「恋愛」カテゴリーの記事

超ムキムキ&イケメンな夫を持つマシュマロ妻がSNSで中傷される → その切り返しが「素晴らしい!」と話題に

絵に描いたような美男美女なら「お似合い」だと言われるのに、“美女と野獣” や逆バージョンのカップルは、「金が目当てだろ」とか色々と言われてしまいがちである。

そんな、超ムキムキ&イケメンな夫を持つマシュマロ体型の妻がSNSで中傷されたにもかかわらず、素晴らしいメッセージを発信して話題になっている。「こんな女性なら、素敵な旦那様に愛されるのも当然!」と思えてしまうような切り返しなので、紹介することにしたい。

続きを全部読む

【感動巨編】ネットで彼女募集したら「彼女ができた」でござる!

もうすぐ4月。春は目の前だ。だが、私(中澤)の春は遠い。ロケットニュース24で以前、彼女募集をした私。あれから2年が経ったがいまだに独り身である。寒いよお……。

本当にもう一生彼女できないんじゃないだろうか? ほぼ諦めかけていたその時、届いた1通の問い合わせメール。そのメールにはこう書かれていた。「もし可能であれば彼女募集に応募したいのですが」と!

続きを全部読む

【検証】女子が落とした消しゴムを拾いまくったらハーレムルートに突入できるのか?

もうすぐ新学期! クラス替えの時期だ。新しい出会いに期待と不安で胸はドキドキ!! 桜舞い散る坂道で美少女に出会いてェェェエエエ! ギャルゲーみたいな青春が送りたい。

ギャルゲーと言えば、「消しゴムを拾ってくれた」ことからヒロインが恋に落ちるパターンは多い。消しゴム拾ったらエエのんか。というわけで、女子の落とした消しゴムを全力で拾いまくったらハーレムルートに突入できるのか検証してみた!

続きを全部読む

「彼女いない歴=年齢」の男性にケイティ・ペリーがキス → サプライズすぎて男性が崩れ落ちる / 動画あり

重鎮プロデューサーや大物俳優によるセクハラが明るみになり、大問題となったハリウッド。その影響で「#Me Too:私も同じ経験をした」というハッシュタグが世界中に拡散され、一大ブームメントになったのは記憶に新しい。

そんななか、ケイティ・ペリーが米番組でティーンエイジャーの男子にサプライズでキス! 動画を見た視聴者から「逆セクハラなのでは!?」との声が挙がっているのだ。読者の皆様は、この件についてどうお思いになるだろうか?

続きを全部読む

『一緒にいる時ぐらいオシャレしろよ』とグチる彼氏に海外女子が激おこ! その会話をSNSに投稿 → ネット民「さっさと別れろ」

誰かに恋をして交際できるようになったら、天にも昇るような気持ちになりがちだ。そうなったら、誰でもオシャレを頑張ったり、カッコつけたりしがち。ただ、時間の経過とともに、最初の頃の新鮮さが薄れてくるのもまたありがちだ。

そんな状態になってしまったのか、ある海外女子が「一緒にいる時ぐらいオシャレしろよ」と彼氏にグチられたのだという。彼女はキレて、その会話をSNSに投稿。すると……「さっさと別れろ!」とコメントが押し寄せ、ネット女子も激おこ状態になったというのである。

続きを全部読む

【愛】Googleで「(sqrt(cos(x))*cos(200x)+sqrt(abs(x))-0.7)*(4-x*x)^0.01, sqrt(9-x^2), -sqrt(9-x^2) from -4.5 to 4.5」と検索すると…

仕事でも私用でも何かを調べる時に、最近はほとんどの人が検索サイトを使っているのではないかと思う。そして、様々な情報がゲット出来てしまう超便利な検索サイトの王様的な存在と言えば、やはりGoogleではないだろうか。

そんなGoogleで、「(sqrt(cos(x))*cos(200x)+sqrt(abs(x))-0.7)*(4-x*x)^0.01, sqrt(9-x^2), -sqrt(9-x^2) from -4.5 to 4.5」と検索すると、素敵なコトが起こるというのだ。全くもって意味不明な文字列だが、一体どんなことが待っているのだろうか!?

続きを全部読む

ネット民が『耳をすませば』月島雫にやめてほしいこと10選

人は大人になるまでに様々な社会との壁にぶつかる。『耳をすませば』は、恋が中心になりつつも、迷走するような青春の葛藤も描いた名作だ。そんな葛藤の側面が強く出るのが、受験生の雫が、小説を書き始めたことにより、成績が落ちて家族会議となるシーン

「今、雫がやってることは勉強よりも大切なことなのか?」と問いただしつつも最終的に許す父。現在、このシーンがネットで大喜利状態となっているためご紹介したい。

続きを全部読む

ゲレンデがとけるほどの恋をしていた話 / 唐突すぎた終わりに泣いた…

人間、ゲレンデの雪を全部とかすほどの情熱を持つことは中々ない。95年に広瀬香美さんがそんなタイトルのシングル曲を発売してはいるが、「ゲレンデがとけるほど」はあくまで例えであり、「それほど熱い気持ちで」というだけの話である。

実際にゲレンデの雪がとけたらとけたで大変だし、そもそもゲレンデに積もった雪を1人の力でとかすのは難易度が超高い。だがしかし、あのときの私が発していた熱量はゲレンデを消滅させただろう。それほど熱かったのだ。気持ちだけじゃなく、パソコンが……。

続きを全部読む

「ウンコとチョコは違うのよ」浮気していた元カノとの復縁を考える孫におばあさんが与えたアドバイスが素晴らしいと話題に

「愛は溜め込むのではなく、惜しげもなく使いなさい」「お金のことは忘れよう」「あなたが思うほど人生は長くない」……これらは以前当サイトで紹介した、世界中のお年寄りが若者におくった20のアドバイスの一部だ。

知恵と経験が詰まった年長者からの言葉には勇気づけられるもの。今回もお年寄りの金言をお伝えしたい。別れた彼女との復縁を考える男性に、おばあさんが素晴らしい助言を授けてくれたのだとか……。

続きを全部読む

海外カップルが彫った『美女と野獣』をモチーフにしたタトゥーが「違うものに見える」と話題に

お互いに無我夢中でラブラブのカップルは、相手と同調したい気持ちが大きいからか、何か同じ物を持ちたがる傾向にあるようだ。ひと昔前のようなペアルックまでとはいかなくても、スマホケースやバッグなどを色違いにしているカップルを目にすることがある。

そんな究極の形として、お揃いのタトゥーを入れる男女が海外では少なくないようだが、あるカップルが入れた『美女と野獣』をモチーフにしたタトゥーが「違うものに見える」と話題になっている。読者の皆様は、その画像を見て理由がお分かりになるだろうか!?

続きを全部読む

【激怒】東京都が制作した結婚応援CMが意味不明すぎて婚活女子ブチギレ「オリンピック待たずにプロポーズしろや!!」

結婚したくないわけじゃなくて相手がいないんスよ。どこで出会えるんスかね? 恋人って……。

彼女のいない私(中澤)が、そんなことを思わず考えてしまったのが、東京都が公開したCM『結婚に向けた気運醸成のための動画』を見た時だ。これ、応援するところが違うのでは

続きを全部読む

無意識に言ってない? バレンタインチョコを受け取るときのNG発言 / 合計約400個のチョコを学生時代に配った女性から実体験を聞いてみた

準備……できてるか? 気は……緩んでないか? 情熱は……足りてるか? みなさん、くどいほどに自問自答してる時期かと思います。何度も言っているように、勝負を決めるのが何かって言ったら……準備。なかでも、気持ちの準備以上のものは無いと思うんですよ。

何の話してるか分かりますよね? サッカーちゃいますよ。ワールドカップちゃいますよ。バレンタインの話ですよ。2月14日。その日に向けて、準備できてんのかって話ですよ。

続きを全部読む

【マジかよ】ネットで彼女募集したら「カナダ美女」からメールが来たので会いに行ったらこうなった ~完結編~

月。鋭利な輝きを放つ月。夜空にたった1つだけ、今夜も美しく冷たい光を放つ。だが、私(中澤)は月を見る度思うのだ。「この広い空で1人ぼっちとはどんな気持ちなのだろうか」と。

以前の記事で、ネットでの彼女募集に応募してきたカナダ人に会いに行ったことをお伝えした。彼女ともっと話したいし、もっと色んな場所に行きたい。そこで、また誘ってみることにした

続きを全部読む

ゴディバの新聞広告『日本は、義理チョコやめよう。』に反響の声続々!! 「ホントそう」「義理はいらない」など

もうすぐバレンタインデー。2月14日が近いこの時期は、チョコレートメーカーにとってかき入れ時のはず。そんな中、「ゴディバジャパン」は意外な広告を日本経済新聞に掲載した。

広告のキャッチコピーは「日本は、義理チョコをやめよう。」だ。チョコメーカーなのに……なぜ? ゴディバジャパンの売上に影響を与えたりしないのだろうか?

続きを全部読む

【ギャル考案】『男を落とす五十音』がヤバすぎてヤバすぎて震える → あ「あいたいな…」い「いつあいてる?」など

男女の恋愛もLINEなどでのやり取りが非常に重要になってきた。顔や性格と同じくらい、メッセージの頻度やセンスは重要な要素といえるだろう。言い方を変えれば、ある程度のテクニックがあれば相手を落とすことも可能……なのかもしれない。

そこで今回ご紹介するのが、ギャル考案の『男を落とす五十音』である。たまたまTwitterで発見しただけであったが、内容を見てみるとコレが破壊力抜群! 男性ならば「こんなん言われたら惚れてまうやろォォォオオオオ!!」と悶絶すること必至の完成度である。

続きを全部読む

トイレで結婚式を挙げたカップルが登場! その事情が複雑だった / ウケ狙いではありません

結婚式といえば結婚式場やホテル、神社などで挙げる人が多いと思うが、なかにはカップルが出会った思い出の場所で誓いを交わす人もいる。

そんな中、なんとトイレで結婚式を挙げた新郎新婦が登場したというのだ! 「なぜそんな場所で……。もしかしてウケ狙い?」と思ったら、少し事情が複雑だったようである。

続きを全部読む

【好きだ】ネットで彼女募集したら「カナダ人」からメールが来たので会いに行ったらこうなった

寒い。48年ぶりに東京都心の気温が氷点下4度まで下がるなど、今年の冬の寒さは記録的である。早く来いや春!!!!!!

そんな祈りが届いたのか、以前ロケットニュース24で私(中澤)がおこなった彼女募集に応募があった。カナダ人から。すでに応募は締め切っているのだが、これは冬将軍の贈り物か!? というわけで会いに行ってみることにした。

続きを全部読む

ネット女子が挙げた『最悪の初デート』色々 「“キレイだね” と褒めまくられる」「デートが豪華すぎる」など

真剣交際に発展するかどうか大きな決め手になるのは、やはり初デートの内容次第ではないかと思う。1回会っただけで相手の人となりは簡単には分からないものだが、第一印象の良し悪しや、最初のデートで楽しく過ごせたかどうかは大切である。

初デートは性別を問わずに重要なポイントとなるが、海外掲示板サイトRedditの女性ユーザーが「こんな初デートは最悪!」と色々と語っていたので、どんなデートが敬遠されるのかいくつか紹介することにしたい。男性は参考にするといいかも!?

続きを全部読む

出会い系アプリで女子に一目惚れした男子 → 連絡をとれなくなった次の行動が執念深すぎて震える…

最近は出会い系&婚活アプリなどで出会い、交際に発展する男女も少なくないようだ。ただ、アプリなのでアカウントを削除したりしたら、お互いの電話番号などを知らないうちに連絡をとれなくなってしまうこともある。

そんな出会い系アプリで見かけた女子を忘れられなかった男子が、相手を見つけるためにとった行動が執念深すぎてコワい……と話題を呼んでいる。一体、その男子はどんな方法で一目惚れした女子を探し出したのだろうか!?

続きを全部読む

ある女性がSNSで紹介した「ナンパ撃退法」が超強烈! かなり効き目があるらしい

“逆ナン” という言葉が存在するものの、やはりバーやイベントなどで声をかけるのは、男性から女性の方が多いのではないかと思う。中には「しょっちゅう男性からナンパされて面倒に感じている……」という羨ましくなるような女性もいるようだ。

そんな時には、SNSで紹介されたかなり効果があるという「ナンパの撃退法」を参考にしてみるのもいいかもしれない。強烈な内容は、思わず笑ってしまうこと請け合いである!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 63