「同性愛」にまつわる記事

ゲイ男子5人組がダサメンを大改造するNetflixの『クィア・アイ』がマジで笑えて泣けて超おススメ!

日本では、クリス松村やマツコ・デラックスをはじめとするおネエ系タレントが人気を博しているが、それは海外でも同じである。

そんななかでも、イケメン・ゲイ男子5人組がダサメンを大改造する、Netflixの『クィア・アイ』が超~笑えて超~泣けて、とにかく “超” を10個ぐらい付けたくなるほどおススメなので紹介することにしたい。ちなみに筆者が、ほぼ毎回泣いてしまったほどの隠れ名番組なのである!

続きを全部読む

海外スーツメーカーが『ラブラブな男同士の写真』を広告に使用してネット民がザワつく → インスタフォロワーが1万人減少

ドイツやスペインなどに続き、一番最近ではオーストラリアで同性婚が合法になり話題になっていた。世界的に同性愛者の権利が次々と認められるようになっている中、オランダのスーツメーカーが「ラブラブな男同士の写真」を広告に使用して物議を醸しているという。

その結果、同社のInstagramのフォロワーが1万人も減少したと報じられているのだが、読者の皆様は問題の広告を見てどうお思いになるだろうか!?

続きを全部読む

【必見】同性愛をポップに描いた短編アニメが人気沸騰中! 約4日間で1450万再生を突破!!

性的少数者を指す言葉として知られるLGBT。同性愛者のレズビアン(L)やゲイ(G)、両性愛者のバイセクシュアル(B)、心と体の性が一致しないトランスジェンダー(T)の頭文字をとったものであることはご存知の通りだ。

あらゆる国でLGBTの理解を深める活動が増えているなか、2017年7月31日にネットで公開された同性愛を主題にした短編アニメが、瞬く間に驚異の再生回数を記録。現在、世界中で大きな注目を浴びている。

続きを全部読む

『ゲイやバイセクシャルの人に聞いてはいけない 10の質問』がこれだ!「いつ自分がゲイだと気付いたの?」「浮気しやすい?」など

聞きたいことも聞けないこんな世の中じゃポイズン……そんな気持ちで、誰に対しても遠慮なく質問をぶつける人もいる。うん、知らないことは知ったかぶりをせずに素直に聞く態度って素敵!

とは言え、相手の気持ちを考えずに、なんでもかんでも質問を投げつけるのはダメダメだ! たとえ悪意がなくても、“聞いたら失礼にあたる” 質問ってあるもの。

この度もあるゲイ(同性愛者)&バイセクシャル(両性愛者)の人気ユーチューバーが、「ゲイやバイセクシャルの人に聞いてはいけない 10の質問」を解説する動画を公開した。一体、どんな質問がNGなのだろうか?

続きを全部読む

同性愛者の性的指向を ‟ソース” に例えた動画が胸にググっと来る! ユーモアたっぷりなオチも最高!!

ひと昔前に比べると、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の人々がカミングアウトしやすい環境が整ってきたとはいえ、それでも、親に自分の性的指向を告白出来ないという人は多いようだ。

そんななか、同性愛者の性的指向を ‟ソース” に例えた動画が、「胸にググっと来る!」と話題になっているので紹介したい。そして、ユーモアたっぷりなオチも最高なのである!!

続きを全部読む

同性愛がタブーだった戦時中にゲイのカップルが交わしたラブレターが大量に発見される / 二人の青年の恋物語が出版される可能性も

今でこそ先進国では、同性愛者であることを公言しても受け入れられやすくなったと言えるが、一昔前まで同性愛は法律で禁じられたり、タブーな印象が拭えなかった。

そんななか、同性愛が違法だった第二次大戦中に恋人同士が交わしたラブレターが大量に発見され、 二人の青年の恋物語が出版される可能性もあるというのだ。同性愛の歴史を語るうえで、貴重な資料になるとも言われているのである。

続きを全部読む

同性愛が重罪のサウジアラビアで『ゲイ大好き(I Love Gays)』のハッシュタグがトレンドに! ネットの声「愛する自由を信じているから」

同性婚が合法化される国が増え、世界中でLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の権利が認められつつあるなか、中東やアフリカにはLGBTに否定的で、場合によっては死刑を言い渡される国もある。

そんな国のひとつサウジアラビアで、最近「I Love Gays:ゲイが大好き」のハッシュタグがトレンドとなり、「そろそろLGBTの権利を認めるべきではないか」との声が高まっているというのだ!

続きを全部読む

1万人もの “反同性愛婚デモ” の前に12歳の少年がたった1人で立ちはだかり話題 / 少年「僕にはゲイのおじがいる。反対する人たちを許せない」

たった1人で何かに立ち向かうのは、誰にとっても勇気のいることだろう。けれども、自分が「見捨てておけない」と思ったことから逃げない人は、世界中に大勢いるようだ。例えばある12歳の少年がそう。

この度メキシコで反同性愛婚デモが起こったのだが、そこに12歳の少年が立ちはだかった。彼は1万人もの群衆の前に立ち、デモを止めようとしたのだ。

続きを全部読む

【社会実験】公共の場でゲイ嫌いな男性が同性カップルに暴言を吐いたらこうなった! 周囲の反応に心を動かされてしまうぞ!!

世界では、同性婚や同性愛者のパートナーシップを認めている国もあるが、異性愛者に比べたら、とてもではないが彼らが ‟市民権” を得ているとは言い難いだろう。

なかには、あからさまに同性愛者を毛嫌いする人も少なからずいるが、公共の場で “ゲイ嫌いな男” が、同性カップルに暴言を吐いたらどうなるか社会実験が行われた。周囲の人々の反応を見たら、きっと心を動かされてしまうに違いない!

続きを全部読む

メキシコで「ゲイカップルが主役のCM」が初めて登場! 時代は確実に変化しているぞ!!

世界ではフランスやノルウェー、イギリスにスペインといった国々で同性婚が合法化され、同性のパートナーシップが認められている国も増え続けている。

宗教により同性愛がタブーとされている国もあるが、時代は確実に変化してきているようだ。そんななか、全国規模で同性婚合法化に向けて動いているメキシコで、ついに「ゲイカップルが主役のCM」が登場したというので紹介したい。

続きを全部読む

ゲイの教師が “オカマ!” といじめられた児童のために「王子様同士が結婚する絵本」を紹介 / 教師の指導に賛否両論の声が!

時に子供は、大人よりも残酷なことを言って人の気持ちを傷つけることがある。残念ながら、いつの時代になってもイジメはなくならないものだが、あるゲイの教師が、オカマ呼ばわりされてイジメられていた児童のために、クラスで「王子様同士が結婚する絵本」を紹介。

すると、保護者や教育関係者から賛否両論の声が挙がり、大きな波紋を呼んだというのだ。読者の皆さんは、この教師の教育指導をどうお思いになるだろうか?

続きを全部読む

【動画あり】アメリカの空港で暴力事件を起こしたらこうなった / パないスピードで警察がその人物を逮捕

電車で通勤していると、たまに目にするのが車内やホームでの暴力行為だ。足を踏まれた、肩がぶつかった、睨みつけたなどなど。その原因はケースによりけりだろうが、人々が怒鳴り合ったり掴み合いをしている光景は、たとえ自分が無関係でも見ているだけで気が滅入るものである。

今回紹介するのは、そんな公共の場での暴力行為。といっても日本ではなく、アメリカ。しかも、ただでさえセキュリティーが厳しい場所である、空港で起こった事件だ。果たして、暴力を振るった人物はどうなってしまうのか? 一部始終を記録したYouTube の動画「DALLAS AIRPORT FIGHT CAUGHT ON VIDEO – 10/23/2014」と合わせて紹介しよう。

続きを全部読む

双子の兄弟が両親にゲイをカミングアウト! 両親の理解あってカッコ良すぎる反応にネットユーザーが大反響!!

ひと昔前に比べたら状況は改善されつつあるものの、残念ながら、いまだに同性愛者はジョークのネタにされることも多く、一般的に受け入れられているとは言いがたい。

ある同性愛の双子の兄弟が、両親にカミングアウトするビデオを制作したそうだ。なかなか親に同性愛を告白できずに悩んでいるという人達にメッセージを送りたいと公開されたところ、「両親の反応があまりにもカッコ良過ぎる!!」と大反響を呼んでいるのである!

続きを全部読む

【イイ話】同性愛が親にバレてしまった17歳の青年がネット住民の親身なアドバイスに助けられる 「つらいけど自分の道を進むんだ」

インターネットの良いところは多数あげられるが、「世界中の人々の意見が聞ける」ということも大きな利点の1つだろう。そして、その意見は時に人の窮地を救うこともあるのだ。今回は、そう痛感する出来事をお伝えしたい。

日々多くの相談や質問が載せられる海外サイト「Reddit」に、親にゲイであることがバレてしまった17歳の青年が相談を投稿したところ、ユーザーから真剣かつ現実的な回答が多数寄せられたのである!

続きを全部読む

【コラム】なぜ男同士なのに「今コイツとキスしたら……」と考えるとドキドキしてくるのか

やってはいけないことを “あえてやりたくなってしまう” のが人間である。もし “やってしまったら” どうなるのか。どんな展開が待ち受けているのか。その “やってしまう” スイッチを簡単にONにしてしまうのが露出狂などの性的犯罪者であるが、普通の人のスイッチも案外ガバガバである。

例えばキスだ。別にその気は全然ない。いたって普通のノンケであるが、いま隣にいるアイツの唇に、「そっ……」と俺の唇を重ねてしまったら……と考えてしまうことはよくある話だ。つまりは妄想。禁断の妄想である。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

取り壊しに抗議して「築107年の倉庫」と結婚した女性に物議 / 女性「倉庫は女性なので同性婚です」

以前の記事で、人間ではないものに熱愛する人たちについてお伝えした。ドイツに住むとある女性は崩壊した「ベルリンの壁」と結婚し、アメリカの女性はパリの「エッフェル塔」にほれ込み、私的に結婚式を挙げている。彼らは、壁や塔を心の底より愛しており、人間ではないものに恋愛感情を抱いているのである。

最近米シアトルのバビロニア・アイザスさんは、築107年の倉庫と結婚式を挙げた。これには少し事情があり、先に紹介した女性たちとは異なり、政治的な意図が絡んでいるようだ。しかも、彼女自身の発言が同性愛者を差別するような意図が含まれていると指摘を受け、物議をかもしている。

彼女は一体なぜ、倉庫と結婚するに至ったのだろうか?

続きを全部読む

ペンギンの同性愛カップル、養子を迎え夫婦として祝福される

先日、ロケットニュース24で、ペンギンの同性愛カップルについてお伝えした。こちらのカップルは動物園側の意向により、愛し合っているにも関わらず無理やり引き離されそうになり議論を巻き起こした。

だが、動物の同性愛問題も必ずしも反対されている訳ではないようだ。別の動物園ではペンギンのオス同士のカップルをむしろ祝福、しかも孵化したばかりのヒナを養子として与え夫婦として認めたらしい。

続きを全部読む

【豪州・世論調査】同性間の結婚を認める法改正はアリ

オーストラリアで行われた最近の世論調査で、同国民の約4人に3人が将来法改正により同性間の婚姻が認められるようになると考えていることが明らかになった。調査結果は法改正を求める人々の活動を後押しするものとなっている。

同調査は婚姻の機会均等を求める団体であるAustralian Marriage Equality(AME)と、同性愛者支援団体がギャラクシーに委託して行われた。1052人の成人を対象に、同性結婚がいずれ認められるようになると思うかを質問した。

続きを全部読む