「マイクロソフト」にまつわる記事

マイクロソフトが話題の新機種『Surface Go』の国内価格を発表! 一般向けは6万4800円から / ネットの声「高すぎ」「急速に興味を失った」

米マイクロソフトが発表した、タブレットPCの新機種『Surface Go』。海外では一般向けモデルが399ドル(約4万4000円)となっており、Surfaceシリーズとしてはこれまでになくお手頃価格であることは以前の記事でお伝えした。

さらに昨日、日本マイクロソフトも「Surface Go」の国内販売についての詳細を発表。価格を見ると、どうやら海外よりもかなりお高いようだ。同社が発表した価格は次の通りである。

続きを全部読む

ついにキターッ!! マイクロソフトがお手頃価格の新型タブレットPC『Surface Go』を発表! 価格は399ドル(約4万4000円)から

キタキタキタキターーーッ! ついにハイスペックでお高めだったWindowsのタブレットPC「Surface」シリーズに、お手頃価格の新製品がキターーーーー!!

その名は『Surface Go』。シリーズ最薄最軽量でありつつ、グッと価格を抑えたモデルとなっており、おなじみの筆圧検知ペン対応のディスプレイのほか、キックスタンドも搭載。さらにはキーボード付き専用カバーも用意されているとのこと。これはヒットする予感大だ。

続きを全部読む

こちらがビル・ゲイツの金銭感覚が一発で分かる動画です / 大富豪が「日用品の価格を当てるクイズ」をやった結果

大富豪になりたいと願っても、そう簡単になれないのが世の常だ。では、限られた人だけがなれる大富豪の金銭感覚はいったいどうなっているのだろうか?

今回は大富豪の代名詞ともいえるマイクロソフト創始者「ビル・ゲイツ」が、日用品の価格を当てるクイズに挑戦する様子をご覧に入れたい。一般人なら大きな誤差が出ないはずだが、ビル・ゲイツはどのような価格を提示したのか要注目だ。

続きを全部読む

世界一有名な写真? 「 Windowsのアレ」を撮影したのはこの人です / 誰もが一度は見たことがあるはず!

「世界でもっとも有名が絵画は!?」と聞かれたら、「モナリザ」と答える人が多そうだが、では「世界で最も有名な写真は?」と聞かれたらどうだろう。ウ~ンと唸ってしまう人が少なくないと思う。しかし、おそらく読者の皆様も、その写真を一度は見たことがあるはずだ。

なんといっても、10億人が見たと言われているのだから。そんな、「世界で最も有名だと言われる写真」を撮影したカメラマンが新たなチャレンジを与えられ、次なる “世界で最も有名な写真” を生み出そうとしているという。

続きを全部読む

片想いの相手に『私とデートするべき理由』と題したパワポ資料を送りつけた女性がツワモノ! 相手の返事はNGも大企業が興味深々!!

最近は、男性が草食化しつつあるのに対し肉食系女子が増え、恋愛でも女性が積極的に意中の男性にアピールする展開も多いようだ。

そんななか、片想いの相手に ‟あなたが私とデートするべき理由” と題した資料を送り付けた女性が、「ツワモノすぎる!」とネットで話題を呼んでいるので紹介したい。だが、その努力もむなしく相手の男性の返事は色好いものではなかったのだが、ある大企業が彼女の資料に感銘を受けたようなのである!

続きを全部読む

【動画】「ソリティア」の生みの親が開発秘話を赤裸々告白! なんと現在はアップルに関わる仕事に!!

1990年発売の「Windows3.0」に初搭載され、現在も世界中で愛され続けている、ソリティア。画面上のトランプで数字や柄を詰めていくお馴染みのカードゲームだ。

今回は、そんなソリティアの生みの親のインタビュー動画をご紹介したい。様々な開発秘話が聞けると同時に、なんと現在は「アップル」に関わりながら働いているという近況も知ることができるぞ。

続きを全部読む

【動画あり】え? これがCG!? 神奈川県の企業が開発した “空間同士を繋ぐ” VRアプリが超リアル!!

2016年10月、ソニー「PSVR」が発売されてたちまち身近になった、VR(仮想現実)。さらに2017年1月、マイクロソフトからゴーグル型コンピューター「HoloLens」が発売され注目を集めた。

そして今話題となっているのが、そのHoloLen専用アプリ「HoleLenz Gate」だ。このアプリはHoloLensと組み合わせることで、離れた場所の間を行ったり来たりしているかのような視覚効果が得られるという。今回は「HoleLenz Gate」の超リアルな映像をご紹介したい。

続きを全部読む

マイクロソフトが注意喚起! 『ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。』という件名のメールは詐欺なのでご注意を!!

情報の早さと深さでは他の追随を許さないインターネット。「気になるものがあればまずは検索」という癖がついている人も多いだろう。世界の裏側とも一瞬でつながれるインターネットは、現代社会を形作っている大きな要素の一つ。しかし、それは言わば光の側面。そして、光があるところには闇もある

「ネットの闇」として有名なものの1つがフィッシング詐欺。自分が信頼している有名企業の名前でメールが来ると、思わず見てしまう人もいるのではないだろうか。2017年1月31日、マイクロソフトがツイッターでフィッシングメールの注意喚起をしているためお伝えしたい。

続きを全部読む

マイクロソフトが新型ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens(ホロレンズ)」の国内予約開始 / 解説動画あり

今年の10月に発売され、いまだ品薄状態が続いているソニーPS4専用ヘッドマウントディスプレイ・PSVR。ご存知の通り、仮想現実(VR)の世界を体験出来ることで人気のアイテムだ。

なんと今度はWindowsでおなじみのマイクロソフトが、これまでのVRの常識を覆すかもしれない新たな製品を日本で発売するという。現実世界と3D映像をミックスさせるゴーグルだというが、いったいどんなものなのだろうか?

続きを全部読む

これってあり? マイクロソフトの「アップル製品をディスりまくるCM」が海外で話題

マイクロソフトといえば、ウインドウズでお馴染みのコンピューター関連企業なのはご存知の通りだ。今、そのマイクロソフトから発売されている人気のタブレット型PC「Surface Pro 4」の新CMが公開され海外で話題となっている。

なぜ話題なのかというと、ライバルであるアップル社のノートパソコン「MacBook Air」を思いっきりディスっているからなのだ。ウインドウズユーザーの方もアップルユーザーの方も、ぜひ以下からその新CMをご覧いただきたい。

続きを全部読む

【動画】近未来キター! マイクロソフトの新技術「ホロポーテーション」が完全にスター・ウォーズのアレ

マイクロソフト社といえばWindowsやOfficeでお馴染みのコンピューター技術会社だ。そのマイクロソフト社の開発チーム「Interactive 3D technologies」が発表したコミュニケーションシステムが今話題となっている。

そのシステムの名前は『ホロポーテーション』である。簡単に言うと、頭部に装着するゴーグル型ディスプレイ「ヘッドマウントディスプレイ」を使って、遠くにいる者同士があたかも同じ部屋にいるかのような感覚で会話できるコミュニケーションシステムなのだが、これがマジで凄いのだ。

続きを全部読む

【動画あり】イビチャ・オシムの言葉が胸に響く! U−23日本代表の試合で流れたCMが感動的だと話題

2016年1月12日からカタールで行われている「AFC U−23選手権2016予選」。上位3カ国がリオデジャネイロ五輪の出場権を獲得できる重要な大会で、日本代表は五輪に6大会連続出場できるのか。その行方に注目が集まっている。

そんな中、感動的だと話題になっているCMがある。13日の北朝鮮戦、16日のタイ戦のハーフタイムで流れた日本マイクロソフト社が発売している「Surface Pro4」のCMがそうだ。元日本代表監督を務めたイビチャ・オシム氏が登場し、胸に響く言葉を発していたため、覚えている人も多いだろう。

続きを全部読む

勝手に Apple の店員に成りすまして「サムソンやマイクロソフトを勧めたら」こうなった!!

パソコンといえば Apple とマイクロソフトだが、マイクロソフトユーザーがそれほど同社の製品に執着がないように見えるのに対し、Apple ユーザーの忠誠心はスゴいものがある。

そこで、Apple 信者とか Mac 信者とか呼ばれているユーザーの献身度が、どこまでホンモノなのか試した動画「Pretending to Work at the Apple Store」が話題を呼んでいるので紹介したい。 Apple の店員に成りすました仕掛け人が、ライバル社の商品を客に勧めたら一体どうなるのだろうか!?

続きを全部読む

リアルタイムに同時翻訳可能な「Skype Translator」がプレビュー開始!! マジックのようにコミュニケーションを取っている実体験動画がスゴいぞ!

以前、マイクロソフト社が提供するインターネット電話サービスSkypeが、リアルタイムで外国語を同時翻訳するソフト「Skype Translator」を開発したとのニュースをお伝えした。

そんなSkype Translatorのプレビューが、ついに開始されて大きな話題となっている。英語とスペイン語圏の小学生が、同サービスを使ってスムーズにコミュニケーションを取る体験動画が、かなりスゴいのである!! この様子は、動画「Skype Translator preview opens the classroom to the world」で確認できるぞ!

続きを全部読む

なぜかMicrosoftの「新しくなったWindows」CMに酷評続出 「マジ苛つく」「クソうぜえ」「気持ち悪い」

2013年末、アマゾンの電子書籍端末「Kindle Paperwhite」のテレビCMが話題となった。このCMは、東京・六本木の国立新美術館前で、隠しカメラで撮影されたというもので、どういう訳か「見ていてイラッとする」という意見が続出し、その影響か一時放映されていなかった(最近再び放映されるようになっている)。

・WindowsのCMも不評?

同じように「イラッとする」と言われているCMがあるのをご存じだろうか? それは「新しくなった Windows」のCMである。最近頻繁に放映されているのは、飛行機の機内でサラリーマン風の旅行者がタブレット端末Surfaceの魅力を語るというもの。ネット上では次のようなコメントが投稿されている。

続きを全部読む

【感動】PS4イベントでソニーが車椅子利用者に神対応「なんて素晴らしい話なの!!」

2013年10月4日~6日にオーストラリアで行われたゲームショウ「EBGames Expo」で、ソニーのスタッフがとったある行動が注目されている。

イベント当日、車椅子のユーザーが、さっそくソニーの次世代ゲーム機「プレイステーション4(PS4)を試そうとしたときに問題が起きた。ブースは2階にあり、車椅子では上がれないつくりになっていたのだ。諦めるしかないと思ったそのとき、ソニーの担当者がある申し出をした。それが誠実で感動的であると話題を呼んでいるのだ。

続きを全部読む

米マイクロソフトが次世代ゲーム機『Xbox One』の新CMを公開するも酷評の嵐 「Xboxはゲーム機としては死んだ」

米マイクロソフトは新型ゲーム機『Xbox One』を、2013年11月22日より販売開始すると発表した(日本での発売日は未定)。それにともない、新CM を YouTube に公開したのだが、ゲームファンにとっては期待外れだったようである。

・CMにゲームシーンなし

というのも、CM に一切ゲームのシーンが出てこないのである。出てくるのは、テレビでアメリカンフットボールを見ている様子と、スカイプでビデオ通話する様子だけ。本当にゲームはどうしちゃったの?

続きを全部読む

【大盛り上がり】「プレイステーション4の勝利」を描いたGIF画像が海外のネット上に続々とアップされる!!

ソニー・コンピュータエンタテインメントはアメリカ時間6月10日、新ゲーム機「プレイステーション4」(以下PS4)を初披露した。米国販売価格が399ドルであることも発表されたPS4の初公開は、多くのゲーマーたちに大きな衝撃と喜びを与え、現在世界で凄まじい注目を集めている。

そして時を同じくして、米マイクロソフトも新ゲーム機「Xbox One(エックスボックス ワン)」の発売計画を発表。発売は2013年11月、販売価格は499ドルになるようだ。

この2つのビッグゲーム機発売の発表を受けて、海外のネット上では「PS4の大勝利!」という声が多く上がっている。そしてそのPS4の勝利をコミカルに描いたGIF画像が次から次へとアップされているのだ! これは、一体どういうことーーッ!?

続きを全部読む

【E3現地取材】有名ゲーム会社3社「ソニー・マイクロソフト・任天堂」のブースで一番人気だった新作ゲームはどれ?

現地時間6月5日、アメリカ・ロサンゼルスで世界最大のゲーム見本市『E3 2012』が開幕された。ゲーム展示場がオープンする30分前から、数え切れないほど多くの人が列を作って開場を待っており、ゲーム関係者たちが抱いている新作ゲームへの期待の大きさが形として現れる結果となった。

記者(私)も実際に中に入ってみたのだが、どの企業のブースもゲーム関係者たちでいっぱいになっており、大いに盛り上がっていた。しかし全てのゲームが、一様に同じくらい人気だったというわけではない。

15分ほど並べばすぐプレイできたものがあった一方で、一時間以上待ってもまだプレイできないものもあった。ということで、有名ゲーム会社3社「ソニー・マイクロソフト・任天堂」において、どの新作ゲームが一番人気だったのかを、記者が実際に見た列の長さから勝手に予想したいと思う。

続きを全部読む

ついに来るか「背面ディスプレイ」 マイクロソフトが特許登録していたことが判明!

以前、フィンランドの携帯メーカー「Nokia(ノキア)」が、全面ディスプレイのコンセプトモデルを発表したとお伝えした。実はその発表に先立って、マイクロソフト社が背面ディスプレイの技術を特許登録していたことが判明。もしかしたら遠からぬ未来に、背面にもディスプレイを備えた端末が販売されるかもしれない!?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2