「スヌーピー」にまつわる記事

【悲報】ユニクロの「スヌーピー×長場雄」コラボが神懸った可愛さで即購入するも、当たり前すぎる現実を知って泣いた

本日2019年11月29日より、ユニクロのUTに「PEANUTS x YU NAGABA」コラボ商品が登場している。イラストレーターの長場雄さんが描くスヌーピーたち人気キャラクターが、クッションやらスリッパやらブランケットになって発売中だ。

さっそく私(あひるねこ)もグッズを見に行ってみたところ、あまりの可愛さに即買いしてしまった。特にスリッパが最&高である。完売必至なので、欲しい人は急いだ方がいいだろう。

続きを全部読む

【ひどい】ローソン限定「スヌーピー」和菓子に待っていた目も当てられない惨劇について / これが人間のすることかよォォォオオオ!

「ピーナッツ」が好きな私(あひるねこ)にとって、和菓子『食べマス スヌーピー』シリーズ(税抜259円)の発売はまさに待望だった。先日から全国のローソン限定で販売が始まったばかりの新商品である。

近所のローソンになかなか入荷されないためヤキモキしたが、ついに今回全3種類をコンプリートすることができたぞ! やったーーーッ!! だがしかし……。可愛い可愛いスヌーピーたちに、まさかあんな凄惨な結末が待っていようとは。この時の私は知るよしもなかったのである。

続きを全部読む

【衝撃】スヌーピーの付録が激カワ…! なので初めて「ゼクシィ」を買ってみたら安すぎて二度見した

男の私(あひるねこ)にとって、総合結婚情報誌である「ゼクシィ」はあまりにも未知なる雑誌だった。これを自分から進んで手に取ることは未来永劫ないだろう。何となくそう思っていたのだが、先日発売された最新号を前にして少々考えが変わった。なぜか? 理由は付録である。

なんでもゼクシィ2019年6月号には、『スヌーピーキッチンツール7点セット』なる付録が付いてくるという。ネットで画像を見てみたところ、これが実にカワイイのだ! うーむ欲しいなぁ……。よし、こうなったらゼクシィを初めて買ってみよう!!

続きを全部読む

【2018年福袋特集】『サーティーワン』の福袋(2000円)はスヌーピーグッズ&アイスギフト券の安定コンビ! グッズは実質無料だぞ!!

凍えるような寒さでも、これは別だよ『サーティーワン』。みんなが大好き『サーティーワン』。お正月でも『サーティーワン』。福袋買いに『サーティーワン』。今年は戌年『サーティーワン』。スヌーピーだよ『サーティーワン』。大公開だよ『サーティーワン』。

今年のサーティーワンの福袋は、戌年だからなのかは分からないが、スヌーピーと熱くコラボっている。加えて、毎年恒例のアイスクリームギフト券も当然のように入っているので安心して欲しい。さあ、気になる福袋の中身はコレだ!

続きを全部読む

自分だけのスヌーピーキャラが作れる『スヌーピーキャラクターをつくろう』がリアル! ロケット編集部をモデルに作ってみたゾ

以前の記事で、さくらももこ風キャラを作成できる『いもいもダンスメーカー』の紹介をした。何をどうやっても、さくらももこタッチになる似顔絵が何とも可愛らしかったが、今度は自分だけのスヌーピーキャラができる『スヌーピーキャラクターをつくろう!』が登場したそうだ! 

これは、2015年12月4日公開予定のCG3D映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』に合わせたもので、映画と同じくCG3Dならではのリアルな立体感のパーツがたくさん。これまでのアバター作りと一味違うぞ! さっそくロケットニュース24でも編集部メンバー6人をモデルに作ってみた!!

続きを全部読む

【2015福袋特集】『サーティワン』の福袋(2000円)の中身を公開 / アイスクリームギフト券とスヌーピーグッズは得なのか?

2015年1月1日、アイスクリームの定番『サーティワン』の福袋を実際に購入し、どんなものが入っているか調べてみた! 福袋は2000円で、中身が「お弁当箱」か「レジャーシート」かの2種類。今回購入したのは、レジャーシートの方! お得かどうかは、以下の内容を見て判断してほしい。

続きを全部読む

ピカチュウやキティちゃんなど人気キャラクターの「中身」を奥深~く描いたイラスト集

ピカチュウ、スヌーピー、ハローキティ、ベティ・ブープ。誰もが一度は、その名前を聞いたことがあるだろう。それほど我々の生活に浸透しているこの人気キャラクターたちは、その可愛らしい見た目で世界中の人から愛され続けている。

しかし彼らのその愛くるしい姿をよーく見てみると、目が異常に大きい、指がないなどの現実の人間とは違った身体的特徴をたくさん持っていることに気がつく。

普通なら「これは漫画のキャラクターなんだから」という理由で、その変わった体形について特に気にもしないのだが、Michael Paulusさんというアーティストはそこで立ち止まらなかった。

続きを全部読む