「生活」カテゴリーの記事

災害時に備えて準備しておく非常食といえば「乾パン」が一般的。しかし、至高や究極を求める海原雄山クラスの美食家ならば、いくら災害時とはいえ乾パンだけでは納得できん!と思われる。そんなグルメな方にオススメしたいのが、火も水も使わずにホカホカごはんが食べられるホリカフーズの「レスキューフーズ」シリーズである。

今回入手したのは男の主食、牛丼(みそ汁付き)。ホントに火も水も使わずにホカホカ牛丼が食べられるのか? さっそく作ってみたのでご報告だ!

続きを全部読む

あれも必要、これも必要……と、何かと増えていく旅行の荷物。できることならカバンは小さめで、身軽に旅立ちたいものだ。そこで多くの人が使うのが、洋服などを小さく収納できる通称「圧縮袋」だが、実は圧縮袋を使わない方がコンパクトにパッキングできるのだ(断言)!

続きを全部読む

世界初!薬きょうも出るしBB弾も出る究極の電動ガンが登場

ガン、それは男のロマン。銀玉鉄砲から始まり、BB弾が出るエアガン、ある人はガスガンを通ったかもしれないし、電動ガンでブイブイ言わせてる人たちも多いだろう。

しかし何かワイルドさが足りない。……そう、「薬きょう」の存在である。銃を撃った時に出る、口紅のような形をした金属製の殻、あれがいわゆる薬きょうだ。

電動ガンをフルオートで撃ち、と同時に薬きょうもフルオートで飛び出したら……そんな男の夢の電動ガンが、ついに登場したのでご報告だ!

続きを全部読む

山盛り野菜をトッピングできることで有名な『ラーメン二郎』。丼からハミ出すほどの野菜で人気を博しているのだが、その『ラーメン二郎』をしのぐスゴイ量のラーメンが存在した。

そのラーメンとは、大田区の麺香房『暖々』の「増し増しラーメン」だ。追加トッピングできる野菜の量は丼の3倍強! スープも麺もまったく見えないほど大量にトッピングしてくれるのだ。この噂を聞きつけたロケットニュース24取材班は、さっそく最強レベルの増し増しラーメンに挑戦にしてみたぞ。

続きを全部読む

大手牛丼チェーン『すき家』で、またしても強盗事件発生した。9月21日午前3時40分ごろ、横浜市泉区の『すき家泉区和泉町店』に2人組の強盗が押し入り、売り上げ金約10万円を奪って逃走したという。

2010年1月11日に、山梨県で発生した強盗事件を皮切りに、同チェーンでは現在まで26件もの強盗事件が発生している。どうして『すき家』ばかり強盗が入るのか? インターネットニュースサイト『J-CASTニュース』も「牛丼すき家強盗事件なぜ多発? ライバル店に比べ異常な発生件数」と報じたくらいである。そこで、『すき家』の強盗被害についてまとめてみた。

続きを全部読む

日本最大級の肉丼を食べてみた! まるでマンガのような山盛り

大手牛丼チェーン『すき家』に、牛丼並盛の6倍の肉が盛られている裏メニュー『牛丼キング』があるのは皆さんもご存知の通り。しかし、『牛丼キング』の上をいくすごい量の丼モノが存在したのだ。

早稲田大学西門のすぐ近くにある食堂『ライフ』が出している肉丼である。見た目も量もハンパじゃない。学生たちの胃袋を満たすために超メガ盛りにしているという。今回は、このド級の肉丼に挑戦してみたぞ!

続きを全部読む

知りたい事のほとんどは、インターネットで調べることができる。行きたい場所の地図や電車の乗り換え、就職先の情報や晩御飯のレシピまで、分からない事はないと思えるほど、インターネット検索は便利だ。

しかし、インターネットでも調べられない事が存在する。最近、アメリカのインターネットト検索会社がユニークな調査結果をまとめた。この会社はサービス開始からの10年間の質問を洗い出し、インターネット検索では回答を得られない10の質問を公開したのだ。

続きを全部読む

すき家の裏メニュー! 牛丼(並)の6倍の量がある『牛丼キング』を食べてみた

大手牛丼チェーン『すき家』の最上級デカ盛りメニューをご存知だろうか? 同社は2009年にメニュー改定をしているのだが、ホームページにも掲載されていない秘密のメニューがあるのだ! 今回は、その秘密のメニューを食べてみる事にしたぞ!

続きを全部読む

世界中で発売が待たれているオンラインロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーXIV』(以下、FF14)が、9月22日未明に発売開始となった。通常版の発売はまだ先だが、『コレクターズエディション』が先行発売されたのだ。

東京・秋葉原の電気店『ソフマップ』のアミューズメント館でも、午前0時の販売開始を待つファンで長蛇の列ができ、最終的に300人が店頭に詰めかけたようだ

続きを全部読む

【スイス人のスイス日記】みんな大好きエドハーディドリンクはスイスの定番

こんにちは! スイス特派員のスイス人・フィリップです。ベルンに住んでるゲームとグルメが好きな男です。日本語が変でも許してね。今日は最近私の友達の間ではやっているドリンクを紹介します! それはこちら! 日本でもTシャツやキャップで人気のEd Hardyのドリンクです!

続きを全部読む

amazonでありがちなこと

家電製品から食品、マンガまで、豊富な品揃えでかつ、PCや携帯で簡単にショッピングができるサイト「amazon」。そんなamazonについて今、「amazonでありがちなこと」が電子掲示板サイト『2ちゃんねる』で語られています。

続きを全部読む

ブラジャーで作るポーチ  『Bra Purse』が人気

今、アメリカのファッショニスタの間で流行している小さなポーチをご存じですか? 『Bra Purse』(ブラパース)と呼ばれるこのポーチは、その名のとおりブラジャーを使って作られています。

もともとは乳がん啓発活動の一環として考案されたもので、ブラジャーのカップとストラップをボンドでくっつけたり、縫い合わせたりするだけでオシャレなポーチのできあがり。古くなったブラジャーや、サイズが合わなくなったものを使ってすぐにでもトライできそうです。 続きを全部読む

アメリカの大学がユニークなコースを開設して話題になっている。そのコースとは、ゾンビについて深く学ぶ『ゾンビコース』だ。学生は授業で古典的なゾンビ映画について学び教養を深めるという。

学期末には提出課題として、ゾンビが登場するオリジナルシナリオの作成をしてもらうとの事。大学では早くも問い合わせが相次ぎ、ゾンビマニアが全米から集まるものとみられている。

続きを全部読む

『ドリアン』は濃厚な甘みと強烈な匂い(我々にとっては、臭い?)が特徴の東南アジア原産の果物。日本では高級果物として、一目置かれた存在ですが、シンガポールやマレーシア、タイ、インドネシアなど東南アジア諸国では、庶民の果物として愛されています。

例えばシンガポールの屋台で売られているドリアンであれば、3シンガポールドル(約200円)ぐらいから購入できるほどのお手頃価格。ちなみにスーパーでは殻を割った後の房の状態で、しっかり密封して販売されています(写真参照)。好き嫌いがかなりはっきり分かれる果物ですが、好きな人にとってはたまらない味なのだそうですよ。

続きを全部読む

マレーシアのパンは、どれもフカフカしていて「添加物たっぷり入ってます」というものが多い。味わい深い天然酵母パンを取り扱うパン屋はほとんど見かけないばかりか、噛みごたえのあるパンはまだ浸透していないのだ。

天然酵母パンの取り扱い店ではないが、マレーシアにもおいしいパン屋はある。常に行列ができているパン屋で、その名は『Rotiboy(ロッティ・ボーイ)』。店名にもなっている焼き立ての『ロッティ・ボーイ』(1.8リンギッド・約60円/1コ)を買い求める客で、店内はいつも賑わっているのである。

続きを全部読む

「汚い食堂ほどウマイ!」はマレーシアでも共通か? 客家麺専門店編

日本では「汚い食堂ほどうまい」という話をよく聞くが、マレーシアでもその法則が当てはまる。デートで汚い食堂に連れて行かれたら気分が萎えかねないが、マレーシア人男性は小汚い店をチョイスすることもしばしば……。節約のためというわけではなく「おいしいから」そういう店をチョイスするのだそうだ。それゆえマレーシアの現地人は、老若男女問わずおいしい小汚い店を熟知している。

続きを全部読む

マレーシアに暮らしていると「汚い店ほど料理がうまい」という事を痛感する。エアコンのきいた小ぎれいなレストランやカフェで食事するのも洒落ていて良いものだが、地元の友人らによれば「汚い店の方が、ひっきりなしに客が入っているし、料理の味もよい」ということだ。

記者は、かつて汚い店が苦手であった。しかし、『KEDAI MAKANAN FOONG FOONG』(アンパン・パークLRT駅付近)でクアラルンプール内アンパン地区の名物料理『醸豆腐』(ヨン・トーフー)を味わって以来、汚い店の虜(とりこ)になっている。アンパン地区出身の友人によれば、「ここの店の醸豆腐を食べに遠方から足を運ぶ人も多い。日本人客だって多いんだから!」とのこと。10回近くこの店に足を運んでいるが、いまだ日本人客に出会ったことがないのだが……。

続きを全部読む

記者はかねてから『焼きプリン』を不思議に思っている。よくコンビニエンスストアのデザートコーナーで『焼プリン』という商品を見かけるだが、焼プリンはどうやって焼いているのだろうか? プリンにする途中で焼くの? それともできあがってから焼くの? できあがってから焼くならば、普通のプリンを焼いたら焼プリンになるんじゃないの? この疑問を解決するために実際にプリンを焼いてみた。

続きを全部読む

私(記者)は自分でもあきれるほど貧乏だ。最近、『妻よりも経済力が落ちると夫が浮気しやすい』というニュースが話題になっているが、私はお金もないし恋人もいないので浮気すらできない(しちゃダメだけど)。「貯金ゼロで今までよく生きてこれたなあ」と、自分でも感心してしまう。すでに36歳になり、人生の先も大筋で見えている。「俺はこのままで大丈夫なのか」と自問自答の毎日である。

なんとかこの事態を打開するために、インターネット上で噂になっているある会に参加してみることにした。その会とは『満月お財布フリフリ会』というものだ。なんでも満月の日に、満月に向かって財布を振るという。たったそれだけで金運がアップし、良いことがドンドン起きるそうだ。さらに参加者は女性ばかり! これは行くしかない! でも、本当に財布振るだけで貧乏を脱出できるの?

続きを全部読む

カップルが一緒の部屋で一緒に寝るのは、もはや過去のことになりつつあると、Yahoo!米国版が伝えています。最近、多くのカップルたちが実は別々に眠る傾向にあるようです。

記事では、米国の大手紙『ニューヨーク・タイムズ』が、カップルの4組のうちほぼ1組が別々の部屋に泊まる傾向にある、しかも全米住宅建設業協会では2015年までに寝室が2つある家を建てるカップルが約60%にも及ぶとも紹介しています。

カップルが別々の部屋で寝ることは果たして好ましい傾向なのでしょうか。記事によると、確かにいびきやテレビ、シーツの奪い合いで睡眠が妨げられて関係が危うくなることがあるといいますが、精神科医で“ロマンスの専門家”であるティナ・B・テッジーナ博士は「離れて眠ることで、2人の関係にひびが入って“無関係”になることにつながり得る。お互いを避けるようになり、本当に必要なのは触れ合うこと。いびきや落ち着きのなさは記憶発泡マットレスなどが解決の手助けをしてくれるはず」と述べています。 続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 768
  4. 769
  5. 770
  6. 771
  7. 772
  8. 773
  9. 774
  10. 775
  11. 776
  12. 777
  13. 778