「B’z」にまつわる記事

【天才か】「ファミマ入店音のB’z風アレンジ」がカッコ良すぎる! 稲葉さんと松本さんがもう1度キスしたくなるレベル!!

ネット上には時として天才が現れる。そんな天才を目の当たりにするたびに「その発想はなかった」「よく思いつくな……」と感心させられるが、2018年9月、TwitterユーザーMELさん(@forestnight4156)が投稿した『ファミマ入店音のB’z風アレンジ』もマジで天才的だ。

これまでもファミマの入店音をアレンジした曲は多く公開され、秀逸な作品も多々あったが、まさかB’z風アレンジとは……! 聞けば稲葉さんも松本さんももう1度キスしたくなるに違いない──。

続きを全部読む

【マジかよ】稲葉浩志さん、B’zのイベントにお忍びで出かけるも誰にも気付かれない

B’zの稲葉浩志さんといえば、日本人男性の99%が憧れる超絶カッコいいロックシンガーだ。端正なルックス、ほれぼれするような美声、さらには教員免許も持つ頭脳など「もし可能なら今すぐ稲葉さんと入れ替わりたい」と願う人は多いことだろう。

そんな稲葉さんはライブ会場やテレビでバリバリの “圧倒的オーラ” を放っているが、実はオーラをかき消す「ステルス機能」もヤバいらしい。その様子はB’zの公式インスタグラムで確認できるぞ。

続きを全部読む

【衝撃事実】B’zポテトチップス「濃厚のり塩味」と「ULTRA NORISIO味」が99.99%同じ味だと判明

2018年3月末、まさかの新ポテトチップスに世間がザワついた。そう、B’zと湖池屋がコラボした『B’zポテトチップス』である。きっと「あのB’zがポテトチップスになるなんて……!」と多くの人が驚いたハズだ。

そんな『B’zポテトチップス』は味が2種類「濃厚のり塩」と「ULTRA NORISIO」が販売されると発表されていたが、このたび湖池屋から送られてきた2つの味を食べ比べてみてさらにビックリした……。なぜなら2つの味が99.99%同じだったからだ。

続きを全部読む

【夢じゃない】まさかの『B’zポテトチップス』が誕生! そして輝く「ULTRA NORISIO味」とかLiar! Liar! かと疑うレベル!!

30年もの間、日本のミュージックシーンで活躍し続ける超有名ロックバンドと言えば、ご存じ「B’z」である。シングル曲は「太陽のKomachi Angel」から49作連続でオリコン週間シングルランキング1位を獲得するなど、その勢いはいまだ衰えない。

そんなB’zはライブ活動以外での露出が少ないことで知られるが、このたび何と『B’z ポテトチップス』なる謎すぎる商品が発表された。しかも1つの味は「ULTRA NORISIO味」だというからLiar! Liar! かと疑わざるをえない……!

続きを全部読む

【超朗報】ライジング・サン・ロックフェスティバルに「B’z」が来るぞぉぉぉぉおおお! ネットの声「ウルトラソウルしてー!!」

毎年夏に北海道石狩で行われている大型音楽フェス、ライジング・サン・ロックフェスティバル。今年は8月11、12日に開催され、その出演アーティスト第1弾が本日発表された。のだが……ラインナップに決定した1組のアーティストの名前に、ネットでは歓喜の声が上がっている。

そのアーティストの名前とは、なんとまさかの「B’z」! なにぃぃぃ? B’zって、あのB’zかよ! そう、あの日本音楽界を代表する音楽ユニット・B’zが、ライジングサンに降臨するのだーーーー!!

続きを全部読む

【動画あり】B’zの稲葉浩志さんと落語家・立川談春さんの対談映像が話題 / 間の取り方や想像を促す動き、落語の暗黙のルールなどを語り合う

日本を代表するロックバンドとして押しも押されもせぬポジションを確立しているB’z。現在、そんなB’zのヴォーカル・稲葉浩志さんと、落語家・立川談春さんの対談映像が話題だ。

ロックと落語……異色の組み合わせではあるものの、ステージに立つ者同士通じるところがあるのか、映像ではお互いの芸についての考え方を聞くことができるぞ。普段無口な稲葉さんが、談春さんの話術に乗せられる様子は必見だ!

続きを全部読む

車中で聞いたらテンションがぶち上がりすぎてしまうB’zの曲10選

稲葉浩志(ボーカル)と松本孝弘(ギター)からなる音楽ユニット・B’z。老若男女問わず幅広い層に支持されており、日本音楽界を代表する2人の活躍は誰もが知るところだ。

彼らの曲はノリノリなものが多いだけに、車の中で聞いてテンションを上げている人も数多いことだろう。ということで今回は、そんな「車中で聞いたらテンションがぶち上がりすぎてしまうB’zの曲」を10曲厳選したのでご紹介していきたい。

続きを全部読む

【90年代J-POP】ビーイング系アーティストの名曲 10選 / B’z・WANDS・ZARD・大黒摩季など

ビーイング」と聞いて、すぐに意味がわかる人は、それなりにJ-POP好きな人に違いない。特に90年代、B’z・WANDS・ZARD・大黒摩季……など、そうそうたるアーティストたちを世に送り出した、音楽制作会社でレコード会社である。

エイベックスやジャニーズのように社名をテレビ広告などで使用していなかったため、ピンと来ない人もいるかもしれないが、ビーイング系アーティストを無視して90年代J-POPは語れない。今回はそんなビーイング系アーティストの名曲を、10曲選抜したのでご紹介したい。

続きを全部読む

日本一B’zに近いハゲ「中村素也」さんがカッコ良すぎてヤバい / 長野の稲葉浩志という異名も!?

『LOVE PHANTOM』や『愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない』などの名曲で知られる音楽ユニットといえば「B’z」である。

ボーカルの稲葉浩志さんはワイルド系の物凄いイケメンとして知られ、歌の上手さもバツグンなことから男女問わず非常に人気が高い。だが、そんなB’zにソックリな人が長野県に存在するらしい。一説には “長野の稲葉浩志” という異名もあるとか無いとか言われている人物なのだそうだ。

続きを全部読む

ゲーム主題歌として発表されたB’zの英語版「さまよえる蒼い弾丸」がカッコよすぎると話題に

情熱溢れる音楽で多くの人を魅了し続けてきた「B’z」。そして今回彼らは、アクションゲーム『ドラゴンズドグマ』の主題歌として新曲を発表したのだが、その曲があまりにカッコよすぎると現在話題になっている。

新曲のタイトルは、『Into Free -Dangan-』。 Dangan? そう、これは彼らが1998年にリリースした『さまよえる蒼い弾丸』を、英語に書きかえ、再レコーディングしたものなのだ。

続きを全部読む