だったなぁ……と思い出すと同時に、新たなるミニカちゃんの姿が、私の脳裏にはハッキリと見えている。次なる目標は、ラッピングではない、マジックでもない、ちゃんとした……「全塗装」だ!٩( ‘ω’ )و 乞うご期待!

Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24
★こちらもどうぞ → シリーズ「ミニカ物語