「鮭」にまつわる記事

【デカ盛り】コストコの巨大サーモンで超特大寿司を握ってみた → 総重量2kg超えに!

アメリカ発の会員制スーパー・コストコでは、日本のスーパーでお目にかかれないような特大サイズの物がたくさん売られている。名物ともいえる巨大なサーモンのお刺身も、その1つだ。

総重量1kgを超える巨大サーモンだが、その形は1枚のサク。なんだか眺めていると、巨大な寿司ネタに見えてきた……ということで、夢のような超特大寿司にしてみた!

続きを全部読む

【巨大】コストコの「サーモンの蒲焼き」はうなぎの代わりになるのか? 食べてみた結果…

全国6000万人の “うなぎラヴァーズ” を取り巻く環境は厳しい。ご存じの通り、うなぎは2013年に「絶滅危惧IB類」に指定されており、土用の丑の日が近づくたびに「まだ食べてもイイ」「食べるべきではない」……などと、各種メディアで報じられている。

結局のところ、我々はどうするべきなのか? 答えはまだ見つかっていないが、1つだけ言えることは「代わりがあるに越したことはない」ということだ。今回は巨大スーパーマーケット「コストコ」で発見した『サーモンの蒲焼き』を購入、うなぎの代替品になるのか確かめてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

どう見ても鮭な「バッグ」で銀座を歩いてみた → 高級バッグに見劣りしないインパクトで視線を集めまくり / 本物の鮭も食べてみたヨ

鮭(サケ)はお好きですか? 私は大好きです。だって鮭は刺身も美味しいし、焼いても蒸しても、バッグにしても最高だから。……えっ、「バッグ」ってなんだって? 実は、密かに人気を集めている「鮭バッグ」なるものがあったのだ!

昭和10年から続く鮭の専門店が「鮭とはこういうもの」と知ってもらいたい、と作ったオリジナルの鮭バッグ。見た目のインパクトがありすぎる鮭バッグを、ガチで普段使いしてみるぞ!

続きを全部読む

全然イケる!「ロッテリアのサーモンバーガー」を定食にしてホカホカご飯と一緒に食べてみたらウマかった

寿司ネタやおにぎりなどで老若男女問わず人気のサーモン。2018年11月1日、ロッテリアがそんなサーモンを使用した商品『シェフ仕立てのサーモングリルバーガー』を発売した。

ホームページで詳細をチェックしてみたところ、サーモンと玉ねぎを混ぜ合わせたフィッシュパティを採用しているとのこと。う〜ん、でもやっぱり日本人ならサーモンはご飯と食べたくなるよね〜。ということで、定食にしてホカホカご飯と一緒に食べてみた!

続きを全部読む

【クマ歓喜】都内でも珍しい「サーモン丼専門店」に行ってきた! 白いサーモンって食べたことある? 東京・原宿『熊だ』

熊です。サザエさんの次回予告みたいですが、本当に熊です。なんでも、東京・原宿にサーモン丼専門店なんていう私におあつらえ向きのお店があるとのことで、取材にお伺いすることにしました。その日は別の案件で原宿に行く予定がありましたし、ちょうどよろしいかと。念のため繰り返しますが、熊です。

ファッションブランドが集まる若者の街・原宿に、昨年末オープンしたサーモン丼専門店「熊だ」。国産サーモンを武器に、サーモン丼だけで勝負している男らしいお店なんです。「熊だ」という店名にも、そこはかとなく好感を覚えますね。それでは行ってみましょう。

続きを全部読む

【吐きそう】噂の『ぷっちょ塩じゃけ味』が歴史的なマズさ! ただし白米と食べてみたらまだイケることが判明!!

いま、インターネット上で話題となっているのが、ぷにぷに食感でおなじみUHA味覚糖のソフトキャンディ『ぷっちょ 塩じゃけ味』である。実はこの商品、サンリオキャラクター「KIRIMIちゃん」とのコラボ商品なのだが……。

結論から言おう。マズい。かなりマズい。「こんなマズいもん食ったの久々だわ!」 と一瞬で認定できるほどマズい。だが奇跡は起きた……! なんと白米と食べると “それなりに” 食べられてしまうのだ!! しかも隠された裏メッセージまで解き明かしてやったぞーーー!

続きを全部読む

GWに北海道「新千歳空港」を利用する人は鮭専門店『鮭乃丸亀』のおにぎりを絶対に食え! 注文後に握る出来立てホヤホヤが味わえるぞーーー!!

食の王国・北海道。このゴールデンウィークを利用して、北海道を訪れる人も多いことだろう。その際もし「新千歳空港」を利用するなら、ぜひとも食べてほしい一品があるのでご紹介したい。

お店の名前は『鮭乃丸亀』という、店名通りの鮭専門店である。基本的には鮭や鮭の加工食品を扱っているお店なのだが、店の一角にあるおにぎりコーナーで購入できる「注文を受けてから握る出来立ておにぎり」は絶品の一言。食べなきゃ損するレベルのウマさといえる。

続きを全部読む

【工作の時間】「い・ろ・は・す」のペットボトルでボトルアートを作ってみた!

捨てても捨てても増え続けるのがゴミ箱の中のペットボトルだ。ロケットニュース24編集部内のゴミ箱も、アッという間に空ペットボトルで飽和状態。「つぶしてから捨てろ」と言っているのに、みんなそのままつぶさずポイだコノヤロウ。

この無限に広がるペットボトルで何かできないか……と調べていると、なんともイイ情報を発見! それは、クシャッと簡単につぶせる「い・ろ・は・す」のペットボトルで、ボトルアートを作るといったものだ。さっそく作ってみた!

いつもペットボトルのドリンクを飲むときにエコなんて考えなかったけど、いざボトルアートを作ってみるとメチャ楽しくリサイクルについて考えることができたぞ!

続きを全部読む