「はま寿司」にまつわる記事

【接戦】4大回転寿司ガチ食べ比べ「中トロ」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第14回

数ある寿司ネタの中でも “エース格” 的な存在が「中トロ」である。もちろん回転寿司でも人気が高い一方で「ちょっと高い皿だから気が引ける」という方もいらしゃるハズ。それこそ中トロで外したら気分は最悪だ。

そういう意味で中トロは “絶対に負けられない戦い” の要素が強いネタであるが、果たして4大回転寿司ではどんな中トロを提供しているのか? 詳細は以下でご確認いただきたい。

続きを全部読む

はま寿司「大切り&でかねた祭り」から滲み出る安定感と堅実さ / デカさ、コスパ、ウマさはこんな感じ

2022年5月12日から全国の はま寿司にて始まった「大切り&でかねた祭り」。回転寿司屋のフェアにおいて客側が重視することは色々あると思うが、やはりデカさは重要度が高いと思う。

もちろんただデカいだけで、サイズに応じて値段もアップ……というのは許されない。デカく、そしてコスパは良くというのが消費者の求める理想。

しかしデカさを前面に押し出すフェアは、企業にとっても気合が必要だろう。今の時代、サイズなんて写真で簡単に比較されるしな! はたしてどんな仕上がりか、今回のフェアのクオリティを見ていこう。

続きを全部読む

4大回転寿司ガチ食べ比べ「たまご」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第13回

ピンポイントで1つのネタにフォーカスし、1番ウマい回転寿司を探す『4大回転寿司ガチ食べ比べ』のコーナー。回数を重ねてわかったが、意外にも「〇〇が一等賞!」とスパッと決まるケースは稀である。そういう意味で『たまご編』もかなり難しかった。

生魚とは違って人の手が加わる『たまご』は、各社ともにそれなりの個性はあった……のだが、おそらく たまごに関しては「〇〇が最高!」とジャッジできる人は、この世に1人も存在しないハズだ。

続きを全部読む

4大回転寿司ガチ食べ比べ「いか」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第11回

ここ数年、最も勢いのある回転寿司といえば「スシロー」である。その安定感は流石のものがあるが、全てのネタを食べ比べたらスシローよりウマい回転寿司があるのではないか? それを確かめるのがシリーズ『4大回転寿司ガチ食べ比べ』である。

今回お届けするのは、超定番ネタの「いか」──。ここで結論を申し上げてしまうと「いか編」はかなりジャッジが難しいネタであった。詳細については以下でご報告したい。

続きを全部読む

【スシロー超え】4大回転寿司ガチ食べ比べ「たい」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第10回

現在、日本最強回転寿司の座に君臨するのは、誰が何と言おうと「スシロー」であろう。実際に「くら寿司推しの男性」や「かっぱ寿司ラブの女性」が、いとも簡単にスシロー派に寝返る光景を何度も目の当たりにしてきた。どう考えてもスシローは強い。

だがしかし、1つ1つのネタに絞ればスシローに勝てる回転寿司があるのではないだろうか? シリーズ『4大回転寿司ガチ食べ比べ』の第9回となる「たい編」では、スシローをも超える激ウマなたいを発見してしまったのでご報告しよう。

続きを全部読む

【消去法】4大回転寿司ガチ食べ比べ「ほたて」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第9回

みんな大好き回転寿司。現在、日本では「スシロー」が独走態勢に入った感もあるが、果たして本当にそうなのだろうか? 1つ1つのネタにフォーカスしていけば「スシロー」よりも優秀な店がきっとあるハズだ。

シリーズ「4大回転寿司ガチ食べ比べ」の第9回目は、貝のジャンルから『ほたて編』をお届けする。さあ、今回こそスシローを凌駕する店はあったのだろうか? 結果は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

はま寿司「春の旨ねた100円祭り」は、ほぼマグロの中とろフェア / 時々サクラマスとシマアジ

2022年4月7日から始まった、はま寿司の「春の旨ねた100円祭り」。どんなものが並んでいるかHPでチェックしてみたところ……

おっ? 意外とフェア対象の寿司の種類が絞られている気がする。もしかしたら少数精鋭かもしれないし、あるいはバリエーション不足かもしれない。とりあえず食べてみることに。

続きを全部読む

【格差ヤバい】4大回転寿司ガチ食べ比べ「ネギトロ」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第8回

たかが回転寿司、されど回転寿司。特に激安で知られるスシロー、はま寿司、くら寿司、かっぱ寿司の “4大回転寿司” は、知らない人からすれば「そんなに差なんてあるのか?」と感じることだろう。だがこれだけは言える……「ネギトロは全然違う」と──。

シリーズ『4大回転寿司ガチ食べ比べ』の第8回目は「ネギトロ編」をお届けするのだが、率直に申し上げて過去最高レベルに「こんなに違うのか」と感じた次第だ。果たしてウマいネギトロを出す回転寿司とは一体……。

続きを全部読む

【優秀】4大回転寿司ガチ食べ比べ「いわし」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第7回

赤身・白身・えび・貝・揚げ物……などなど、回転寿司には豊富なネタが存在する。中でも個人的に最も好きなのが “青魚” と呼ばれるネタだ。アジもサバもサンマも大好き! おそらく私の前世はアザラシかペンギンの類だったのだろう。

第7回を迎えたシリーズ『4大回転寿司ガチ食べ比べ』は、その青魚の中から「イワシ編」をお届けする。ここでサラッと結論を匂わせてしまうと「イワシ」はどの店も甲乙つけ難い、優秀なクオリティであった。

続きを全部読む

【うまい】はま寿司の「まぐろ祭り」で初めて知った、まぐろ をぶっちぎる美味さのアレ

2022年3月17日から全国の はま寿司にてスタートした「うまさ満開!まぐろ祭り」。言うまでもなくメインはマグロだ。「大切りまぐろはらみ」や「本鮪上赤身」が税込み165円で提供されるなど、なかなかコスパがいい。

腹いっぱいマグロを堪能する絶好のチャンス! と考えて食べに行ったところ、マグロとは無関係の、完全にノーマークだった あるメニューにやられてしまった。こんなのあったのかよ!? 美味すぎんだろ……!!

続きを全部読む

【断トツ】4大回転寿司ガチ食べ比べ「フライドポテト」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第6回

お子様を連れて出かける方はわかると思うが、回転寿司の「フライドポテト」のウマさと心強さは異常である。基本的には揚げたてサクサクが提供されるうえ、子供はフライドポテトが大好き! かっぱ巻き・枝豆・フライドポテトあたりがお子様の鉄板メニューではなかろうか?

さて、10年前までは「フライドポテト = ハンバーガーショップ」だと思われていたが、個人的には「回転寿司のフライドポテトの方が全然ウマい」と確信している。第6回目を迎えた『4大回転寿司ガチ食べ比べ』は、そのフライドポテトを食べ比べてみたのでご報告したい。

続きを全部読む

【二強】4大回転寿司ガチ食べ比べ「あぶりサーモン」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第5回

回転寿司の楽しみの1つに「オリジナルメニュー」がある。本格的な寿司屋には置いていないけど、回転寿司なら確実に置いてある定番メニュー。例えば「サーモン」はその代表格で、お高い寿司屋で見かけることは無いに等しい。

そういう意味で各種「あぶり寿司」も、回転寿司ならではのメニューと言えるハズ。今回はあぶり寿司の中でも特に人気が高い「あぶりサーモン」を、スシロー、はま寿司、くら寿司、かっぱ寿司で食べ比べてみたのでご報告したい。

続きを全部読む

はま寿司「春のとろ祭り」で普段以上に輝いたのはまさかのアレ / あるいは鰹(かつお)ガチャ

2022年3月3日から全国のはま寿司にて「はま寿司 春のとろ祭り」が始まった。今回は色々な寿司ネタのトロがテーマのようだ。メニュー的に、目玉は「大切り びんちょうまぐろ」や、「焼津産 一本釣りとろかつお」などなのだろう。

しかも、多くのネタが税込み110円で提供されるっぽいところも気になる。場合によっては神フェアな可能性も無くはないだろう。クオリティをジャッジすべく、さっそく食べに行くことに。

続きを全部読む

【僅差】4大回転寿司ガチ食べ比べ「はまち」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第4回

日本にひしめく多くの回転寿司店。その中でも「スシロー」「はま寿司」「くら寿司」「かっぱ寿司」が “4大回転寿司” と言われているが、実際のところは「スシロー」がとんでもなく強い。スシロー、本当にいいお店だと思います。

だがしかし「スシローだけがウマいのか?」と言えば、そういう話ではないハズ。特に1つ1つのネタにフォーカスすれば、スシローよりウマい店があるのではないか? そこに切り込む『4大回転寿司ガチ食べ比べ』の第4回は、人気ネタの「はまち編」をお届けしたい。

続きを全部読む

【予想外】4大回転寿司ガチ食べ比べ「サーモン」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第3回

誰が何と言おうと、ここ数年もっとも勢いがある回転寿司チェーン店は「スシロー」であろう。特に都市型店は一気に増加し、都心の至るところでスシローを見かけるようになった。吉祥寺でスシローを見たときはビックリしたよね。

だがしかし、最近になって「本当にスシローだけが正解なのか?」という疑問が湧いてきた。おそらく1つ1つのネタにフォーカスすればスシローよりウマい店もあるハズ。それを検証するのが『4大回転寿司ガチ食べ比べ』で、第3回は大人気ネタ「サーモン編」をご覧いただきたい。

続きを全部読む

はま寿司「黒毛和牛と北海道・東北祭り」のおススメはこれだ! / 魚の肥え具合をセルフで探るスタイル

2022年2月17日から3月2日までの期間限定で、全国のはま寿司にて「黒毛和牛と北海道・東北祭り」が始まった。税込み110円で黒毛和牛の握りが食べられるのが最大の目玉だろう。

また「北海道・東北祭り」の部分を担うのは北海道産の天然ぶりや、宮城県産の銀鮭だそう。こちらも110円。さっそく本フェアのウマさを見極めるべく食べてみることに。

続きを全部読む

ボイルえびしか頼まない【海老寿司日記】第3回:ロードサイドの「はま寿司」に見たジャイアント馬場の “王道”

どうも回転寿司界には四天王がいるもよう。そのまま書けば「回転寿司四天王(かいてんずししてんのう)」とバトル漫画の必殺技みたいな文言になるが、ひとつは言わずもがな「スシロー」である。なにせ店舗数は業界ぶっちぎりの633店舗。あえてプロレス団体に例えるならば、いま最もイケイケな新日本プロレスで異論はなかろう。

もうひとつは、前回の舞台「くら寿司」。こちらは邪道、すなわち大仁田厚ひきいるFMW(エフエムダブリュ)。マッドマックス的な世界がよく似合う。

となると同僚のP.K.サンジュンが小声で推していた「はま寿司」は、どのような位置付けになるのであろうか? ちなみに同店の店舗数は、今現在日本国内で554。そんな中のひとつ、ロードサイドの店舗にリング・イン!

続きを全部読む

【ブッチギリ】4大回転寿司ガチ食べ比べ「いくら」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第2回

現在、日本の「4大回転寿司」と言えばスシロー、はま寿司、くら寿司、かっぱ寿司のことを指す。中でもズバ抜けて人気なのが「スシロー」で、ぶっちゃけた話をすれば “スシローの独り勝ち” と申し上げていいだろう。それくらいスシローは強い。

だがしかし、本当にそうなのだろうか? スシロー以外の回転寿司店も、実はメチャメチャ進化しているのでは? そこんところをハッキリさせるのがこの企画『4大回転寿司ガチ食べ比べ』だ。第2回は「いくら編」をお届けしたい。

続きを全部読む

【圧勝】4大回転寿司ガチ食べ比べ「まぐろ」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第1回

2022年2月現在「4大回転寿司チェーン店」とは、スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司を指す。個人的にはスシローが頭3つ分くらい飛び抜けている印象があるが、果たして本当にそうなのだろうか?

もしかしたら「スシロー」を愛するがあまり、他の回転寿司店の良さに気付いていないのでは? そこで始まったのがこの企画『4大回転寿司ガチ食べ比べ』である。第1回は圧倒的人気No.1ネタ「まぐろ」編をお届けしたい。

続きを全部読む

【小声】勇気を出して言うけど、最近「スシローより はま寿司の方がウマいんじゃないか?」って思うことがあるんだ

業界のトップをひた走る超人気回転寿司チェーン店といえば、ご存じ「スシロー」である。はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司と並び “四大回転寿司” なんて言われることもあるが、人気やウマさはスシローが頭1つ……どころか体1つ飛び抜けているハズ。私、P.K.サンジュンもスシローが大好きである。

だがしかし、つい先日ひょんなことから「はま寿司」を訪れた時のこと──。さほど期待していなかったものの、結果的にはちょっとした衝撃を受けた。勇気を出して言うが、率直に「モノによってはスシローよりウマい」「総合力もそこまでヒケを取らない」と感じた次第だ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3