「Amazon低評価検証」にまつわる記事

【Amazon低評価検証】長野伝統の「袖なしちゃんちゃんこ」が予想を裏切り過ぎてビビった…これ最高なんだけど

「ちゃんちゃんこ」と「はんてん」の大きな違いは “袖の有無” らしい。ざっくり言うと、ちゃんちゃんこは袖がないから着脱が楽で高齢者や子供用の商品が多く、はんてんは羽織を簡略化したもので江戸時代に庶民の防寒着として広まったと言われている。

今回Amazonで購入したのは「市田ねこ」なる長野伝統の袖なしちゃんちゃんこ。ちゃんちゃんこなら、あえて “袖なし” と書く必要がない気もするが、とにかく暖房いらずのふんわりエコな伝統着だという。価格は3300円。実際に使ってみたので報告したい。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】人間工学に基づいて設計された「レッグウォーマー」の守備力がヤバい / 北海道の極寒気候もOKで…今なら43%引きで1200円!

寒い日の外出用に「レッグウォーマー」をAmazonで買った。なんでも北海道の極寒気候にぴったりの防寒ウォーマーらしい。さらに言うと、人間工学に基づいて設計されたレッグウォーマーだから足にフィットしやすく、曲げ伸ばしも楽ちんなのだとか。

となると、通勤・通学はもちろん登山やウォーキングなど幅広く使えそうだ。しかも今なら43%引きで1200円、しかし評価は1。そんなレッグウォーマーと……先日購入した「肩当て」を組み合わせたらヤバいことになった。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】首や肩をあたためる「肩当て」を羽織ってみた → ギャルの強さを再確認したでござる

冷えやすい首元や肩周りをポカポカあたためるオシャレな「肩当て」とやらをAmazonで発見した。肩当てとは、首から肩にかける防寒グッズのこと。締め付けられる感じもなくポカポカ温まるそうで、デスクワーク用や自宅でくつろぐ用など種類も色々あるそうだ。

とくに今の時期には夜遅くまで勉強を頑張る学生の方に人気らしい。もちろんビジネスマンにもオススメとのことだったので1着買ってみることに。価格は3720円……少し高い気がしなくもないが、高機能かつオシャレな肩当てはこのくらいするのだろう。たぶん。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】恋人同士が大雪の中で見つめ合う「スノードーム」が壮絶過ぎて泣いた…

Amazonで「スノードーム」を買った。スノードームとは、雪がキラキラ舞い散る風景をガラスの中に閉じ込めた幻想的なオブジェのこと。ちなみに私が購入したのはオルゴール & LEDライト付きで、ロマンチックな雪景色を演出してくれるらしい。しかし……

評価は1。コメントはないので理由は不明だが、購入者の期待を大幅に下回る商品だったのだろう。というわけで、中国から2週間以上かけてやってきたAmazon最低評価のスノードームをこれから開封したい。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】コメント欄でキレられている「手品グッズ」3商品を使ってマジックショーをしてみた

忘年会や新年会で派手なマジックを披露したい! ってことで、Amazonで手品グッズを購入した。「スカーフが傘に変わる」「手の中からフランスパン」「首が胸まで落ちるびっくりマジック」の3点だ。華麗なワザを決めれば会場のボルテージがMAXに到達するだろう。

どの手品もとても簡単で、忘新年会はもちろん結婚式の二次会やパーティーなどの余興にオススメらしい。無事に品物が届いたので、さっそく本番に向けて練習をすることにしたのだが……おいおいマジかよ。詳しくは続きをご覧いただきたい。

続きを全部読む

【2022年まとめ】Amazonで絶対に買ってはいけない「低評価商品」はこれだ! 各部門の受賞商品を勝手に発表!

Amazonの商品レビューでボロクソに言われている “低評価商品” を実際に使ってみる「Amazon低評価検証」シリーズ。今回は年末総まとめということで、2022年に紹介した約80商品の中から……とくにヒドいもの・絶対に買ったらダメなものを厳選して紹介したい。

とりあえず到着日を守らないのは当たり前。無事に届いたとしても、開封した瞬間から地獄のような空気が漂い出す圧倒的低クオリティの商品たち。もはやアートの域に達していると言っても過言ではないだろう。それではさっそく……各部門の表彰商品を発表します!

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】1450円の「急速衣類乾燥袋(上下セット)」を使ったらこうなった / あらゆるタイプ・すべてのサイズに適した乾燥ツールです

急速衣類乾燥袋」なる1450円の商品をAmazonで購入した。もう少し詳しく説明すると、持ち運び可能な衣類乾燥ツールの上下セットで、梅雨時期や出張時の部屋干しで活躍する便利グッズらしい。現時点で評価は1だが、可能性を感じたため買ってみることにした。

商品ページによると、あらゆるタイプ・すべてのサイズの服に適しているうえに、めちゃめちゃ軽くて(約90グラム)折りたためるから持ち運びも楽チン。さらにシンプルな仕組みで使いやすく、旅行や出張に欠かせないアイテムだという。実際に使ってみたらこうなった。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】忘れられないクリスマスを演出する「サンタクロースの人形」を飾ったら本当に忘れられないクリスマスになってしまった…

12月ということで、Amazonで「サンタクロースの人形」を買った。やはり定番のクリスマスツリー以外に、もう1つか2つくらい飾り物をした方がクリスマス気分が盛り上がるもの。となるとやはり、クリスマスの主役・サンタクロースを追加招集するのが正解だろう。

商品ページによると「クリスマスサンタクロースの装飾は、クリスマスの強い雰囲気を提供し、忘れられない幸せなクリスマスを提供します」とのこと。ちなみにそのまま飾ってもいいし、ツリーの装飾にもオススメなのだとか。会社に持って行くことにした。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】パッケージのリアクションが大げさな「スマホ画面拡大スクリーン」を使った結果…同じリアクションをしてしまった

半年以上前にAmazonで購入した “電源不要のお手軽映画館” こと「スマホプロジェクター」は単なるゴミだった。しかし今回手に入れた「12インチ携帯電話スクリーンアンプ」は人体工学の原理に基づいた拡大鏡らしく、あらゆる種類のスマホに適しているという。

それなら期待できるかも。しかも商品ページ曰く「画像はより明確で鮮明なので、そして動的な感覚はより強いです」とのこと……よく意味は分からないが、たぶん画像も動画もめっちゃ鮮明に映るってことだろう。とりあえず使ってみることにした。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】冬用の厚手で暖かい「ワニの靴下(934円)」を履いてみた / ワニが足を飲み込む形をしているのだが…これはヤバい

冬用の厚手で暖かい靴下をAmazonで探していたら “3D漫画パターン” とやらが特徴の「厚手の暖かソックス」なる商品を見つけてしまった。どうやらただ暖かくて通気性に優れているだけではなく、ユニークな動物の形をしているうえに……

商品ページによると「丈夫で丈夫、そして丈夫です」とのことだ。おそらく死ぬほど丈夫な動物靴下なのだろう。冬用の暖かい靴下を探している方はもちろん、家族や友達、愛する人へのクリスマスプレゼントをこれから準備するという方もぜひ参考にしてほしい。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】電源も充電もいらない掃除機「ドリームスウィーパー」を使ってみた / 売り文句は「モーターレスで快適お掃除!」

電源も充電もいらない手動式掃除機」とやらをAmazonで発見した。モーター音がゼロだから時間を気にせず掃除ができるうえに、電源コードの煩わしさもなし。たまったゴミはダストケースを取り外して簡単に処理できるという。

気になる価格は2525円。意外と安い。これはひょっとするとお宝発見かも……ってことで買ってみることにした。商品が届いたのは注文の2日後。さあ果たして、手動式掃除機の使い心地はどうなのだろうか。さっそく開封の儀を執り行いたい。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】購入者にキレられている「5分砂時計(評価1)」が……予想を裏切り過ぎて泣いた

Amazonで最低評価の「5分砂時計」を買ったら、到着予定日より10日以上も早く届いた。だいたい低評価の商品といえば予定日より遅れて届くのが常なのだが、逆のパターンもあるようだ。まあ遅れるよりは早過ぎる方がありがたい。そしてこの砂時計……

評価は堂々の星1つ(最低)で、レビューには「ちゃんと砂が落ちてこない」「1時間くらいしたら全部落ちました」などと書いてあったため「まるで精神と時の部屋(ドラゴンボール)やないかい」とツッコむ準備をしていたのだが……逆なのは到着日だけではなかったようだ。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】1250円の「メガネタイプの双眼鏡(評価1.4)」を使ってみた / ただの変態研究者メガネだから買わなくていい

Amazonで「メガネタイプの双眼鏡」を1250円で購入した。倍率は3段階「遠視」「普通」「近視」の調整が可能らしく、双眼鏡をかけたままシチュエーションごとに倍率を使い分けることができるそうだ。たとえば、釣りや山登り等で活用するのがオススメだという。

何より “メガネをかけたまま” なのは使いやすいかも……と思ったのだが、ユーザーからの評価はべらぼうに低い(星5つ中の1.4)。とはいえ、実際に使ってみないと本当のところは分からないので買ってみた。果たしてどうなのだろうか。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】人間工学に基づいた「Bluetooth接続ペン型マウス」を買ってみた感想 → 思いっきりウソついてんじゃねえよ

パソコン作業のスピードをアップするために「マウス」を買うことにした。私は普段マウスを使っていないのだが、最新のマウスを使用した方が業務がはかどるかもしれない……と思ったからだ。ちょっと調べてみると、コンパクトで疲れにくいものも多いみたい。

Amazonで見つけたのは、Bluetooth(ワイヤレス)接続のペン型マウス。なんでも人間工学に基づいたデザインらしく、ペンのように持てるから疲れにくいうえに持ち運びやすいのが特徴なのだとか。実際に使ってみた感想は……思いっきりウソついてんじゃねえよ

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】昭和の匂いが漂う「タトゥーTシャツ(落武者柄)」がヤバ過ぎた / ひと昔前のチンピラになりたかったらダッシュで買え!

「ボディペイントよりも手軽にタトゥーを楽しめる! リアル感バッチリのタトゥーTシャツ」とやらをAmazonで購入した。手軽にタトゥーを楽しみたい! と思ったことは1度もないのだが、シャツを着用してからタトゥーに目覚めることだってあるかもしれない。

ちなみにデザインは “落武者” をモチーフにした和柄を選んだ。んで先に言っておくと、これがめちゃめちゃリアル。着用した瞬間に悪人になれるうえに着心地も良いので、肌寒くなる季節にバリバリ活躍しそう。ただしギャンブル要素もあるみたいで……

続きを全部読む

Amazonでド派手な帽子・サングラス・ポロシャツ・パンツ・スニーカー(計4291円)を揃えた結果 → 特徴を消し合って無難なファッションになってしまった

ずいぶん前に、Amazonで派手なゴルフウェアを購入した。いや、韓流スターを意識した豪華衣装を買ったつもりだったのだが、届いた商品を確認して言葉を失ってしまい「ゴルフウェアとして紹介しよう」という結論に落ち着いたと言った方が正しいかもしれない。

帽子(84円)・サングラス(715円)・ポロシャツ(465円)・パンツ(28円)・スニーカー(2999円)、すべて2カ月以上前に到着。さすがにこれ以上は放置できないだろう。ってことで勇気を出して着替えてみた結果……まさかの普通。まだ秋なのに寒過ぎて震えた

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】ハンズフリー撮影が可能な「スマホ用目線カメラ帽」をかぶってみた / たしかに両手は自由になったけど…

スマホ用の「目線カメラ帽子」をAmazonで購入した。スマホを固定するホルダーが帽子に付いているからハンズフリー撮影が簡単にできるという。料理を作りながら、動物とふれあいながら、運動をしながら……たしかに両手が自由になれば撮影の幅が広がりそうである。

しかも手に入れたのは “改良版” らしく、カメラマウントを軽量化し、あごひもを備えたことで、より安定した撮影が可能になったそうだ。というわけで今回は、発想次第でクリエイティブに使えるという「目線カメラ帽子」を実際にかぶってみたので報告したい。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】残り3点ということで買った「永久運動 振り子ボール」がまるで死者の霊が取り憑いた恐怖のインテリアだった / 現時点で残り2点です…

Amazonで「永久運動 振り子ボール パーペチュアルモーション」というカッコイイ名前のインテリアを1891円で購入した。正直に言うと、買おうかどうしようか悩んでいたのだが……「残り3点 ご注文はお早めに」と急かされたため、勢いで買っちゃったわけである。

また「この古典的な机のおもちゃは素晴らしい机です」「行く開始するとそれは継続します」「デスクトップエンターテインメント」などという商品説明を理解するのに時間がかかりそうだったので、もう何でもいいや……と、よくわからないものを注文したのだった。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】戸愚呂0%でも破壊可能だという「自転車のカギ」を自称・戸愚呂0%が破壊してみた

折りたたんでコンパクトに収納できる「自転車のカギ」をAmazonで購入した。スチール製のプレートが連結された「フォールディングロック」と呼ばれるタイプのカギで、ブレードを重ねて折りたたみ、専用のケースに入れてスマートに持ち運べるのが特徴である。

しかもチェーンやワイヤーに比べて切断にも強く、工具を使っても簡単に切れないという。商品ページにも「ポケットに入るコンパクトサイズ」「破断やねじりにも強いスチール製プレート」と書いてあった。これは期待できる……そう思ったのが間違いだった。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】「置物としては100点満点」と言われているホッチキス(評価1.7)がこちらです / 機能性も100点だが使いやすさは5点

「ホチキス」と「ホッチキス」、実はどっちも正しい呼び方らしい。もっというと文房具界では「ステープラー」と呼ぶのが一般的なのだとか……知らなかったんですけど。なぜいきなりそんな話をしたのかというと、Amazonで1400円のステープラーを購入したからだ。

ちなみにAmazonでステープラーを検索すると、1000円以内で評価の高い商品が数多くヒットする。つまり相場よりちょい高いステープラーを選んだのだが、気になる評価は1.7でコメントには「置物としては100点満点」と書いてあった。どんな商品なのかというと……

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5