「ポケモンGO」にまつわる記事

【天才の発想】下を向かなくてもポケモンGOで遊べる「ポケキャップ」が超便利! カンタンに自作できるぞ~!!

以前の記事で、当編集部のメンバーが100均のハンガーを改造して、ポケモンGO専用ハンガー、略して「ポケハン」を制作していた。たしかにポケハンでも手ぶらでスマホを持ち歩くことができる。しかし、ハンガーの用途は服をかけることだ。

そこで、ハンガーを改造することなく、手ぶらでポケモンGOをプレイすることはできないのか? 私(佐藤)は考えた。その結果、帽子とクリップ式のスマホホルダーを組み合わせることによって、オシャレに見えるアイテムを発明したぞ! 名付けて、「ポケキャップ」だ!!

続きを全部読む

『ポケモンGO』をウリに部屋を貸し出す不動産業者が多数登場 「賃料100万円、近くに有名なポケストあり」「近隣ジム3つ、ポケスト5つあり」など

多くの人がハマっている『ポケモンGO』。ここまでブームになったのだから、ビジネスチャンスも豊富だ。今、アメリカでは『ポケモンGO』をウリに部屋を貸し出す不動産会社が出現しているという。

「よいポケストップが近くにあります」などとうたって、部屋の広告を出しているのである。通常お部屋探しでは、広さや部屋数、立地などが重視されるが、ポケモンを条件に部屋を選ぶお客さんって本当にいるのだろうか?

続きを全部読む

【無謀な挑戦】ポケモンGO日本最強レベルのトレーナーにジムバトルを挑んだら、ひどい目にあったでござる

「ポケモンGO」のリリースから間もなく1週間が経とうとしている。そろそろプレイにも慣れてきた、という人も多いだろう。このゲームはモンスターを集めるだけでなく、ジムという場所で他のプレイヤーが育成したモンスターと、対戦することも可能だ。

ジム未経験の方に、簡単なジム戦の説明をしつつ、日本最強レベルのトレーナーである、メテオ君との対戦をお伝えしよう。日本最強レベル? 私(佐藤)に言わせれば、そんなもん関係あるかい!! 気合いだ、気合いで勝つッ! と無謀に挑戦したら、面白いほどボコボコにされて笑った! 強すぎだろ。

続きを全部読む

【ポケモンGO裏ワザ】超簡単にキャラを「一人歩き」させる方法 / 距離稼ぎ放題、スポット行き放題!!

現在の自分の位置とフィールド上のキャラが連動するゲーム・ポケモンGO。日本で配信開始してから、街中でスマホを見ている人が目につくようになった。だが私(中澤)は、どうしてもこのゲームをやるために外出しようという気になれない。

そのため、そこまで熱狂していなかったのだが……ついに見つけてしまったのだ。自分は微動だにせずにフィールド上のキャラを歩かせる方法を! この方法を使えば家にいながら移動距離も稼ぎ放題、離れたスポットにも行き放題!! 画面連続タップなどという野蛮人の力技とは、一線を画する方法で超楽・超簡単。インドア派必見だ!!!!

続きを全部読む

【ポケモンGO】レア度高めな『ミニリュウ』をゲットしたくば京都に行け! 「円山公園」で取れまくりだぜ!!

もはや、社会現象という言葉だけで片付けることはできないほど、世界中で大フィーバーしているポケモンGO! その波に乗り、連日ゲームに情熱を傾けるそこのアナタ。そろそろ壁にぶち当たってはいないだろうか。「毎回、同じ種類のモンスターしか取れない……」と。

今回は、そんな方に耳よりの情報をお届けしたい。レア度が高いと言われる「ミニリュウ」を、超簡単に手に入れる方法だ。記者はこのやり方で、1時間に8匹のミニリュウを手に入れた。いたって簡単、京都は円山公園に行くだけだ。さあ、みなさんも京都に行こう! 

続きを全部読む

【検証】ポケモンGOで路面電車を利用すれば「歩かずにタマゴをふ化」出来るのか? 始発停留所から終点まで乗って確かめたらこうなった

路面電車、通称 “ちんちん電車”。実際に乗ったことがある人は、今どれくらいいるのだろうか。住んでいる地域によっては直接その姿を目にする機会さえないだろうから、中には「何それ?」「ちんちん電車(笑)」となる人もいるかもしれない。

かく言う私(筆者)自身も、数えるほどしか乗ったことはない。札幌と函館、東京、そしてオランダで何度か利用したが、あのゆったり感がたまらないんだな。スローなんだけど、それがいい。特に旅先で乗ると、旅の気分がイヤでも盛り上がるものだ。

──スロー!? ゆっくり移動!? ……こう聞いて「あっ!」となったのは、間違いなくポケモンGOにはまっている人だろう。そう、アレだ、アレ! 路面電車で、アレが出来るかもしれない!! というわけで、実際に検証してみたのでレポートしよう。

続きを全部読む

【ポケモンGOで噓】ポケモンGOやってみたい母 → 息子に教えられた「偽の開始方法」にまんまとダマされて超カワイイ

世界的に大人気な『ポケモンGO』。始めは興味がなかったものの、周囲の熱狂を目の当たりにしてプレイし始めた人も多いのではないだろうか?

あるお母さんも、子供につられてか「ポケモンGO をやってみたいわ〜」と思ったそう。でも一体どうやって遊べばいいのかしらん? ということで息子に聞いてみたところ……息子に噓をつかれてしまったのだ!

続きを全部読む

【ポケモンGO】超裏ワザ! 電動マッサージ器「スライヴ」で画面を振動すると移動距離が稼げる! 卵の孵化にも成功したぞーーーッ!!

以前の記事で、ポケモンGOの移動距離を稼ぐのに、画面をタップし続けることが有効だとお伝えした。ただしこれは、GPSの認識が甘い場所でしか通用しない可能性がある。この画面タップなのだが、私(佐藤)の検証では、20分で400メートルの距離を稼ぐことができた。しかし20分で400メートルなら、20分間歩いた方が早い……。しかも結構辛い……。

・アレがあるじゃないか!

もっと早くタップできる方法はないのか? あ、そうだ! アレを使えばイイじゃないか!! ということで、思いついたのが電動マッサージ器「スライヴ」である。これなら超高速でタップできるに違いない! 適度な振動を与えられることだろう。ということで、さっそく試したところ、なんと卵の孵化(ふか)に成功したぞ! マジでスライヴすげええええ!!

続きを全部読む

【ポケモンGO攻略】日本最強スポット「舞浜駅」が凄いどころかエゲツない! ピカチュウが雑魚に見えるレベルッ!!

ポケモンGOが日本に上陸してから、もうすぐ1週間になろうとしている。ネット上では数々の “巣” が報告されており、当サイトでもいくつかの「レアキャラ出現スポット情報」をお届けしてきた。だがしかし……。

今回お知らせするスポットは、ハッキリ言ってこれまでとは次元が違う。日本最強スポットと断言してもいいだろう。それは千葉県の「JR舞浜駅周辺エリア」である。ウソは言わない、マジのマジで凄い……どころかエゲツないから、約1時間の検証結果をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【あるある】『ポケモンGO』に夢中になれない人にありがちなこと30連発!「街中で歩きスマホする集団に引く」「日本大丈夫か?」など

現在、日本で大ブームを巻き起こしている『ポケモンGO』。街に出ればほとんどの人がスマホ片手に歩き、代々木公園などのスポットではポケモンGOのトレーナーがあふれかえっている。もはや社会現象と言ってもいいだろう。ここまでくると軽く引くわ。

私(中澤)はまだレベル6だし、ハッキリ言うとブームに乗り遅れている。我を忘れて街中を歩き回るほど、このゲームに熱中できないからだ。ということで、そんないまいちムーブメントに乗れない者たちの気持ちを「あるある」で代弁してみた。題して『ポケモンGOに夢中になれない人にありがちなこと30連発』DA!

続きを全部読む

【ポケモンGO】衝撃の裏ワザ発見! スマホの画面をひたすらタップしていると移動距離を稼げると判明!! 今すぐ試せッ!

ポケモンGOで遊ぶのは良いのだが、家の近くにモンスターがいない。ポケストップもない。外に出なければ何もできないという人もいると思う。私(佐藤)もその一人。家にいる間はゲットしたモンスターを眺めているしかないのである。どないせえちゅーねん!!

そんな不利な状況を余儀なくされている人に、スゴイ技をお教えしよう。自宅に居ながら、移動距離を稼げる方法だ。それはとってもシンプル! 何もないフォールド上をひたすら連打する。そう、スマホ画面をタップし続けると、移動距離を稼ぐことができる! これだけで、卵を孵化(ふか)させることも不可能ではないぞ!!

続きを全部読む

【ポケモンGO】歩きスマホが減ると期待の『ポケモンGOプラス』が発売延期 / ネットの声「売りどき逃してるやん」「その頃には飽きてる気がする」

日本でも大ブームを起こしている『ポケモンGO』! その楽しさが大きな話題となる一方で、歩きスマホの増加が問題視されている。そんななか「歩きスマホが減るかも!」と、期待されていたのが専用デバイス『ポケモンGOプラス』だ。

スマホの画面を見なくても、ポケモンを捕まえたり、ポケストップでアイテムをゲットできるアイテムだったのだが、発売が9月に延期されることが判明した。夏休み終わっちゃうよ~!!

続きを全部読む

『ポケモンGO』に対する寺院の心温まるツイートが話題

2016年7月22日に日本でも配信が始まると、瞬く間に大人気となった『ポケモンGO』。もはや社会現象と言えるほどの過熱ぶりで、当分その勢いは続きそうだ。しかしその一方で「歩きスマホ」や「不法侵入」といったマナーが問題視され、すでに全国で事故が多発。JR をはじめとする公共機関がさまざまな対応をしている。

そんななか……心温まると話題になっているツイートがあるのでご紹介したい。コメントを発したのは、鹿児島県いちき串木野市にある臨済宗の寺院「良福寺」の住職さん。一体、どんなコメントだったのかというと……

続きを全部読む

【ポケモン検証】10代女子に流行りの「病みメイク」をしたらゴーストタイプモンスターをゲットしやすくなるのか試してみた

日本中で旋風を巻き起こしている「ポケモンGO」。レアなモンスターや特定のモンスターが見つからずに、イライラしている人もいるかもしれな。当編集部の中澤星児もまら、思うように収集が進まず、頭を悩ませている。

そんな彼が意外な打開策を思いついた。彼はゴーストタイプのモンスターを求めているのだが、一向に出てこない。そこで、変身してモンスターを探すというのだ。言っている意味がイマイチよくわからないのだが、とにかく彼は持論を検証することとなった。

続きを全部読む

天才的! ポケモンGOを「雨の日もハンズフリーでプレイする装備」を大発明!!

2016年7月26日。この日の関東地方は、ポケモンGOが日本で配信されてから初めての雨模様となった。基本的には屋外でプレイするゲームのため、「今日はポケモンGOがはかどらないなぁ」という人も多かったに違いない。だがしかし……雨くらいでポケモンGOへの情熱は止められない

ただ、傘をさしながらプレイするのは集中できないし、何よりかなり危険。人様に迷惑をかけてまでプレイすることは「ポケモンGOプレイヤー」として恥ずべき行為である……でもポケモンGOやりたい! そんな人は今回ご紹介する装備を参考にするといいだろう。きっと雨など苦にならなくなるハズだ。

続きを全部読む

真のポケモンマスターになるため女教師が退職

世界で一大旋風を巻き起こしている『ポケモンGO』。もはや社会現象と言っていいほど爆発的ヒットを記録しており、その勢いはとどまることを知らない。配信が始まった日本でも、各地で大フィーバー。先週末、時間が許す限りポケモンを探していた人も多いことだろう。

そんな『ポケモンGO』の人気が加速する一方で、歩きスマホをはじめとする事件が問題視されているが、海外からさらに信じられないようなニュースが飛び込んできた。なんと真のポケモンマスターになるため、仕事を辞めてしまった教師がいるという。

続きを全部読む

『ポケモンGO』で命を助けられた動物たちは、こんなにいるんだよ!

2016年7月25日、漫画家やくみつるさんの『ポケモンGO』批判がネットを中心に話題となった。彼の「愚かでしかない」などの発言が報じられているが、新しい物にはとかく批判が集まる。賛否がわかれるのも自然なことだろう。

でも『ポケモンGO』にもイイ所がいっぱいあるんだよ! 例えば、少なからぬ動物たちが『ポケモンGO』プレイヤーたちに助けられているんだって。

続きを全部読む

【ポケモンGOライフハック】持ってるモンスター全員に自分の名前をつけると愛着がわいてクッソ楽しい

世界中で流行中の『ポケモンGO』。ポケモンを探しに近所を散歩したり、タマゴを孵化(ふか)させるために歩いてみたり、レアキャラがいるという情報の場所まで遠出してみたり、ひたすらジムでバトルしたり──と、楽しみ方は人それぞれ。

ジムに行っても絶対に勝てないくらいに強いヤツが鎮座してるし、まわりのみんなもレベル高いし……ということで、私は彼らと張り合うことを早々に諦めた。持っているモンスター全員に自分の名前をつけて、愛をこめて育成することにしたのである。

続きを全部読む

【集まれ同志よ】ポケモンGOをやってない人あるある50連発

もはや国民総ポケモントレーナー時代に突入しつつある日本。まさか『ポケモンGO』がこんなにも流行るなんて思わなかった。ポケモン、ポケモン、ポケモン……。どこもかしこもポケモンの話題で持ち切りではないか。

だがしかし、中には『ポケモンGO』をやっていない人も確実に存在するのである。え、存在するよな? 私(あひるねこ)はやってないんだけど……。いや、いるはずだ! おーい、ポケモンやってないヤツは集まれー!! 今回はポケモンGOをやってない人あるある50連発をお送りするぞ。

続きを全部読む

【ポケモンGO攻略】やっぱり錦糸公園は凄かった! たったの1時間で「フシギダネ」7匹と「イーブイ」5匹ゲッツ!!

ピカチュウしか知らなかった……いや、ピカチュウすら知らなかった人も巻き込み、ポケモンGOが空前の大ブームを巻き起こしている。レアキャラが出現するスポットには多くの人が集まり、まさにお祭り騒ぎレベルの賑わいだ。

日本各地に “巣” と呼ばれるエリアが存在するが、その中でもいち早く有名になったのが東京都墨田区の「錦糸公園」だろう。「言うほどスゴイの?」と怪しみつつ出かけてみたところ、確かに錦糸公園は「フシギダネ」と「イーブイ」がダブル獲り出来る優良スポットであった。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10