「銃」にまつわる記事

【動画】なぜ!?「子供を殺した」などいわく付きの中古拳銃ばかり “販売” する店がオープン / その裏に隠された深い意味とは?

アメリカなど銃が簡単に入手できる社会では、銃による痛ましい事件・事故も多い。なかには大切な人を守るはずの “護身用の銃” が、逆に大切な人の命を奪うことだってあり、銃規制を求める声もよく聞かれる。

そんな中、初心者に拳銃を売る店がニューヨークにオープンした。しかもその店が取り扱っているのが、実際に被害者を出したことのある、訳ありの中古拳銃ばかりなので驚きだ。しかし、その背景には深い意味があるのだった……。

続きを全部読む

最愛の飼い犬に撃たれてしまった男性のニュースが悲しすぎる件 / 命に別状はないが腕を切断する可能性も

銃大国のアメリカでは、銃による事故が頻繁に起きている。弾が装填されている銃をオモチャのように扱って、暴発したり誤射してしまうこともある。

そんななか、なんと飼い犬に銃で撃たれてしまった男性のニュースが大きな話題となっている。犬がランボーのように銃を乱射したわけではないことは想像できるが、一体何が起きてしまったのだろうか!?

続きを全部読む

【ロシア画像集】ロシアの結婚式が異次元レベルでヤバい

ロシア発の画像のヤバさについては、再三どころか再四、再五、再六……いや、それ以上に渡ってお伝えしてきた。もうイイ加減尽きただろうと思っている人もいるかもしれないが、まだまだである。

そんなわけで今回は、ロシアの結婚式にまつわる画像集のご紹介だ。ロシアでは、おめでたい日ももちろんロシア流。普通では終わるわけがないロシア人の結婚式をとくとお楽しみいただきたい。

続きを全部読む

【絶対に真似してはいけない】もはや立派な兵器! 花火を使った自作の銃が迫力ありすぎる!!

もう間もなく花火のシーズンである。読者の中には、地元の花火大会を楽しみにしている人や、家族や友人と手持ち花火をする予定の人は多いだろう。しかし当然ながら、使い方によっては、花火は大変危険なものになる。現在、それが痛いほどによく分かる動画が話題になっているので取り上げたい。

なんと1人の男性が、花火を使って銃を作ったのだ。それだけで十分危険なのだが……その完成度が恐ろしい程に高いのである。もはや花火ではなく兵器。その危険性は、YouTube の動画「Roman Candle Gun PART 2」を見れば、分かってもらえるだろう。

続きを全部読む

【信じられない実話】10歳の少年が手を銃の形にして友達を撃ったら停学に

子供のころ、手を銃の形にして遊んだことがある人は多いのではないだろうか? 親指と人差し指を伸ばし、中指、薬指、小指を曲げて手の平にくっつける、あの形である。

現在その遊びをしたがために、思いもよらない罰を受けることになった少年が話題になっている。少年が手の銃で友達を撃ったところ、なんと、停学になってしまったのだ。

続きを全部読む

イノシシやシカを銃で殺す猟師に色々話を聞いてみた! 「猟師って儲かりますか?」

日本においては銃を所持するだけで犯罪だ。もちろん、簡単には手に入らない。しかし、特別な審査を経て銃の所持・発砲を許されている男性がいる。その男性とは、熊本県在住の68歳の猟師。

彼は若い頃から銃を所持していたそうだが、多忙な仕事の日々で全く発砲するチャンスに恵まれなかった。それが今では長年勤めた会社を定年退職し、銃ひとすじの残り少ない余生を送っている。

続きを全部読む

水中で銃を撃ったらこうなる

映画やアクションゲームなどで銃を持った主人公が水中戦を繰り広げるシーンがあり。マリオにいたっては水中でファイアーボールを投げることだって可能だ。

水中で銃など現実的にはムリなんじゃないのか? アメリカのある拳銃愛好家が実際に水の中で銃を撃ってみたそうだ。その実験映像は「Glock 22 Underwater High Speed Video」で確認することができる。その結果はある意味とても衝撃的だ。

続きを全部読む

カラシニコフ製造メーカーが4月7日に倒産 / どうしてもAK-47をブッ放したくなったらカンボジアに行こう

カラシニコフといえば、1947年に誕生したソ連製の歩兵用アサルトライフル「AK-47」のことをさす。設計者はミハイル・カラシニコフ氏。世界最高の銃としても名高く、今も世界の紛争地帯で使われていることはご周知の通りである。

そんなカラシニコフを製造するメーカー「Izmash(イズマッシュ)」 が4月7日に破産を宣言。AK-47だから4月7日だったのかどうかは定かではないが、事実上の倒産をしたと報じられ、世界中に大きな衝撃を与えている。

続きを全部読む

虹って自分で作れるの? ショットガンを使えば簡単ですよ

女性は虹が大好きだ。ひとたび虹が出ると「わぁ、虹だぁ~」と飛び出してくる。10代だろうがアラサーだろうが目をキラキラさせて虹を眺めるのである。事由自在に虹を操ることがでいればモテるのではないか!?

世界には簡単に、しかも狙った場所に虹を出現させる方法があるそうだ。手順はたったひとつ。水面に向かってショットガンをぶっ放すだけである。

続きを全部読む

警察が不審者の車両を一斉射撃! その一部始終が動画で公開される

5月30日、米マイアミで衝撃的な事件が起きた。「戦没者追悼記念日(メモリアルデー)」のこの日、午前4時に大勢の警察官が1台の車両を取り囲んで一斉に射撃したのである。その一部始終を、民間人がケータイで撮影していたのだ。

撮影していることに気がついた警察はこの人物を追いかけ、銃を向けてケータイを渡すように要求したのである。車から引きずり出され、ケータイを取り上げられたのだが、事前にSDカードを抜き取り、口のなかに隠していたため、後に映像が公開されることとなった。

続きを全部読む

自作のガトリング・スリングショット(パチンコ)の威力がハンパない!

以前、木製のパチンコ・ロングライフルを自作した男性についてご紹介したのだが、その彼がまたもとんでもない代物を作り上げた。彼の新作は、強力な威力を持つうえに、連射可能なガトリング・スリングショットだ。備えられたギアをゆっくりと回すだけで、9発もの弾が打ち込めるのである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2