「ペヤング」にまつわる記事

【2178kcal】今度はもつ煮がドーン! ペヤング超超超大盛やきそば「GIGAMAX GREATBOSS もつ煮入り」が壮絶すぎて逃げ場ゼロ

2022年5月23日、ペヤングの新商品『超超超大盛やきそば GIGAMAX GREATBOSS もつ煮入り』が発売開始となった。通常の4倍サイズの “超超超大盛やきそば” であることに加え、具を後乗せする「GREATBOSSシリーズ」の第2弾となっている。

4月に第1弾となる「GREATBOSS さばの水煮入り」が発売された際は、どのあたりがグレートボスなのかよくわからなかったが、どうやら具の後乗せペヤングのことを「GREATBOSS」と呼ぶらしい。というわけで、さっそく新作を食べてみたゾ。

続きを全部読む

【怒涛】進撃のペヤング、今年早くも16個目の新作「バター醬油やきそば」を発売してしまう / ペヤング2022ランキング(暫定)も発表します

2022年、ペヤングの勢いが止まらない。1月17日に発売された「明太シーフード唐辛子マヨやきそば」を皮切りに、気付けば今年の新商品は早くも16作目。全盛期のtrfやL’Arc-en-Cielをも凌ぐペースで新作を展開しまくっている。

2022年5月16日から発売開始となった最新作は『バター醬油やきそば(税別205円)』であるが、果たしてその実力はいかに? 当サイトでお伝えし切れていなかった「にんにく味噌やきそば」及び「蕎麦風わさび味」と共にご報告したい。

続きを全部読む

【マジか】予想に反して「ペヤング 野菜MIXやきそば」が激ウマだった! というか、完全にあの袋麺の味だった

先に申し上げておくと、黒帯ペヤンガーである私、P.K.サンジュンはペヤングの新商品『野菜MIXやきそば』に大して期待していなかった。理由は後述するが「ペヤングに野菜推しされても……」というのが最大の理由である。

ところがどっこい、野菜MIXやきそばはかなりウマい! というか、激ウマと言って差し支えない。最大の理由はソースなのだが、記憶を辿っていくと “あの袋麺” とほぼ同じ味だと気付いてしまった次第だ。

続きを全部読む

【破天荒】今度のペヤングは「さばの水煮」入り!『超超超大盛やきそばGIGAMAXグレートボス』が支離滅裂かと思いきや…!!

2022年4月4日、ペヤングの新商品『超超超大盛やきそばGIGAMAX GREATBOSS さばの水煮入り』が発売となった。メーカー希望小売価格は税別500円、商品名の通り通常のペヤング4個分の爆盛りサイズとなっている。

どのあたりが「GREATBOSS」なのかは不明だが、おそらく「新庄BIGBOSS」に触発されたのだろう。それはそれでイイとして、問題は「さばの水煮」が入っているということ。ペヤングめ……相変わらず破天荒なことをしやがる……!

続きを全部読む

【物申す】焼き海苔『バリバリ職人 ペヤング激辛焼きそば味』の再現性はいかに? いろんな食材と食べ比べて到達した真理

先日とうとう辛さが兵器レベルに到達した「ペヤング 獄激辛やきそばFinal」 が販売されて、相変わらず世間を大いにざわつかせているペヤング。

その先駆けとなった商品で、10年以上販売され続けているのが「ペヤング 激辛やきそば」だ。そして10年という時を経て「激辛やきそば」は、なんと焼き海苔となって販売されていた! その名も『バリバリ職人 ペヤング激辛焼きそば味』

果たして再現性はいかに? 実際の商品も含めていろんな食材で食べ比べたら、昨今のペヤングの方向性に疑問を感じる結果にたどり着いた……。

続きを全部読む

【会心の一撃】ペヤング「にんにく明太子味やきそば」が圧倒的にウマい! これがダメなら派生形ペヤングは金輪際食べない方がイイ

2022年3月21日のペヤングは何かとせわしなかった。なぜならファミマ先行発売の「超大盛もつキムやきそば」と同時に、全国で『にんにく明太子味やきそば』の発売も開始していたからだ。1日に2つの新商品とか……いいぞ、もっとやれ。

で、先日「超大盛もつキムやきそば」については「そこそこ」とお伝えしたばかりだが、今回は『にんにく明太子味やきそば』について。結論を申し上げるとこっちは激ウマ! なんなら「コレがダメなら派生形ペヤングは金輪際食べない方がいい」と思える圧倒的なウマさであった。

続きを全部読む

【悲報】「ペヤング 超大盛もつキムやきそば」の “逃げ場の無さ” は異常 / 完全にアレを忘れてるだろ…

2022年3月21日、全国のファミリーマートでペヤングの新商品『超大盛もつキムやきそば』の先行発売が開始された。メーカー希望小売価格は税別300円、4月11日からは一般販売も開始される。

ペヤングを愛するペヤンガー諸君なら「ペヤングのコンビニコラボにハズレ無し」という格言をご存じだろうが、本商品に限って言えばそうとも言い切れない。なぜなら『超大盛もつキムやきそば』は、とんでもない忘れ物をしてしまっているからだ。

続きを全部読む

【伝えたい】ラルクから学んだ「カップ焼きそば」の作り方が最適解すぎて20年間実践し続けています

たまに無性に食べたくなるカップ焼きそば。添加物と罪悪感の塊のような食べ物ながら、あのジャンクで刹那的な快楽には抗いがたいものがある。

つい先日のことだ。かなり久方ぶりにカップ焼きそばを食べる機会があったのだが、麺の上に “かやく” をあけた瞬間、ふと思った。そういえば私(あひるねこ)はカップ焼きそばの正しい作り方をL’Arc~en~Cielから学んだな、と──。

続きを全部読む

【1分ペヤング】新商品の「九州豚骨やきそば」はバリカタ風でウマい! ただしコレだけは気を付けろ!!

2022年のペヤングはやる気満々だ。なにせ今年は早くも7つの新商品を発売しており、特に「わさび醤油味やきそば」あたりは非常に味も良い。「獄激辛やきそばファイナル」だけは死にそうになったが、それでもなかなか優秀なラインナップではなかろうか?

さて、今回は2022年3月14日から発売開始となった今年8つめのペヤング『九州豚骨やきそば』をご紹介したい。こちらの商品、ペヤングとしては初となる “1分ペヤング” となっているぞ。

続きを全部読む

【ありがとう】獄激辛の辛さ2倍! ペヤング「獄激辛やきそばファイナル」を食べてみた

いま、私、P.K.サンジュンはこの上なく清々しい気持ちでいる。ペヤング愛ゆえ、これまで散々「獄激辛シリーズ」にダメ出しをしてきたが、2022年3月7日から発売となった『ペヤング 獄激辛やきそばFinal』を食べ終えた今、心から “ありがとう” と申し上げたい。

泣けるほど辛い「獄激辛やきそば」より2倍辛いという『獄激辛やきそばファイナル』を完食できる人類など存在するのか? 獄激辛ファイナルよ……お前を倒すのは俺しかいない。天に滅っせいっ、獄激辛ファイナル!

続きを全部読む

【ヤバい】ペヤングの新商品『わさび醬油味やきそば』がバズる可能性大! 別名「激ウマ殺戮やきそば」爆誕!!

とてもとても素直な意見として聞いていただきたいが、2022年に入ってからペヤングの味がとても良い。過去に発売された「獄激辛やきそば」あたりは、味を度外視しているとしか思えなかったが、新年が明けてからのペヤングは味で勝負している……と思う。

中でも2022年2月21日から発売開始となった『ペヤング わさび醬油味やきそば』は激ウマの一言。長きにわたる “変化球系ペヤング” の中でも、自信を持って「指折りのウマさ」だと断言できる。と同時に、同商品は “殺戮やきそば” の一面も持っているのでご注意いただきたい。

続きを全部読む

【暴挙】味をしめたペヤング、今度は『ペタマックスきつねうどん』を発売してしまう → 責任の0.01%は有吉弘行さんにある説

これは誰の責任なのか? 何の話かというと、2022年2月14日から発売開始となったペヤングの新商品『ペタマックスきつねうどん』のことである。私(P.K.サンジュン)の独断と偏見で申し上げると、またしてもペタマックスが襲来した責任の0.01%くらいは有吉弘行さんにあると思う。

その理由は後述するとして、今回もドメスティックバイオレンスならぬ “ペタマックスバイオレンス” の暴挙に出たペヤング。果たして今作こそいい感じの仕上がりになっているのか? さっそく確かめてみたのでご報告したい。

続きを全部読む

【朗報】ペヤング、ついに本気を出す! 新商品「たこめし風やきそば」が本気のたこ飯すぎた

もしかしたら、もしかしたら、ついにペヤングが本気を出した……のかもしれない。というのも、2022年2月7日から発売開始となった新商品『ペヤング たこめし風やきそば』のクオリティが異常なほど高いからだ。

当然どの商品も本気で開発しているに違いないが、いわば本商品は “超本気” とでもなるだろうか? それほど『ペヤング たこめし風やきそば』は、圧倒的な再現度を誇る新商品だったのである。

続きを全部読む

ペヤング「超大盛シーフード 唐辛子マヨやきそば」がまともすぎて逆に戸惑うんだが

2022年1月31日、ペヤングの新商品『超大盛シーフード唐辛子マヨやきそば』が発売となった。メーカー希望小売価格は税別300円、商品名にある通り通常のペヤングが2つ入った “超大盛サイズ” となっている。

ここで結論を申し上げてしまうと『ペヤング 超大盛シーフード唐辛子マヨやきそば』は逆に戸惑うほどの正統派──。超大盛であることを除けば「美味しいから食べた方がいいよ!」とオススメできる完成度であった。

続きを全部読む

おい、ペヤング! 新商品の「イカスミマヨやきそば」が超ウマいじゃないか!! 早くも2022年ベストが出た予感…!

かねてから口が酸っぱくなるほど申し上げているが、ペヤングには裏切りが必要である。ありきたりな商品は大手メーカーにお任せして、我々ユーザーを「ウソん!」と驚かせてこそペヤングの存在意義があるハズだ。

そういう意味で、2022年1月24日から発売開始となった新商品『ペヤング イカスミマヨやきそば』は、日清や明星が絶対に手を出さないであろう “裏切り” がある商品だと言える。とはいえ「どうせ味はイマイチなんでしょ?」と思っていたところ……ペヤングよ、やるではないか。

続きを全部読む

【罠あり】2022年1発目の新商品「ペヤング 明太シーフード唐辛子マヨやきそば」が結構ウマい! …けど1つだけ問題が

ちょっと唐突だが、出だしから結論を申し上げてしまおう。2022年1月17日から発売開始となったペヤングの新商品『明太シーフード唐辛子マヨやきそば』はかなりウマい。本商品は今年1発目の新商品だから、野球で例えるなら “先頭打者ホームラン” と言っていいだろう。

だがしかし、それでも『ペヤング 明太シーフード唐辛子マヨやきそば』が世の中で評価される可能性は極めて低い。なぜならここ数年ペヤングを悩ませ続けている “例のアレ” が発生してしまっているからだ。

続きを全部読む

【悲報】往生際の悪いペヤング、年末の年末に謎すぎる「ホルモン焼き風味噌仕立てやきそば」を発売してしまう

2021年のペヤングはまだ終わっていなかった──。つい先日、年越しそばを連想させる「ペヤング ペタマックスたぬきそば風」が発売されたことから、今年のペヤングはもう打ち止めかと思われていた……のだが。

なんと年の瀬も年の瀬の2021年12月27日に、新商品『ペヤング ホルモン焼き風味噌仕立てやきそば』が発売開始となったではないか。なんという往生際の悪さ、そして謎のホルモン──。いったい何を考えているんや……!

続きを全部読む

【そっちか】ペヤング「ペタマックス たぬきそば風」を1人で食べてはいけない、たった1つの理由

年の瀬を迎えた2021年、もしかしたら人知れず「史上最も悲しいペヤング」が誕生してしまったのかもしれない。なんの話かと言うと、12月20日から発売となったペヤングの新商品『ペタマックス たぬきそば風』のことである。

ペヤングに感情などあるものか。ペヤングにあるのはウマいかマズいかだけ。そんな声が聞こえて来そうだが、私、P.K.サンジュンを襲った孤独の嵐はなんだったのだろうか? 『ペタマックス たぬきそば風』を食べながら3回泣いた。

続きを全部読む

【総まとめ】2021年「美味しかったペヤング」と「残念だったペヤング」をそれぞれ3つずつ発表します

つい先日、2021年の漢字が「金」だと発表されたが、黒帯ペヤンガーである私、P.K.サンジュンが今年のペヤングを漢字一文字で表現するならば「」もしくは「」となる。それくらい今年のペヤングは迷走と暴走を繰り返していた。

中には「いい加減にしろ!」とブチギレかけた商品もあったが、それでも大手メーカーには出来ないことをやってのけたペヤングには素直に敬意を表したい。今回は2021年のペヤングを振り返り「美味しかったペヤング」と「残念だったペヤング」をそれぞれ3つずつ発表しよう。

続きを全部読む

【そっち?】ペヤングの新商品「オニオンマヨツナ やきそば」がメッチャわかりにくい

冒頭からズバッとお聞きするが、あなたはカップ焼きそばの商品名が「オニオンマヨツナやきそば」だったらどんな味を想像するだろうか? 私、P.K.サンジュンは「おにぎりのツナマヨみたいな味」を想像していた。

これまで多くの変化球ペヤングを世に送り出してきた「まるか食品」のことである。「ほう、なかなか目の付け所が良い」……と思いきや。『ペヤング オニオンマヨツナやきそば』は「そっちかい!」とツッコまざるを得ない商品だったのでご報告したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9