「ナポリタン」にまつわる記事

【衝撃】ペヤング「ナポリタン」「ペペロンチーノ」「カルボナーラ」を全部混ぜたら奇跡が起きた! ペヤングの裏メッセージに耳を澄ませば

果たしてペヤングは何を目指しているのだろうか? ペヤングソースやきそばをこよなく愛する私、P.K.サンジュンはたまに不安な気持ちになる。おそらく私と同じ “ペヤンガー” の中には「理解できる」という方も少なくないハズだ。

獄激辛」「ペヨちゃん」「ペタマックス」──。まるで止まったら死んでしまうサメの如く、ペヤングは続々と謎の新商品を展開しているが、2021年6月14日から発売しているのがペヤング「ナポリタン風」「ペペロンチーノ風」「カルボナーラ風」の3種類だ。ペヤングよ、お前はどこへ行く──?

続きを全部読む

【悲報】岡むら屋が「おっさんを置いてけぼりにしようとしている説」が浮上 → 広報にカチ込んだ結果…

人間は年齢の変化と共に “食の嗜好” が変わるもの。若い頃は脂ギトギトの肉もペロリだった人が、気付けば赤身中心のチョイスになっていることはよくある話だ。個人的な体感では40代手前から、やや脂がキツくなってくる……と思う。

そういう意味で、唯一無二の「肉めし」を展開する岡むら屋の『でらナポ肉めし』は、マジで意味が分からない。若者よりは中年に愛されている店なのに、なぜか牛めしにナポリタンをトッピングするという暴挙に出たのである。岡むら屋、貴様……!

続きを全部読む

【衝撃】かつやの唐揚げ専門店「からやま」、エイプリルフールのネタを真実にする! チキン南蛮定食のキャベツをガチでナポリタンに変更へ!!

本日4月1日はエイプリルフール……なワケだが、記者としての私(あひるねこ)は毎年この日に腹が立っている。様々な企業が仕掛ける “ネタ” 商品やサービスに、仕事柄、軽く釣られてしまうからだ。あのなぁ、微妙にありそうな嘘つくんじゃないよ! 木星に出店しますくらいのド嘘つけや!!

「かつや」のから揚げ専門店「からやま」も、例にならって “四月バカ” ネタをSNSに投下している。ホンマこのガキャ……! さすがにブチギレたため、紛らわしいことしてんじゃねーぞと乗り込んだところ……驚くことに、なんとそこではエイプリルフールが真実になっていたのだ。

続きを全部読む

生まれて初めて「ナポリタン」を食べてみた → 発祥といわれる味を堪能してみたよ

「ナポリタン」という食べ物をご存知だろうか。筆者はナポリタンという名前であること以外、ほとんど知らない。テレビで「大人気の偽イタリアン」「トマト味でべちゃっとした食感」などと紹介されているのを見て「なんだか美味しくなさそう」という印象しかなかった。

長年お店で出会うこともなかったが先日、発祥とも言われているナポリタンと出会ってしまった。戦後すぐから70年以上も愛され続けているということなので、相当美味しいのではないだろうか……? 気になったので、生まれて初めて「ナポリタン」を食べてみたよ。

続きを全部読む

【糖質バイオレンス】BROZERS’の「トマトスパゲティーバーガー」が激ウマデンジャー

ウマいものは糖質で出来ている──。認めたくはないが7割くらいは正解であろう。確かに米もパンも麺もお菓子も糖質で出来ていて、実際にウマい。さらに厄介なのが、焼きそばパンに代表される「糖質 × 糖質グルメ」もこれまたウマいという事実である。

今回ご紹介するのは日本におけるハンバーガーショップの老舗にして名店、人形町「BROZERS’(ブラザーズ)」が期間限定で販売している『トマトスパゲティーバーガー』だ。激ウマだけどデブまっしぐら……まさに糖質バイオレンスな一品である。

続きを全部読む

静岡県富士市のご当地グルメ「つけナポリタン」を都内に食べに行ってみた / そしてとんでもない “奥深さ” に引きずり込まれた

考えてみれば、日本人は料理を食べる際、何かに「つける」ことを非常に好む集団のような気がする。刺身を食べる時は醤油につけるし、そばを麺つゆにつけたり、鍋を食べる時もタレにつけたりする。結構な「つける」率だ。クールジャパンならぬツケルジャパンである。

いまひとつウィットに乏しいジョークを披露したところで、今回は筆者が最近知った「つける」料理をご紹介したい。その名は「つけナポリタン」。驚くことなかれ、洋風のメニューでありながら、日本の象徴・富士山を擁(よう)する静岡県富士市のご当地グルメである。

続きを全部読む

35.645589139.70773

【裏メニュー】サイゼリヤの「焼きナポリタン」がトリッキーすぎた / だが激しくウマい

当サイトではかねてからシリーズ「サイゼリヤの裏メニュー」をお届けしているが、そろそろ読者のみなさんも「アーリオ・オーリオ」のポテンシャルの高さに気付いてきた頃だろう。299円とは思えぬコスパの高さは、サイゼリヤでも最上位ランクに位置付けられるハズだ。

これまで「ディアボラ風スパゲティ」「サラダ風スパゲティ」「和風スパゲティ」をご紹介してきたが、今回は第4弾『焼きナポリタン』をお届けする。結論から申し上げると『焼きナポリタン』も激ウマ! ただし、これを焼きナポリタンと呼んでいいものなのかは疑問が残るところだ。

続きを全部読む

“S級寄りのB級” と豪語する「スーパー焼きそば」を食べてみたら、冗談じゃなく宇宙を感じた / 下北沢「東京焼き麺スタンド」

いつからだろう、焼きそばが「B級グルメ」と呼ばれるようになったのは。この「B級」はポジティブな意味合いではあるが、しかし序列で言えば「A」よりも下だ。もしかしたら、焼きそば側は「B級」と呼ばれることを良しとしていないかもしれない。我々は今、焼きそばの声に耳を傾けるべき時期に来ているのではないか。

食い意地の張ったシャーマンみたいなことを書いてしまったが、これには理由がある。焼きそば界隈に一石を投じるかのように、ただの「B級」ではなく「S級寄りのB級」と称して、「スーパー焼きそば」なるメニューを提供しているお店の存在を知ったからだ。

続きを全部読む

35.661458139.665944

【行くしかない】本日10月10日はパンチョの日!「ナポリタン無料券」が全員もらえるのは今日だけだぞォォォォオオオ!!

おーーーい! みんな聞いてくれーーー!! 本日2019年10月10日はなんと……「パンチョの日」なのだ! 伊東? いやパンチョ伊東じゃねーわ! パ・リーグ出身の解説者じゃねーわ!! スパゲッティーの方だから間違えないでくれよな。

さて、都内を中心に展開するナポリタン専門店「スパゲッティーのパンチョ」が、本日限りのスペシャルイベントを開催するらしい。その内容は、スパゲッティーメニューを注文した人全員にナポリタン無料券を配布するというガチでスペシャルなものだ。マジかよ、これは行くっきゃねェェェェエエエ!!

続きを全部読む

【困惑】給食の「ソフト麺」みたいなナポリタンが売られていたので買ってみたら、なんか思ってたのと違った

最後に給食を食べた日から15年以上が経つ。給食特有のあの味が、たまに無性に恋しくなるのは私(あひるねこ)だけではないだろう。中にはワケの分からないメニューもたしかにあった。が、今となってはすべてがノスタルジーなのだ。

そんなある日、スーパーで偶然発見したナポリタンに、私の目は釘付けになってしまう。こ、これは……! まるで給食のソフト麺ではないか!! 懐かしいィィィィイイイ! あの頃の味を楽しむべく、即カゴにインしたのは言うまでもない。しかし、このあと私は少々困惑することになる。

続きを全部読む

【悲報】ローソンの「トルコライスおにぎり」を食べてみるもナポリタンが不憫すぎて泣いた

おにぎりといったらシーチキン、鮭、明太子! なんてのはもう古い。最近のおにぎりは何でもありだ。なんせローソンには悪魔がいるからな。いや悪魔て! ホントに何でもありだな!! と思ったら、同じくらいヤバイおにぎりをローソンで発見してしまったぞ。その名も『トルコライスおにぎり』

「トルコライス」とは長崎発祥のご当地グルメのことで、ピラフとスパゲッティ、トンカツが一つの皿に乗った総力戦のような夢料理である。そんなボリュームの塊みたいな ごちそうを、おにぎりにするなんて果たして可能なんだろうか? さっそく食べてみたところ、ナポリタンが不憫すぎて泣きそうになってしまった。

続きを全部読む

【激安冷食】トップバリュのナポリタンが148円 → 完全にナメて食べたら普通にウマくて反省した

まただ……またやってしまった。またしても、イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の商品をナメて食べてしまった……。もちろん、ペロペロとナメて食べたという意味ではなく、「どうせ(笑)」といったナメ方である。

「また」ということ、それすなわち二度目。最初は「鶏ごぼうごはん」で、97円だから大したことないだろうなと思っていたら、まさかのカウンターを食らうはめになった。そして次はナポリタンでびっくらこいた。反省……反省だ。

続きを全部読む

【夜限定】「カレーは飲み物」のナポリタンが激ウマという事実 / いますぐナポリタン専門店を始めた方がイイ

メチャメチャ店舗が多いわけではないものの、確かな味と迫力のボリュームで都内を中心に7店舗を展開する『カレーは飲み物。』をご存じだろうか? これまで当サイトでは系列店の「とんかつは飲み物。」も含め何度か同店をご紹介してきたが、今回のメニューはマジのマジで激ウマだ。

それはナポリタン──。『カレーは飲み物。秋葉原店』が夜だけ提供している限定メニュー「ナポリタン」が信じられないくらいウマかったのだ。あまりのウマさに記者は帰り道「今すぐナポリタン専門店を出店すべき」と思わずにはいられなかった……。

続きを全部読む

35.700883139.775999

パコりたい奴はアキバへ行け! 肉の万世の「パコリタン」が激ウマすぎて週8でパコりたいレベル!!

どうだい? みんな最近パコってるかい? 人生においてパコることって重要だよな? 力も沸くし、何よりパコると幸せな気持ちになるよな。個人的には週8でパコりたいところだけど、歳を取るとなかなかそうも行かなくてさ……「これじゃダメだ!」と思ってパコって来たよ、秋葉原で。

結論から言うと、パコりたいヤツは今すぐ秋葉原に行った方がイイ。なぜなら、肉の万世名物「パーコー(排骨)」と「ナポリタン」を組みわせた『パコリタン』が最高だからだ! さあ、思う存分パコりたいヤツは秋葉原へゴーゴゴー!!

続きを全部読む

【狂気】ホルモン好きもナポリタン好きも戸惑う「ホルナポ」がヤバすぎた / スパゲティーのパンチョ

みなさんはナポリタンがお好きだろうか? 一説では「イタリアのナポリ発祥ではなく日本独自のメニュー」なんて話も聞くが、ケチャップベースのあの優しい味わいが苦手だという人はおそらく少ないことだろう。

一方で「ホルモン」はどうだろうか? 焼肉屋へ出かけても「カルビやロースよりホルモンの方が好き」という人も少なく無いハズ。だがしかし「ホルモン入りのナポリタン」ならばどうだろう? そんな狂気のメニューが2018年の夏に限り、堂々と販売されているのだ。

続きを全部読む

【期間限定】パンチョのナポリタンとミートソースが500円! ナポリタンとミートソースが500円!! さらに「無料トッピング券」がもらえるゾォォオオ!

“良いこと尽くめ” とはこんなことを言うのかもしれない。なんと2018年6月20日から期間限定で『スパゲティーのパンチョ』のナポリタンとミートソースが500円になるゾーーー! しかも大盛り無料だゾーーー!! しかもしかも「無料トッピング券」ももらえるんだゾォォォオオオ!

2大人気メニューのナポリタンとミートソースが500円で……大盛りも無料……無料トッピング券ももらえる……って行くしかねーだろ! よっしゃ、ちょっとパンチョ行ってくる!!

続きを全部読む

【狂気】「ナポリタン好き」の「ナポリタン好き」による「ナポリタン好き」のためのナポリタン曲『N(エヌ)』の中毒性がヤバい

みなさんは、特に気にしているわけではないのに「なぜか耳にこびりついて離れない曲」に出会ったことはないだろうか? 気付けば口ずさんでいたり脳内を無限ループしていたりする “極めて中毒性の高い曲” のことである。

つい先日──。記者がナポリタンを食べに「スパゲッティのパンチョ」で並んでいた時のことだ。店は混雑しており結局15分ほど並んだのだが、店頭で流れていた曲の中毒性が高すぎて、今でも頭の中をナポリタンが駆け巡っている。その名は『N(エヌ)』──。「ナポリタン好き」の「ナポリタン好き」による「ナポリタン好き」のためのナポリタンソングだ。

続きを全部読む

【爆カロリー】スパゲッティーのパンチョ発「カレーライス with ナポリタン」が完全にデブのDream

中国の歴史書 “史記” に記載されたエピソードから生まれた言葉に「両雄並び立たず」がある。これは同等の力を持つ英雄が2人いる場合、必ず争いになりどちらかが倒されることから「2人の英雄は共存できない」という意味で現在でも広く知られることわざだ。

確かにかつて馬場と猪木は激しく争っていたし、ノムさんと長嶋茂雄も生涯1度も同じチームにはならなかった。これをデブが大好きなグルメに置き換えると「カレーライス」と「ナポリタン」になるわけだが、ついにその両雄が並び立ってしまったのでご紹介しよう。

続きを全部読む

【総重量3.7キロ】30分以内に完食したら5万円! すたみな太郎の「肉載せメガ盛りスタローナポリ」に最終兵器が挑んだ

デカ盛り。それは男のロマンであると同時に人類の夢。言葉が通じなくても見るだけでワクワクしてしまうデカ盛り料理は、もしかしたら世界平和の切り札なのかもしれない。それくらいデカ盛りは圧倒的なポテンシャルを秘めている。

そんなデカ盛りに魅せられた我々ロケットニュース24は、これまで多くの大食い企画にチャレンジしてきた。……が、お恥ずかしくも結果は惨敗続きで勝利した記憶がほとんどない──。そこで立ち上がったのが最終兵器のあの男である。

続きを全部読む

【検証】スパゲティーのパンチョでナポリタンに「全部のせを1万円分」トッピングしたらこうなった

男ならば誰しも「まだ見ぬ高み」を目指したいハズ。ブルーハーツの名曲 “チャンス” にも「前人未踏 空前絶後 そんな生き方は楽しいだろう」なんて歌詞があるが、そんな生き方はメチャメチャ楽しいに決まっているのだ。

大人気「1万円トッピングシリーズ」も、いわばまだ見ぬ高みを目指すロマンあふれる企画である。前回の「サブウェイ編」以来、半年以上ぶりに登場するのは、都内を中心に絶大な人気を誇る『スパゲティーのパンチョ』だ。シリーズ最強のモンスター爆盛りをその目でご覧いただきたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2