「松屋」にまつわる記事

【新商品】松屋の『ボロネーゼ&マスカルポーネ風Wソースのハンバーグ』は、イタリア料理店で出てきても遜色ないくらいの美味しさ!

常に根強い人気がある松屋のハンバーグシリーズ。定番「ブラウンソースハンバーグ」は安定の美味しさであり、過去に期間限定で登場した数々の品はどれもパンチ効いててご飯が進む味わいであった。

そして昨日2021年10月5日、「松屋風イタリアン」という新ジャンルとして『ボロネーゼ&マスカルポーネ風Wソースのハンバーグ(ライスセット 税込630円)』が発売開始された。

初日に食べてみたところ、今いる場所が牛丼チェーン店だとは信じられないくらい美味しくてビックリ。この商品、これまでの松屋のハンバーグシリーズとはひと味もふた味も違うぞ……!?

続きを全部読む

【禁断】松屋の『お肉どっさりグルメセット』が復活したので『創業ビーフカレギュウギュウギュウ』を作ってみたらヤバイことになった

伝説再び──。松屋が約20年以上前に販売していた幻のメニュー『お肉どっさりグルメセット(税込930円)』が2021年9月9日、期間限定で復活した。牛めし(並)の3倍もの肉量を誇るという、正真正銘のメガ肉モンスターだ。

とは言え、このセットは過去に何度か再販されており、私(あひるねこ)も実際に食べたことがある。そのままご紹介するのでは幾ばくか新鮮味に欠けるだろう。

そこで今回は、「肉3倍」というワードに着目し、『お肉どっさりグルメセット』を使って『創業ビーフカレギュウ』を『創業ビーフカレギュウギュウギュウ』にしてみたい。

続きを全部読む

【ガチ】松屋の「ごろチキ」がいない世界に耐えられないので、自分で「ごろチキ」を作ったみたら衝撃の事実に気付いてしまった / 松屋公式レシピ

先日、当サイトの問い合わせフォームに、読者から私(あひるねこ)宛てに1通のメッセージが届いた。一部抜粋してご紹介しよう。

「あひるねこさんは最近、デアゴスティーニやかつやにご執心のご様子ですが、あの熱き『ごろチキ愛』はもう失われてしまわれたのでしょうか。

かつて盛り上がった、K.Masami記者の『ごろビー神との闘い』など、もう歴史の1ページになってしまったようで、とても寂しく思います。

結婚して子どももできてしまうと、ごろチキみたいな、所詮はチェーン店のカレーに関わってる余裕なんてないですよね……」(原文ママ)

まずはメッセージありがとう。その上で言わせてもらうが……寝ぼけてんのかお前は。私がいつ『ごろチキ』への熱意を失ったというのだ。そんなことがあると思うか? あるワケねぇだろ! 久々にトサカに来たため(鶏だけに)、こうなったら自力で『ごろチキ』を作ってみるしかない。

続きを全部読む

【賭け】松屋の『海鮮ごろごろシーフードカレー』が美味すぎるからロカボ変更でも大満足だと信じて注文したら…無慈悲さにビビった

食券機で「ロカボチェンジ」の表示を見たとき、私の指は止まりました。なぜなら、そのときは完全にライスの口になっていましたから。カレーとライスという無敵の組み合わせを味わうつもり満々でしたから。

そこに不意打ちのように出てきた「ロカボチェンジ」。味のことしか頭になかったときに、「白米をガッツリ食べてカロリーは大丈夫なんですか?」と聞かれたようなものです。

どうすべきか。私は悩んだ挙げ句に「ロカボチェンジ」をプッシュしたのですが……。事前に知っておくべきでした。松屋の「ロカボ」はガチだということを。

続きを全部読む

レトルトになった松屋の「創業ビーフカレー」が激ウマでヤバい! 店舗の「創業ビーフカレー」とは驚くほど完全に別物だぞ!!

2021年8月9日に、松屋の「創業ビーフカレー」のレトルト版が登場した。松屋の公式オンラインショップや、その辺のコンビニ、スーパーなどにて購入することができる。ただしこちら、どうやら松屋の店舗で出てくるものとは仕様が異なるらしい

松屋の公式HPには、新宿中村屋がアレンジしたと書かれている。マジかよ……! もとから激ウマな松屋の「創業ビーフカレー」に、あの中村屋の手が加えられている……だと? これはちょっと見逃せない。さっそく食べてみることに。

続きを全部読む

【追記あり】松屋に「見慣れぬカレー」のポスターが貼られてたので注文してみた → すごいの来た / 店舗限定の『海鮮ごろごろシーフードクリームキーマカレー』

そのポスターには『海鮮ごろごろシーフードクリームキーマカレー』と書かれていた。価格は税込850円。見慣れないカレーだな……と思ったら、どうやら店舗限定らしい。ポスターの上の方をよく見ると、そう書いてある。

なるほど。どうやら、偶然にもレアなカレーを見つけたらしい。これは気になる──って気持ちのまま入店。注文してみたところ、結果的に「すごいの来たな」となったので報告したい。

続きを全部読む

【悲報】松屋、『ごろごろチキンのバターチキンカレー』を復活させてしまう! 激怒する “ごろチキ” 信者「こんな屈辱は生まれて初めて」

悲報! 悲報である!! 昨日2021年7月6日、松屋が『ごろごろチキンのバターチキンカレー(税込690円)』を復活させてしまったのだ! 何でやねん!! そこはまず『ごろチキ』やろ! 我らが至宝『ごろごろ煮込みチキンカレー』が先やろがーーい!!

『ごろチキ神』を差し置いて『バタチキ』を再発売するなど、これはもはや正気の沙汰ではない。我々『ごろチキ』信者に対する明確な挑発行為と言えるだろう。さすがの私(あひるねこ)も久々にトサカに来たぞ(鶏だけに)。まあ、食うけども。

続きを全部読む

【マジか】セブンの「銀座デリー監修ホットスパイシーチキンカレー」が完全に ごろチキインスパイア! ごろチキ難民は今すぐセブンへ走れ!!

今や松屋の代名詞にまで成り上がった超人気メニューといえば、ご存じ「ごろごろチキンカレー」である。通年販売していないにもかかわらず、ここまで熱狂的な人気を博すメニューが他店も含めてあるだろうか? そろそろ「ごろチキ教」なる宗教が出現しても不思議ではない。

だがしかし、先述の通り「ごろチキ」は1年のうち数回しか巡り合えないレアなメニュー。これまで対処方法は「ひたすら耐える」しかなかったが、私、P.K.サンジュンは偶然にも巡り合ってしまった。ごろチキの遺伝子を濃く引くセブンの『銀座デリー監修ホットスパイシーチキンカレー』と──。

続きを全部読む

【さすが松屋】マイカリー食堂のカレーパン(180円)が揚げたてザックザクで激ウマすぎる!! カレーパンマンも引きこもって引退するレベル

これまでの人生で美味しいカレーパンを幾度となく口にしてきたが、どういうワケか「どこの店だったか」は覚えていないし「どうおいしかったのか」も全く説明できない。なんなら「今日の朝なにを食べたか」すらも覚えていない。わしゃボケ老人か! 

いや、ようするに今まで食べてきた美味しいカレーパン(と今日の朝食)が、残念ながら “特徴のないもの” だったから記憶にないのだ。その点、『マイカリー食堂』のカレーパンは非常に特徴的なので、どれだけボケてもこの世を去るその瞬間まで思い返すことができるだろう。

その特徴とは…………食感! 音にしたらザッッック ザクザクザクゥッ!!!! なんですよ。

続きを全部読む

【これはひどい】松屋の100個限定『ごろチキ専用ザラ』が抽選で当たったァァァァアアア! と思ったら…あまりにも無慈悲な現実に泣いた

今年4月、松屋がとあるキャンペーンを実施した。松屋の至宝『ごろチキ』こと『ごろごろ煮込みチキンカレー』の復活を記念し(当時)、『ごろチキ専用ザラ』なる激レア皿を抽選で100名にプレゼントすると発表したのだ。ご、ごろチキ専用ザラだと……!?

そんなもん……私(あひるねこ)のためにあるようなものではないか。これは死ぬ気でゲットしないと死んでも死にきれねぇ! というワケで即応募したところ……なななんと、見事当選ッ! その現物が届いたぞ! うおおおおおおおおおお!!

続きを全部読む

松屋の「ライスバーガー」を3日連続で食べた結果…はやくも「究極の裏メニュー」に到達してしまった! 米(my)バーガー / こめ松

牛めしでおなじみの松屋フーズが展開するライスバーガー専門店「米(my)バーガー / こめ松」をご存じだろうか? ぶっちゃけ店舗数がめちゃめちゃ少ないので、知っていたとしても利用したことない人がほとんどではないかと思う。

しかし、実は2021年6月1日から2店舗 → 22店舗と、販売店舗をいきなり10倍に拡大してきたのだ。 なんだか今後どんどん拡大していきそうなニオイがぷんぷんしているな! ということで、これを機に松屋のライスバーガーを初めて頼んでみたぞ。

続きを全部読む

【レア店】テイクアウト専門「松屋・松のや 惣菜小田急多摩センター店」には店舗限定メニューがたくさんあるぞ!

牛丼チェーンの「松屋」には、牛丼以外にも魅力的なメニューが存在している。たとえば、「ごろごろ煮込みチキンカレー」。熱烈なファンを多数生み出してしまったことを考えると、もはや松屋を「牛丼チェーン」と呼んでいいのか分からない人だっているはずだ。

その松屋が、姉妹ブランドの「松のや」と共に、弁当総菜専門店を始めていた。お店に行ってビックリ! ほかにはない店舗限定メニューがズラリと並んでいるじゃないか! 未知なる商品がこんなにあったとは……!

続きを全部読む

元芸人オモロー山下さんの「山下本気うどん」で店舗限定販売しているシュクメルリうどんを食べてみた!

10年続く飲食店は全体の1割と言われている。お店を維持するのは大変難しく、それでなくてもこのコロナ禍だ。10年どころか1年先でさえも危うい状況ではないだろうか。そんな過酷な飲食の世界で、驚きのステップアップを果たしたお店がある。

元お笑い芸人で、世界のナベアツ(現・桂三度)さんとコンビを組んでいたオモロー山下(現・インタビューマン山下)さんのお店「山下本気うどん」だ。現在、季節限定メニューでシュクメルリうどんを出しているのを発見したので、実際に食べてみた。

続きを全部読む

松屋の「ファミリーセット」はおもちゃが貰える → おもちゃの詳細が不明 → 正体が気になって買ってみた結果

2021年4月27日から5月11日午前10時までの期間限定で、松屋が「ファミリーセット」の販売を開始した。松屋の券売機のトップに出ていて知ったのだが、おもちゃが貰えるというのだ。マックの「ハッピーセット」みたいなものだろうか?

松屋で貰えるおもちゃって、どんなものなのだろう。よくある、何かのキャラクターとコラボしたとかだろうか? 公式HPをチェックしたが、そこにおもちゃの詳細は無かった。マジかよ、気になるじゃないか……。

続きを全部読む

【ガチ】松屋の「ごろチキ」を最高の状態で味わうため、生まれて初めて “丸一日断食” したらヤバイことになった / 本日4月27日発売

本日4月27日は2021年におけるもっとも重要な一日として、主に私(あひるねこ)の胸に深く刻まれることになるだろう。なぜなら松屋の至宝『ごろごろ煮込みチキンカレー』が待望の復活を果たしたからだ。ついに、ついにこの日がやって来たぞ……!

約1年ぶりに降臨する我らが「ごろチキ神」。当然、朝10時の販売開始と同時に店に駆け込むのが最低限のマナーであるが、発売を前に私の頭にはある思いがよぎっていた。「ごろチキ」を最高の状態で迎えるため、私にできることは何だろうか?

続きを全部読む

【事件】松屋、「ごろチキ」復活を前に『ごろごろチキンのトマトカレー』を緊急発売! ごろチキ信者を盛大に煽ってしまう / 60店舗限定

昨日2021年4月22日。全国の「ごろチキ」信者……というより、主に私(あひるねこ)に衝撃が走った。なんと松屋が店舗限定で『ごろごろチキンのトマトカレー』のテスト販売を始めたことが明らかになったのだ。何……ッ!? こ、このタイミングで?

もはや言うまでもないが、松屋は来週4月27日、人類の宝たる『ごろごろ煮込みチキンカレー』の復活をアナウンスしている。にもかかわらず、ここに来ての急とも思える「ごろトマ」の投入……。松屋は一体何を考えているのか?

続きを全部読む

【速報】松屋の「ごろチキ」が復活! 繰り返す、松屋の「ごろごろ煮込みチキンカレー」が復活だァァァァアアア!! 4月27日から!

速報ォォォォオオオオ! とんでもねぇ速報だァァァァァアアアアア!!

松屋の「ごろチキ」が復活ッ! 松屋の「ごろチキ」が復活ッ!! 松屋の「ごろチキ」が復活ッ! 松屋の「ごろチキ」が復活ッ!! 松屋の「ごろチキ」が復活ッ! 松屋の「ごろチキ」が復活ッ!! 松屋の「ごろチキ」が復活ッ! 松屋の「ごろチキ」が復活ッ!!

続きを全部読む

春なのに「松屋のうな丼」が大復活! 昨年と何がどう違うのか確かめてみた

おいおい、いくらなんでも気が早すぎるだろ! 2021年4月13日、いつものように近所の松屋へ行くと「土用の丑の日」と書かれたポスターが貼ってあり、うな丼が売られていた。土用の丑の日でうなぎと言ったら夏バテ予防に食べるもののはず……確か今年は7月28日。

そう思ったが、土用の丑の日は年に4回(年によって異なる)あって、どうやら今年の春は4月23日がその1日らしい。まぁ、うなぎはいつ食べてもイイものだし、ウマければすべてオーケー。ちっちゃいことは気にすんな♪ それワカチコ、 ワカチコー♪

続きを全部読む

【朗報】牛丼チェーンのカレー戦争、行くとこまで行ったか / 吉野家の「カリガリ肉だく牛カレー」がもはやチート

吉野家・松屋・すき家などの牛丼チェーンが繰り広げる終わりなき戦い。“牛丼戦線” だけでなく “カレー戦線” でも激戦が波及しているのはご存知の通りである。いや、むしろ現在はカレー戦線の方が苛烈(かれつ)かもしれない。

理由は言うまでもなく、「松屋」の存在。もはや牛丼チェーンなのかカレーチェンなのか分からなくなった感さえある同社は、『創業ビーフカレー』『ごろチキ』などの重火器を投入し、カレー戦線の支配権を強めている──といった印象を抱いているのは私だけではないだろう。だがしかし!

続きを全部読む

松屋が昨日ツイートした “エイプリルフールネタ” の内容について警告する / ごろチキ信者「松屋よ、ここから先は慎重に言葉を選べ」

昨日4月1日はエイプリルフールだった。様々な企業が工夫をこらしたネタツイートを投稿する光景は、もはやこの時期の恒例行事と言えよう。だがしかし! その中に一つ、どうしても解せないものがあった。松屋よ、お前のツイートのことだ……!!

詳しい内容はこれからご紹介するとして、松屋側の対応によっては今後、戦争が起きかねないということだけはハッキリ申し上げておきたい。私、あひるねこは松屋に警告する。ここから先は慎重に言葉を選べ……!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10