「東京オリンピック」にまつわる記事

デザインを模倣された米デザイナーが「東京五輪エンブレム」を考案! 佐野研二郎氏はこれにどう答えるのか?

2020年の東京オリンピック公式エンブレムの問題は、一向に収束する気配がない。デザインを手がけた佐野研二郎氏は、サントリーのキャンペーン賞品に使用したデザインの一部に模倣があったことを認めた。サントリーは関連する賞品を取り下げている。

取り下げられたデザインの一部には、アメリカのデザイナー、ベン・ザリコー氏のものも含まれていた。そのザリコー氏の事務所がオリンピックのエンブレムを考案することを発表し、2015年8月17日にFacebookで公開したのである。そのデザインとは!?

続きを全部読む

【弁護士に訊く 第3回】東京オリンピックのエンブレムがベルギーの劇場ロゴに似ていた問題、日本の法律的にはどうなの?

2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピック。その開催に先立って、2015年7月24日にエンブレムのデザインが発表されました。これがベルギーのリエージュ劇場のロゴマークに似ているとして、このロゴマークをデザインした建築家が法的対応を検討していることが報じられています。

もしこのようなケースが、日本国内で起きた場合、どうなるのでしょうか?

続きを全部読む

地下アイドル「仮面女子」の2015年の展望が無茶すぎる! 1月1日発売のシングル売り上げ20万枚・紅白出場など

2014年を怒涛の勢いで駆け抜けた地下アイドル、仮面女子。今年は年明け早々にデヴィ夫人やビッグダディ(林下清志さん)、野村克也さんなど、大御所が彼女たちの常設劇場P.A.R.M.Sに出演。5月にZeppTokyoワンマンを決行したと思ったら、その勢いのままに夏フェスに相次いで参戦するなど、とにかく精力的に活動してきた。

最近関係者向けに行われたショーケースイベントで、彼女たちが所属するアリスプロジェクトのせいじ社長は来年以降の展望について語った。その展望で、また途方もない目標を掲げているのである。ただでさえ2015年11月にさいたまスーパーアリーナワンマンが決定しているというのに。とにかく「無理」とか「難しい」とかいう消極的発想が出てこない事務所である。

続きを全部読む

【夢の共演】海外アニメーターが制作した『ドラえもん』と『AKIRA』の融合アニメがカオスすぎて笑った

2020年に開催が予定されている「東京オリンピック」。その招致運動の際に、ドラえもんが特別大使に就任している。世界的に知られている漫画であるため、この大役を任されたのではないだろうか。

そんなドラえもんと近未来を舞台にしたSFアニメが異色のコラボ!? 海外のアニメーターが斬新な作品を制作し、話題になっている。合体した作品とは、大友克洋監督の手掛けた『AKIRA』である。約1分の短い作品ではあるが、思わず見入ってしまう。長編で見たい~ッ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3