「餃子」にまつわる記事

【皇帝も認めた】一皿1980円の焼き餃子を食べた直後に出てきた感想は「品だね〜」だった / 新宿「老辺餃子舘」

このところ毎日ギョーザを食べている。「毎日のように」ではなく、本当に「毎日」食べているのだ。自分にとって衝撃的すぎる体験だった「亀戸ぎょうざ錦糸町店」に行ってから連日なので、14日連続となる。

できるだけ毎日違う店で、常に新しいギョーザを食べてみたい。そんな気持ちで同僚の原田を連れて新宿の街を探索していたところ──

原田「あ、餃子ありますよ!

見ると「老辺餃子舘」と書いてある。よっしゃ、原田でかした! イイカンジじゃん、ここにしちゃおうぜ〜っと、深く考えずにサクっと入店。すると……
続きを全部読む

【コラム】錦糸町「亀戸ぎょうざ」の餃子を食べて以来、毎日餃子を食べるようになってしまいました

今日で6日目連続。何のことって、餃子である。

このところ毎日餃子を食べ歩いている。毎晩、違う店で。今日のお店の餃子はどんな味がするのか……と、昼頃からワクワクがとまらない。ようするにハマったのだ。どハマりしたのだ、餃子に。

ハマったきっかけは、とある有名店の餃子だった。ご存知の方も多いとは思うが、錦糸町「亀戸ぎょうざ」の味に深く深く感動したのだ。

続きを全部読む

大阪王将の “中の人” に聞いた「焼き餃子のタレ」のアレンジがこちらです

「焼き餃子のタレ(味噌だれ+鉄ラー油):通は試しているはずの味噌だれと鉄ラー油の組み合わせ。鉄ラー油の鉄をたっぷりかけるのがポイント」

──いきなり結論を書いてしまったが、そういうことだ。卓上にある味噌だれと鉄ラー油をミックスし、割合的には鉄ラー油たっぷりが良い……ってことを大阪王将の “中の人” が教えてくれたので、みなさんに共有した次第である。話は以上。あとは各自やってみて欲しい。

続きを全部読む

【激安?】「リンガーハット」がランチメニューを改定! まさかの『370円餃子定食』爆誕へ!! しかし致命的な弱点あり…

長崎ちゃんぽん&皿うどんという鉄壁のラインナップで人気のリンガーハットが、2019年8月1日より沖縄を除く国内の店舗でランチメニューを改定。新たに「リンガーランチ」をスタートするそうだ。これは気になる。

中でも注目は、370円(税抜)という驚異的な安さを誇る『ぎょうざ定食』だろう。マジかよ! リンガーハットもいよいよ本気だしてきたな!! って感じだが、安い反面、決定的な弱点もあるため併せてお伝えしたい。

続きを全部読む

【餃子の王将】にんにくゼロの『生姜餃子』は最強の新メニューかもしれない / にんにくアリの餃子と食べ比べて気づいたこと

餃子の王将が『にんにくゼロ生姜餃子』を2019年7月8日より発売開始した。以前からメニューにあった『にんにくゼロ餃子』がリニューアルされた形で、価格は西日本が税抜220円、東日本が税抜240円となる。なお、北海道をのぞく全国の店舗で順次発売とのことだ。

餃子はニンニクがあってなんぼ。特に「餃子の王将」の餃子は、ニンニクがガンガン効いてるから美味いんだ。ニンニクナシの餃子? そんなの、炭酸が抜けたビールみたいなもんじゃないのか? ──なんてことを思いながら、私は試しにオーダーしてみた。

続きを全部読む

【裏技】バーミヤンの「W焼餃子(12コ)」は持ち帰りにすると店内注文より200円も安くなる

買い物をする時は1円でも安い方がいいに決まっている。ではそれが200円だったらどうだろう。通常499円のモノを、200円も安く買えたら……? 誰が見てもとんでもない値引き額ではないか。

実はこれ、中華レストランチェーン「バーミヤン」での話なのだ。実は「バーミヤン」で “あること” をすると、499円の『W焼餃子(12コ)』が、なんと299円で買えてしまうのである! 知らない人は必見だぞ。

続きを全部読む

餃子なのにレンジでチンするだけで出来上がり! トップバリュの「焼ギョーザ」が手軽で安い上にウマい

餃子を家で作るならば、冷凍食品に頼る人は多いのではないだろうか。もちろん、手作りもイイ……スゴくイイのだが、日本一売れている「味の素」やカンタンに羽根付きを作れる「大阪王将」など、冷凍モノはなんだかんだ調理時間を短縮できるからありがたい。

例に漏れず、筆者も冷凍餃子でササッと済ます1人。常日頃からいろんな餃子を試してウマいものを探しているのだが、先日スーパーを調査していたところ少し変わった商品を見つけた。なんとトップバリュの「焼ギョーザ」はレンジでチンするだけで出来上がる。しかもお値段127円! 5個入りなので1個あたり25円だ。

続きを全部読む

水と油がいらない「トップバリュの冷凍餃子」は170円と他社より安めだけどウマいの?

便利になったもので冷凍餃子に水と油が必要な時代は、あと数年で終わるかもしれない。いまや水と油を使わずに作るのは当たり前。しかも、ウマい商品が次から次へ世に送り出されているからだ。

現に先日、スーパーの冷凍コーナーをチェックしていたところ、水と油のいらない「トップバリュの冷凍餃子」を見つけた。値段は170円。他社は200円前後がオーソドックスなスタイルだが、わずかと言えどこの価格差はどうなのだろう。

続きを全部読む

ペヤング『ギョウザじゃんやきそば』を食べてみた結果 → 思わず「餃子じゃん!」って言っちゃう味らしいけど…

数年前までのペヤングはおとなしかった。定番の「ソースやきそば」以外はせいぜい数カ月に1度「激辛」や「大盛り」が出る程度、せいぜい「にんにくMAX」が目一杯であった。だがしかし、2018年に入ってから方針が変わったのか、毎週のように新商品が展開されている。

その「ペヤング新作ガンガン出す作戦」は2019年も変わらず、つい先日は「北海道ジンギスカン風やきそば」なる問題作も登場した。そして2019年2月4日から発売となったのが『ペヤング ギョウザじゃんやきそば』である。果たしてそのお味やいかに──。

続きを全部読む

【もう慣れた】ペヤング、今度はギョウザ味になる

ペヤングの「新作ガンガン出す作戦」が始まったのは2018年のこと。それまではせいぜい1カ月に1回新商品が出る程度であったが、2018年に入ってからはほぼ毎週のように新作が展開されている。中には奇抜な商品も少なくないが、2019年2月4日から発売されるのが『ペヤング ギョウザじゃんやきそば』だ。

過去に発売された「スカルプDやきそば」や「夜のやきそば」と比べればまだ可愛いものだが “じゃん” を見れば一目瞭然、ペヤングは……フザけている。そうか、とうとう正体を現したか、ペヤング。よかろう、この際 気が済むまでフザけ倒してくれ。

続きを全部読む

【日本初上陸】渋谷ヒカリエにオープンした「ダンプリングタイム 餃子時間」って名前の小籠包専門店に行ってみた!

渋谷ヒカリエがオープンしたのは、2012年4月のことだ。時が経つのは早いもので、今年で開業7年を迎える。それに先立って施設初となる飲食フロアのリニューアルが行われ、2019年1月22日に8店舗が新たにオープンした。

今回紹介する「ダンプリングタイム 餃子時間」も新しいお店のひとつ。このお店は、米サンフランシスコ発のモダン点心のお店なのだとか。店頭には ”小籠包” 専門店って書いてあるのに、名前は ”餃子” 時間……。どっちやねん。とりあえず行ってみっか!

続きを全部読む

無印良品の冷食餃子 vs 味の素「売り上げ日本一の餃子」

平成という1つの時代が終わろうとしているが、冷凍食品界は戦国時代まっただ中。次から次へと美味しくて便利な商品が開発されては、しのぎを削る戦いが繰り広げられている。消費者としてはありがたい限りだが、中でも餃子界の戦いは熾烈を極める。

売り上げ日本一の「味の素の餃子」が覇権を握っているように見えるものの、大阪王将が冷食ながらフタなしで羽根つき餃子を作れる方法を編み出すなど、戦局はまだまだ動きそうな気配がするのだ。他社にないストロングポイントが光れば、どこが天下統一してもおかしくない!

続きを全部読む

これは奇跡だ! フタなしで「羽根つき餃子」を作れる大阪王将の冷凍餃子が三大発明に加えたいレベルでスゴい

二度見……いや、三度見した。スーパーの冷凍食品コーナーを物色していたら、大阪王将の冷凍餃子パッケージに恐るべきフレーズが書いてあったのだ。油いらず水いらずフタいらず──。

焼いて作る羽根つき餃子なのに、最初は何を言ってるのかと思った。でも……これがマジのマジ。フタなしでパリパリの羽根つき餃子ができてしまった……ということで、今回検証してみた冷凍食品は大阪王将の餃子である。これ、ホントにスゴい!

続きを全部読む

味の素ハンパないって…日本一売れてる冷凍餃子ハンパないって! 男でも簡単に作れるのにめっちゃウマいもん。そんなん出来ひんやん普通…

高い山があれば登りたくなるなんて話をよく聞くが、私はそうでもない。例えば料理。片付けるのも面倒だし、家で食べるなら手軽にササッと済むものを好んでいる。最近はそこらへんで売っていてもウマいものが多いし、わざわざ手間暇かける必要はない。何なら人間はレンチンだけで生きていけるとさえ思っているくらいだ。

が、しかしっ……

先日、スーパーの冷凍食品売り場をパトロールしていたところ、スルーできない商品を発見した。味の素の冷凍餃子(239円)で、どうやら日本一売れているらしい。餃子となれば話は別! これをビールのお供にできたら最高なので、火を使う冷凍食品にも挑戦してみることにした。そしたらよぉ……

続きを全部読む

餃子の祭典「餃子フェス TOKYO 2018」が東京・中野四季の森公園にてスタート! 肉汁ブッシャーな絶品餃子を食べ尽くしてきた!!

帰ってきた帰ってきた! 今年もあの祭りが帰ってきたァァァアア!! 餃子好きの、餃子好きによる、餃子好きのための祭典「餃子フェス TOKYO 2018」が、本日2018年10月31日から5日間、東京・中野四季の森公園にて開催されるぞ。

今年のテーマはズバリ “肉汁”。そうそう、餃子といったらやっぱ肉汁っしょ! 様々なカテゴリに分かれた肉汁ブッシャーーな餃子たちを、気の向くまま思いっきり食い尽くしたるで~!

続きを全部読む

UHA味覚糖「餃子のまんま 香ばしラー油味」が餃子のまんますぎィ! こいつは史上最強のポータブル餃子だぜ

以前から新作が出るたびに、その高いクオリティからネットで話題になるUHA味覚糖の「Sozaiのまんま」シリーズ。ロケットニュースでも過去に「コロッケのまんま」「鶏とナッツ炒めのまんま」について扱ったことがある。

筆者も密かなファンだったのだが、つい先日コンビニにて「餃子のまんま 香ばしラー油味」なるものを発見。さっそく食べてみると……こいつはやべぇ! 完全に餃子じゃないか……。本当はスナック菓子のふりして本物の餃子を入れてるんじゃないの? とか思ったレベル。詳しく紹介していくぞ。

続きを全部読む

ここは昭和ですか…? 高田馬場の老舗「餃子荘ムロ」は都心でタイムスリップできる珍スポット

言うまでもないが、老舗とは長きにわたって営業しているお店のことである。全国各地に老舗はあるが、学生の街と言われる「高田馬場」にも存在する。ずばり1954年創業の「餃子荘ムロ」がそうだ。

since1954。積み重ねてきた60年以上の歴史だけでもスゴいが、なんと同店は『鬼平犯科帳』や『剣客商売』の著者、そして食通で有名だった池波正太郎が愛したお店というから一度でいいから食べてみたくなる。てことでさっそく行ってみたのだが、飲食店前にできた大行列を見つけた。おぉ、ここが……!!

続きを全部読む

【激安速報】大阪王将が「餃子100円セール」をやるってよ! 9月1日限定だから絶対忘れるなァァァアアア!!

餃子と言えば「王将」。そんなことは常識である。しかし、王将には「餃子の王将」と「大阪王将」の二つがあるので注意が必要だ。今回お伝えするのは、来年で創業50周年を迎える「大阪王将」についてである。

50周年に向け、看板商品である『元祖餃子』を大幅にリニューアルした「大阪王将」。そのことを記念し、来たる9月1日、なんと餃子100円セールを実施するというのだ! ひゃ、ひゃ、100円キターーーーーッ!! こんなん絶対行くしかないやろ!

続きを全部読む

【新店】ご飯はなし! 1皿250円の餃子1本で勝負する『餃子は主食。』に行ってみた! ナゾの中毒性にハマりそうッ!!

最近、店名とは思えないような名前の飲食店が増えているように思う。たとえば「カレーは飲み物。」、その姉妹店の「とんかつは飲み物。」。さらには蕎麦屋で「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」などがある。

この文章系店名に新たに仲間入りしそうなお店が、東京・御徒町に誕生した。その名も「餃子は主食。」である。このお店、なかなか潔くて、ご飯を置いてない! 餃子は1種類、5個1皿250円で勝負しているのだ!!

続きを全部読む

【悲報】「24時間飲み放題」で話題になった伝説の居酒屋、先月末で閉店していた / 東京・阿佐ヶ谷『博多よかたい』

昨年、とある居酒屋がネットをザワつかせた。東京・阿佐ヶ谷にある「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」。一見、普通の居酒屋であるが、実施しているサービスがヤバイ。まさかの24時間飲み放題である。しかも税抜2400円だ。ちょっと意味が分からない。

お店の存在はネット上で瞬く間に拡散し、一躍時の人、いや、時の店となった。ところが、その「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」が、なんと閉店したというではないか。真偽を確かめるべく、私(あひるねこ)は現場へと急行した。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5