「富山県」にまつわる記事

【豪快肉】なにコラ!? 長州力の腕回りを再現した肉塊『チャーシューRIKI』のインパクトがヤバイ / 単なるシャレ商品かと思ったらガチウマだった

「長州力」と聞いて何を思うだろう? 長州との初コンタクトがバラエティ番組という人は「滑舌の悪いおじさん」というイメージがあるかもしれない。いやいやいや……! 過去記事でも紹介したとおり、プロレスファンにとって長州とは「強さと怖さの象徴」だという。

そんな長州力が『チャーシューRIKI』になっていた。そうそう、チョーシュー、チャーシュー、チョーシュー、ちゃーしゅ……って、どっちなんだコラ!? 何言ってんだコラ!? 気になったので、さっそく現物をゲットしてみたぞ!

続きを全部読む

【クイズ】富山弁で『だいてやる』 ってどういう意味? ヒント → 意味を知った人「嬉しいです、全力でだいて♪」

突然だが、皆さん! 誰かに「だいてやる」と言われたら、どんな気持ちがするだろうか。嬉しい? 不愉快? いずれにせよ、まずドキっとしたり、ビックリするのではないだろうか。

さて、先日、富山県であるポスターを発見した。そこには、落語家の立川志の輔さんの姿と共に、まさにこう書かれていたのだ。「だいてやる」。ちょっと公共の場で何言ってんのよ~っ! しかもこのポスターは、自治体が作ったというではないか。……見た側は、一体、どう反応すればいいのか。ポスターを作った射水市に聞いてみた。

続きを全部読む

【ガチ比較】中田英寿 監修「日本酒キットカット」は銘酒『満寿泉』を再現ってホント? 実際に食べ比べてみた結果!

2016年に登場して以来、日本人だけでなく外国人にも人気の「日本酒キットカット」。2017年秋、そんな日本酒キットカットが、パワーアップして帰ってきたという。富山の銘酒『満寿泉(ますいずみ)』を使った仕様となっているのだ!

具体的な銘柄が明記されたのは、これが初めてではないだろうか。つまりザックリした “日本酒風味” ではないということ。これは自信作に違いない! いやが上にも期待が高まる……実際にお酒と味を比較してみた!

続きを全部読む

ミシュランに掲載された煮干しラーメンが超絶品! 富山県氷見市の『貪瞋痴(とんじんち)』は審査員も悶絶したと思われる犯罪的なウマさ

食において絶大な信頼を寄せられる『ミシュランガイド』。もし同誌で紹介されようものならお客さんが殺到し、行列必至の人気店となる。それもそのはず、ミシュランに載った店は間違いないところが多い上に、本当においしいからだ。

これまで東京をはじめとする大都市を中心に取り上げていたミシュランだが、2016年には特別版として『富山・石川(金沢)』を発行。そして富山県氷見市では『貪瞋痴(とんじんち)』というお店が掲載された。

続きを全部読む

脳を揺さぶる超濃厚ラーメンは中毒不可避! 初めて体験した「富山ブラック」で天国を見た

黒部ダムをはじめ、高岡大仏、世界一美しいスタバなどが有名な富山県。日本海に面しているため魚介類がおいしいことでも知られているが、もし訪れたならば是が非でも食べておきたいのが「富山ブラック」だ。

周知の通り、スープが真っ黒な醤油ラーメンは富山県ならではの一品。もちろん、初めて富山県を訪れた私(筆者)も食べることにした。ただ、とあるラーメン店は一発目から中毒不可避。脳を揺さぶられるようなガツンとくるラーメンを提供してくれたのには驚いた。

続きを全部読む

世界一美しいスタバは日本にある! まさかの富山県だった / 県民が語る “美しい理由” を聞いたらメッチャ羨ましくなった

スターバックスと言えば、シックなカラー&ウッディなインテリアが特徴だが、その枠を超えた『コンセプトストア』と呼ばれる特別な店舗がある。たとえば、特徴的な建築の福岡大宰府店、海外では香港の伝統的な喫茶店をモチーフにした「スタバ冰室(ビンサッ)」などなど。

そのなかで「世界一美しいスタバ」と称される店舗が、日本にあるのをご存知だろうか? 東京? それとも京都? いや違う。それは……富山県だ! なぜ富山!? ちょっと色々想像がつかないが、何がそんなに美しいのか実際に行ってみた。

続きを全部読む

【究極グルメ】金箔仕様になった極旨ソフトクリーム『クレミア』を食べてみた → 金箔ってスルっとトロけるんだ! ふしぎな食感に脳の混乱が止まらない

この世にソフトクリームは数多くあれど、“究極の” をつけるなら「クレミア」を外すことはできないだろう。生クリーム25%と非常に濃厚でありながら、絹糸のようにスーっと消える食感。それを支えるラングドシャコーン。もう完璧。これ以上進化のしようがない。

……だがしかし! そんなクレミアがさらに高みにのぼってしまったのをご存知だろうか? それは黄金に輝くクレミア!! 贅沢にも金箔1枚をペタっと貼ったクレミアが売られていたのである。金粉ではない、一面、金箔なのだ。

続きを全部読む

【秘密のグルメ】石川県の伝統食『かぶら寿司』がウマすぎてお箸が止まらない! 「神様、なぜ日本中に広めなかったの!?」と叫びたくなるレベル!!

突然だが皆さん! 石川県の名物と言えば何を思い浮かべるだろうか? 「治部煮」や「8番らーめん」、「とり野菜みそ」も捨てがたいが、この冬の季節なら断然「かぶら寿司」であろう!

……と言っても北陸以外では知名度がイマイチなかぶら寿司。筆者(私)も数年前に初めて食べたのだが、ああ、神様! なんでこんなに美味しいものを北陸に閉じ込めていたんですかぁぁ!? もっと早く出会いたかった、そう思うほど唯一無二のウマさなのである。

続きを全部読む

【新提案】流行りの「埼玉ポーズ」に続く『都道府県ポーズ』を考えてみた 北陸・東海地方編

ここ最近、流行中という『埼玉ポーズ』であるが、ロケットニュース24では「それなら全都道府県のポーズを考えよう!」ということで、これまで「北海道・東北地方」「関東・甲信越地方」の都道府県ポーズをご提案した。今回は第3弾『北陸・東海地方編』である。

埼玉ポーズをおさらいすると、OKサインにした手を胸の前でクロスさせ、左足を少し前に出すポーズのこと。ビシッと決まる埼玉ポーズだが、今回の『北陸・東海地方ポーズ』もヒケを取らないクオリティ揃いである。お住まいの人はもちろん、出身者も使ってくれよな!

続きを全部読む

【オススメ東京→金沢行き方まとめ】こんな人に勧めたい新幹線以外での金沢への行き方6選

きたる2015年3月14日、ついに東京駅から金沢・富山間の北陸新幹線が開通する! いままで不便だったので行けなかった北陸地方にぜひ新幹線を使って行きたいという人は多いと思うが、本当に新幹線がベストな交通手段なのだろうか?

ぶっちゃけ今までもあった手段で金沢へ行ったほうが、じつは旅を楽しめるのではないか……? そんな疑問を抱いたロケットニュース24編集部の記者6名が、自分たちでリサーチした「もっともオススメしたい東京から金沢への行き方」を実践!

飛行機や電車、夜行バスなどのマトモな移動手段から、軽自動車やフェリー、韓国経由などの一見クレイジーなものまで、それぞれ向いている人や向いていない人をお教えしつつ紹介するぞ! 詳しい内容は以下のとおりだ。

続きを全部読む

富山県射水市観の新湊。この町は富山県の富山と高岡の間の北方にあり、漁師町と木材加工の町で知られている。人間国宝・石黒宗麿の出身地で、立川志の輔、「美味しんぼ」の花咲アキラなどもいる。

人口3万5000人程度の町だが、多くの住人の苗字が変わっている珍名の多い町。漁師町らしく、「釣」、「網」、「魚」、「波」、「海老」などがあり、他にも「米」、「菓子」、「酢」、「飴」、「風呂」、「桶」、「地蔵」、「牛」、「菊」、「大工」、「音頭」、「小豆」、「豆腐」、「味噌」などがある。

続きを全部読む