「スペイン」にまつわる記事

スペインで見つけた「ナメたような細巻き」をナメた気持ちで買ってみたら色々と勉強になった / 海外の寿司事情:バルセロナ

もうね、こんなん反則よ。反則。だってさ、飲食店に勤める人が、お客さんに「おいしそう」と思ってもらうために、日々どれだけ努力をしてると思ってるの? そういう努力を一切してないとは言わないけれど、一気に色々なものを飛び越えて「食べてみたい」と思わせるこの寿司、どう考えてもズルいって……。

──という気持ちになったのは、私がスペインはバルセロナのスーパーマーケット(カルフール)を訪れたときのこと。そこで売られている寿司に、私は思わず目を奪われてしまったのだ。その寿司というのが……

続きを全部読む

【体験談】やっぱり世界は狭い! 海外でテキトーに入ったバーで男性に話しかけられる → 友達の親友だったでござる

“人類みな兄弟” という言葉があるが、そう言ってしまえるぐらい、思ったよりも世界は広くないのかもしれない。おそらく、誰しも一度はそんな経験をしたことがあるのではないだろうか。

そして身をもってそんな感覚を体験した人がここにもいる。何を隠そう筆者(私)なのだが、休暇でヨーロッパに行った時、適当にフラリと入ったバーで男性に声をかけられたら、なんと筆者の友達の親友だということが判明したのだ。やっぱり世界は狭い!

続きを全部読む

【共感の嵐】あるスペイン人のツイートに “わかりみ” が止まらない!「日本人は時間を守るって言うけどさ…」

一般的に日本人は何事にもキッチリしたイメージがある。大多数の人が規則正しく行動できることは日本人の特性であり、世界に誇るべき美点であることは間違いないだろう。例えば「日本人は時間を守る」なんてことはよく言われる話である。だがしかし……。

果たして日本人は本当に時間を守る民族なのだろうか? 2018年8月、あるスペイン人が投稿したツイートがメチャメチャ話題になっているのでご紹介したい。

続きを全部読む

やっぱりクリスティアーノ・ロナウドってスゴい…レアル・マドリードから贈られた感謝の動画が鳥肌の連続

早いものでロシアW杯が終わってから1週間が経とうとしている。長いようで短かった1カ月……気がつけばすでにJリーグは再開し、欧州サッカー界も新シーズンに向けて始動している。中でも注目は、W杯でポルトガル代表を牽引したクリスティアーノ・ロナウドだろう。

この夏、彼はレアル・マドリードからユヴェントスへ電撃移籍し、新シーズンをイタリアで過ごすことになった。世界最高峰の選手と言われている33歳が、新天地で新たな挑戦をする道を選んだからだ。

続きを全部読む

ハリウッドのドラマより見応えあり! Netflixの『ペーパー・ハウス』がブッチぎりのアツさで面白い!

三度の飯よりも海外ドラマをこよなく愛する筆者は、今までにロケットニュースで数多くのドラマを紹介してきた。そのほとんどがアメリカのドラマだったが、今回はスペイン発の強盗ドラマ『ペーパー・ハウス』を紹介しよう。

最近では、Netflix などで英語圏以外のドラマもジャンジャン配信されている。その中でも『ペーパー・ハウス』はブッチぎりのオモシロさでラテンのノリが超~アツいぞ!

続きを全部読む

現役ブラジル代表・マルセロの息子(8才)が見せた超絶テクがすごい! レアル・マドリードの豪華選手と共演した動画がたった1日で再生数600万回超え!!

いよいよロシアW杯まで約1カ月となり、徐々にサッカー熱が高まってきている。欧州リーグはクライマックスを迎え、2018年5月27日に行われる「UEFAチャンピオンズリーグ決勝」を楽しみにしている人も多いのではないだろうか。

決勝を戦うのは、前人未到の3連覇を狙うレアル・マドリードとイングランドの強豪リヴァプール。世界中が注目する一戦が近づいてきているが、驚きの動画がレアル・マドリードから届いた。若き才能の超絶テクが収められており、なんとたった1日で600万回オーバーの再生数を記録しているぞ!

続きを全部読む

【旅行記】スペインで見た闘牛が残酷すぎて大ショック…途中で闘牛場を抜け出す結果に

どの国にも、昔から受け継がれている伝統や文化があり、歴史を守って行くことは国が担わなければならない役割の一つではないかと思う。海外旅行好きの筆者は、現地に行ったらその国の伝統文化をできるだけ体験するようにしている。

スペインを訪れた時は、何世紀も続いている闘牛を見に行くことにした。初体験なので楽しみにしていたが、あまりにも残酷すぎて大きなショックを受け、途中で闘牛場を抜け出してしまった経験がある。

続きを全部読む

【恐怖】いくら何でも足細すぎ…! ある女性の自撮り写真が思わず三度見してしまうと話題に

ど、どうなっているんだコレ……。現在、次から次へと見る人を三度見させる写真が海外で話題になっている。Twitterに投稿された写真に写っているのは、鏡で自撮りしている女性ひとり。ただ……

この写真が見方によって恐ろしく見えてしまうらしい。一体どういうことなのか。ということで写真を覗いてみたところ……ひえぇぇ! いくら何でも細すぎる足に思わず三度見してしまった。

続きを全部読む

「こんな車の近くを走るのは絶対に嫌だ!」と思わずにはいられない超危険運転が激撮される

大きな荷物を載せて車を走らせる場合、積載重量の制限は法律で定められている。車種によって規定は違うが、とにかく安全第一。自分はもちろんのこと、周囲を巻き込んだ事故も起きないよう、細かく決められているものだ。

日本ではまず見ない無茶な積載での走行。しかし、海外では「これって大丈夫なの……!?」と心配せざるを得ない状態で走っている車もいる。例えば今回ご紹介する動画に映っている車もそんな1台だ。「この車の近くを走るのは絶対に嫌だ!」と思わずにはいられない。

続きを全部読む

おいおいウソだろ…ゴールキーパーが50メートルの超ロングシュートをぶち込むスーパープレー

言うまでもないが、ゴールキーパーの仕事は自陣ゴールを守ることだ。一部の特殊なケースを除けば、基本的には自陣の前で守備に専念。とにかく失点しないことを求められる。

逆に言えば、得点は求められていない訳だが、な、ななな、なんと! 超ロングシュートを決めてしまった守護神がスペインにいた。その距離、なんと50メートルオーバーである!!

続きを全部読む

犬のウンコを使った銀行強盗事件がスペインで発生! 似たような手口でスリも多発しているので渡航者は要注意

武器を片手に銀行員を脅して金を強奪する犯人がいれば、「金を出せ」と書いたメモを窓口で手渡すなど、銀行強盗の手口は様々である。だが、スペインで起きた事件の手口はレアケースと言えるだろう。

というのも、なんと犬のウンコを使った銀行強盗事件が発生したのだ! 似たような手口でスリも多発しているようなので、渡航者は十分気をつけて欲しい。

続きを全部読む

【センス抜群】「デザイナーは昇進したはず」と称賛された雑誌の表紙がコレだ / トランプ大統領を食べ物で表現! そこには皮肉たっぷりな意味が!?

ドナルド・トランプ氏が米国大統領に就任して以来、氏は数多くの雑誌の表紙を飾ってきた。ロケットニュースでも、TIMEの表紙のトランプが猫耳をつけてるっぽくてカワイイとの記事を紹介したことがあった。

そして今度は、「食べ物でトランプ大統領を表現した雑誌の表紙」がセンス抜群だと話題になっているのである。使用している食べ物も意味アリなようで、ネット民からは、「表紙のデザイナーは昇進したはず」といった称賛の声が挙がっているのだ!

続きを全部読む

【ギネス記録】頭上で逆立ちしたアクロバット状態で階段を上った兄弟が世界記録を達成! なんと90段を制覇!!

上を見だしたらキリがないものの、人間とは、常に上を目指そうとする生き物なのかもしれない。誰だって ‟世界一” の称号を貰えたら自分を誇りに思えるし、何かを証明したいがために記録に挑戦し続けるのかもしれない。

そんな、世界一を認定するギネス世界記録で、頭上に逆立ちしたアクロバット状態で階段を上った兄弟が新記録を樹立したのだが、その技が、あまりにも人間離れしているので紹介したいと思う。

続きを全部読む

“ブサイクすぎる” と路上に残されたニャンコ / 無事保護されネット上でも「可愛いのに」「醜くなんかない」との声

全ての猫が美しい。毛の色、顔の形、体型、年齢などで違いはあるけれど、ある基準から外れているから “美しくない” なんてことは決してない。これはどんな生き物でも、人間にでもいえるはずだろう。

けれども今、「不細工すぎる」という理由で貰い手が見つからなかった猫がネット上で話題を集めている。写真を見れば「不細工だなんてウソウソ!」と笑い飛ばしたくなるほど、愛くるしいニャンコなのだが……。

続きを全部読む

【世界仰天動画】命がけの組体操! スペインの伝統「人間の塔」がメチャ怖い

組体操と聞いて、皆さんはどんなものを思い浮かべるだろうか。おそらく、ほとんどの人はピラミッドや扇とか。小学校の運動会などで披露されることもしばしばで、ビシッと決まれば美しいそれらだろう。

しかし、スペインの組体操を知っている人であれば、答えは『人間の塔』一択かもしれない。なぜなら、その姿はマジのマジで命がけ。ネーミングからしてヤバい感じはするが、とんでもない組体操になっているからである!

続きを全部読む

パイナップルに入れたコカイン2.5トンの密輸方法が実に豪快! パッと見はシャーベットみたいで美味しそう~!!

ドラッグの密輸で巨額を稼ぐ麻薬組織は、なんとか税関職員の目を誤魔化してブツを密輸しようと、あれやこれやと試行錯誤を繰り返しているようだ。

そんななか、パイナップルに入れたコカインの密輸方法が、実に豪快だとネットで話題になっているので紹介したい。パッと見は、パイナップルを丸ごと固めたシャーベットのようで、なかなか美味しそうなのである!

続きを全部読む

9割の人がどれかに当てはまるだと!?「4つの性格タイプ分類」が海外で話題

これまで出会ってきた人の中で、苦手な人もいれば、気の合う人もいただろう。もう会いたくないと思う人もいれば、ずっと一緒にいたい! と思える人も。人の数だけ「性格」が存在するのだから、人間って本当に複雑!

……かと思いきや。あるスペインの大学が、「人間の性格は4つのタイプに分けることができる」という衝撃的な分析結果を発表し、海外で話題になっているのだ。世界73億人が、たったの4タイプだと!? それは一体どんなもの? そして自分は何タイプなのーーッ!?

続きを全部読む

【マジか】「お願いします」と「ありがとう」を言わない客に罰金を科すカフェが登場! 罰金の高さがハンパない!!

海外では、サービスに対する心づけとして、チップを支払う習慣が根付いた国があるが、強制ではなく任意である。ところが、客と店の立場が逆転したかのように、「お願いします」と「ありがとう」を言わない客に、罰金を科すカフェが登場したというのだ!

なんでも、態度が失礼な客に我慢できなくなったオーナーの一存らしいのだが、その罰金の高さがハンパないのである!! 一体全体罰金として、いくらチャージされてしまうのだろうか!?

続きを全部読む

【マジすごい】90歳の僧侶が53年間もコツコツと手作業で大聖堂を築造! その素晴らしさはサグラダ・ファミリアに匹敵するぞ!!

ガウディによるスペインのサグラダ・ファミリアは世界遺産に登録され、未完の教会として、今もなお建築が進んでいる大聖堂だ。しかしスペインには、サグラダ・ファミリアに引けを取らない大聖堂が存在しているというので、紹介したいと思う。

なんと、90歳の僧侶が53年間もコツコツと手作業で大聖堂を築造し、その規模や建築デザインに圧倒されて息を呑んでしまいそうなのだ!

続きを全部読む

【マジかよ】移動販売車のパエリアが感動のウマさ! スペイン人も思わずフラメンコを踊り出すレベル!! 「TOKYO PAELLA」

イタリアンやフレンチに次ぎ、日本でもなじみ深いヨーロッパ料理といえば「スペイン料理」だろう。近年ではスペインバルも多く見かけるようになり、小皿料理を意味する “タパス” もスペイン語である。

スペイン料理といえば「チュロス」や「ガスパチョ」が有名だが、日本人にとって最も馴染み深いのは「パエリア」に違いない。そんなパエリアが高コスパでしかも絶品という、とっておきのお店を今回はご紹介しよう。ただし、場所は教えられない……なぜなら移動販売だからである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5