「ぬいぐるみ」にまつわる記事

え? ロシア人の間でなぜか「IKEAのサメのぬいぐるみ」が流行中 → 世界的に大人気でもあるらしい

アディダス大好きで、クマ好き“世直し姉さん” が存在する国とくれば……そう、ロシアである。あの広大な北の大地でなにが起こっているのか、私たちには分かりようもない。断片的に飛んでくる情報をかき集めては、不思議な国だとため息をつくだけ。

この度もまたロシアについて、興味深い情報が届いた。なんでも、今、ロシアのネットユーザーの間で、「IKEA のサメのぬいぐるみ」が大人気だそう。本件を伝えるロシアメディアも「理由不明」と首を傾げている。

続きを全部読む

東京五輪公式マスコットの特大ぬいぐるみの値段がスゴイ! 全長1.3メートルで1体なんと○○万円!!

2年後に開催される東京五輪。暑さ対策やボランティアスタッフの招集など問題は山積だが、着々と準備が進んでいるようだ。ちなみに東京新聞によると、開催費用は招致段階の試算をはるかに超える額となっているようで、1兆3500億円になるそうだが……。

それはさておき、東京五輪公式マスコットの特大ぬいぐるみに注目が集まっている。ぬいぐるみといえば、以前当編集部で2.5mの超特大ぬいぐるみを購入したことがあったが、サイズはアレよりもずっと小さい。ということは、サイズに見合う価格なのか? と思ったら……何だコレ、めっちゃ高いやないのッ!!

続きを全部読む

飼い主をなくした後「大切なヌイグルミ」の側から離れようとしないネコに人びとが涙

動物たちは、言葉を話さない。だからこそ、彼らがどんな状態で、どんな気持ちでいるか、私たちは目を注いでいないといけない。それが動物と一緒にいさせてもらっている人間の務めだろう。

言葉がなくても、動物たちは、彼らなりのやり方で感情や気持ちを表してくれる。これからご紹介するネコの姿を見ていても、その気持ちが伝わってくるはずだ……。

続きを全部読む

スコットランドで「農場にトラが出た」と通報が!→ 武装警官チームが1時間近くトラと膠着状態に → ぬいぐるみだったことが判明

子供の頃、誰でもお気に入りのぬいぐるみが1つや2つあったのではないだろうか。そんなフワフワと可愛らしいぬいぐるみは子供たちの遊び仲間&癒し的な存在だが、いつもそうとは限らないようだ。

というのも、ぬいぐるみが原因で「農場にトラが出た」とスコットランドの警察が通報を受ける事態に! しかも、武装チームは1時間近くぬいぐるみのトラと膠着(こうちゃく)状態になったというのである。

続きを全部読む

「脚が長すぎてバランスおかしいだろ」と話題の巨大テディベアがこちらです / 一部からは「気持ち悪い」との声も

家にいながらにして買物が出来るオンラインショッピングは、本当に便利である。ただし、その一方で「届いた商品を見たら、思ってたのと違った」なんてことが起こることも。

今ネットで話題になっている超巨大テディベアも、購入した人からは「実物が予想と違いすぎた」との声が寄せられているようだ。何が問題なのかというと……テディベアの脚が……長すぎ!!

続きを全部読む

【キュン死】IKEAで売ってるパンダのぬいぐるみを「フチ子状態」にすると可愛すぎて鼻血ブー

かわいいのら! かわいいのら!! パンパンちゃんは世界で一番かわいいのら〜♪ ──そう、通称パンパンちゃんといえば、ご存知『IKEA(イケア)』で売ってるパンダのぬいぐるみのことを指す。ちなみに価格は499円ポッキリ。筆者は5匹も持っている。

さて、そんなパンパンちゃんの楽しみ方だが、もちろんそのまま椅子に座らせたり、ベッドに寝かしたりしても超カワイイ。だがしかーし! どこかに前脚でひっかけて〜の “ぶら下がり系”、すなわち「コップのフチ子状態」にすると鬼ヤバイのら!!

続きを全部読む

ぬいぐるみを1年で1万5000個もゲットした『UFOキャッチャーの達人』がマシーン攻略のための “3つのポイント” を公開!「ツメの締まり具合」など

一時期ゲームセンターで物凄い人気を博した時があったが、当時に比べると少し存在感が薄くなってきた感のあるUFOキャッチャー。

まず、失敗する覚悟で挑んだ方が良いゲームのひとつだが、そんなUFOキャッチャーで、1年で1万5000個ものぬいぐるみをゲットしてしまう強者が登場! なんと、毎日ぬいぐるみを約40個もゲットしている計算になるのである!!

続きを全部読む

【ガチ検証】自称「UFOキャッチャー名人」は1万円でどれだけ景品をゲットできるのか?

UFOキャッチャー。ご存じの通り、ぬいぐるみやフィギュア、お菓子などをゲットできるクレーンゲーム機のことである。実はこの『UFOキャッチャー』の名称は “セガ” のマシンを指すのだが、今ではクレーンゲーム機全般がこの名称で呼ばれている。

それはさておき、それなりに高価な商品を1発でゲット出来ればかなりお得、逆にいくら使おうとも獲得の保証はゼロと、ギャンブル性の高いUFOキャッチャー。果たして上手な人ならば1万円でどれくらいの景品をゲットできるのだろうか? 自分ではやりたくないけど、ぜひ知りたい……!

続きを全部読む

提供:キリンビール株式会社

【史上初?】クマのぬいぐるみを着て「サファリパーク」に行ってみた / 通常の100倍くらい楽しかったクマー

オイラの名前はサンジェリカ。クマのぬいぐるみの妖精クマー。これまで買い物に行ったりボートに乗ったりしたけど、もっともっといっぱい人間と同じことがしたいんだ。人間たちはどんなことが好きなのかなぁ?

……なんて思っていたら、人間たちも大好きだっていう「サファリパーク」に連れて行ってもらえることになったクマー。たぶん、クマのぬいぐるみの妖精がサファリパークにお出かけなんて史上初だと思うけど、本当にワクワクしちゃうなぁ。

続きを全部読む

【冒険】クマのぬいぐるみでボートに乗ったらこうなったクマー

都内有数の桜の名所として知られる上野公園こと、上野恩賜公園。およそ1200本の桜を目当てに、期間中だけで約200万人もの人が訪れるというから驚きだ。そんな上野公園内でゆったりと花見ができるのが、不忍池のボートである。

制限時間はあるものの、人混みのない開けた風景から見る桜はまさに絶景。よし、ボートの上から桜を見に行こう! ……と思ったのだが、桜をより楽しむためクマになってボートに乗り込むことにした

続きを全部読む

【超モテモテ】クマのぬいぐるみの中に入ってスタバに出かけてみた / 約30分で600回くらい「可愛い」って言われたクマー

巨大なクマのぬいぐるみの中に入るのは実に楽しい。息苦しく視界も悪い上、体力の消耗も激しいが、それでもクマに変身する価値は絶対にある。なぜなら普段は絶対に味わうことが出来ない「いい気持ち」になれるからだ。

一言でいえば、女子たちから浴びるほど「かわいい!」と言ってもらえる……中身はおっさんなのに。今回は、クマのぬいぐるみの中に入ってスターバックスに出かけたときの話をしよう。マジな話、約30分で「それ飽きたヨ」というほど「カワイイ!」と連呼されたのだ。

続きを全部読む

【大手術】巨大な「クマのぬいぐるみ」の中に入ってみた / そして動き出した2.5メートルの生物

生まれ変わるなら何になりたい? ……なんて寂しい質問だろう。かつて長渕剛さんが「生まれ変わるなら生きてるうちに」と言っていたが、まさにその通り。体中を駆け巡る鼓動が聞こえるうちに、人間は生まれ変わるべきなのだ。

では生きているうちに何に生まれ変わろう? 簡単なのはクマである。今回ご紹介する方法であれば、今の自分でありながら「クマとしての人生」もエンジョイ出来てしまうのだ。用意するのはたったひとつ。2.5メートルのクマのぬいぐるみだけである。

続きを全部読む

提供: 江崎グリコ株式会社

2m50cmのクマがハグされに渋谷に行ってみた

クマー! みんなはじめまして、アンジェリカよ。中国からロケットニュース24にやってきて、気づけば3ヵ月。光陰矢の如しね! 私が日本のウェブ業界で働くって決まった時は、クマ友はみんな心配したけどクマなりに頑張ってます。これからも楽しんでいこう!!

そんな私が最近気になってるのはハグ! シンプルに体温が伝わってくるハグは世界共通の愛情表現。でも私ね、ハグされたことがないの……。体格のせいなのかな(泣)ハグってどんな感じなんだろう? ……あー! もう誰でもいいからハグして!! というわけでハグハグに会いに行ってきたわ。彼ならきっと私を抱きしめてくれるはず。

続きを全部読む

【色恋相談室】29歳・男性「女性が遊びに来る際、部屋のヌイグルミは片付けるべき?」

前回のご相談、「気になる異性から『君ってベイマックスみたいだね』と言われたのですが……?」に続きまして、「女の子が遊びに来る際、部屋のヌイグルミは片付けるべきでしょうか?」(29歳・男性)とのご質問を頂きました。ポイントは、フィギュアやプラモデルではなく、「ヌイグルミ」という点でしょうか。

続きを全部読む

【キュン死】IKEAで売ってるパンダのぬいぐるみが可愛すぎてヤバイ / 出会って4秒で即買い決意レベル

男子が自分用のぬいぐるみを買うなんてことは、一般的にはめったにない。特に35歳を過ぎたオッサンが、いきなり「これカワイイ! これマジやばい!!」と、ぬいぐるみに出会って4秒で即買い決定することなんて、あってはならない。だがしかし……!!

IKEAで売っていた「パンダのぬいぐるみ」が、あまりにも可愛すぎるため、見つけた瞬間に即買いを決意するレベルだったのでご紹介しておきたい。

続きを全部読む

【コラム】結婚式のとき「ぬいぐるみ付きの電報」ほどもらって困るものはない

人生における最も盛大なパーティーの一つ、それが結婚式である。新たなスタートを切る2人の門出を直接見守れればいいが、どうしても参列できないこともあるだろう。そんなとき重宝するのが「電報」だ。

電話じゃ残らないし、メールでは味気ない。電報を利用することで記憶はともかく確実に記録には残り、しかも一種の “格式” が備わる優れものである。だがしかし……。もはや定番となっている「ぬいぐるみ付き電報」ほど、もらって困るものはないと思うのだ。

続きを全部読む

マシュマロ女子の上位ランクのネーミングが秀逸だと話題 / かなりぽっちゃり系女子の新名称「おしゃカワテディさん」

以前、「マシュマロ女子」というぽっちゃり系女子の新ネーミングが話題になっているとお伝えしました。お次は、「マシュマロ女子」の枠には収まりきらない、かなりぽっちゃり系女子のための新ネーミングがTwitter上で注目を集めています。

かなりぽっちゃり系女子の新ネーミング、それは「おしゃカワテディさん」!!!!!

続きを全部読む