「M-1グランプリ」にまつわる記事

M-1の決勝で1番おもしろかったのは? アンケートの結果がこちら / 有効回答数は1万6000以上

「今年のM-1で1番おもろかったのは……」って話を、今も学校や職場でしている人は多いのではないだろうか。こちら(ロケットニュース編集部)もそうだ。「ジャルジャルがさ〜」なんて話を、1日1回は誰かがしているように思う。

その影響力の大きさを考えれば、忘年会や新年会でM-1の話題が出てくることもありそう……。というわけで今回は、そんな時にネタになりそうな調査結果を1つお知らせしたい。テーマはずばり、「M-1の決勝で一番おもしろかったと思うコンビTOP10」だ。

続きを全部読む

追記あり【ざわざわ】上沼恵美子さんを批判した「とろサーモン久保田」さん、スケジュールの一部が変更へ

霜降り明星の優勝で幕を閉じた2018年のM-1グランプリ。どのコンビのネタも秀逸で、特に決勝へ進出した3組は素晴らしい漫才を披露したのではないだろうか? とりあえずは出場したすべてのみなさん、本当にお疲れさまでした。

さて、今年のM-1グランプリ終了直後、優勝した「霜降り明星」と同じくらい注目を集めた芸人がいた。それが昨年のチャンピオン「とろサーモン」の久保田かずのぶさんである。上沼恵美子さんと思われる人物を批判し、直後に謝罪するなどドタバタの展開を見せていたのだが……。

続きを全部読む

平成最後のM-1、誰が優勝すると思う? ネット民の予想は圧倒的に「あのコンビ」

2018年11月15日、漫才日本一を決める『M-1グランプリ』決勝進出コンビ9組が発表された。毎年、熱い闘いが繰り広げられるM-1だが、今回はさらに平成最後とあって盛り上がりにも拍車がかかっている。

優勝するのは誰だ!? ネット上はすでに優勝予想合戦となっているが、そんな声をまとめてみたところ圧倒的に強いコンビが

続きを全部読む

【マジかよ】「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」の森田まさのり先生、なぜかM-1グランプリに出場してしまう → しかも初戦を突破!

「ドラゴンボール」や「スラムダンク」など、伝説級の作品が多く連載されていた90年代の少年ジャンプ。その中でも当時の少年たちから絶大な支持を集めていたのが、不良漫画の金字塔「ろくでなしBLUES」である。

「ろくでなしBLUES」を手掛けた森田まさのり先生は「ROOKIES」でも知られる超大物漫画家であるが、なぜか漫才師の頂点を決める “M-1グランプリ” に出場しているという。しかも先日行われた初戦を突破したというからダブルで驚きだ。

続きを全部読む

【ノンスタイル井上】当て逃げ事故の『同乗者発覚』に困惑の声 →「やっぱり誰かいたんじゃん」「せっかく注目されてたのに」

現在活動自粛中のお笑いコンビ、NON STYLEの井上裕介。その活動自粛の原因となった当て逃げ事故について、新たな事実が発覚した。サンスポによると事故当時、今年のM-1で決勝に進出したお笑いコンビのひとりが同乗していたという。

続きを全部読む

ファミコンの『たけしの挑戦状』に2016年のお笑いの賞レースを予言したパスワードがあった!!

2016年のお笑いの賞レースの結果が出揃った。コント日本一を決める『キングオブコント』は『ライス』、漫才日本一を決める『M-1グランプリ』では『銀シャリ』と米に関係があるコンビが優勝した。2016年は米が強かった。

この結果が30年前に発売されたファミコンソフト『たけしの挑戦状』のパスワードで予言されていたのである! お笑いの神であるビートたけしが予言していた内容を見てくれい!

続きを全部読む