「マンガ」にまつわる記事

【代打4コマ】第15回「たのしい木の描き方」GOGOハトリくん

続きを全部読む

【ゾッとする話】ドアスコープが壊れているのを発見したらただちに直した方がいい。なぜなら……

部屋の中からドアの外を確認できるドアスコープ。新聞とか宗教の勧誘が来たときには大活躍である。そんなドアスコープが壊れているのを発見したら、あなたならどうするだろうか

私(中澤)は、1~2週間くらい放置してしまうかもしれない。だって、管理会社への連絡が面倒くさいし、無くてももの凄く困るわけではないからだ。だが、もし今後発見したらただちに連絡しようと思う。なぜなら……

続きを全部読む

【恐怖】駅で “謎の男” に声をかけられた女性、無視して逃げた結果が怖すぎる / ネットの声「恐怖のあまり固まった」

怪談の主役と言えば幽霊だが、本当に怖いのは人かもしれない。そんなリアルにゾッとする体験を描いたマンガがTwitterで話題になっている。

ある日、駅で見知らぬ男に「お疲れ様です」と声をかけられた女性。男の様子がおかしいことに気づき、無視して逃げた結果が怖すぎた……。

続きを全部読む

『スクショ違法化』にマンガ家から反対の声 / のだめカンタービレ作者「誰が頼んだよ、こんなの……」

昨年2018年、燃え上がったマンガの海賊版サイト問題。作者や出版社とは無関係に、市販のマンガをネットにアップするサイトが大きな問題となった。そこから一気にクローズアップされたのがネットにおける著作権

朝日新聞によると、文化庁が国会に著作権法の改正案を提出するという。イラスト・マンガ・写真なども対象となるこの改正案。「スクリーンショットも違法」となるとのこと。これにマンガ家が反対の声をあげているのでお伝えしたい

続きを全部読む

【尊い】『百合展2019』が開催決定! 女性同士の恋愛や友情をテーマにしたマンガや写真が大集合!! 東京・大阪・仙台・名古屋・福岡で

女性同士の恋愛や友情のことを指して「百合(ゆり)」という。マイナージャンルと言われているが、近頃では深夜アニメでも毎クール百合作品があるなど、熱狂的なファンを抱えるジャンルだ

そんな百合マンガや写真が大集合する『百合展』が2019年も開催決定! 東京・大阪・仙台・名古屋・福岡回るってよ!!

続きを全部読む

【衝撃の少女マンガ】ゴジラみたいな大怪獣に変身してしまう女子高生の恋!『乙女怪獣キャラメリゼ』の続きが気になりすぎる!!

普通って何だろうか? 中学、高校と死ぬほど「ぼっち」だった私(中澤)はよくそんなことを考えた。同級生と普通に話せるようになりたい。でも、どうやって仲良くなるのか分からない。私にとって、周りの人は怪獣みたいなものだった。あるいは怪獣だったのは私か

今回ご紹介する少女マンガは、比喩ではなくガチで怪獣に変身してしまう女子高生の物語である。ドキドキすると体の一部が醜くく変形する奇病を持つ女子高生・クロエ。そんなクロエが恋に落ちた瞬間、ゴジラみたいな大怪獣に! こんな私を受け入れてくれるわけないのに

続きを全部読む

2019年にヒットしそうな電子コミックはこれだ!『みんなが選ぶ!! 電子コミック大賞2019』が発表!!

世界に誇る日本の文化・マンガ。私(中澤)はマンガと言えば紙の世代だが、最近は、電子書籍化された電子コミックも流行っている。

そんな電子書籍54万305冊を配信しているコミックシーモアが『みんなが選ぶ!! 電子コミック大賞2019』を開催。みんなが選ぶ今年ヒットしそうな電子コミックはこれだ

続きを全部読む

【恐怖】街頭募金から衝撃の事態に! 外国人に追いかけられたというマンガに体験談多数「断ったら目の前で舌打ちされたことある」「こわああぁ!」

恵まれない子どもたちに愛の手を……街を歩いていると片言で話しかけてくる外国人。街頭募金は、大都市の駅前では日常の光景だ。

そんな街頭募金に協力しようとした結果、衝撃の結末になったというマンガが話題になっている。響く怒号! 追いかけてくる外国人!! 怖っ!

続きを全部読む

なぜ中国人キャラは「~アル」と話すのか? 日本語史の教授に聞いてみたマンガが話題 → ルーツは幕末にあった!

名作マンガには魅力的なキャラがつきものだ。最近で言うと、『名探偵コナン』の安室透など、時にはキャラ人気がマンガの人気を支えることだってある。その個性とオリジナリティーを指して「キャラが立っている」と言うが、猛烈なキャラ立ちで昔からマンガによく登場するのが中国人キャラ

『らんま1/2』のシャンプーや『銀魂』の神楽など人気キャラは枚挙に暇がない。そんなキャラ立ちの一端を担っているのが「~アル」という語尾。でも、実際中国人で「~アル」って話す人に会ったことがないんだけど、この語尾はどこから生まれたの? 日本語史の教授に聞いてみたマンガが話題になっている。

続きを全部読む

【潜入レポ】マンガ好きのための秘密基地「マンガナイトBOOKS」が10月オープン! ビールやコーヒーを飲みながら厳選作品を読める天国だったぞ!!

おーーい、マンガ好きな人はちょっと集合ーーッ! マンガ大好きで最近はアプリでも読んでるけど、やっぱり紙が好きって人は集合ーーーッ! マンガは好きだけど何を読んだらいいかイマイチ分からない人も、とりあえず早く来いやァァァァァアアア!!

2018年10月2日にオープンするマンガ専門複合施設「マンガナイトBOOKS」は、そんなマンガ大好きっ子たちのための秘密基地のような場所なのだ。オープン前の内覧会に参加できる機会に恵まれたため、一足早く店内をのぞいてきたぞ。レッツ潜入!

続きを全部読む

【賠償金3兆円】米コメディアンが『名探偵コナンはオレのパクリ』との訴え → コナンの町・鳥取県北栄町が反撃!

日本は世界でも群を抜いて良質のマンガ&アニメが制作されている国として知られ、海外で人気がある作品も数知れず。そのなかのひとつが、老若男女問わず愛読されている『名探偵コナン』である。

ところが、『名探偵コナン』は「オレのパクリ」だと主張する米コメディアンがいる。そんなあるまじき訴えにコナンの町・鳥取県北栄町が反撃し、双方の要求合戦が勃発! 一体何が起きているのか紹介したい。

続きを全部読む

女性作家は「本当に面白い漫画」は描けない? 女性マンガ家がある男性編集に言われた言葉が話題に → 羽海野チカ先生の反応がこちらです

マンガが出版される際、商品の形にまとめる編集者。発掘なども担当するマンガ編集者はマンガ家と表裏一体、ある意味「マンガのプロ」と言っても過言ではないだろう。

そんな編集者の男性が女性マンガ家に言い放ったとされる言葉がTwitterで話題だ。「結局女性作家って本当に面白い漫画は描けないじゃないですか」……現在、ネット上で物議を醸すこのひと言に、羽海野チカ先生が反応しているのでお伝えしたい

続きを全部読む

わずか4ページで悶える人続出! マンガ『このあと告白される人』の続きが気になりすぎると話題「発想がすごい!」「最高…いい…」

人の想像力は宇宙だ。例えば、ミロのヴィーナスが発掘された時、両腕があったなら今ほど世界的な名作にはなっていないかもしれない。その先に何があるのか。見えないからこそ知りたくなる

そんなミロのヴィーナスのような4ページの漫画が現在Twitterで話題だ。「続きが気になる」と悶える人が続出しているこのマンガ。でも、4ページでしょ? と思いきや、ああああ続きを教えてくれー!! お願いしますゥゥゥウウウ!

続きを全部読む

【怖すぎ】大人が『はしか』にかかったらこうなった……実録マンガが話題「人生初の40度」「吐き気がおさまらず常に胃液を吐いている状態」

ゴールデンウィークで感染拡大が懸念されている はしか(麻疹)。2018年3月23日、沖縄県で台湾からの旅行客が麻疹と診断されたことを皮切りに他県でも患者が報告されている。

空気感染、飛沫感染、接触感染など、感染力が極めて強いとされるこの感染症。そんな はしか に大人になってから感染した人が描いた実録マンガが話題になっている。はしか、怖すぎ……。

続きを全部読む

【痛快】業界人「○○は売れない」に対する歴16年のマンガ家の結論が話題!「目上の人の意見をうのみにしてはいけない」

就職は人生の一大転機と言っても過言ではない。この春、晴れて社会に飛び出した新社会人たちがいる一方で、来年度卒業生の中には就活をすでに始めている人も多いだろう。そんな中でクリエイターがぶつかるのが、夢か現実かという問題

当時、大学からは鼻で笑われ、編集者から「○○は売れない」と言われたマンガ家。2018年で歴16年となった彼が語るそんな意見への結論がとても痛快なのでご紹介したい。

続きを全部読む

【全編無料】このマンガがすごい! 大分県『りんごの色~LGBTを知っていますか?~』に啓発マンガのイメージが崩れ去った / まさかの展開にハラハラが止まらない!!

雑誌の公式サイトやPixivなどで、多くのマンガを無料で楽しめるようになったが、いまとある自治体が公開しているマンガが素晴らしいと、クチコミで県外に広がっているという。

それは大分県が制作したマンガ『りんごの色~LGBTを知っていますか?~』。読んで字のごとく、性的マイノリティに関する啓発マンガなのだが、「自治体が作った教育用のヤツでしょ」と侮っていてはいけない。

まさかのハラハラさせられる展開! 50Pの大ボリュームという大変厚みのある作品なのだ。

続きを全部読む

【クリエイター就活あるある】あるマンガ家がプロになる時の話にクリエイターから共感の声多数「分かります」「お母さまの愛も感じます」

子供を想う親の愛……それは偉大だが、時にこじれてしまうこともある。特に、リスキーなクリエイターを目指すとなると、1度は就職についてもめるものではないだろうか。ミュージシャンになりたかった私(中澤)も、上京する際、両親は否定しかしなかった。

まあ、今から考えると、何のツテもなかったんだから当たり前と言えば当たり前である。現在話題になっているのは、あるマンガ家がプロになる時のエピソードを描いたマンガ。このマンガにクリエイターから共感の声が寄せられている。

続きを全部読む

匿名の悪口が過去の遺物に……現代ネット社会を風刺したマンガに共感の嵐「マジでこうなってほしい」

匿名性が高いインターネットの世界。人の本性なのか、悪口、ため口なんでもござれ状態だ。やりすぎて逮捕される人も出始めているが、みんなそこまでしてディスりたいのだろうか

そんな現代のネット社会を風刺したマンガが共感を集めているためご紹介したい。こんな時代が来ればいいなあ

続きを全部読む

【号泣】マンガ『動物が苦手だった人が犬を飼って分かったこと』に「泣いた」の声多数! ワンコ最高すぎだろ……

ワンコ可愛いヤヴァイ飼いたい死ぬ。しかし、私(中澤)は犬を飼ったことがない。ネットで犬の画像を見て、ため息を漏らしながらのたうち回るのがせいぜいである。だが、そんなものは表面的な可愛さでしかないのかもしれない

現在、Twitterで話題になっているのが『動物が苦手だった人が犬を飼って分かったこと』というマンガだ。一緒に暮らす犬の「あるある」をコミカルに描いたこのマンガに「泣いた」という声が多数寄せられているためご紹介したい。

続きを全部読む

日本漫画家協会が『海賊版サイト』の利用について注意喚起「このままの状態が続けば文化が滅びる」

世界の裏側とも一瞬で繋がれるインターネット。その便利さは今さら語るまでもないことだが、一方で、ネット登場以前の文化に与える影響も計り知れない。

現在、問題になっているのが、マンガを作者や出版元の許可なしに掲載する海賊版サイトだ。2018年2月13日、日本漫画家協会が海賊版サイトの利用について注意喚起を行っているためお伝えしたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4