「阿佐ヶ谷」にまつわる記事

【なぜ?】どう見ても洋服屋なのに『餡子(あんこ)』を売っている不思議なお店「ブティック モニ」 東京・阿佐ヶ谷

店の外観だけを見て、そのお店の真価を見極めようとしてはならない。たとえば、東京・渋谷の「フラヌール」は、外から見るとたばこ屋にしか見えない。だが中に入ると、絶品のステーキカレーを提供するお店である。素通りしてはいけないお店だ。

杉並区阿佐ヶ谷にも、外観を裏切るお店が存在する。「ブティック モニ」は間違いなく婦人服を扱う衣料品店である。しかしの店前の立て看板を良くみると……。餡子(あんこ)を売っているのだ! なぜブティックに餡子が!?

続きを全部読む

たい焼きの概念を覆す! 日本一薄い「たい焼きの開き」が極薄すぎて猛烈にビビった!! 東京・阿佐ヶ谷『ともえ庵』

寒くなってくると、美味しく感じるもののひとつに「たい焼き」がある。震えるような木枯らしの吹く夕暮れに、アツアツのたい焼きを頬張れば、心も身体もほっこりと温かくなる。そんなたい焼きを驚異的な分厚さで作っているのが、以前紹介した「けんぞう」だ。さらにその上を行く分厚さのたい焼きのお店も、東京・銀座に存在する。

では、逆に日本一薄いたい焼きはどこにあるのか? その答えは東京・阿佐ヶ谷にある。たいやきの店「ともえ庵」には、『たい焼きの開き』が存在する……って、え!? たい焼き開いちゃうの? 実物を見てみると、これが驚くほど薄い! ペラペラだ。こんなたい焼き見たことね~~ッ!!

続きを全部読む

【鬼コスパ】おでんと串揚げの食べ飲み放題が90分1600円で激熱フィーバー! 東京の超ディープな穴場・阿佐ヶ谷「でんでん串」に潜入してきた

2016年も残りわずかだが、皆の者、やり残したことはないか? 私(あひるねこ)はある。間違いなく1つやり残したことがある。私はまだ、フィーバーしていない。老若男女、誰でも絶対したいはずの、フィーバーをしていないのだ。フィーバーもせずに、どう年を越せというのか。

そんな年末に、完っ全にフィーバー出来るお店を発見してしまったのでお伝えしよう。なんと、おでんと串揚げの食べ飲み放題が90分1600円なのだ! 熱すぎるコスパ、確実にフィーバー出来るわこれ。てなわけで、さっそく年忘れ大フィーバーしてきたのだが、これがなかなかにディープなスポットであった。

続きを全部読む

【画像多数】東京・阿佐ヶ谷の「七夕まつり」のはりぼてが今年も超個性的だった件

夏真っ盛り! 各地で記録的な猛暑を記録し、花火大会や盆踊り大会が開催され、まさに夏本番である。今年もやってきたぞ、東京・阿佐ヶ谷の七夕まつりが! 毎年超個性的な「はりぼて」が通りを賑わせているのだが、今年も例年以上に興味深い作品のオンパレードだった。

割と多く目についたのが、国民的ヒーローの『アンパンマン』。そして、現在公開中の映画『ファインディング・ドリー』のはりぼて。特に個性的だったのが、米大統領選挙で大注目のドナルド・トランプ氏だ。

続きを全部読む

【カレー探求】500円でカツ2枚! 阿佐ヶ谷『キッチン男の晩ごはん』のチキンカツカレーのコスパがナイス!!

食欲の秋、到来ッ! いろいろな美味しい味覚との出会いを心待ちにしている人も多いと思う。とくに若い男性諸君は、腹を空かせて待っているに違いない。というか、若者はいつも腹ペコだ。なかでも学生は金もないので、安くて腹いっぱい食べられるだけで有難いと感じるはず。

そんな腹ペコの野郎どもに、ふさわしいお店が東京・阿佐ヶ谷に存在する。その店『キッチン 男の晩ごはん』は店名の通り、男のお腹を満たすにもってこい。チキンカツカレーなんか500円でカツ2枚! なかなかコスパの高いお店である。

続きを全部読む

【画像多数】東京・阿佐ヶ谷の「七夕まつり」のはりぼてがなかなか個性的で面白かった件

夏真っ盛り! 全国各地でお祭りが開催されている。東京・阿佐ヶ谷でも毎年恒例の「阿佐ヶ谷七夕まつり」が2015年8月5~9日の日程で開催された。今年で62回目を数えるこのお祭り、目玉はなんといってもパール商店街のアーケードを飾る「はりぼて」である。

各店舗が趣向を凝らしたハリボテを制作すると共に、一般からもプチはりぼてが出品されている。これは! と驚くほどクオリティが高いものから、個性を感じさせるものまでさまざまだ。そんな数々のはりぼてをご紹介しよう

続きを全部読む

【グルメ】阿佐ヶ谷で特殊効果付き「温泉ラーメン」を堪能する / 街の活性を願う『鳥よし』店主の心

東京都杉並区の阿佐ヶ谷に、ひっそりと19年前から営業を続けているラーメン屋がある。いや、明確にはラーメン屋ではなく焼鳥屋だ。地域住民が歓談できる場として、料理とお酒で楽しんでほしいという一心で、ラーメンも提供することにしたという。

・本物の温泉水をスープとして使用
店主は阿佐ヶ谷と店を盛り上げるべく、名物になるものを作ろうと『温泉ラーメン』を完成させた。本物の温泉水をスープとして使用し、ラーメンに新たな「可能性」を付加させたのだ。実際に食べてみた。

続きを全部読む

東京・阿佐ヶ谷の飲食店が公式Twitterで「アニメアイコンのヒトはフォローしません。好きじゃないから」「だいたいアニメにはまっているヤツでまともなヤツを観たことが無い。文句ある?」と発言して大炎上した件は、すでにご存知の方も多いと思われる。

そんな発言をして物議をかもしたのは、『とろけるチキン』阿佐ヶ谷店。当編集部は電話取材を試みたものの、何度電話しても出ない。そこで今回、『とろけるチキン』の店舗に突撃取材をし、マスターと思われる人物に話を聞き、新たな情報を手に入れることに成功。今回は、暴言騒動の真相をここに明かしたいと思う。

続きを全部読む