「いじめ」にまつわる記事

学校に設置された「内気な性格でも友達の輪に入れる仲間ベンチ」のアイディアに感心!! いじめ対策への期待も

我々大人が子供だった頃とは違い、現代の子供達は携帯電話やスマホを持つようになったことで、SNSやメールでのいじめに直面する試練にさらされている。

いじめの内容が複雑化するなか、内気な性格でも友達の輪に入れる ‟仲間ベンチ” が学校に設置され、「そのアイディアが素晴らしい!」と感心する声がネットで挙がっている。そんな仲間ベンチとは、一体何なのだろうか!?

続きを全部読む

ゲイの教師が “オカマ!” といじめられた児童のために「王子様同士が結婚する絵本」を紹介 / 教師の指導に賛否両論の声が!

時に子供は、大人よりも残酷なことを言って人の気持ちを傷つけることがある。残念ながら、いつの時代になってもイジメはなくならないものだが、あるゲイの教師が、オカマ呼ばわりされてイジメられていた児童のために、クラスで「王子様同士が結婚する絵本」を紹介。

すると、保護者や教育関係者から賛否両論の声が挙がり、大きな波紋を呼んだというのだ。読者の皆さんは、この教師の教育指導をどうお思いになるだろうか?

続きを全部読む

【弁護士に訊く 第1回】いじめ問題を弁護士に相談したらどう対処してもらえるのか?

日常で起こり得るさまざまな問題について、「法的にはどうなのか?」を、アディーレ法律事務所がお伝えする『弁護士に訊く』シリーズ。初回はいじめ問題についてです。

・いじめ問題について

川崎で起きた殺傷事件を受けて、多くの親御さんが、いじめ問題について心配していると思います。学校や警察に相談するべきところなのですが、状況をうまく説明できず、取り合ってもらえないということも考えられるでしょう。それを避けるために、「まずはやっておくべきことはありますか?」、「仮に弁護士さんに相談した場合、どう対処してもらえるのでしょうか?」という質問にお答えします。

続きを全部読む

オーディション番組で少年がいじめ体験を元に熱唱した「いじめ反対ソング」に感動の嵐!! 再生回数2600万回突破の大ヒットに!

神の歌声を持つ女性 スーザン・ボイルさんを輩出したことで有名な英国オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』。この番組に出演した2人の少年が、いま、世界を感動の渦に巻き込んでいる。

彼らは番組でラップを披露したのだが、多くの人が涙したのはパフォーマンスだけではない。彼らのパフォーマンスにある背景である。壮絶ないじめを乗り越え、その思いを歌につづったのだ。

その様子は動画は「Bars & Melody – Simon Cowell’s Golden Buzzer act | Britain’s Got Talent 2014」で確認できる。

続きを全部読む

元いじめられっ子が国際的トップモデルとして大活躍! 彼のサクセスストーリーに世界中から大反響

中学校や高校の同窓会で久しぶりに元同級生と再会して、良くも悪くもすごい変貌振りにびっくりしたことがある人は多いだろう。まるでそれを地で行くかのように、元いじめられっ子だった青年が、現在は国際的トップモデルとして大活躍して、世界中から大きな反響を呼んでいるのである。

続きを全部読む

研究者「美人やイケメンだと職場でいじめられにくく出世もしやすい」

美人やイケメンは得をする。恋愛においてこれを感じる人は多いだろう。悔しいながらひとつの真実として受け止めるほかない。しかしこのほど職場でも魅力的な外見が得をするという調査結果が出された。職場のいじめ、さらには出世や仕事の割り当てに外見が影響しているというのだ。

続きを全部読む

息子に「いじめをして恥ずかしい」と書いた看板を持たせて外に立たせた母親に賞賛の嵐 / ネットの声「良い母親だ」

米ルイジアナ州に住むテレサ・ゴールデンさんはある日、彼女の8歳の息子が通う学校の校長から電話を受けました。校長は、息子クリストファーくんがほかの子をいじめていると告げ、やめさせるようにと伝えたそうです。

・テレサさんのとった行動
そうしたところ、テレサさんは意外な行動に出ました。彼女の行動は海外ネットユーザーから、「素晴らしい」や「良い母親だ」と称賛されることになったのです。彼女は一体何をしたのでしょうか?

続きを全部読む

板東英二さんのQ&Aがスゴイ……ッ! 「野球は10年後には完全にマイナーなスポーツになっている」「いじめたやつを皆んなで力を合わせてイジメまくろう」など

長寿テレビ番組『世界・ふしぎ発見!』をはじめ、数々のテレビ番組に出演している元プロ野球選手のタレント・板東英二さん。無類の“ゆでたまご”好きとしても有名だが、実は野球選手としても伝説的な記録を数多く持っている。

一例を挙げると「高校野球における一大会通算奪三振の最多記録」。これは第40回全国高等学校野球選手権大会(甲子園)での成績であり、奪った三振は83! 現在もなお破られていない伝説の記録である。

そんな板東さんのブログに掲載されているQ&Aがスゴイと話題になっている。

続きを全部読む

宮城県・仙台市の私立高校でいじめを受けていた生徒が被害届を提出した問題で、驚くべき事実が明かされ、ネットユーザーは憤慨している。その事実とは、火のついたタバコを腕に押し付ける「根性焼き」と呼ばれる行為が、合意のうえで行われていたと学校側は認識していたという。

このことについてネットユーザーからは、「誰が何と言おうとその学校はクソ」「頭おかしい」などの批判が続出しており、収拾のつかない状況となっている。

続きを全部読む

ブログ運営に激怒したデヴィ夫人がメルマガスタート「日本を良くするためたたかっていこう思います」

大津市のいじめ問題で、いじめたとされる男子生徒やその親、教師の名前をブログで明かしたデヴィ夫人(デヴィ・スカルノさん)。当該ブログ記事は一時運営に非公開措置をとられ、その後に名前を伏せたものの、コメントの一部を削除されるという事態になった。

このことに憤慨していたデヴィ夫人は、このほどメルマガの配信を決定。2012年7月17日から一週間の日程で会員募集の開始したのである。

続きを全部読む

【大津いじめ自殺問題】遺族側の弁護士が支援ホームページを立ち上げ / 裁判費用のカンパも受付へ

滋賀県大津市でいじめを苦にして自殺したとされる中学生男子の問題。遺族や生徒らのアンケート内容に対し、いじめたとされる少年側、学校、大津市教育委員会の主張は現在も食い違いを見せている。

そんななか、遺族側の代理人弁護士が支援ホームページを開設した。こちらで裁判の経過報告、市民からの意見の受付、そして裁判費用のカンパ受付が始まっている。

続きを全部読む

【大津中学生自殺問題】デヴィ夫人がブログ運営に大激怒! 読者の貴重な意見は削除するのに「朝青竜さん強すぎ」等のふざけたコメントは消さない

滋賀県大津市で発生した、中学2年の男子生徒がいじめを苦にして自殺した問題で、デヴィ夫人(デヴィ・スカルノさん)は自身のブログに、いじめていたとされる男子生徒の本名・写真を掲載していた。

このブログ記事に関して、デヴィ夫人とブログ運営会社で意見が大きく食い違い、対立状態になっているようだ。

続きを全部読む

【大津いじめ自殺問題】デヴィ夫人のブログ記事が閲覧不可になる / いじめたとされる未成年の情報を掲載したためか

滋賀県大津市で起きた「いじめ自殺問題」。2012年7月10日、デヴィ夫人がブログで自殺問題を指摘するとともに、いじめたとされる少年らの本名と写真を公開するという大胆な行動に出た。

未成年の写真と名前を公表したことを問題視する声があったものの、デヴィ夫人の行動や意見には賛同する声が多く、彼女のブログでは約3000ものコメントがついていた。だが7月11日になり、突然、自殺問題に言及した記事が閲覧不可能になたのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2