「ハンバーグ」にまつわる記事

【新商品】松屋の『ボロネーゼ&マスカルポーネ風Wソースのハンバーグ』は、イタリア料理店で出てきても遜色ないくらいの美味しさ!

常に根強い人気がある松屋のハンバーグシリーズ。定番「ブラウンソースハンバーグ」は安定の美味しさであり、過去に期間限定で登場した数々の品はどれもパンチ効いててご飯が進む味わいであった。

そして昨日2021年10月5日、「松屋風イタリアン」という新ジャンルとして『ボロネーゼ&マスカルポーネ風Wソースのハンバーグ(ライスセット 税込630円)』が発売開始された。

初日に食べてみたところ、今いる場所が牛丼チェーン店だとは信じられないくらい美味しくてビックリ。この商品、これまでの松屋のハンバーグシリーズとはひと味もふた味も違うぞ……!?

続きを全部読む

ロースターでハンバーグを自分で焼ける! 焼肉店『恋と、焼肉。』のランチメニューが美味しくて楽しい!!

ハンバーーーーグ!! 私(佐藤)は薄々感じとっていたけど来てる! ハンバーグブームがひそかに来てるぞ!

ランチのみ営業する専門店や、1000円で1~3個まで同一価格で提供するお店など、さまざまな形態のお店が増えている。

今回紹介する焼肉店「恋と、焼肉。」も魅力的なハンバーグランチで人気を集めつつある。ここは焼肉ロースターでハンバーグを自分で焼けるお店なのである!!

続きを全部読む

【SNSで注目】ハンバーグ1~3個まで同一金額税込1000円! しかもご飯・卵おかわり無料 / 東京・新宿「ワイガヤ」

「数が増えれば値段が上がる」、これは飲食店なら普通のことだと思う。仮にから揚げ店なら5個セットより10個セットの方が高い。

だが東京・新宿の「和牛ホルモンWAIGAYA新宿三丁目本店」は違う! ランチの自家製ハンバーグが1個なら税込1000円3個になっても税込1000円! しかもご飯・卵がおかわり無料だ!

続きを全部読む

マリトッツォを自作してみた! 定番からイロモノまでいろんなものを挟んでみた結果……イチバンはコレ!!

世間ではマリトッツォなるものが流行っているらしい。

マリトッツォとはブリオッシュ生地のパンにクリームをたっぷり挟んだイタリアのスイーツだそうで、弊サイトでも何度も取り上げられている世間を賑わす話題のアイテムだ。

田舎に住む筆者は未だ本物のマリトッツォを見たことがない。

憧れはある。だがマリトッツォを売っている場所とくれば、きっと都会のおしゃれな店。しばらく電車に乗っていなければ、百貨店や商店街すら行っていない。そんな人間がマリトッツォを買いに行くなんて怖い! 怖すぎる!!

……そうだ! それなら自分で作ればいいんだ!

続きを全部読む

ドトールが店舗限定で「チーズハンバーグ」の販売開始! 全国発売されるか問い合わせたら、反応が意外すぎた!!

みんな知ってるか? ドトールコーヒーが店舗限定でハンバーグの販売を開始したんだよ。信じられる? 信じられないよな。だって、あのドトールだよ。コーヒーやケーキ、ミラノサンドやジャーマンドッグでお馴染みの喫茶店だ。

私(佐藤)は頻繁にドトールを利用するけど、ハンバーグの存在を知ってから2日間は信じられなかったんだよ。何かの間違いかなと思ってスルーしていた。さすがにこのまま見過ごせねえと思って食べたらウマかったんだよ。これ全国で発売するのかな? と思って、問い合わせたら、担当者の反応が意外すぎてビックリしちまったよ、マジで

続きを全部読む

【ペッパーランチ】総重量800g超えのテイクアウト! 肉だらけの「ガッツリ肉盛りプレート」は新たなスタンダードとなるか!?

かつてないほどにテイクアウト&デリバリー向け新メニュー戦線が盛り上がりを見せる中、「ペッパーランチ」から肉好きを狂喜乱舞させる1品が誕生した。

2~3人前、合計600gの肉を詰め合わせた「ガッツリ肉盛りプレート」である。

ペッパーランチといえば、筆者が想像するのは「フードコートの昼食」で、大人数向けのイメージはない。どんなものか、さっそくテイクアウトしてみた。

続きを全部読む

【デカ盛り】横浜・新子安の「特製デカ盛り煮込みハンバーグ弁当」が迫力あり過ぎ! しかも安くてウマいってマジかよ『お弁当の伊兵衛』

横浜駅から約8分、京急新子安駅前を歩いていると弁当屋さんの派手な看板が目に留まった。なんでも3カ月以上、毎日試作を重ねて完成した「特製デカ盛り煮込みハンバーグ弁当」を販売しているらしい。3カ月という期間が長いか短いかは分からないけど……凄そう。

というわけで、なんだか凄そうなオーラをビンビンに放っているハンバーグ弁当をチラ見するために入店。すると……思った以上にヤバい奴がいた。たぶんアレだ、毎日試作しているうちに感覚が麻痺してしまったのだろう。どうなってんだよおい。

続きを全部読む

【ランチ営業のみ】1時間で完売する『君のハンバーグを食べたい』のハンバーグが激ウマだ! 東京・西新宿

近年、昼と夜を異なる業態で営業するお店が増えている。いわゆる「二毛作」というヤツだ。「間借りカレー」という言葉も随分一般的になった気がする。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、居酒屋チェーンでもその流れが広がっているようだ。

そんななか、東京・西新宿に昼だけ営業のハンバーグ専門店が誕生した。このお店『君のハンバーグを食べたい』は開店直後からSNSで話題を呼び、ほぼ毎日わずか1時間で完売するという。一体どんなハンバーグなのか? 早速訪ねてみた。

続きを全部読む

【逆詐欺】ローソンの「とろける4種チーズの肉厚ハンバーグ」を買ったら肉厚どころじゃなかった! ハンバーグにハンバーグが乗ってる!?

昨今のコンビニ惣菜のレベルの高さには脱帽する。美味しいのはもちろん、ボリューム感にガッカリさせられることもない。人にもよるだろうが、少なくとも私はそう感じる。だから私は、コンビニ惣菜に全幅の信頼を置いていると言っていい。

ゆえに、ローソンで新発売となった『とろける4種チーズの肉厚ハンバーグ』(税込399円)を購入したときも、想定外のことが起こるとは考えていなかった。今までの経験からいって、「お肉、薄っっ!」とか「サイズ小さっっ!」となる可能性は低いだろう。

つまり、写真詐欺は無い……と油断していたら! いい意味で、「パッケージと違う!」という経験をしてしまったので報告したい。

続きを全部読む

選び放題のソースバーで食べる「ステーキガスト」のハンバーグがもはやエンターテインメント! 『牛っとこぶしハンバーグ』復活

知らなかった……。ステーキガストの真骨頂は、実はハンバーグじゃないだろうか。

ことの発端はステーキガストから発表された『牛っとこぶしハンバーグ』再販のニュース。昨年終売していた人気メニューが、リニューアルして復活したのだという。

筆者は食べたことがなかった。そもそもハンバーグが人気メニューだったことも知らなかった。今回、記事のために初めて食べてみたら「なにこれ……楽しいじゃないっ」と目からウロコ! これはぜひとも共有したい!!

続きを全部読む

【イオン警察】トップバリュ「冷凍サイコロステーキ」はアリかナシか? 調査の結果…予想外の事態が発生!

イオンのプライベートブランド「トップバリュ」。最大の魅力はその豊富な品揃えと圧倒的な安さにあるが、中には不届きな輩も潜んでいるため注意が必要だ。要はアタリジャナイ商品である。光の数だけ影も存在するのがトップバリュと心得よ。

つい先日、イオン系列のスーパーにて気になる商品を発見した。『サイコロステーキ』という名の冷凍食品だ。次の瞬間、私(あひるねこ)のイオンセンサーに緊張が走る。果たしてこいつは、アリなのか? それともナシなのか!? 今こそイオン警察出動の時……!

続きを全部読む

【極厚】「ミート矢澤」と「メゾンカイザー」のコラボ店舗「ミートカイザー」はハンバーグサンドが分厚すぎた!! ハンバーグと叫びたくなるレベル

肉の名店「ミート矢澤」と、パンの名店「メゾンカイザー」がタッグを組んで、お互いの魅力を掛け合わせた新しい名店が誕生した。その名も「ミートカイザー」だ。なにそれ!? ドラゴンボールで例えるなら、悟空とベジータが合体した「ベジット」みたいな感じ? よく分からないが、そこにはウマいものがあるに違いない! 

っつうことで早速行ってみたら、とんでもない厚さのハンバーグサンド(テイクアウトのみ税込2160円)が販売していたぞ~!

続きを全部読む

肉めし専門店「岡むら屋」のハンバーグ肉めしが美味い!「かつや」の店舗の半分を岡むら屋に変えても良いレベル!!

とんかつ専門店「かつや」は、アークランドサービスホールディングスの運営する飲食店だ。同社の仲間であるにもかかわらず、全然注目されないお店がある。肉めし専門店の「岡むら屋」だ。なぜみんなかつやにばっかり注目するんだよ……。

私(佐藤)は言いたい、なぜ岡むら屋は店舗数が増えないんだ! いい店なのに全然注目されないじゃないか! 2021年1月末に発売開始した「ハンバーグ肉めし」を食ってみろよ!! 今あるかつやの半分を岡むら屋にすべきでないのか? と感じるに違いないはずなんだ。それくらいハンバーグ肉めしは良いんだぞーーーっ!

続きを全部読む

【最高】ステーキガストの「肉三昧コンボ」は工業地帯みたいな雰囲気だが…内容は理想的! 彩りを完全に捨てたテイクアウト限定メニュー

言うまでもなく、いまはバレンタイン商戦の真っただ中である。見た目の華やかなスイーツがショーケースを飾り、それらを求めて多くの人が列をなす。コロナの影響で例年ほどではないとはいえ、街中の雰囲気も普段より甘々だ。

そんな時期に、これ程まで男臭い商品を販売し始めたステーキガストは最高であると、私はまず言いたい。そして、見た目の彩(いろど)りを完全に捨てた勇気を称(たた)えたい。よくぞ、振り切ってくれた!

続きを全部読む

【ハメられた】いきなりステーキの新商品が巧妙な罠だった / 『ワイルドハンバーグ〜ビーフシチュー添え〜』

去る1月12日、「いきなり! ステーキ(※以下、いきステ)」が待望の新商品を発売した。その名も『ワイルドハンバーグ〜ビーフシチュー添え〜』……いやステーキわい。新年1発目の商品がハンバーグ。しかもシチュー添えちゃった! 店名ェェェ……。

──と、ツッコみたくもなるが、それはともかく! どうやらこの商品、2月28日までの期間限定販売らしいではないか。これは必要火急ということで、さっそく食べに行ってみたところ……巧妙な罠だった。

続きを全部読む

びっくりドンキーのハンバーガー登場!! デリバリー限定商品「アジアンパオバーガー」を食べてみた!

ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」は、2020年12月16日からハンバーグのみのテイクアウト販売を開始した。弁当ではなくハンバーグだけ! これで自宅での “ハンバーグライフ” がはかどりそうだ。

実は同日から、限られた店舗でデリバリー専用メニューの提供もスタートしている。それが今回紹介する「アジアンパオバーガー」だ。びっくりドンキーのハンバーガーだと!? それはぜひとも食べてみたいってことで、UberEatsで注文してみた!

続きを全部読む

【びっくりドンキー】ハンバーグ “だけ” をテイクアウトできるようになったよ! 好きにアレンジできるし便利~!!

ハンバーグって、家で作ろうとすると簡単なようでいて難しい。肉がフワッとジューシーにならなかったり、良い感じに火を通せなかったり……意外と奥が深い。

何かと忙しい、この年末。ゆっくりハンバーグを作っている時間がない人に朗報だ。『びっくりドンキー』は2020年12月16日より、期間限定でハンバーグのみの販売を開始。記者もいそいそと買いに行ってみたぞ。

続きを全部読む

「牛角」を運営するレインズが手掛けるハンバーグ専門店「ハンバーグッド」がなかなかいいぞ!! +300円で追いハンバーグできる

レインズインターナショナルといえば「牛角」、つまり焼肉店を運営する会社である。そのレインズがハンバーグのお店を始めたのを知ってるか? 2020年9月に神奈川県に1号店を、そして11月末に東京・新宿に2号店をオープンしていたのだ。

全然知らなかったぞ! レインズのハンバーグを知りたいッ!! ということでさっそくお店に行ってみたら、コレが結構イイ! さすが牛角をやっているだけあって、肉の扱いをよく知ってるなあ~!

続きを全部読む

【朗報】びっくりドンキーの最強コスパメニュー『ドンキー満喫セット』が今年も登場! さっそく頼んでみたらパーティーが始まった

いやぁ……パーティーしてぇな。世の中いろいろありすぎるもんで、最近全然パーティーしてねぇよ。というワケで、パーティーしてみることにした。場所はみんな大好き「びっくりドンキー」。パーティーするには おあつらえ向きのスポットである。

来たる12月15日、めでたく創業52周年を迎えるびっくりドンキーにて本日11月18日より発売された『ドンキー満喫セット』は、その名の通り人気メニューをたっぷり満喫できるお得なメニューだ。2018年以来3回目の登場となるが、実際に注文するのは今回が初めて。果たしてどんなパーリナイが私を(あひるねこ)を待っているのか?

続きを全部読む

超レア「びっくりドンキー」のモーニング、いつものポテサラがトーストに! ハンバーグもあるよ

実は「びっくりドンキー」の一部店舗にはモーニングメニューがある、という事実を過去に報じた。記事では佐藤記者が新業態「ディッシャーズ」について詳報したが、今回は本家「びっくりドンキー」のモーニングメニューについてご紹介したい。

ドリンクにトーストにゆで卵、といったモーニングサービスは全国で定番化していて「ちゃっかり後追いしてるんじゃないの~?」とあなどっていたが、意外にも本格的で、なにより美味しい。近くにあったら通うこと確定、というくらいオススメだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6