「商店街」にまつわる記事

【高コスパ】激安天国「砂町銀座商店街」は1000円持っていけば豪遊できるぞォ!

地元ならではの楽しさや人情が漂う商店街。近年はシャッター通りとなった場所も増えてはきたが、まだまだ活気に溢れた商店街はたくさんある。

東京都江東区にある「砂町銀座商店街」もその一つ。何を隠そう、ここには安くて美味しいグルメが数多くあり、お財布にやさしい金額で腹いっぱい、胸いっぱいの幸せ気分を味わえるのだ。実際に1000円を持って検証しに行ったところ、ハンパないほど食べ物を買うことが出来た! 豪遊、バンザーイ!!

続きを全部読む

【超コスパ】東京・砂町銀座「みどりのおかず」のチキンカツ(200円)がデカすぎた! グローブとマジで見間違えたぞ!!

日々、安くてボリュームのある唐揚げ弁当を求めてさまよい歩く私(佐藤)。いろいろ食べ歩くうちに、東京都足立区の「ダイナマイトキッチン」がもっともコスパが高いという結論に達したのだが、まだまだリサーチが足りないことを実感した。

というのは、東京・西大島の砂町銀座にはコスパの高い弁当屋・惣菜屋がいくつも軒を連ねていると発見したのだ。この商店街はヤバい! 1000円あったら、たらふく美味しいモノが食えてしまう!! なかでも、「みどりのおかず」というお店のチキンカツがスゴかった! 200円なのにグローブぐらいの大きさはあるぞ!

続きを全部読む

東京・野方の商店街の貼り紙企画がやたらじわじわ来る / 惣菜屋「STAP細胞入さつまあげつくりました」 時計店「ハラ時計も修理します」

以前の記事で、大阪・阿倍野区の「文の里商店街」についてお伝えした。ここはかなりエッジの利いたキャッチコピーのポスターを貼り出して、全国的に脚光を浴びたのである。

実は4月1日のエイプリルフールから期間限定で、これと同じような奇抜な貼り紙を店舗に掲載している商店街がある。西武新宿線・野方駅周辺の商店街では、「エイプリルフール de 街おこし」が行われており、参加店舗にはちょっとドキ! とするような内容が貼り出されているのだ。

続きを全部読む

【究極の下町】葛飾区立石を散歩中にディズニー非認可の「わけありランド」を見た! Byクーロン黒沢

東京のキング・オブ・下町「立石」といえば、安くてうまい居酒屋が多いことで有名。その道では「酒呑みの聖地」などと呼ばれているが、酒とつまみ以外にも見どころは多い。

てなわけで、いつ消えてしまってもおかしくない文化財クラスの町並みに、ちょっぴり危険なオヤジの香り。シラフの皆さんもドキドキで楽しめる、立石・路地裏探検記をお届けします。

続きを全部読む

【大阪】面白キャッチコピーで有名になった「文の里商店街」に行ってきた / 大阪の下町だからこそ似合うポスター

大阪市阿倍野区にある「文の里商店街」の商店のポスターが、最近有名になったのをご存知だろうか? 

一見、何の変哲もない商店街なのだが、ポスターのキャッチコピーが、ユニークだと注目を集めているのだ! 海外でも高く評価されるほどである。そこで今回はそのポスターとともに、商店街の方の声を取材したので紹介したい。

続きを全部読む

【昭和ノスタルジー】日本最古の地下商店街となった「浅草地下商店街」を訪ねる

日本最古の地下商店街はどこかご存知だろうか?  東京・銀座三原橋地下街の最後のお店「三原カレーコーナー」が2014年4月27に閉店したことにより、最古の地下商店街は東京・浅草地下商店街となった。

商店街の規模としてはとても小さいもので、端から端まで見渡せてしまうほどだ。1955年の開設から60年を経ており、現在営業しているお店の数もそう多くはない。昭和のノスタルジーを感じさせる佇まいは切ない。まるで時代に取り残されたような気分になる。それと同時に、懐かしさに癒される思いもするのである。

続きを全部読む

【グルメ】飲食店の食材を自由にチョイスしてオリジナルハンバーガーが作れる「ハンバーガーストリート」誕生!!

ファストフードといえば「ハンバーガー」である。手軽に食べられるうえに、各チェーン店が趣向を凝らしたメニューを提供しており、国民食といっても良いほど日本中で親しまれている。もっと自由においしくハンバーガーを食べたいと思ったことはないだろうか?

その夢を叶えてくれるような斬新なキャンペーンを、大阪の小さな商店街がスタートさせた。その名も「ハンバーガーストリート」。バンズ(パン)を購入して、参加各店で好きな具材をチョイス。すると自分だけのオリジナルバーガーの完成である。実際にどんなものなのか、ハンバーガーストリートへ行ってみた。

続きを全部読む

【1時間で日本縦断】Googleストリートビューだけで日本縦断する動画がマジすごい!!

日本に住んでいるのならば、人生一度はやってみたいのが「日本縦断」だ。北海道から九州まで、景色や気候の変化を感じ取りながら移動してみたい。だけど、そんな時間も金もない!

そんな人に是非とも見て欲しいのが今回ご紹介する動画集、題して「1時間で日本縦断してみた」だ。なんと、Googleストリートビューだけで日本縦断してしまう動画なのである。

続きを全部読む