「なか卯」にまつわる記事

【なぜ?】現在、急激に「なか卯」人気が上昇しているたった1つの理由 / ネットの声「なか卯いかなきゃ」「シャドバはなか卯を見習え」

突然だが、あなたがよく行く丼ものチェーン店はどこだろうか。おそらく、松屋、吉野家、すき屋辺りを答える人の比率が高いのではないだろうか。この3つはトップ3と言っても過言ではないからだ。

でも、たまにはなか卯のことも思い出してあげて……! そんな感じで少し地味な印象のなか卯だが、現在、トップ3を差し置いてなか卯人気が急上昇している。一体、なぜ?

続きを全部読む

【検証】なか卯の「親子丼」が発売23年で初リニューアル! 新旧の親子丼を食べ比べてみた!!

関西人には比較的馴染み深い丼ものチェーン・なか卯。関西風の味付けのつゆもさることながら、卵がふわふわの親子丼は、他の牛丼系の店では味わえないクオリティーの高さである。なか卯と言えば親子丼だ。

1994年の発売以来、なか卯を支えてきたこのメニュー。そんな人気メニューが、23年間で初めてリニューアルされるという。新親子丼は一体何が違うのか? さっそく、新旧の親子丼を食べ比べてみることにした!

続きを全部読む

【悲報】なか卯史上最高額の「生うに丼(890円)」がショボすぎて泣いた / 桂文枝でも「お帰りください」と言うレベル

牛丼のファーストフードチェーンと言えば「吉野家」と「松屋」の2トップと認識している人は多いだろう。だが、関西人にとっては「なか卯」もなかなかどうして侮れない。確かに、存在感こそ2トップには劣るけど、関西風うどんが食べられるのは「なか卯」だけなんや。

2016年11月9日、そんななか卯に「生うに丼」なるものが登場したのをご存知だろうか。惜しみなく敷き詰められたうにといくら、メニュー写真を見るとなか卯史上最高額の890円も納得の豪華さである。そこでさっそく注文してみたところ……なんかメニュー写真と全然違う気がするんだけど……。

続きを全部読む

【知ってた?】なか卯が『親子丼』の割引きを実施中! 並盛も大盛もセットメニューも100円引きだぞッ!!

「なか卯」といえば、丼物やうどんをメインとするチェーン店。看板メニューの1つが『親子丼』だが、実は今、そんな「なか卯」の親子丼をお得に食べられるのをご存知だろうか? 

というのも、現在なか卯では期間限定の割引セールが行われており、親子丼の並盛りが税込490円 → 税込390円、大盛りが税込550円 → 税込450円と100円も安いのだ! これは今すぐ食いに行くしかねーッ!!

続きを全部読む

なか卯史上初の海鮮メニュー「天然いくら丼」を食べてみた! 気合いを感じられる一品と判明

こんにちは! もしかしたらこんばんは! 最近挨拶を心掛けている佐藤です。みんな初めてのことに挑戦するとき、絶対に緊張すると思うんだよな。私もこう見えて、結構あがり症で震えが止まらなくなることが良くある。なに? 酒の飲み過ぎて震えてるんじゃないかって? おいおい、冗談はよし子ちゃんやで(笑)。さて、今日はそんな話じゃないんだ。

丼とうどんでお馴染みのチェーン店「なか卯」が、2015年10月14日からチェーン史上初の海鮮メニューの提供を開始したんだ。そのメニューとは「天然いくら丼」! きっと同社の幹部は震えているに違いない。という訳で、その震えを鎮めるために、食べに行ってみたぞ!!

続きを全部読む

なか卯の「木の葉丼」を食べてみた / 味のパンチ力は見た目以上! うどんと一緒に食べた方がいい

みなさんは「木の葉丼(このはどん)」という食べ物をご存知だろうか? 関西のどんぶり飯で、親子丼の鶏肉が薄切りのカマボコに変わったものだ。シイタケが入ることもある。

そば屋や食堂で見かけるが、親子丼や鴨南蛮などスター選手に比べると正直、地味な存在。関西人でも「知っているが食べたことがない」という人も多い。

そんな木の葉丼を、丼チェーン『なか卯』が発売したという! しかも並盛450円!! 並の牛すき丼が350円だというのに450円だと!? なんや、これどういうこっちゃねん!? ということで、早速食べてみたぞ。

続きを全部読む

文化財の中で営業中! 日本一レトロモダンな「なか卯」

食事とは、食べ物そのものを味わうだけでなく雰囲気も味わうものである。同じものでも、素敵な景色、素敵な場所で食べると気分も違うものではないだろうか。

京都にリーズナブルな価格でそんな素敵気分を味わえる食事処がある。建物は大正ロマンあふれる国の登録有形文化財。その中で24時間無休で営業するのは……外食チェーンストア「なか卯」だ。

続きを全部読む