「受験」にまつわる記事

【疑問】なぜセンター試験は1月のクソ寒い時期なのか / 毎年どこかで荒天! 無慈悲な日程に「受験生に余計な心労かけるなよ」って思うのだが

2018年1月13日&14日、いよいよ大学入試センター試験の当日だ。もう準備は万端だよね!? あとは当日、いままでやってきたことをいつものようにこなすだけ……のはずなのだが! 今一番気になることはお天気ではないだろうか? 寒さヤバイ、雪ヤバイ!!

そういえば、この時期は毎年のように荒天な気がする。明日も電車が動いていなかったらどうしよう……ただでさえ緊張する大事な日に、どうして余計な心配をかけさせるのだろう。なぜ、わざわざこの時期に試験を行うのか? 決めたヤツ、出て来いや!

続きを全部読む

一蘭で限定発売されている「合格ラーメン」が縁起よすぎ! 心も体も大満足できる最高の一杯だった

つい先日、2017年もセンター試験が開催され、いよいよ受験シーズンに突入した。受験生は春に向かってラストスパート。志望校に受かるため、必死に頑張っていることだろう。

この時期になれば、神社をはじめ受験生を応援するところは多いが、なんとあの「一蘭」も縁起よく営業しているらしい。なんでも「学問・ 至誠 (しせい)・厄除けの神様」として菅原道真公を祀る太宰府天満宮にある太宰府参道店では、「合格ラーメン」を提供しているという。これは実際に食べねばなるまい!

続きを全部読む

日本と世界の学校はココが違う! 「バケーションで学校を休めちゃう」「お受験がない」など

「ところ変われば品変わる」ということわざがあるが、一歩日本から出ると、品だけではなく生活習慣や文化が大きく異なり、本当に驚かされることが多い。

それは、学校についても言えるようで、そんな日本と世界の学校の違いについて、筆者の海外に住む姪っ子の体験談を交えながら、5つ紹介してみたいと思う。

続きを全部読む

【あるある】世界史が不得意なひとにありがちなこと

みなさん、世界史は好きですか? 『好きこそ物の上手なれ』とはよくいうが、必ずしもそうとは限らないのもまた、世の常。世界史が好きで、意気揚々と世界史を選択してみたものの、思うように成績は伸びず、受験では足を引っ張りまくる……という悲しき事例も存在する。

今回はそんな、世界史を選択したものの全然思い通りに事が運ばなかった人にありがちなことを列挙していこう。なぜ教科書は色ペンで塗りたくられているのに、私の頭には何一つ記憶として残されていないのか……なぜ、点と点が線で結ばれないのか。そんな人のやるせない気持ちに寄り添うあるあるは以下の通りである。

続きを全部読む

受験サプリの「絶対に眠くなる授業動画」を試してみた / 美術史の先生がセクシーすぎて寝てる場合じゃなかった(笑)

勉強や仕事の合間に、「仮眠するといい」という話をよく耳にする。仮眠には記憶を整理したり、集中力をアップさせたりする効果があるらしく、うまく活用すると勉強や仕事の効率がよくなるという。

ロケットニュース英語版でも紹介したが、リクルートのeラーニングサービス『受験サプリ』が、とっても眠くなる動画「最適仮眠授業」を公開している。受験生の仮眠用に作られたもので、美術史、日本史、倫理の眠~くなる授業を受けられるのだ。試しに美術史の動画を視聴してみたのだが……先生がセクシーすぎて寝てる場合じゃねぇ~(笑)。

続きを全部読む

受験ストレスを抱える友達を笑わせる目的で書かれた「ハーバード大学のウソんこ不合格通知」がネットで大拡散!! リツイート数6万回超えに!

そろそろ受験シーズンも終盤を向かえ、とりあえず試験を受け終えた受験生はホっとしているのではないだろうか。なかには合格通知をもらって、自由な時間を満喫している人もいるかもしれない。

いくら自信があっても、やはり合格が決定しない限りは不安になってしまうというもの……。そんな受験生の精神的ストレスを和らげようと、名門ハーバード大学のウソんこ不合格通知を作成してしまった人がいる。

“笑える内容で同級生を笑わしてやろう!” というのが狙いだが、その不合格通知がかなり笑えるためネットで話題となり、なんとリツイート数が7万回に迫る勢いを見せているのだ!!

続きを全部読む

【考察】大学より予備校のほうが楽しいのはなぜなのか / 思い当たる原因を5つ挙げてみた‏

一部では「大学よりも楽しい」という声すらある大学受験予備校。かくいう私も、某予備校経由で志望校入学を果たしたのであるが……実際、予備校のほうが楽しかったクチである。──なぜなのか。

受験生=ファイター ではないのか? 受験とは本来、ツラく苦しい自分との闘いなはず。楽しそうなファイターなんて、まるで減量中のボクサーが、満面の笑みでスパーリングしているような違和感をおぼえる。大学をエンジョイするための予備校をエンジョイしてしまう、この本末転倒ともいえる現象は一体なぜ起きてしまうのか?

以下に、“結構偏ってるけどあながち間違いではなかろう見解” を示したい。胸に手を当てて考えてみて欲しい。浪人悪くないな(笑)とか、もう一浪してもいいかな? なんて思ったことがないか……ダメよ〜ダメダメ! YESな人こそ必読である。

続きを全部読む

【熱過ぎる男】松岡修造の『受験生への応援メッセージ』がカッコよすぎる件「自分を信じろ!君なら出来る!You can do it!!」「リミッターをはずせ」

まさに熱過ぎる男日本代表! 熱血キャラでおなじみのテニス指導者といえば、松岡修造さん。現在も若手テニスプレーヤーの育成に力を注いでいる、まさに若者たちにもっとも尊敬されている指導者と言ってもいいだろう。

そんな松岡さんが、テニス以外でも勉強をガンバっている受験生のために、アツすぎる応援メッセージをたくさん作ってくれたみたいだ! メッセージは30種類もあるらしいのだが、そのなかでも特にカッコいいと思ったものをご紹介しよう。

続きを全部読む

「浪人させない犬」が可愛すぎると話題に!

ある一匹のワンコが可愛すぎると注目を集めている。その話題沸騰中のワンコとは、ズバリ「浪人させないワンコ」である!

YouTube動画「浪人させない犬 」に登場する一匹のワンコは、受験勉強に苦しむある男子学生を救うのだが、彼を助ける方法、そしてその彼を助けている姿がたまらなく可愛いのだ。

続きを全部読む

すべて実行すれば絶対に東京大学に合格する11の方法

すべて実行すれば絶対に東京大学に合格する11の方法を、皆さんに伝授したいと思います。あくまでこれはひとつのケースです。皆さんにはそれぞれの持論があると思いますので、この方法を否定してもかまいません。しかし、すべてを守ることによって、私は絶対に東大に合格できると思っています。

・すべて実行すれば絶対に東京大学に合格する11の方法
1. ケータイを封印する
ケータイは封印して絶対に使わないようにしましょう。友だち、親、兄弟、恋人、誰ともケータイでコミュニケーションをとってはなりません。受験勉強中は、ケータイの使用は雑念を呼び込むことになります。ケータイのなかでもスマホは最悪です。いろいろできてしまうので、遊んだりいじったりして気が散ります。

2. 勉強を1日12時間する
勉強は1日12時間にしましょう。それ以上やっても疲れるだけですし、それより少なくても学力不足になります。過剰に勉強をしてもどんどん忘れていってしまうこともあります。勉強は1日12時間が良いです。

続きを全部読む

何がしたかったんだろう? 教科書に線を引きすぎてワケがわからなくなった

受験生にはクリスマスも正月もない! 2012年のセンター試験は1月14日(土)と15日(日)。大学受験をされる方はまさにラストスパートだ。また、高校受験を控える中学生の皆さんも入試に向けて最後の追い込みに入られる季節ではないだろうか。

だが、試験への気合は誰でも同じ。気合を入れて教科書に線を引きまくっていたところ、訳がわからなくなってしまったという画像が話題になっている。

続きを全部読む

ネットユーザー「受験生寝るなオラァ!!!! 正月でも勉強! 受験! 勉強! 受験! しばくぞッッッ!!!!」

いまインターネット上に、「受験生寝るなオラァ!!!! 正月でも勉強! 受験! 勉強! 受験! しばくぞッッッ!!!!」というタイトルの掲示板が作られて、受験や就職活動に苦しんでいる学生たちの声が書き込みされている。

この掲示板を作った本人は受験生や就職希望者ではないと思われるが、その掲示板には多くの学生たちの声が書き込みそれており、年末年始でも休むことができない学生の苦悩だけでなく、推薦入学でラクチン状態の人の声も書き込みされている。以下は、その掲示板に書き込みされている声である。
 
続きを全部読む

台湾には文昌帝君という名前の学問の神様がいて、新年や受験シーズンになると文昌帝君が祀られている廟(びょう)には願掛けの絵馬が数多く並ぶ。このほど、この学問の神様に対して志望校合格とともに自身のバストが大きくなりますようにと少々的外れな願をかけた絵馬が見つかり、話題となった。

この絵馬はある女性ネットユーザーが旧正月期間中、とある廟にお参りに行ったときに発見したものだという。ユーザー提供の画像に映っている「祈福カード」と呼ばれる絵馬には、「今年の統一試験でよい国立学校に入れますように、数学の成績がもっとよくなりますように」という至極真っ当な願いに続いて「私の胸がCカップに成長しますように」と記されている。

続きを全部読む