「死」にまつわる記事

【コラム】車を運転していてマジで死にかけた話

酒やタバコが20歳以上と法律で定められているように、車を運転するのも年齢制限がある。運転免許証を取得できるのは、周知の通り18歳。この春に高校を卒業し、すぐに免許を取得した人も多いのではないだろうか。

しかし、そんな取り立てホヤホヤな時期が一番危ないと言っても過言ではないことを覚えておいて欲しい。なぜなら、私(筆者)は免許取得してわずか数カ月後……マジで死にそうになった経験があるからだ。

続きを全部読む

【訃報】アイドルグループ『私立恵比寿中学』の松野莉奈さん(18)が死去 / 10日前にはブログ更新も

2017年2月8日、アイドルグループ『私立恵比寿中学』のメンバーの1人である松野莉奈さんが亡くなっていたことが判明した。FNNニュースによると、病死とみられている。

体調不良のため、7日に開催されたコンサートを休んでいた松野さん。都内の自宅で療養中だったが、2月8日朝に容体が急変、午前5時ごろ、両親が119番通報し、病院に救急で運ばれたが搬送先で死亡が確認されたとのこと。18歳は若すぎる……。

続きを全部読む

【動画】ロボット猿の死を悲しむ「本物の猿達の姿」が切なすぎてツラい

見るからに、「」が哺乳類の中で最も人間に近い動物なのはいうまでもない。しかし姿だけではなく、心も人間に近いようだ……今回は、思わずそんなことを感じてしまう猿の映像をご紹介しよう。

その動画は、インドはラージャスターン州に生息する「ラングールモンキー」という種の猿の群れの中に、小猿の姿をしたロボットを置くところから始まる。想定外のアクシデントから見えた、猿達の感情溢れるリアクションをご覧いただきたい。

続きを全部読む

ニキビを潰すのは絶対にダメ!! 命の危険におよぶ恐れがあるらしい『デンジャー・トライアングル』

どんなに肌がきれいな人でも、今までにニキビの1つや2つはできたことがあると思うが、膿(うみ)を持った吹き出物ができると、ついつい指で潰したくなってしまう。だが、これからは潰したい誘惑を押さえて、ニキビにはノータッチの方が良さそうだ。

というのも、複数の海外サイトが「ニキビを潰すのは絶対にダメだ」と警告しており、なんでも、命の危険におよぶ恐れがあるというのである!!

続きを全部読む

生死の間をさまよった人々が語る「死のふちで目にしたこと」5選

死後の世界……といえば、今は亡き丹波哲郎さんを思い浮かべる人も多いだろう。死にまつわる本を何冊も書き、雑誌やテレビでも死後の世界について話していた。

しかし丹波さん以外でも、“死後の世界” について興味を持っている人は大勢いるようだ。なんとこの度、海外サイト『Reddit』に、死の淵から生還した経験を持つ人々が次々と降臨。「生死の間で目にしたこと」を語ってくれたのだ!

続きを全部読む

1匹のリスが謎の死を遂げる → 死を悼む警察官が続出

形あるもの、命あるもの、全てがいつかは無に還る。悲しいことだけれど、それがこの世に生まれた上での厳然たる事実だ。

今回も1匹のリスが、突然あの世へと旅立った。すると警察官たちが「仲良しのリスが……」とガックリ肩を落とし、その死を悼んだという。

続きを全部読む

死亡と診断された16歳の少女が埋葬される → 墓から少女の叫び声が聞こえて墓を掘り起こす事態に!!

誰にでも死は訪れるが、大切な家族が亡くなってしまうのは、本当に辛い出来事である。だが世の中には、「死んだと思っていた人が実は生きていた!」という、奇跡のようなことが起こることも稀にある。

そんな、死亡と判断された16歳の少女が埋葬されるも、実は生きていてた少女が叫び声を上げ、家族や友人一同が総出で墓を降り起こす騒動が起きていたというのだ!

続きを全部読む

【やはり?】おバカな死に方をしてしまった人々に贈られる「ダーウィン賞」!候補者・受賞者の約9割が男性だとの調査結果が発表される

幸か不幸か、自分がどのようにしてこの世を去るか、正確に予想できる人はいない。なので、自分が賞を貰える程の “華々しい死” をとげるだなんて、誰も想像だにしないだろう。

しかし、この広い世の中には、愚かな死に方をした人々に贈られる賞が存在するのだ……その名も「ダーウィン賞」! そしてこの度、この賞には一つの傾向があることが判明した。なんと、候補者・受賞者の約9割が男性だったのである!!

続きを全部読む

【美しい終活】難病で亡くなった父親がしたためた「娘が誕生日に開封する17年分の手紙」が感動的!

自分の死に向けて、お墓や葬儀の準備を整えて “終活” をする人がいるが、なかには残される家族への想いを手紙にしたためる人もいる。

そんな想いを手紙に託し闘病のすえ亡くなった、一人の父親がいる。彼の死後、娘が誕生日に開封する17年分の手紙が発見され、大きな感動を呼んでいるのだ。彼の美しい終活を知ったら、悔いのないよう生きることの大切さを痛感せずにはいられなくなってしまうだろう。

続きを全部読む

「残された寿命」を刻む腕時計が登場し話題に

自分が “生きている” という実感もなく、何となく毎日を過ごしてしまっている人が多いのではないだろうか? しかし、どんな人もいずれは死ぬ。残りの人生を無駄にしないために、ある発明者が「残された寿命」を刻む腕時計を開発し、話題になっている。

続きを全部読む

【衝撃】Yahoo! JAPAN で「死ぬ」と検索するとヤバい広告が出ると話題

日本最大のポータルサイトといえば、言わずもがな通称ヤフーこと『Yahoo! JAPAN』だ。検索する時に使っている人も多いだろう。そんなヤフーで「死ぬ」や「死」で検索すると、ヤバい広告が表示されると話題になっている。

続きを全部読む

【心配】スギちゃんがブログで「死」を語りファンを心配させる

「ワイルドだろ〜?」でお馴染みのピン芸人といえば、袖なしGジャンがよく似合う “スギちゃん” だ。つい先日にはゲイビデオ出現疑惑の報道もされたが、本人は笑ってそのウワサを一蹴。スギちゃんに悩んだ顔は似合わない。

だがしかし……。一体何があったのか、スギちゃん本人がブログで「自身の死」について執筆し、ファンのみんなを心配させてしまったようなのでお伝えしたい。スギちゃんが書いた文章は以下のとおり。

続きを全部読む

【死別】親友だったビーバーの死を受け入れられず鳴きながら死体に寄りそう犬 / 種族を越えた愛がそこに

つい昨日まで元気だったビーバーのビーバス君。しかし翌朝、ビーバス君は突然の死を迎え、芝生で天に召されたのであった。その事実を受け入れられないのが、ビーバス君と共に暮らす親友だった犬のベラちゃん。

ベラちゃんはビーバス君の死体に寄り添い、悲しげな鳴き声をあげている。単に動かないだけならば、そんな行動はしないだろう。ベラちゃんは、ビーバス君が死んでいるという事実を理解しているのだ。しかし、それを受け入れられないのである。

続きを全部読む

死後のデータ管理もお任せ! Googleが死後にデータを譲渡・削除できる「アカウント無効化ツール」を提供開始!

自分の死後、ネット上に残した大切な書類や写真といったデータをどう処理したいか、考えたことがあるだろうか? SNSの普及などによって、オンライン上の個人情報が莫大に増えた今、死後の個人データ管理は多くの人が関心を寄せるテーマだ。

そんな中、Googleが「自分の死後のアカウントを管理できるページ」開設した。この「アカウント無効化ツール」を使用すれば、アカウントがしばらく利用されていない状態が続いたときの管理方法を設定でき、家族や信頼できる友人などにデータを共有することも可能だ。

続きを全部読む

悲嘆は死をもたらすのか? 妻を亡くした夫は早死にする確率が30パーセント高いという研究結果

人は深い悲しみによって死んでしまうこともあるのかもしれない。そんなことを考えさせられる研究結果が発表された。

米国のロチェスター工科大学が実施した研究によると、妻を亡くした男性は平均よりも早死にする可能性が30パーセント高いという。また、子供を亡くした母親が子供の死後2年以内に死亡する確率は通常の3倍であるという調査結果も明らかになったのだ。

続きを全部読む

あなたは何歳まで生きたい? 現代人「理想は83歳でそれ以上ならラッキーだけどたぶん75歳で死ぬ」

あなたは何歳まで生きられれば満足できるだろう。70歳か、80歳か、それとも100歳か……。このたび、イギリスで行われた寿命に関する調査で興味深い結果が明らかになった。どうやら現代人は、おおむね83歳ぐらいまで生きられれば幸せだと考えているようだ。

続きを全部読む

人生の数式「愛=好き×好き」など

「愛」や「失望」という言葉を一言で説明するのは、とても難しい。それらの意味を、わかりやすく表現した図式がネット上で注目を集めている。それによると、「愛」は「好き」に「好き」を掛け合わせた感情とのことだ。

続きを全部読む