「禁煙」にまつわる記事

【禁煙トライアル】タバコをやめている間に「襲ってきた最凶の悪魔」がコレだ

私はコレで会社をやめました──と聞いて、小指を立てたおじさんの姿が頭に浮かぶ人は、私と同年代くらいか、もしくは年上の読者に違いない。そう、あの禁煙パイポのCMだ。懐かしい〜!

それはさておき、今回は禁煙パイポのCMとは全く逆のアプローチで、タバコをやめたい人に有益な(?)情報を紹介しよう。ズバリ、「私はコレで禁煙をやめました」だ。

続きを全部読む

【疑問】受動喫煙対策を推進してるのに、どうしてタバコを販売しているのか? 厚労省に尋ねた結果

2020年東京五輪に向けて、喫煙の包囲網はドンドン狭められている。受動喫煙対策で、全面的に禁煙を実施する店舗が増える見込みだ。街から灰皿は撤去され、さらなる増税が待ち構えている。

唯一、頼みの綱だった加熱式タバコも受動喫煙対策の規制対象に加えると、厚労省が発表した。これはもう、喫煙者は絶滅の危機に瀕しているのではないか? それならいっそ、タバコの販売を取り止めればいいのに、どうしてタバコを売っているのか? 気になったので厚労省に尋ねてみた。

続きを全部読む

医師も太鼓判の「タバコをやめる方法」がこちらです / 15年来の喫煙者も禁煙できた! 現在も継続中!!

喫煙者がタバコをやめる際、もっとも大事なのは意志の強さ……なのかもしれないが、“工夫” というのもまた大事なのではないかと思う。「吸うな! 吸うな! 耐えろ! 耐えろ!!」という精神論だけでは、しんどい上に挫折する確率も高くなりそうだしね。

そこで、禁煙してもうすぐ1カ月になろうとする私(和才)が、今も実践している 工夫を紹介しよう。ちなみに、そのやり方について医師に「どう思いますか?」と聞いたら、太鼓判を押してもらったぞ!

続きを全部読む

【禁煙トライアル】タバコをやめて3週間の間に「襲ってきたヤバイ悪魔」トップ5

タバコをやめる! ──喫煙者がそう決意した瞬間から、襲いかかってくる悪魔がいることをご存知だろうか? その悪魔は、「禁煙の国」へ脱出しようとする元喫煙者達を、あの手この手で「喫煙の国」へ押し戻そうとする。

そんな悪魔と今も戦っている私(和才)は、タバコをやめてから本日12月14日で3週間になる。禁煙歴こそまだ浅いものの、その間に悪魔どもが私に仕掛けてきた攻撃はえげつないのひと言だ。中でも最もヤバいヤツを挙げると……以下の5匹。タバコをやめたい人! こいつらに気をつけて!!

続きを全部読む

【やっぱり】ダイエットと禁煙を同時にやったらこうなった / 無修正のビフォーアフターが見るに耐えない

イケメンになりたい。スタイル良くなりたい。お腹周りの贅肉を何とかしたい。適度に筋肉をつけたい。薄毛を気にせずに生きたい。髪の毛をファッッッサァ〜〜〜とさせたい。──あなたはどうだろうか?

少なくとも私は、自分の全身を鏡で見たときに「もっとこうであれば」と思うことが腐るほどある。中には自分の努力ではどうにもならないこともあるが、逆に努力で何とかなることも。例えば、体型&体重。こいつを何とかしたい……いや、しなければ! というわけで、ダイエットに挑戦してみた。

続きを全部読む

サイゼリヤが再来年9月までに全店を禁煙に! ネットは歓喜に包まれる一方、絶望する喫煙者の声も

おいしいイタリアンをリーズナブルに食べられる「サイゼリヤ」。揺るぎない人気を誇る、コスパ最強のファミリーレストランだ。そんな俺たちのサイゼが、ついに全店を禁煙にすると報じられ話題になっている。

NHKによると、サイゼリヤは、再来年9月までに全国のすべての店舗を原則として禁煙とする方針を固めたという。現在多くの店舗で「分煙」を行っているサイゼが、ついに完全禁煙になるということで、ネットは歓喜に包まれている。反対に、喫煙者はますます肩身が狭くなる一方だ。

続きを全部読む

『絶対にタバコをやめる』ための超過酷な6日間!「シュールストレミングの匂いを吸いこむ」などハード過ぎる6つのトライアルで禁煙に挑戦した結果

禁煙なんて、本気を出したらいつでも出来る。——そう思いながらタバコを吸い続けること約15年、これまで30回以上も失敗を続けている私に、ついに本気を出すときがやってきた。

つまり、マジで、ガチで、禁煙することにしたのだ。そのために、ハードな6つのトライアルをこなしたので、以下で詳しく紹介しよう。これは、単なる禁煙レポートではない。死ぬ気で駆け抜けた、「地獄の6日間」の記録である。

続きを全部読む

【屋内禁煙】喫煙者は「東京都受動喫煙防止条例(仮称)」に意見すべき! 10月6日まで意見募集しているぞ~ッ!

東京都は2017年9月8日、受動喫煙防止対策を推進するために「東京都受動喫煙防止条例(仮称)」を定めることを検討していると発表した。この発表に、喫煙者たちは ざわついているようなのだが、詳しい内容をきちんと把握しているのだろうか?

そして、ここからが重要なのだが、この条例はまだ検討段階であり、実は条例制定にあたって都民からの意見を募集しているのである。もしも、現段階での条例の基本的な考えに納得できない場合は、意見を送るべきではないだろうか?

続きを全部読む

【議論】フランスでたばこを1箱1300円まで引き上げることが決定! 喫煙者に意見を求めると意外すぎる答えが!?

たばこは年々価格が上がっている。今になって振り返ると、昔はとても安かった。私(佐藤)が20代の頃、たった170円だったエコーが今では310円。230円だったセブンスターは460円。約2倍の値段になっている。これらが1箱500円の大台に乗る日も、そう遠くはないだろう。

そんななか、フランスではたばこの価格を2020年まで段階的に1300円まで引き上げるという。このニュースについて喫煙者たちに話を聞くと……「あり得ない!」という否定的な声が聞こえるかと思ったら、意外とそうでもなかった

続きを全部読む

30回以上「禁煙」に失敗した人がやりがち・思いがちなこと30連発 / 喫煙者はこうしてタバコを吸い続ける

人はどうしてタバコを吸うのだろうか? あんなにクソマズイものを! そう思いながらも、いまだにタバコを吸い続けている人は少なくないだろう。まさに私がその1人で、今まで禁煙に挑戦すること30回以上。無駄にチャレンジ回数だけは重ねているが、ことごとく失敗している。

そこで、私が禁煙を決意してから失敗するまでにやりがち・思いがちなことを「あるある」でまとめてみた。かなり個人的な話になってしまったが……禁煙しようとする人の参考になれば幸いである。それでは行こう。喫煙者は、こうしてタバコを吸い続けてしまうのだ。

続きを全部読む

違反喫煙者に『過料30万円』を科す案に賛否の声!「厳しすぎる」「素晴らしい!」など議論白熱

2020年開幕の東京オリンピックに向けて、喫煙の規制が厳しくなろうとしている。厚労省が受動喫煙対策として示した新たな案は、一部例外を認めながらも飲食店では原則禁煙。さらに違反喫煙者には、30万円以下の過料を科すらしい。

これに対して、ネット上では「厳しい」という意見がある一方で、「素晴らしい!」と歓迎する声もある。以下で詳しく紹介しよう。

続きを全部読む

【検証】ビタミンを吸うタバコ型スティック『VITABON(ビタボン)』を完全な非喫煙者が吸うとどうなるのか? 実際に吸ってみた!

去年から流行っている『VITABON(ビタボン)』という商品をご存知だろうか? 『ビタボン』とは電子タバコのようなタイプのビタミン水蒸気スティックのことで、なんと口からビタミンを吸うことが出来るのだ。ニコチン、タール、受動喫煙はゼロ。テレビ番組で紹介されたことで、その人気に火がついたようである。

へぇ~と気になっていたのだが、いかんせん私(あひるねこ)のような非喫煙者にとって、手を出すのは抵抗がある代物だったりする。こういう人、実は多いのではないか。そこで、完全な非喫煙者が『ビタボン』を吸うとどんな感じになるのか、実際に吸って試してみたぞ! スパ~。

続きを全部読む

「喫煙者に厳しい」と言われるヨーロッパでタバコを吸いまくった理由 / タバコに関するありがちな誤解

ケツから煙が出るほどヨーロッパでタバコを吸いまくった──なんて言うと、それだけで、「マナー違反をしやがって!」とか「ルールを守れ!」「日本人の恥」「クズ野郎」と、ヒステリックに叫ぶ人がいるかもしれない。

けど……ちょ待てぃよ! 俺、クズ野郎じゃねえし。ぶっちゃけ、俺は隠れてこっそり吸ったわけでもねーし。マナー違反をしたわけでもねーし。正々堂々と、その場のルールに従って吸っただけだし。ぶっちゃけ、何か誤解してね? You 誤解してません? つーか、俺も誤解してたことはしてました。はい、すいません。

続きを全部読む

【喫煙者注目】電子タバコの影でひそかに販売されている「かぎたばこ」を試してみた

禁煙の機運が高まるなかで、最近は電子タバコがジワジワと広まりつつある。煙や匂いが少なく、芸能人の間でも電子タバコを愛飲する人は増えているようだ。

とはいえ、通常のタバコを吸っているのと見た目が変わらない。また器具が高く、モノによってはスターターキットで1万円を超えるものもザラにある。そこで私(佐藤)が注目したのは、かぎたばこだ。これは煙が出ないうえに、パッと見てもニコチンを摂取していることがわからない。一体どんな感じなのか試してみた。

続きを全部読む

【素朴な疑問】なんで飛行機って全席禁煙なのに「灰皿」が付いたままなの?

飛行機って全席禁煙なのに……なんで灰皿が付いているの?」 飛行機に乗って、そう首をひねったことがある人も多いかもしれない。

全席喫煙や分煙時代の飛行機がそのまま使われているから? もしくは、全席禁煙時代が突如終わりを告げて、再び「飛行機の中でタバコ吸ってもいいよ!」なんて事態に備えているから? どうやら、両方とも違うようだ。今でも飛行機に灰皿が付いているのには、確固とした理由があるのだとか……。

続きを全部読む

【感動ドキュメント】禁煙と戦った男たち~沈黙と忍耐の7時間~

2016年2月某日。東京・新宿に事務所を構えるネットニュースサイト「ロケットニュース24」。この編集部の男性メンバーは全員喫煙者である。2月18日、つまり今日は「嫌煙運動の日」、そこで彼らは禁煙に挑戦することを決意した。

午前11時から夕方18時までの7時間、1本のタバコを吸うことも許されない。もしもその禁を破ったら、パンチパーマにしなければならない。男たちは無事に7時間を乗り越えることができるのだろうか? これは喫煙の誘惑と、パンチパーマという罰の間で葛藤を抱く男たちの、実話に基づいた魂の物語である……。

続きを全部読む

負けたらパンチパーマ!! 編集部の喫煙メンバーが「禁煙チャレンジ」を生配信!

当編集部の男性メンバーは、全員がタバコを吸っている。タバコを吸うだけでなく、雑談しながら面白いアイディアを出し合ったりしている訳だが……。これは喫煙の言い訳。そう認めざるを得ないだろう。

そんな喫煙メンバー7人の依存度をたしかめるために、時間限定で禁煙してみることにした。ただガマンするだけでは面白くないので、負けたらパンチパーマだ! しかもその禁煙している様子を生配信するので、インチキしていないか見届けて頂きたい!!

続きを全部読む

【真似厳禁動画】友人を禁煙させるためにタバコの葉っぱと火薬を交換して吸わせてみた

やめたいのにやめられない。一度習慣になってしまうと、なかなかやめることができないのがタバコだ。喫煙者本人も健康に悪いのは十分わかっている。だが、喫煙は気晴らしになる上、喫煙所は大事な交流の場となるからスパッとやめられないものでもある。

中には周りからやめるよう言われている人も多いだろうが、海外では仰天方法で禁煙を促していた人がいた。なんとタバコの葉っぱをクラッカーの火薬と交換。それを喫煙者の友人に吸わせたというのだ!

続きを全部読む

【色恋相談室】自分は吸うのに私にだけ禁煙を要求する彼氏について

今回のご相談は、「棚上げ」に関するお悩みです。と言っても、高いところにある棚に、何かを収納したいけれども届かない……、といった類のお悩みではなく! 自分のことはさておき、相手にばかり求める恋人にお困りのご様子……。

続きを全部読む

【コラム】レストランでタバコが吸えるだけで食べログに低評価を付ける人はチラシの裏にでもレビューを書いてた方がいいと思う

先日、『グルメ口コミサイトで発見! 本当にあった「ヒドすぎる理由で低評価になった口コミ」ワースト5』という記事を執筆した。記事中ではグルメ口コミサイトに付けられた評価のなかでも、理不尽な理由について書かせていただいた。

そのなかで1位にしたのは「タバコが吸える」というだけで食べログに低評価を付けること。筆者(私)は非喫煙者であり、タバコの煙も得意ではないが、それだけの理由で “美味しくない” や “雰囲気が悪い” と、さも悪い店のように評価するのは、完全にお門違いだと思っている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3