「飛行機」にまつわる記事

【感動の涙】ディズニーマニアが東京ディズニーシーの新アトラクション『ソアリン』で2度も泣いた理由

ひとつ予言させてほしい。7月23日、東京ディズニーシーで大きな拍手が鳴り響き、そしていくつもの感動の涙がこぼれることだろう。

7月23日(火)に、東京ディズニーシーで新アトラクション『ソアリン』がオープンする。機会に恵まれ、その『ソアリン』を一足先に体験してきたのだが2度も泣いてしまった。なぜならそこで、ディズニーがずっと大切にしてきた “イマジネーションの無限の可能性” と出会えたからだ。

続きを全部読む

ガチのバットマンのコスプレで動物たちを救う男性がカッコよすぎる

カッコいいではない。カッコよすぎるのだ。何って、これからご紹介するコスプレイヤーがである。いや、当サイトではこれまでにもカッコいいコスプレイヤーを何人も紹介してきた。守備範囲が広すぎるイケメンなコスプレイヤーとか神クオリティの台湾コスプレイヤーとかね。

でも、今回ご紹介する男性コスプレイヤーは、さらに、さらにカッコいいのだ! なんて言ったって、ガチのバットマンコスプレで、動物たちを救ってるっていうんだからさ!!

続きを全部読む

KLMオランダ航空が発表した新型飛行機「Flying-V」の形がギブソン製ギターと完全に一致 / 性能は結構いいもよう

オランダの航空会社が新しい飛行機を発表──。えっ、オランダの飛行機なんて興味ない? いやいや、ちょっと待って。形がマジでブッ飛んでてヤバいんです!

そのヤバい飛行機の名前はFlying-V。ギターに詳しい方なら聞き覚えがある名前かもしれませんが、名前の由来はまさにギブソンのフライングVというギター。だって飛行機の形が笑えてくるレベルでそのまんまだから

続きを全部読む

「スカーフ式の携帯用枕」はチンポジで全てが決まる / 機内で睡眠時に使ってみたら…カラダの負担が少なかった(トラベルグッズ検証:第2回)

日常生活において、チンポジを整えることは極めて重要である。中でもとりわけ重要なのは、飛行機で長距離フライトする際のチンポジではなかろうか。なにせ、機内では基本的にずっと座りっぱなし。不自然なチンポジのまま過ごしたら、カラダへの負担だって大きくなってしまう。

それを何とかすべく、私が目をつけたのがスカーフ式の携帯用枕だ。一般的に携帯の枕といえばU字型のタイプが一般的だが、これは首に巻きつけるタイプ。したがって、自分のさじ加減でチンポジを調整できるのである。

続きを全部読む

エコノミークラスでのフライトを快適にするため「Amazonで人気のフットレスト」を買ったら…離陸前に全てが終わった

エコノミークラスでの長距離フライトはちょっとした拷問である。なにせ、あれだけでスペースに座り続け、時に眠るのだから。それを苦痛に思わないとしたら、海外に行けることで気持ちが高揚しているだけ……だと個人的には思う。

そんな『エコノミークラスでの長距離フライトあるある』をずいぶん前に紹介したが、「あるある〜」と言っているだけでは何も変わらないので、いわゆる “トラベルグッズ” というものを購入してみた。これで少しは快適になると期待しながら……。

続きを全部読む

このバイク凄すぎる… 変形して「空を飛ぶバイク」がフランスで爆誕! お値段たったの6200万円ナリ!!

ここ数年、海外では人を乗せて空を飛ぶ「ドローンタクシー」の試験飛行が行われているらしい。スゴい時代になったもんだなぁ……と思いきや、フランスでさらに驚くべき乗り物が誕生した。

その乗り物とは、変形して空を飛ぶバイクである! しかも、デザインが超絶カッコイイから注目せずにはいられない。それではマシンの全貌を動画と共にご紹介しよう。

続きを全部読む

ママが赤ちゃんを空港に忘れてフライト中の飛行機がリターン

人間は時として、信じられない忘れ物をすることがある。たとえば、ランドセルを家に忘れたまま登校する小学生もいるし、空港に赤ちゃんを忘れてしまうママもいる。

──「え、赤ちゃん?」と思ってしまうだろうが、実はつい最近もあったようだ。結果的に、飛行機が引き返すことになったのだとか。

続きを全部読む

飛行機のエチケット袋に書かれた『恋する乙女の手紙』にネット民が胸キュンキュン!「応援したい」「この後どうなったんだろう」などコメント集まる

海外掲示板『Reddit』に投稿された「エチケット袋の写真」に、多くの人が胸をキュンキュンさせている。ユーザー ho_riene さんが、飛行機の清掃中に見つけたもので、そこには恋する乙女の告白がビッシリと書かれていたというのだ。内容を読んでいくと……こ、これは熱い!

「これを読んでくれてる人、こんにちは! 私はアンドレアっていうんだけど、今、めっちゃ退屈してるんだ。この飛行機でマイアミからワシントンD.C.へ向かっているところなの。私は21歳だよ」

続きを全部読む

地上最速の乗り物はどれだ? F1・バイク・戦闘機などのドラッグレースで栄冠を勝ち取ったのはまさかの…

飛行機、車、バイク……いずれも現代人にとって欠かすことの出来ない乗り物だ。では、そのうち地上で最も速い乗り物はいったいどれなのか──?

全てを比べることは難しいが、今回は数ある乗り物の中から「戦闘機 vs 旅客機 vs F1 vs バイク vs EV vs スポーツカー」がスピードを競う大迫力のドラッグレースをご覧に入れたい。レースにエントリーしたマシンは次の通りだ!

続きを全部読む

CAがフライト中にプロポーズされる → 会社から解雇

賛否が分かれる「サプライズ」。相手の気持ちが嬉しいから好き、好意の押し付けのようで嫌い……人によって様々な意見があるだろう。だが今回のように、サプライズによってドミノ倒し的に不測の事態が起こるから苦手だという人もいるかもしれない。

この度、あるキャビンアテンダントの女性が、飛行機内で突然のプロポーズを受けた。するとフライト後に、会社から解雇されてしまったのである。一体なぜ?

続きを全部読む

飛行機あるある40連発

ついに待ちに待ったお盆休みがやってくる。すでに夏休み中の学生はさておき、ゴールデンウイーク以来の大型連休とあって、8月上旬から仕事がまったく手につかない社会人も多かったことだろう。

連休なので結構な確率で帰省する人もいると思われるが、長距離移動するなら新幹線や飛行機といった公共交通機関を使うことがほとんどだ。てことで今回は、今の時期にあわせて飛行機にまつわる “あるある” をまとめてみた。それでは、一気に40連発どうぞ!

続きを全部読む

ついに個人で空を飛ぶ時代が来る! 垂直に離着陸可能な乗り物「BlackFly」が2019年の早期に一般発売か

ドローンが進化した理由に、バッテリー、モーター、コンピューターなどのパーツが小型軽量になった点が挙げられる。今後、さらにドローンが高性能になっていくことは間違いないが、これから人を乗せて飛ぶ電動飛行機に人気が集まるかもしれない。

なぜなら、ついに個人で空を飛ぶ時代が到来しそうなのだ。先日、海外の企業が発表した開発中の飛ぶ乗り物『BlackFly』は最高時速100キロで空を飛び、水・陸問わずに離着陸ができるらしい。

続きを全部読む

【圧巻】W杯の人気すっげぇ…飛行機内のモニターがほとんどW杯!! っていう動画

約1カ月に渡って行われてきたサッカーW杯ロシア大会もいよいよ大詰め。国と国のプライドがぶつかり合うガチンコ勝負は準決勝を終え、3位決定戦と決勝を残すだけとなった。若い力の台頭がめざましいフランスと初優勝を狙うクロアチア──決勝は全世界が注目する戦いとなるだろう。

さて、今大会からモバイル視聴が増え、どんな場所でも見られるようになったW杯。もちろん、空の上からでも観戦できるのだが、W杯の人気を再認識してしまうような光景が撮影されていた。スゴい……スゴいよ、W杯!!

続きを全部読む

【衝撃】ニュージーランド航空のパンが激ウマすぎる! 機長がパン職人じゃないかと疑うレベル!!

機内食はしょせん機内食……そう思ってた時期が……俺にもありました……。そう、いくら昔よりはマシになったとはいえ「機内食なんてたかが知れている」とお考えの人は多いのではなかろうか? 確かにその気持ちはわからなくもないが、そう決めつけるのは「ニュージーランド航空のパン」を食べてからにして欲しい。

つい先日のこと──。私(P.K.サンジュン)はニュージーランド航空のご招待で「人生初のニュージーランド旅行」に出かけてきた。旅の詳細についてはいずれの機会にご紹介するが、フライト直後に感動したのが「ニュージーランド航空の機内食」特に「パン」だったのだ。

続きを全部読む

「IKEAの椅子」が空を飛ぶ! 翼やプロペラを付けて飛ばしてみたっていう改造動画がスゴい

青と黄色のロゴマークで知られる北欧生まれの家具量販店「IKEA(イケア)」。オシャレで安価な商品が世界中で大人気だが、まさかの使い方をした動画が話題になっている。なんとIKEAの椅子を改造してラジコン飛行機にしてしまったのだ。

IKEAの椅子を改造したのは、ラジコン飛行機やドローンなどの動画を多数アップしているYouTubeチャンネル「Flite Test」である。一体どんな改造を施したのか、そしてどのようにして「IKEAの椅子飛行機」は空を飛んだのだろうか。

続きを全部読む

電気自動車はこんなにも進化していた! 『テスラ・Model X』がジェット旅客機を引っ張ってギネス認定

米国の電気自動車メーカー「テスラ」。同社のラインナップの中でも、最速のSUVを目指して開発された『Model X P100D』が、まさかの偉業を成し遂げた。

海外メディア「DriveSpark」によれば、同車がジェット旅客機を引っ張ることに成功。量産型の電気自動車でもっとも重い重量を牽引(けんいん)したマシンとして、ギネス世界記録に認定されたというのだ。

続きを全部読む

飛行機で「友人・家族・恋人と隣同士になれるよう席の交渉をする」と答えた日本人は「たったの6%」で世界一低いという調査結果

旅行には欠かせない移動手段である飛行機。世界各国の人々が乗り込む飛行機は、世界の縮図といっても過言ではないだろう。そんな飛行機の中で、友人や家族、あるいは恋人と席がバラバラになってしまった……なんて時、あなたならどうする?

というのも、飛行機で「友人・家族・恋人と隣同士になれるよう席の交渉をする」と答えた日本人は、なんとたったの6%で世界一低いという調査結果が出てしまったのである。ちなみにワースト2位は香港の16%。つまり日本はダントツで「交渉しない」のであった。

続きを全部読む

大暴れする子供にくたびれ果てた母親が突然泣き崩れる……その直後に起こった出来事が素晴らしいとネット上で拍手喝采

「あれ買って〜!」「お外が見たい〜!!」スーパーや電車のなかで大暴れする子供たち。今日も今日とて世界中の大人が、そんな子供たちを必死になだめようとしている。説得を試みたり、声を荒げて怒ったり、担ぎ上げて連れて行ったり……でも大人だって人間。落ち着く気配のない子供を前に、大泣きしたいときだってあるはずだ。

今回もアメリカの空港で、大暴れする子供にくたびれ果てた母親が、突然泣き崩れてしまったのだとか。だがその直後、素晴らしい出来事が起こったのだ……。Facebookで話題となっている、ある女性の体験談をご紹介したい。

続きを全部読む

空中散歩するように空を飛ぶマシン「Zapata Ezfly」が近未来すぎ! 最高速度は時速130キロで高度3000メートルに到達するパワーも搭載

1903年に「ライト兄弟」が有人動力飛行に成功してから約115年。今や飛行機での移動は当たり前となり、ドローンタクシーの実現を目指すまでになった。

そんななか、新たに発表されたのは、まるで空中散歩しているかのような姿勢で飛ぶ『Zapata Ezfly』である。それでは、ライト兄弟もビックリの驚異的パワーを備えたマシンを動画とともにご紹介しよう。

続きを全部読む

トイレが詰まって飛行機がリターン → 85人も配管工を乗せていたのに修理できなかった事情とは?

トラブルが起きて、飛行機が緊急着陸やリターンを余儀なくされることがある。どうにも仕方がない時もあるが、時には「それって、何とかなったんじゃないの!?」と思ってしまうようなトラブルも……。今回紹介する件も、一部からはそのような声が挙がっていたようだ。

というのも、あるフライトで85人も配管工が乗っていたのに、トイレが詰まって飛行機がリターンする事態になったらしい。「なぜ誰も修理しなかったの?」と思ってしまうかもしれないが……どうしようもない事情があったのだとか。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9