2018年3月末、まさかの新ポテトチップスに世間がザワついた。そう、B’zと湖池屋がコラボした『B’zポテトチップス』である。きっと「あのB’zがポテトチップスになるなんて……!」と多くの人が驚いたハズだ。

そんな『B’zポテトチップス』は味が2種類「濃厚のり塩」と「ULTRA NORISIO」が販売されると発表されていたが、このたび湖池屋から送られてきた2つの味を食べ比べてみてさらにビックリした……。なぜなら2つの味が99.99%同じだったからだ。

・イベント会場限定販売

デビュー30周年を記念して、4月1日から東京は有楽町で開催中のイベント「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」でのみ購入できるB’zポテトチップス。税込み価格は280円とややお高めだが、ファンならばぜひ手に入れたいアイテムだろう。

冒頭でもお伝えした通り、今回は湖池屋から送られてきた「濃厚のり塩味」と「ULTRA NORISIO味」を食べ比べてみることにした。特に頼んでいないのに商品が届いたということは湖池屋の「好きにやっちゃってください」というメッセージに違いない……おそらく。

それはさておき、B’zポテトチップスが発表された時点でネット上では「なぜ2つとものり塩なのか?」「どう考えてもULTRAソルト(塩)味だろ」などの声が多く挙がっていた。果たして両商品の違いは何なのだろうか?

・味の違いは……

まずはさっそく「濃厚のり塩味」から食べてみると、うむ……ウマい。濃厚かどうかはややわかりづらいが、確かに美味しいのり塩味のポテトチップスだ。さすが安定の湖池屋さん、B’zに臆することなく美味しいポテトチップスに仕上げて来ている。

続いて「ULTRA NORISIO味」を食べてみると……うむ、こちらもウマい。……んが、あれ? これ同じじゃね? 「近い」とか「似ている」とかじゃなく完全に一致してない? おすぎとピーコほどの差もないぞコレ……!

あまりにも同じ味すぎるため他の記者にも試食してもらったところ、全員が真顔で「同じですね」と口を揃えていた。わからない、これはわからない……! パッケージが違うのに味は全く同じなんてことがあり得るのだろうか?

・成分や原材料は全く一緒

ちなみにパッケージをよくよく確認してみたところ、原材料も成分も完全に一致していたことは記述しておきたい。まあ、どちらも美味しいから同じ味でも問題ないからいいんですけど……いいんですけど!

というわけで、B’zポテトチップス「濃厚のり塩味」と「ULTRA NORISIO味」は99.99%同じ味だと判明した。なので会場でどちらかが売り切れていた場合、もう一方を購入すれば味的には大丈夫だぞ。

参考リンク:B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018湖池屋
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼「こことここがこう違う!」って明確にわかる人がいたら教えてください──。

B'zポテトチップス。味が同じすぎてやや混乱してる。

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on