「マンガ」にまつわる記事

わずか4ページで悶える人続出! マンガ『このあと告白される人』の続きが気になりすぎると話題「発想がすごい!」「最高…いい…」

人の想像力は宇宙だ。例えば、ミロのヴィーナスが発掘された時、両腕があったなら今ほど世界的な名作にはなっていないかもしれない。その先に何があるのか。見えないからこそ知りたくなる

そんなミロのヴィーナスのような4ページの漫画が現在Twitterで話題だ。「続きが気になる」と悶える人が続出しているこのマンガ。でも、4ページでしょ? と思いきや、ああああ続きを教えてくれー!! お願いしますゥゥゥウウウ!

続きを全部読む

【怖すぎ】大人が『はしか』にかかったらこうなった……実録マンガが話題「人生初の40度」「吐き気がおさまらず常に胃液を吐いている状態」

ゴールデンウィークで感染拡大が懸念されている はしか(麻疹)。2018年3月23日、沖縄県で台湾からの旅行客が麻疹と診断されたことを皮切りに他県でも患者が報告されている。

空気感染、飛沫感染、接触感染など、感染力が極めて強いとされるこの感染症。そんな はしか に大人になってから感染した人が描いた実録マンガが話題になっている。はしか、怖すぎ……。

続きを全部読む

【痛快】業界人「○○は売れない」に対する歴16年のマンガ家の結論が話題!「目上の人の意見をうのみにしてはいけない」

就職は人生の一大転機と言っても過言ではない。この春、晴れて社会に飛び出した新社会人たちがいる一方で、来年度卒業生の中には就活をすでに始めている人も多いだろう。そんな中でクリエイターがぶつかるのが、夢か現実かという問題

当時、大学からは鼻で笑われ、編集者から「○○は売れない」と言われたマンガ家。2018年で歴16年となった彼が語るそんな意見への結論がとても痛快なのでご紹介したい。

続きを全部読む

【全編無料】このマンガがすごい! 大分県『りんごの色~LGBTを知っていますか?~』に啓発マンガのイメージが崩れ去った / まさかの展開にハラハラが止まらない!!

雑誌の公式サイトやPixivなどで、多くのマンガを無料で楽しめるようになったが、いまとある自治体が公開しているマンガが素晴らしいと、クチコミで県外に広がっているという。

それは大分県が制作したマンガ『りんごの色~LGBTを知っていますか?~』。読んで字のごとく、性的マイノリティに関する啓発マンガなのだが、「自治体が作った教育用のヤツでしょ」と侮っていてはいけない。

まさかのハラハラさせられる展開! 50Pの大ボリュームという大変厚みのある作品なのだ。

続きを全部読む

【クリエイター就活あるある】あるマンガ家がプロになる時の話にクリエイターから共感の声多数「分かります」「お母さまの愛も感じます」

子供を想う親の愛……それは偉大だが、時にこじれてしまうこともある。特に、リスキーなクリエイターを目指すとなると、1度は就職についてもめるものではないだろうか。ミュージシャンになりたかった私(中澤)も、上京する際、両親は否定しかしなかった。

まあ、今から考えると、何のツテもなかったんだから当たり前と言えば当たり前である。現在話題になっているのは、あるマンガ家がプロになる時のエピソードを描いたマンガ。このマンガにクリエイターから共感の声が寄せられている。

続きを全部読む

匿名の悪口が過去の遺物に……現代ネット社会を風刺したマンガに共感の嵐「マジでこうなってほしい」

匿名性が高いインターネットの世界。人の本性なのか、悪口、ため口なんでもござれ状態だ。やりすぎて逮捕される人も出始めているが、みんなそこまでしてディスりたいのだろうか

そんな現代のネット社会を風刺したマンガが共感を集めているためご紹介したい。こんな時代が来ればいいなあ

続きを全部読む

【号泣】マンガ『動物が苦手だった人が犬を飼って分かったこと』に「泣いた」の声多数! ワンコ最高すぎだろ……

ワンコ可愛いヤヴァイ飼いたい死ぬ。しかし、私(中澤)は犬を飼ったことがない。ネットで犬の画像を見て、ため息を漏らしながらのたうち回るのがせいぜいである。だが、そんなものは表面的な可愛さでしかないのかもしれない

現在、Twitterで話題になっているのが『動物が苦手だった人が犬を飼って分かったこと』というマンガだ。一緒に暮らす犬の「あるある」をコミカルに描いたこのマンガに「泣いた」という声が多数寄せられているためご紹介したい。

続きを全部読む

日本漫画家協会が『海賊版サイト』の利用について注意喚起「このままの状態が続けば文化が滅びる」

世界の裏側とも一瞬で繋がれるインターネット。その便利さは今さら語るまでもないことだが、一方で、ネット登場以前の文化に与える影響も計り知れない。

現在、問題になっているのが、マンガを作者や出版元の許可なしに掲載する海賊版サイトだ。2018年2月13日、日本漫画家協会が海賊版サイトの利用について注意喚起を行っているためお伝えしたい。

続きを全部読む

あ!! これ昨日『どん兵衛ゼミナール』でやったとこだ! 既視感たっぷりのマンガをどん兵衛公式が公開 / もちろん恋も勉強もトントン拍子

甘辛いつゆがうまいインスタントカップ麺・どん兵衛。2018年2月13日、そんなどん兵衛のサイトに『どん兵衛ゼミナール』というマンガが爆誕したことをご存じだろうか。

「どん兵衛ゼミナール」がキッカケで恋も勉強も部活もトントン拍子に進んでいくこのマンガ。既視感がヤヴァイ

続きを全部読む

【衝撃】苦手な食べ物を大人になってから食べてみたら……アレルギーについて描いたマンガに体験談集まる「アレルギーあるある!」

体が拒否反応を起こすアレルギー。軽いものならかゆくなる程度で済むが、重いものになると命にかかわる場合もある

もし自分が何かのアレルギーである場合、しっかり知っておきたいものだが、意外と気づかない人も多いようだ。現在、「苦手な食べ物を大人になってから食べてみたら……」という内容のマンガが話題になっているのでお伝えしよう。

続きを全部読む

【怖すぎ】不動産屋を名乗る人物が突然訪問「重要な話がある」→ 管理会社に確認した結果

部屋でくつろいでいる時に突然の訪問者。友達が来る予定はないし、Amazonで何か買った覚えもない。さて、あなたならどうする? 私(中澤)は、アポなし訪問は有無を言わさず居留守だ。

ただ、訪問者が管理会社を名乗ると出てしまうかもしれない。そこで「部屋の契約で……」と言われると話も聞いてしまうかも。今回紹介するのは、そんな心理につけ込んだ偽装訪問者の話である。

続きを全部読む

【あるある】新学期のオタクにありがちなこと「友達作りが人狼ゲーム状態」

2018年もすっかり明けて、あと3カ月すればドキドキワクワクの新学期! 新学期と言えば、切っても切り離せないのが自己紹介だ。自分の第一印象が決まる自己紹介は、友達作りには超重要なポイント。

しかし、他人に紹介できない自分を持っている場合、一気に悩みの種と化す。そう、例えばアニメオタクとか……。私(中澤)は学生時代、4月が来る度に自己紹介が憂鬱だった。そんなオタクの新学期にありがちなことを描いたマンガが話題になっている。

続きを全部読む

『相手の遅刻を許せる人と許せない人の違い』を描いたイラストが物議! 許せない派「時間を守るという約束さえ守れない相手にイラッとします」

ちゃんと時間を決めて待ち合わせたのに10分経っても相手は来ない。遅刻の常習者っているよな。私(中澤)の友達にも1人いる。あまりにも毎回遅刻するので、その人と待ち合わせる時だけ30分遅く現場に行くようになった

現在、Twitterで「相手の遅刻を許せる人と許せない人の違い」を描いたイラストが話題になっている。Twitterユーザー「micorun(@micorun)」さんが描いたこのイラストをキッカケに遅刻議論に発展! 遅刻常習者は必見である。

続きを全部読む

【あるある】ネットワークビジネスのレポ漫画に「俺も」「私も」と勧誘シチュ報告が相次ぐ! こういうのに誘われたら要注意!!

久しぶりの友達から突然の着信。当時、そこまで仲良くなかったはずだけど、無視するほど嫌なヤツでもない。というわけで、電話を取ってみたところ……最終的にネットワークビジネスの勧誘になった。まあ、よくある話だ。

人を勧誘することにより権利収入を得るネットワークビジネス。そんなネットワークビジネスに勧誘された時のレポ漫画に「俺も」「私も」と勧誘シチュエーションの報告が相次いでいるためお伝えしたい。

続きを全部読む

【任天堂を許すな】ニンテンドーDSを壊してしまった少年がサポートを頼った結果

家庭用ゲーム機の元祖と言えばファミコンこと、ファミリーコンピュータである。白とえんじ色のボディーに、当時の思い出がよみがえる人も少なくないだろう。友達の家に集まってみんなでワイワイやったなあ。周りで見てるだけでも楽しかったあの頃

任天堂がなければ、現在の家庭用ゲームはなかったと言っても過言ではない。そんな任天堂のサポート対応が現在、話題になっている。ニンテンドーDSを壊してしまった少年、サポートを頼ったところ……マジかよ!?

続きを全部読む

実録マンガ『ブサイクなので整形に行ってきた話』に共感の声多数「読みながら泣きました」「まだ中1だから整形はできないけど考えてます」

ネットを使う人なら「※ただしイケメンに限る」という定型文は1度は目にしたことがあるだろう。ネタとして使われるこの定型文だが、多分、みんな半分ガチで言ってるに違いない。それくらい容姿の違いに打ちのめされた経験のある人が多いということだろう。

顔面で言うと、私(中澤)ももっぱらハードモードな1人。現在、ネットで話題となっている実録マンガが、そんな私の胸に突き刺さって来たためご紹介したい。その名も『ブサイクなので整形に行ってきた話』DA。

続きを全部読む

【君の名は。】もし入れ替わる2人がオタクだったらこうなる / ネットの声「これはひどい」「俺も見ててiPhoneであれってなった」

『君の名は。』がついに2018年1月3日、地上波初放送を迎えた。田舎の女子高生・三葉と都会の男子高校生・瀧が入れ替わることから壮大なストーリーに繋がっていく本作。Twitterのトレンドも『君の名は。』関連で埋め尽くされるなど、放送日と翌日の盛り上がりも半端じゃなかった。

特に目立ったのは、映画内の小ネタツイートである。三葉の高校の先生は『言の葉の庭』の雪野先生説や、奥寺先輩の結婚相手は司くん説など。みんなよく見つけるなあ。もし『君の名は。』で入れ替わる2人が、そういった探偵クラスの推理力を持つオタクだったら?

続きを全部読む

【絶対言うな】北海道民がほぼ100%ブチキレる言葉がコレだ! 道民に言ってみた結果

北海道と言えば雄大な大自然。私(中澤)は北海道を旅した時、そのあまりの広大さに思ったものだ。「お前、本当に都道府県かよ」と。それほどに日本のスケールで測れないのが北海道。

そんな地に住む北海道民がほぼ100%ブチキレる言葉があるという。北海道在住のTwitterユーザー「石垣りょう(@ishigaki_ryo)」さんが投稿したマンガが「あるあるすぎる」と共感を集めているためご紹介したい。

続きを全部読む

【闇深い】人気ホラー漫画が “黒塗り” 出版で原作者もファンも唖然 …なぜこうなったのか規制経験のある漫画家に意見を聞いてみた

いまある漫画原作者の悲痛なツイートが注目を集めている。ホラー漫画『殺戮モルフ』の原作者・外薗昌也先生だ。12月20日に発売予定の単行本の一部のページが真っ黒に塗りつぶされて世に出ることになったというのである。

さらに衝撃的だったのが、外薗先生によると「全く相談なしだった」ということ。ネットユーザーからは「信じられない」「筋が通っていない」という声が相次いでいる。

漫画が雑誌や単行本になるには、漫画家や原作者と編集との間で綿密な打ち合わせがあるというイメージが強いが……最近、ほかにも “出版時に規制がかかったことがある” 漫画家がいると判明。よくあることなのか疑問をぶつけてみた。

続きを全部読む

ナンパにうっかりついていった結果……体験談を描いたマンガがネットで話題「めっちゃいい話」「こんなナンパならされたい」

ナンパ男が女性に声をかけているのは、東京の大都市の駅前でよく見かける光景だ。しかし、私(中澤)は女性側が無視しているところしか遭遇したことがない。銀座コリドー街などの有名なナンパスポットならまだしも、新宿とか池袋のナンパって引っかかる人いるんだろうか

そんなナンパに、うっかりついていってしまった女性の体験談がネットで話題となっている。「めっちゃいい人」「こんなナンパならされたい」「私もこういうナンパがしたい」という声が続出しているナンパ男の行動とは!?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4