「松屋」にまつわる記事

【検証】松屋が発売した「牛めし味ふりかけ」と牛めしを食べ比べてみた! マジで牛めしの味になるのか?

2017年8月4日、牛丼チェーンの松屋が画期的な商品を発売した。「牛めし味ふりかけ」というオリジナルふりかけで、なんと松屋の超人気商品「牛めし」の味を再現しているというのだ。マジかよ! そんなドリーミンなアイテムを、なにサラッと発売しとんねん。買うしかねぇだろ。

というわけで、さっそくふりかけを買いに松屋へと走った。せっかくなので本物の牛めしも買って、このふりかけがどれくらい牛めしの味を再現できているのか食べ比べてみることにしたぞ! 本当に牛めしの味になっているのかどうか、レッツ・ジャッジ!!

続きを全部読む

【デブの味】松屋の新メニュー「鶏のバター醤油炒め定食」がにんにくビタビタで爆ウマ! 食い終わったら絶対に歯を磨けよ!!

世の中には数え切れないほどの食材が存在する。中でもトップに君臨するのが、畑界の絶対王者、にんにくだ。肉だろうが魚だろうがにんにく様と交わってしまえば、その圧倒的存在感の前にひれ伏すしかない。まさに “キング” と呼ぶにふさわしい食材といえよう。

そんなにんにく様の弱点は、自己主張が強すぎるため食べるシチュエーションを選ばざるを得ないこと。そして2017年8月22日、そのにんにく様が激しくアピッてくるとんでもないメニューが発売開始となったのでお知らせしたい。それが松屋の『鶏のバター醤油炒め定食』である。

続きを全部読む

【謎すぎグルメ】松屋の「麻婆カレー」が麻婆なのかカレーなのか全くわからない! ウマいけど何度味わってもわからないんだ!!

気持ち悪いけど可愛いのが、キモカワイイ。大嫌い大嫌い大嫌い大好きが、モー娘のサマーナイトタウン。世の中には「どっちやねん!」とツッコみたくなるものが多々あるが、2017年8月8日より松屋が発売を開始した『麻婆カレー定食』も、なかなかのどっちやねん! ……である。

これは言葉の意味だけで言っているわけではなく、1人前キッチリ食べて来てなお「どっちやねん!」と戸惑っているのだ。何度味わっても……どれだけ舌に神経を集中させても、マジでサッパリわからない……おい麻婆カレー定食! お前は麻婆なのかカレーなのかどっちやねん!!

続きを全部読む

【本日スタート】松屋の「プレミアム牛めし」が50円引きになるぞぉぉぉおお! 6月20日までの期間限定だから1日5回は行け!!

競争の激しい牛丼チェーンの中でも、無料で味噌汁が付いてくる「松屋」の安定感は抜群である。もし松屋と吉野家が並んでいた場合、特にこだわりがないなら味噌汁が付いている松屋に心がグラついてしまうのが人情であろう。

その松屋が、本日2017年6月13日からさらなるファンサービスを始めてしまうというのだから、こいつは目が離せない。創業51年目を記念した「大創業祭」と題し、『プレミアム牛めし』が通常価格より50円引きで提供されるのだ! マジかよ、今日だけで5回行くわ!!

続きを全部読む

【朗報】松屋史上屈指のウマさ「ごろごろ煮込みチキンカレー」が本日から大復活!

吉野家・てんや・すき家にココイチ。どの店も我々庶民には欠かせないファストフード店だが、中でも「松屋」の安定感は特筆すべきものがある。ビビン丼やカレー牛などのレギュラーメニューはもちろん、期間限定系にも激ウマなメニューが紛れているからだ。

今回は2017年6月6日、つまり本日から復活した松屋史上屈指の激ウマメニュー『ごろごろ煮込みチキンカレー』についてお知らせしたい。ハッキリ言ってこれは食べておくべし! というか、期間中のカレーは全部『ごろごろ煮込みチキンカレー』でいいくらい激ウマだぞ!!

続きを全部読む

【超トリビア】松屋は一部店舗で「秋田県産あきたこまち」を販売している / しかも良コスパ

吉野家、すき家と並ぶ大手牛丼チェーンといえば松屋だ。メニューは牛丼以外にもカレー、定食とバラエティ豊富。週に何度も通っているという人も多いだろう。ところで、そんな松屋フリークたちなら知っているだろうか? 松屋の一部店舗で、お米を販売していることを。

米と言っても、ライス単品などではない。スーパーで売っている、袋に入った炊く用の「白米」なのだ。それがなぜか、松屋で売られているという……。本当なのだろうか? にわかに信じがたいが。そこで、実際にこの目で確かめに行ってみたぞ!

続きを全部読む

【新商品】ネット限定「松屋・牛まん(金萬福氏監修)」を食べてみた結果 → ご飯が欲しくなるほど超濃厚だった!

コンビニのレジ横商品の中でも、不動の人気を誇るのが「中華まん」だ。120円前後のリーズナブルなものから、300円を超える本格的なものまで、様々な商品が販売されているのはご存知の通りである。

そんな中華まん界にネット限定発売で、牛丼チェーン大手の松屋が突如参戦。その新商品の名前は『牛まん』である。なんと、中華料理の巨匠・金萬福さんが監修しているというから、期待せずにはいられない。さっそく食べてみることにした。

続きを全部読む

ダイエッターに朗報! 松屋が「ライスを豆腐に変更できる」サービスを開始していた!! ただし店舗限定

最近はメタボを気にして、糖質制限している人も多いと思う。私(佐藤)の正直な意見としては、トクホ(特定保健用食品)のお茶なんか飲んだところで、体重が落ちる訳ではなく、やはり食事制限と運動は欠くことができないだろう。実際2016年にヘルシアを飲み続けてみたのだが、私の場合、大きな変化はなかった。

そこへ行くと、ラーメン店「立川マシマシ」の麺を豆腐に変更できるサービスや、リンガーハットの麺抜きメニューは大いに助かる。この流れに追随するように、牛丼の松屋がライスを温豆腐に変更するサービスを店舗限定で開始した。これはイイ!

続きを全部読む

【検証】松屋の新メニュー「鶏と白菜のクリームシチュー定食」に大論争 / どう考えても “みそ汁” が必要ないらしいので実際に食べてみた

現在、クリームシチューが話題だ。有田さん結婚おめでとう! ……ってそっちの「くりぃむしちゅー」じゃなーーーーーーい!! 2016年12月6日、松屋に登場した新メニューの方である。そう、クリームシチューみそ汁、ご飯、野菜がセットの「鶏と白菜のクリームシチュー定食(630円)」だ。

このメニューがネット上で大論争を巻き起こしている。どんな議論かと言うと「シチューにみそ汁はありなのか」というもの。確かに、汁物と汁物でバランスが悪そうだ。だが、相手は天下の松屋である。きっとこれには深い意味があるに違いない!

続きを全部読む

【大激怒】くら寿司の牛丼は本当に牛丼を超えているのか? 吉野家・松屋・すき家と食べ比べてみた → 吉野家に謝れッ!!

大手回転寿司チェーンのくら寿司は、2016年11月4日から牛丼(370円)の販売を開始した。おそれ多くも、「牛丼を超えた、『牛丼』」と銘打って販売開始したのだ。これは大手牛丼チェーンへの宣戦布告といっても過言ではないだろう。

実際に食べてみたところ、完全に言い過ぎであると思ったのだが、そこまで言うなら確かめるしかない。ということで、吉野家・松屋・すき家の大手3社の牛丼と食べ比べてみた。

続きを全部読む

くら寿司が販売を開始した「牛丼を超えた、『牛丼』」を食べてみた率直な感想 / 思い上がるな! 全然超えてねえッ!!

回転寿司業界の常識を次々と打ち破るくら寿司が、2016年11月4日からまた新たな商品の販売を開始した。その商品は牛丼である。それもただの牛丼ではないらしい。なにしろ、「牛丼を超えた、『牛丼』」と名付けたそうだ。

いやいや、牛丼を超えてたら、牛丼じゃないだろ。そこまで言うなら食ってみよう、ということで食ってみたら……。おい! 全然牛丼超えてねえじゃねえか! ウマいけど、これ牛丼だろ。思い上がるなよ! ウマいけど。

続きを全部読む

松屋の「三色丼」がフリスビーと話題に! 実際に注文したらビート板だった!!

皆さんは覚えているだろうか? 今から4~5年前頃に、大手牛丼チェーン「すき家」が販売していた、まぐろたたき丼が「フリスビー」と呼ばれていたことを。これは盛り付けられたまぐろが、あたかもフリスビーのような形状をしていたことから、こう呼ばれていたのである。

あの懐かしの盛り付けを思い出させてくれる商品が登場したと、ネット上でひそかに話題になっている。すき家ではなく、今度は大手チェーンの「松屋」だ。2016年8月9日より販売開始となった三色丼(単品580円)。このまぐろがフリスビーしているそうなのだが……。実際に食べてみたぞ!

続きを全部読む

【新作】松屋の「グリーンカレー」が具だくさんで結構ウマい! これで650円なら高コスパグルメに認定する!!

2016年、密かに攻撃的なメニューを続々と送り出している松屋。「坦々エッグプレート」や「ごろごろチキンカレー」、さらには「ケイジャンチキン定食」など、どれも大手牛丼チェーン店のメニューとしてはアグレッシブなラインナップといえるだろう。

そんな松屋が2016年5月24日から販売開始したのが「チキンと茄子のグリーンカレー」である。確かにカレーは松屋の看板メニューの1つだが、一般的なカレーとグリーンカレーは似て非なるもの……これは確かめるしかあるまい! というわけで、松屋まで足を運んだのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

松屋が本気出してきた! 本日4/12発売「ごろごろチキンカレー」が思った以上に “ごろごろ” していてビックリした

以前の記事で、牛丼チェーン松屋の「担々エッグプレート」についてお伝えした。改良の余地はあるものの、かなり評価できるメニューだったのだが、その松屋がまた新たなメニューの提供を開始した。

それは「ごろごろチキンカレー」である。宣伝写真を見るとたしかにチキンがごろごろとしているけど、実際は違ったりするんじゃないの? 他社ではあるけど、2015年に販売された豚丼は写真と実物が随分違ったんだけど。気になったので実際に食べてみた。

続きを全部読む

松屋始まったか!? 期間限定「担々エッグプレート」がかなりウマい件 / ただし改良の余地あり

特に終わってないが、松屋が始まったかもしれない。松屋とはもちろん、大手牛丼チェーン店・松屋のことである。なぜ始まったかというと、2016年3月17日から展開されている期間限定メニュー『坦々エッグプレート』がかなりウマいのだ。

個人的な感想になるが、高いレベルで安定してはいるものの、激ウマメニューに恵まれない松屋。だが『坦々エッグプレート』は今後の改良次第で、「ビビン丼」「フレッシュトマトカレー」に次ぐ、松屋の激ウマ商品になるポテンシャルを秘めていると感じた。

続きを全部読む

【攻めすぎ注意】松屋のラーメン専門店「麺Dining セロリの花」がイタリアンに侵略されすぎてもはや中華ではないレベル

黎明期から牛丼業界の最先端を走り続ける「松屋」。実はこの会社は、いろんな業態の店舗を展開している。とんかつに始まり、寿司カレー……そのすべてが高いクオリティーを誇っているというのは以前の記事でご紹介した通りである。

そして、今回は満を持してみんな大好き「ラーメン」をご紹介しよう。しかも、ただのラーメンではなく “イタリアン風ラーメン” だ! そうは言ってもラーメンはラーメンなんだし、ちょっとイタリアン風味が入っただけでしょ?……そう思ってた時期が私(中澤)にもありました。実際に行ってみたら、見たことない食べ物が出てきたんだな、これが。

続きを全部読む

今年もキター!「松屋」のプレミアムシリーズ『豚テキ定食』が本日11/19に解禁 !! さらに美味しくなる裏ワザも発見したゾーーーッ!!

「牛めし」というB級グルメに『プレミアム』という異色の組み合わせで話題となった「松屋」。だがしかし…..松屋のプレミアム系商品が牛めしだけではないということをご存知だろうか?

実は松屋には、牛めし以外にも数年前から期間限定で販売している「豚テキ定食」というプレミアム系の商品があるのだ。そして、それが再び本日 2015年11月19日発売になったらしい。ということで、早速松屋へ行ってきたゾ!

続きを全部読む

【衝撃の結果】エースコックが「牛めし風うどん」を発売したので松屋の「牛めし」と食べ比べてみた

リーズナブルな値段と安心感のある味で、これまで数多くの独り身男性の心とお腹を満たしてきた松屋の「牛めし」。一方、お手軽さと普遍的な味で、貧乏生活の友であるカップ麺。弱いものの味方であるその2つが、ついに手を組んだ。エースコックがこの度、松屋監修で「牛めし風うどん」というカップ麺を発売したのである。

それにしても、「牛めし風」とはどういうことだ? だってうどんだったら牛 “めし” じゃないじゃん。牛うどんじゃん。というわけで、何がどう牛めし風なのか調査するべく、この商品と松屋の牛めしを食べ比べてみることにした。調査の結果浮かび上がってきたのは、衝撃の事実だった……!

続きを全部読む

松屋唯一のカレー専門店「マイカリー食堂」が激烈ウマい! 全国展開したら松屋自体が消滅しかねないレベル!!

牛丼・ビビン丼・カレーギュウ。牛焼肉にハンバーグと、バラエティ豊かなメニューがお手頃価格で食べられるお店といえば、庶民の味方「松屋」である。個人的には夏季限定のトマトカレーが超ウマい! 松屋最高ぉぉぉおおお!! ……と、思ってた時期が俺にもありました……。

つい先日のこと。なんと松屋に日本で唯一の「カレー専門店」があるという情報をキャッチ! な、なにーーー!? カレーだけの松屋だと……? これは行くっきゃない!! というわけで、東京は武蔵野市の『マイカリー食堂』に足を運んでみたのでご報告したい。

続きを全部読む

牛丼の「松屋」が運営する回転寿司グループ「すし松」のコストパフォーマンスが異常に高い件

以前の記事で、大手牛丼チェーンの「松屋」が運営するとんかつ屋「松乃家」についてお伝えした。実は同社が運営している飲食店グループはほかにもある。

そのうちのひとつが回転寿司グループの「すし松」だ。牛丼グループと同様に安さと手軽さを追求しており、そのうえでかなりクオリティも高い。これはもしかしたら、大手回転寿司チェーンを脅かす存在に成長して行くかもしれないぞ! マジでコスパがイイッ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3